書考空間


なぜ「田中さん」は西日本に多いのか (日経プレミアシリーズ)
小林 明 (著)
税込価格:918円
出版社:日本経済新聞出版社
ISBN:978-4-532-26257-0


本を購入

「山崎」という名字、皆さんはどう読みますか?
本書によると「やまざき」と濁って発音するのが東日本に多く、「やまさき」と濁らずに発音するのが西日本に多いのだといいます。
名字と名前に関する様々な雑学が書かれている本書は、東日本には「佐藤・鈴木」が多く、西日本には「田中・山本」が多い理由、読み方が難しい「キラキラネーム」が増えているわけ、大正から平成までの、男性と女性の過去約100年にわたる名前の流行の変遷、など様々な現象を統計に裏付けられた科学的な分析で解明しています。

商談、飲み会、合コンなどで、初対面の人を相手に話題に困ってしまうということがあるかと思いますが、名字と名前は誰もが持っているものなので、興味がまったく湧かないという人はあまりいないはずです。
本書は日本人のことだけでなく、外国人の名字・名前についても色々な知識が書かれているので、外国人と接する機会が増えている今、円滑なコミュニケーションのためにも手に取ってもらいたい一冊です。
本書を読めばきっと、名前にまつわる意外な事実を誰かに話したくなるでしょう。

(評者:スタッフ・武市)
(2014/10/21 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