ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

卓球・女子チームランキングトップ3(2012/1/23)

カテゴリー:1110
null

月曜日は、「スポーツ」。


今日は、卓球の女子チームランキングトップ3をご紹介します!



第3位「日本」

第2位「シンガポール」

第1位「中国」

こちらは、ITTF(国際卓球連盟)が発表している、最新の女子チームランキングです。
中国、強いです!個人ランキングでも1位から4位までを中国の選手が独占しています。
日本勢は8位に石川佳純選手、9位に福原愛選手が入っています。


もともと、雨でテニスができないときのゲームとしてイギリスで誕生した“テーブルテニス=卓球”は、
戦前にはヨーロッパ勢、戦後しばらくの間は日本が強豪国でした。
しかし、1970年代以降は中国が急速に台頭し、ここ40年ほど世界の大会での優勝はほぼ中国のみです。
なぜ中国がこれほど強いのかというと、まずは13億人の国民
ほぼ全員が経験しているという裾野の広さが挙げられます。
そして、そのトップを受け入れるプロリーグ“スーパーリーグ”の存在も大きな理由です。
中国全土から集まった男女それぞれ8チームが競うスーパーリーグの選手の年俸は
日本円にして1,500万円ほど。中国の生活水準を考慮すると、この額は日本のプロ野球選手と
同じくらいの感覚だそうで、さらに政府の強力なバックアップがつきます。


その中国スーパーリーグで活躍してきた福原愛選手が、ようやく日本一の座を手にしました。
一昨日行われた日本選手権女子シングルスの決勝で、昨年の覇者・石川佳純選手を下し、
13度目の挑戦で初優勝を果たしました。
福原選手のこれまでの全日本選手権・一般の部での最高位はベスト4でしたが、
5歳の時に全日本選手権に出場し、小学2年以下の部で初優勝(史上最年少記録)。
それ以降は、シングルスの各年代で優勝しており、今回の優勝で全ての年代を制覇しています。
この福原選手の活躍について中西さんは、「すごいですねぇ!こういう活躍をしていたからこそ
かなりの重圧がかかっていて、本来の力を出すこともできなかったんでしょうね。」と、
同じプロスポーツ選手ならではのコメントをしていらっしゃいました。


福原選手は今回の優勝で「自分の中の壁をひとつ越えることができたかな。」とコメントしています。
最近の福原選手は、同じフォームからボールの回転量が違うサーブが増え
得意のバックハンドに加えて、最近はフォアハンドの威力も増しているそうです。
福原選手・石川選手ともに、すでにロンドンオリンピックへの出場が決まっていますので、
ふたりの笑顔と喜びの涙を期待したいですね。



今日は『卓球・女子チームランキングトップ3』をご紹介しました。


番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2012/1/20)

カテゴリー:1114
null

金曜日は、番組がその週で最も注目した人物にフォーカスする「ウィークリーパーソン」!
ジャンルを問わず、"感動"や"驚き"を与えた人物に注目します。


今週は、この4組をピックアップしました。
■ポスティング移籍史上最高額でレンジャーズと正式契約した、ダルビッシュ有!
■芥川賞に選ばれた「道化師の蝶」の円城塔さんと「共喰い」の田中慎弥さん、
 直木賞に選ばれた「蜩ノ記」の葉室麟さん!
■横浜FCと正式契約。45歳のJリーガー、“キング・カズ”三浦知良!
■南三陸町民の高台移転のために自費で用地を購入・寄付した、元楽天副社長・本城慎之介!


facebookページでの皆さんの投票は、1位がキング・カズ、2位がダルビッシュ有選手となっていますが、
今週、中西さんが注目したのはこの方!


ダルビッシュ有!

