書考空間


タイムトラベル 「時間」の歴史を物語る
ジェイムズ・グリック (著),夏目 大 (訳)
税込価格:2,916円
出版社:柏書房
ISBN:978-4-7601-4985-8

本を購入

創作において欠かせないテーマ、「時間」。
1シーズンに必ず1作品以上は「時間」をテーマにしたドラマかアニメを放送されているような気がします。例えば現在、放送中の「仮面ライダージオウ」の中で主人公たちは時間を自由に行き来します。

本書のタイトルでもある「タイムトラベル」。その概念が誕生したのは意外にも最近のことだと言います。
「時間」の常識を覆したとも言えるのが、H.G.ウェルズが19世紀に書いたSF小説『タイムマシン』。ウェルズによって「時間を旅行する」という新たな思考様式が生み出されました。
なぜそれ以前にはなかったのか。なぜ、そのときにそれが生まれたのか。そもそも時間とは何なのか。
アリストテレスやニュートン、そしてアインシュタインらの賢人は時間をどう捉えていたのか。物理学、哲学、SF文学の観点から、時間の正体を本書は解き明かしていきます。

「時間とは何か」。この問いに、あなたならどう答えるでしょうか。私は本書を読むまでこれといった答えが全く思い浮かびませんでしたが、読後にはおぼろげながら「時間とは何か」について語ることができるでしょう。
タイムトラベル、歴史改変、パラドックスなど「時間モノ」が好きなあらゆる人にオススメしたい一冊。
(2018/9/10 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