ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

感動のウエディングソング・ランキング2011(2011/6/15)

カテゴリー:1112

水曜日は、「音楽」。


今月は、ハッピーウエディング!ジューンブライドですので、
今日、ピックアップするのは、着うた・着うたフル 配信大手の「レコチョク」が発表した
『感動のウエディングソング・ランキング2011』です。


第3位「One Love」嵐

2008年の6月にリリースされた、嵐22枚目のシングル。
メンバーの松本潤さん、女優の井上真央さんが主演した映画「花より男子・ファイナル」の主題歌でもありました。
男性が、結婚相手の女性へ思いを綴った内容で、リリース以来、ウエディングソングの定番となりつつある1曲です。


第2位「シルエット」コブクロ

4月にリリースされた「あの太陽が、この世界を照らし続けるように。」のカップリング曲。
回答者からは、「女性目線で、将来結婚する時は、こんな心境なのかなぁ、とウキウキします。」
「結婚前の女性の心境を、小渕さんが切なく歌うところが好きです。」
などの、結婚したばかりの女性目線の歌詞に共感する意見が多く寄せられています。


第1位「Butterfly」木村カエラ

2009年の配信限定シングルでした。
木村カエラさんが、親友の結婚式のために書き下ろした曲で、結婚情報誌「ゼクシィ」のCMソングに採用されていました。
また、木村カエラさんは、この「Butterfly」で2009年の紅白歌合戦に初出場しました。


さて、上位3位を発表しましたが、5位まで目を向けてみると、
4位が遊助「たんぽぽ」、5位コブクロ「永遠にともに」となっています。
去年まで上位にランクインしていた、安室奈美恵さんの「Can You Celebrate?」は、今年7位に後退しています。
時代と共に、新しいウエディングソングが生まれてきているようですね。


ちなみに、中西哲生さんの世代で結婚式の定番ソングと言えば…『てんとう虫のサンバ』だそうです…(!?)

男性ビジネスマンにオススメのスーパークールビズアイテムランキング(2011/6/14)

カテゴリー:1111

火曜日は、「ビジネストレンド」。


今日は、この夏の“スーパークールビズ”を受けて、こんなランキングです。


ユニクロに聞いた
『男性ビジネスマンにオススメの売れ筋スーパークールビズ アイテム トップ3』



第3位「シルキードライ Vネック Tシャツ(半袖)」

シルクのようになめらかな肌触りと、サラリとした感触。着ているのを忘れるほどの心地よいインナーです。
汗を吸収・発散させるドライ機能や抗菌防臭・消臭機能でいつでも快適、清潔です。


第2位「ドライメッシュポロシャツ」

通気性抜群、メッシュ素材のポロシャツ。汗をかいてもすぐに乾くドライ機能で夏でも爽やかに過ごせます。
上品でシックな印象、大人のポロスタイルが楽しめる1枚です。


第1位「ドライカノコポロシャツ(半袖)」

サラリとして着心地の軽い、鹿の子素材のポロシャツ。こちらもドライ機能がついています。
シルエットも、よりスタイリッシュに着こなせるラインを追求しております。


…以上、ユニクロに聞いた『男性ビジネスマンにオススメのスーパークールビズアイテム』トップ3でした。
やっぱり、ドライ機能とか夏でも爽やかな素材が売れている模様です。


中西哲生さんは昨日、ユニクロに行ったそうで、
「僕は下着を昨日買いました。下着もドライ機能で、サラサラなんですよ。通気性もよくて、快適ですよ。
スポーツする時いいんですよね。」


スーパークールビズに対するお客さんの反応はどんな感じなのか?
ユニクロによりますと、「服装のルールを細かく決めている会社が少ないため、
どんなスタイルを選べばいいか悩んでいるビジネスマンが多い」ようです。
しかもいきなり、“スーパー”がついたことで、何をどうしたら“スーパー”になれるか、悩んでるとのことです。


ユニクロのこの夏の方向性として、環境省が進めているスーパークールビズの服装ガイドラインから、
「さらにカジュアルになって頂こう!」ということで、真夏に向けて、
ハーフパンツやクロップドパンツもオススメしているということです。


この夏は思い切ってハーフパンツで出社してみてはいかがでしょうか!!

「陸上女子100m」世界記録ランキング(2011/6/13)

カテゴリー:1110

月曜日は、「スポーツ」。


今日は、世界最速の女性ランキングです。


第3位「マリオン・ジョーンズ」(アメリカ) 10秒65
第2位「カルメリタ・ジーター」(アメリカ) 10秒64
第1位「フローレンス・ジョイナー」(アメリカ) 10秒49

陸上女子100m、世界記録のベスト3です。

1位のジョイナー選手、懐かしい名前ですが、この記録はなんと、23年間も破られていません。
100m10秒台ということは、時速に換算すると、およそ35km。
これが二本足で移動する人間女性の今の最高速度です。
(比べるのも何ですが、地上最速の動物、チーターは最高時速110km!4本足だから速いのは速いんですが…)


この記録に挑もうとしているのが、日本の福島千里選手です。
福島選手は、週末に行われた陸上の日本選手権で、女子100m、200mともに優勝、二冠を達成しています。
これにより、8月から韓国で行われる、世界陸上への出場権を手にしています。


競技後に、「私も世界を目指す挑戦者の一人だと思っている。世界陸上に向けて、もう一度鍛え直して、
今季最高と、あやよくば、自己最高を出したい」とコメントしています。会見の時の笑顔が印象的でした。


ちなみに、その自己最高記録は、今の日本記録でもあります。タイムは11秒21。
世界記録は10秒49ですから、正直、まだ世界とは差があります。
ただ、福島選手は昨年、中国で行われたアジア大会の女子100mで、44年ぶりに日本に金メダルをもたらしています。
まさに大舞台に強い福島選手、今年の前半は不調が続いたんですが、日本選手権という大きな舞台で復活を遂げました。


これからさらに、記録というプレッシャーとの戦いが厳しくなると思いますが、
8月の世界陸上、そして来年のロンドン・オリンピックでも、あの笑顔を見せて欲しいと思います。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 623 | 624 | 625 |...| 640 | 641 | 642 || Next»