ポスティング移籍交渉の期限ぎりぎりでようやく決まった、ダルビッシュ投手のレンジャーズ移籍。
当日は号外が出るほど注目されていたこの移籍は、6年契約で年俸総額がなんと6,000万ドル(約45億円)!
こちらは、2006年にレッドソックスと6年契約した松坂大輔投手の5,200万ドルを上回る最高額で、
背番号は日本ハム時代と同じ「11」。
レンジャーズは5,200万ドル近い入札金を含め、1億1,000万ドル以上の巨額を投入しました。


レンジャーズの本拠地はテキサスで、球団創設52年目。アメリカンリーグ西地区の強豪チームで、
2年連続リーグ優勝をしてワールドシリーズに出場していますが、いずれも準優勝で
まだ優勝の経験はありません。ダルビッシュ投手はその切り札として期待されています。
レンジャーズの球団社長は“伝説の三振王”ことノーラン・ライアンなんですが、彼は
「彼の将来性が楽しみでなければ、これほど興味を持ったりしない。」とコメントしています。


今後、レンジャーズの一員としてメジャーでの活躍が期待されるダルビッシュ投手。
注意すべきポイントについて、中西さんはこうおっしゃっていました。
「まずはテキサスの暑さと乾燥ですね。乾燥していると球が飛びます。
 ちなみにレンジャーズの球場はセンターは122メートル、ライト99メートル、レフトが101メートルで、
 メジャーの球場としては若干狭いんです。それを考えると、打たれる可能性はありますよね。
 しかも風も、ライト方向と右中間方向にのびる様な風が吹きやすいということで。
 まぁでも、チームはすごく打つチームなので、6回を3点以内で抑えていければ、充分勝ち投手になれるでしょう。
 また、空気が乾燥しているということで、球は当然さらに滑りやすくなるので、それにも注意が必要です。
 色々な条件はあると思いますが、日本が誇る最高のピッチャーなので、メジャーに行っても
 三振をバンバン取りまくって、大活躍して欲しいと思います。」


ダルビッシュ投手は昨日、自身のブログで
「本日、テキサスレンジャーズと正式契約しました。先にアメリカで記者会見をして
 帰国後、北海道で会見したいと思っています。そのときにファイターズファンをはじめ
 日本のファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えたいと思います。」とコメントしています。
ますます来シーズンのメジャーリーグが楽しみになりましたね!



今週の「ウィークリーパーソン」は、メジャーリーグ・テキサスレンジャーズへの移籍が決まった
ダルビッシュ有投手に注目しました。

鍋料理をよく食べる都道府県ランキング(2012/1/19)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


今日は、気象情報会社ウェザーニューズの「日本の鍋事情」調査から分かった
『鍋料理をよく食べる都道府県ランキング』をご紹介します。



第5位 兵庫県

第4位 徳島県

第3位 和歌山県

第2位 奈良県

第1位 香川県


日本人がひと冬で食べる鍋の平均回数は11.31回。それに対し、1位の香川県は13.54回でした。
また、このランキングの上位5つを関西と四国の県が占めています。
反対に鍋を食べる回数が一番少ないのは、沖縄県の9.22回。次いで青森県、北海道の順でした。
そして、どの県の人が一番「鍋好き」かというと…山梨県。
この調査は「とても好き」「好き」「まあまあ」「あまり好きではない」「嫌い」の
5択で行われていて、
その中で「とても好き」と「好き」を足した割合が一番多かったのが山梨県。
次いで大分県が2位、3位は宮崎県、4位が香川県となっています。
そして『日本人が好きな鍋 ベスト5』は次の通り。



第5位 ちゃんこ鍋

第4位 しゃぶしゃぶ

第3位 すき焼き

第2位 キムチ鍋

第1位 よせ鍋


このほか、リスナーの皆さんから頂いたおすすめの鍋料理は…
「せり鍋。鶏のダシで醤油味、せりは煮込まずにシャキシャキ感を楽しみます。
 シンプルな味で日本酒とよく合います。」といったものや
「今から20年ほど前、北海道の釧路で食べた“釧路鍋”が美味しかったです!
 蟹などの魚介類がベースで、最後は雑炊にして頂きます。自宅での再現は不可能でした…。」
「白菜と豚のスライス肉を交互に重ねた鍋料理がおすすめです。」といったものがありました。
これに対して中西さんは「この白菜と豚肉の鍋、これは今年結構来てますよね。
僕も家でやるんですけれど、これは味を変えられるのが良いですよね。
僕のおすすめは、柚子こしょうやポン酢、ごまだれ、七味とうがらしなどですかね。
今日もかなり寒いので、皆さん今夜は鍋料理であたたまってください!」とおっしゃっていました。



今日は『鍋料理をよく食べる都道府県ランキング』をご紹介しました。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 586 | 587 | 588 |...| 655 | 656 | 657 || Next»