TEAM BEYOND presents THE FUTURE OF パラスポーツ

2021.1.25 #17 フォトジャーナリストの佐々木延江さん

Audeeで聴ける TEAM BEYOND presents THE FUTURE OF パラスポーツ#17 はこちら
https://audee.jp/voice/show/27552

パラスポーツを応援する人を増やす東京都のプロジェクト
「TEAM BEYOND」がお送りする
「TEAM BEYOND presents THE FUTURE OF パラスポーツ」

毎週月曜のこの時間は、パラスポーツの魅力をもっと知ってもらいたい!
ということで、現役のパラアスリートや、パラスポーツを支える方々に
ご来店頂き、お話を伺いながら、モチベーションアップとなる1曲もセレクト!

本日のご来店のお客様はNPO法人国際障害者スポーツ写真連絡協議会の理事長で、フォトジャーナリストの佐々木延江さん!
null

佐々木さんが理事長をつとめる「パラフォト」は、どんな団体かといいますと
4年に2回のパラリンピックや国内外のパラスポーツを現地で取材、配信するNPOメディアの団体です。

佐々木さんがパラスポーツとの出会いや何がきっかけでパラスポーツを発信するようになったのかというと
長野パラリンピック(1998年)アルペンスキー代表選手を取材したことが出会いでした。
選手がパラリンピックに出場した時も嬉しかったし、テレビでパラリンピックを見れるようになり、
1ファンとして注目していました。ただ長野パラリンピックが終了したと同時に全くテレビが報道しなくなり、
どうすれば、パラ選手の活躍を追い続けることが出来るのか、思った時にちょうどインターネットが始まった時期だったので
ファンのメディアとして知らせることが出来ないかと思い行動に移ったのがキッカケでした。

実際に生でパラスポーツをご覧になって、ジャーナリスト目線で改めて気が付いたことや魅力は
やはり現地での生観戦、東京での開催がどうなるのかまだわからないですが、皆さんわくわくしながら待っているはずです
実際に現地にいったり、競技を生観戦が一番の魅力だと思います。
社会的なバリアフリーの問題や分かりづらい障害との距離の取り方など悩んでいることもあると思うのですが、
そういったこともパラリンピックの会場にいって一日でも半日でも競技をみながら過ごすことがやはり一番だと思うそうです

そんな佐々木さんのチアアップ・ソングは、ビョークの「Oceania」
初めての夏の大会がアテネだったんですが、渡航前、TVでみたオリンピックの開会式で歌われていた。
初めての夏のパラリンピックでギリシャに行く前にワクワクしていたのを思い出す。

佐々木さんのこれからの「夢」「展望」は、今、まだまだ、日本の地域の中にはいろんなパラスポーツがあるとは思うのですが、
その中にはパラスポーツの良さや選手の良さがまだ知らされていないと気がついてきました。
地域で色んなパラスポーツが開催されていますので、パラリンピックやパラリンピックの競技以外でのアスリートも地域の中で注目されたり
成長できたり、練習できたりすることが大事だと思っています。
地域の中でのパラスポーツムーブメントが起きるように写真を展示したり、イベントも考えています。

更にNPO法人国際障害者スポーツ写真連絡協議会の理事長で、フォトジャーナリストの佐々木延江さんの語るパラフォトの魅力について深堀していくお話はAudeeでお聴きください!

TEAM BEYOND presents THE FUTURE OF パラスポーツ#17 はこちら
https://audee.jp/voice/show/27552