ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

2011年 スポーツTV視聴率ランキング ベスト3(2011/12/26)

カテゴリー:1110
null

月曜日は、「スポーツ」。


今日は『2011年 スポーツTV視聴率ランキング ベスト3』
ビデオリサーチによる、12月16日時点でのトップ3をご紹介します!



第3位「第87回 東京箱根間往復大学駅伝《復路》」(1月3日)…29.5%


東洋大学が優勝した往路を受けてスタートした復路。早稲田大学が6区でトップに立つと、
8区から10区までの3区間連続区間賞の走りを見せた東洋大学をかわし、総合優勝。
18年振りのトロフィーを手にしました。
中西さんは「やっぱり箱根駅伝ですよね。来年は、早稲田大学・東洋大学・駒沢大学が
“3強”と言われていて、この3校が熾烈な争いをすると思うので楽しみですね。」
とおっしゃっていましたよ。



第2位「サッカー・アジアカップ決勝 日本×オーストラリア」(1月29日)…33.1%


日本は0-0で迎えた延長戦後半4分、左サイドからの長友のクロスに合わせた
李忠成が左足ダイレクトボレーでシュートし、ゴール!
この1点を守って1-0で勝利し、2大会ぶりでアジアカップ最多となる4度目の優勝を果たしました。
中西さんは「これはもう、今思い出しても鳥肌が立ちますよ。李忠成選手を決勝の途中から起用した
ザッケローニ監督がすごい。あいつは絶対にやる!っていうことを大会前から言っていたんですよね。
そして、李忠成選手はあまりボールにさわっていなくても、大きなシュートを
確実に決める能力を持っているんですね。そういう意味ではあの李選手の起用と、
あとは李選手があのボレーを決めるときに、あれは左のアウトサイドで蹴っているんですけれど、
あえてボールにバックスピンをかけているのが、VTRで観るとよく分かるんですが
それがもう、素晴らしいシュートでしたね。」とおっしゃっていました。



第1位「サッカー・アジアカップ準決勝 日本×韓国」(1月25日)…35.1%


前半23分、韓国がPKを決めて先制。その13分後、日本は本田のパスを受けた長友が
ペナルティーエリアに入ると、韓国DFを引きつけてFW前田にパス。それを前田が決めて同点とします。
その後、共に得点できずに突入した延長戦の前半6分、日本は本田のPKがキーパーに弾かれますが、
それを途中交代した細貝がゴール前に走り込み、1点を追加しました。しかし、終了間際に混戦から
韓国に同点ゴールを許しPK戦に突入しましたが、キーパー川島の活躍で日本は勝利を手にしました。
中西さんは「これはPK戦に入るとき、終了間際に追いつかれたこともあって、若干
敗戦ムードが漂っていたんですけれど、韓国の1本目を川島選手が止めたことによって
試合の流れがバーンと変わったんですよね。川島選手の1本目のセーブは素晴らしかったです。」
と、この試合を振り返りました。サッカー日本代表は、W杯の最終予選が来年6月から始まります。
中西さんは「ここでしっかり勝って、2014年のワールドカップ・ブラジル大会の切符を
なるべく早く手に入れて欲しいですね。」とおっしゃっていました。



ちなみに、なでしこジャパンがワールドカップで優勝した試合は
日本では深夜だったため、視聴率はそれほど高くなかったのだそうです。
しかし、今年は“なでしこ”たちの活躍に勇気をもらった方も多いと思います。
来年はロンドンオリンピックも開催されますし、ますますスポーツから目が離せませんね!

今日は『2011年 スポーツTV視聴率ランキング ベスト3』をご紹介しました。


番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2011/12/23)

カテゴリー:1114
null

金曜日は、番組がその週で最も注目した人物にフォーカスする「ウィークリーパーソン」!
ジャンルを問わず、"感動"や"驚き"を与えた人物に注目します。


今週は、この4組をピックアップしました。
■南米王者・サントスを圧倒、チームをクラブ世界一に導いたバルセロナのメッシ!
■最終回で平均視聴率40%を叩き出したキャラクター、三田灯!
■悲しみを乗り越え全日本選手権に出場、女子フィギュアの浅田真央!
■レンジャースが史上最高額で落札、メジャー行きを目指すダルビッシュ有!


facebookページでの皆さんの投票は、同率1位でメッシと浅田真央さんとなっていますが、
今週、中西さんが注目したのはこの方!


「承知しました。」三田灯!

