DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

books
卒業式のスピーチとして世界的に有名なスティーブ.ジョブズが2005年にスタンフォード大学で行ったそれ。同じ年に、ケニオン大学でデヴィッド・フォスター・ウォレスなる作家がジョブズに負けず劣らずの名スピーチを行いました。それを書籍化した本書。
ネットで話題になったので、早速、手にとってみました。
スピーチの中でウォレスが強く訴えるのは、「リベラル・アーツ」の重要性。
「リベラル・アーツ」を私たちの多くが「一般教養」としていますが、訳者解説によると、本来は「人を自由にする技芸」という意味を有していると言います。
しばしば起こる”炎上”やそれに付随する議論を見ていると、「わが解釈こそ正しい」と考える人の多さに驚かされることがあります。私自身、炎上に参加しないまでも「わが解釈」に囚われてしまっていると思わされることもしばしば。
「わが解釈」に囚われてしまっている状態から抜け出すために、リベラル・アーツが必要であるとウォレスは解きます。リベラル・アーツによって「なにをどう考えるかコントロールするすべを学」び、汲み取る意味を「選択」しなければならないのだと。

自身の思考は自由か。思考法の「初期設定」を見直すためにも、気が向いた時に繰り返し読んで欲しい一冊。

スタッフ坂本
(2018/9/11 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております

radiko.jp タイムフリー 過去1週間分の放送がお聴きいただけます

  • ※TOKYO FMの放送エリア内(1都6県)では無料でお聴きいただけます。TOKYO FMの放送エリア外からはradiko.jpプレミアム(有料)でお聴きいただけます。
  • ※過去番組の再生について、再生開始から3時間以内であれば何度でも聴き放題(一時停止/早戻し/早送り可能)。3時間を過ぎるとその番組はお聴きいただけなくなります。
  • ※放送時間の変更、祝日などの特別編成、放送休止などで番組を聴取できない場合もございます。

WEB RADIO配信中!1週間分アーカイブしています。

  • WEB RADIOサービスは都合により終了いたしました。
  • radikoタイムフリーをご利用ください。
  • ※放送エリア外からご利用の場合は、radikoプレミアム(有料)登録が必要となります。

ページの先頭へ