松嶋菜々子さん主演のドラマ『家政婦のミタ』が、おととい最終回を迎えましたが、
その視聴率が平均40%、瞬間最高では42.8%という驚異的な数字を叩き出しました。
ちなみに、ドラマの歴代最高視聴率トップ10は次の通り。

●10位『HERO』 ●8位(同率)『赤い激流』『家なき子』 ●7位『GOOD LUCK』
●6位『ひとつ屋根の下』 ●5位『3年B組金八先生』 ●3位(同率)『家政婦のミタ』『熱中時代』
●2位『ビューティフルライフ』 1位『積木くずし』…という結果です。

このように懐かしいドラマが並ぶ中、『家政婦のミタ』は歴代3位タイという視聴率を記録し、
今年放送されたドラマの中では、もちろんダントツのトップです。


ドラマは松嶋奈々子さん演じる、感情を一切表に出さずに黙々と仕事をこなす
家政婦の三田灯(みたあかり)が主人公で、家族の気持ちがバラバラになった
サラリーマン家庭を舞台に、家事だけではなく「家を燃やして!」や「お母さんになって!」など、
無茶なことを命じられても「承知しました。」のひと言で、それを淡々と実行していくストーリー。
つらい過去の出来事から、笑うことをやめてしまった灯を笑わせようとする中で
バラバラの家族はひとつになり、最終回では灯も笑顔を見せました。


このドラマのプロデューサー、大平さんによると
「日本全体が軟弱化する中で、誰に対しても信念を貫く三田灯はひとつの理想像になっている。」
と、視聴者の共感を得た部分を指摘しています。それに対して中西さんは、
「崩壊した家族や、感情を失った人が心を触れ合わせる中で“絆”や“人間性”を取り戻していく
 …こうした展開が、震災以降の日本人の心にハマったのではないでしょうか。」
とおっしゃっていました。
ドラマ制作者の話では「続編も映画化もない。」とのことでしたが、
いかにも続編がありそうな最終回のエンディング…どうなんでしょうか??


2011年 30代のビジネスマンが注目したビジネス書 トップ3(2011/12/22)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


今日は日本屈指のビジネス街、東京・丸ノ内にある【丸善 丸の内本店】で聞いた
『2011年 30代のビジネスマンが注目したビジネス書 トップ3』ランキングです。
【丸善 丸の内本店】でビジネス書を担当している田中さんにお話を伺いました。


第3位『日本人にしかできない「気づかいの習慣」』/上田比呂志

「ホスピタリティの本なんですが、今まで読んだホスピタリティの本の中でも
 一番面白い内容になっていまして、ところどころに出てくる“格言”みたいのが
 とても参考になるので、すごく良い本です。」
様々な“ホスピタリティ”を経験した著者が、日本人の“気づかい”について語った内容が、
多くの読者を虜にしているようです。



第2位『僕は君たちに武器を配りたい』/瀧本哲史

「こちらは、京都大学・准教授の瀧本哲史さんの初めての著作になるんですけれど、
 “世の中と見方”ということを若い人に向けて書いた本です。この本に関しては、
 出てすぐに急激に売れました。装丁とタイトルで衝動買いをしている人が多かったと思います。
 そこから火がついてずっと売れ続けている本で、あっという間に1,000冊くらいの売り上げが立っています。」



第1位『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7 つの法則』/カーマイン・ガロ

「スティーブ・ジョブズの自伝が今年発売になりましたが、その本よりも圧倒的に良い本です。
 スティーブ・ジョブズが何をしたか、ということを自分の中に当てはめて考えることが出来るので、
 これを読むと、もしかしたら自分も何か出来るんじゃないか…という気持ちにさせられる本になっています。」



このランキングを受けて中西さんは、「3冊ともすごく気になりますね。
でも、僕が一番好きなのは『日本人にしかできない「気づかいの習慣」』です。
これ、中にすごく色んな言葉が出ているんですけれど、良い言葉がたくさんあるんですよね。
これは本当に参考になります!」とおっしゃっていましたよ。
昨年は“もしドラ”など、経営学の権威:ピーター・ドラッガーやそれを論じるビジネス書が
人気でしたが、今年は「生き方を考える」ような本が人気があるようです。
マニュアルでビジネスを乗り切れる時代ではなくなって来た、ということでしょうね。



そして2012年1月5日から、【丸善 丸の内本店】の1階部分に『クロノス選書コーナー』が設置されます。
中西さんも「激動の時代を笑いと勇気でいかに前向きに生きるか!…ということで、
情報収集、そして交流の場として活用して頂ければ、と思います。」とおっしゃっていました。
皆さんもぜひ、足を運んでみてくださいね。



今朝は『2011年 30代のビジネスマンが注目したビジネス書 トップ3』をご紹介しました。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 578 | 579 | 580 |...| 641 | 642 | 643 || Next»