ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2011/6/10)

カテゴリー:1114

金曜日は、ジャンルを問わず、感動や"驚き"を与えた人物に注目する
「ウィークリーパーソン」!


今週は、番組がピックアップしたのは、この5人。


■宇宙船ソユーズ打ち上げに成功!12年越しの夢ようやく実現!宇宙飛行士の古川聡。
■ドラマの主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」の大ヒットで人気急上昇!「薫と友樹」の鈴木福。
■話題沸騰!昨日行われた第3回「AKB総選挙」で、晴れて首位奪還、栄冠を手にした、AKB48の前田敦子。
■向かうところ敵なし!3戦連続完封44イニング無失点!日本ハムのダルビッシュ有。
■植毛手術を受けたことをツイッターで告白、サポーターのみならず、全世界の男性に勇気を与えた、
 サッカー・イングランド代表のウェイン・ルーニー。


今週、中西哲生さんが注目したのは、この方です!


宇宙飛行士 古川聡さん

今週の火曜日の夜、ロシアの宇宙船「ソユーズ」が打ち上げられ、これに搭乗しているのが、
日本人宇宙飛行士、古川聡さん。
古川さんは、9人目の日本人宇宙飛行士として、この後、国際宇宙ステーションに半年間滞在して、
様々なミッションをこなすわけですが、ここまでの道のりは、平坦ではありませんでした。


古川さんは1999年に宇宙飛行士の候補に選ばれながら、実に、12年4ヶ月も待ち続けていました。
こんなに長く待っていた日本人飛行士は、もちろん古川さんが最長。
しかも、47歳での宇宙初飛行も、日本人として最年長になります。


これまで、宇宙飛行士の同僚や後輩に先を越されたこともありました。
それでも、古川さんは焦らず、「貴重な訓練を積む期間」と前向きに捉えて、じっと耐えてきました。
「もう宇宙へは行けないかも」内心ではそんな葛藤もあったはず…と、これまで見守ってきた家族や友人も、
辛抱強い古川さんに拍手を贈ります。
とにかく、子どもの頃から宇宙への夢を抱き続けてきた古川さんは、外科医としてハードな日々を送りながらも、
その夢を捨てずにやって来た結果、ついに大きな夢が実現したのです。


古川さんの趣味は野球。高校時代はキャッチャーでした。
こんな古川さんが、これまでずっと待っていた感想を訊かれ、こんな風に答えています。
「ベンチ裏で出番を待ちながら、素振りをしていました」。


47歳、優しい古川さんならではの言葉です。


今週の「ウィークリーパーソン」は、
火曜日に、念願の宇宙に旅立った日本人宇宙飛行士、古川聡さんに注目しました。

『世界のロックスターの名言ランキング』(2011/6/9)

カテゴリー:1113

木曜日は、「カルチャー」。


今日は6月9日。「6」と「9」の語呂あわせで、『ロックの日』ですが、
先日、ロックにまつわる、ある順位が発表されました。


『世界のロックスターの名言ランキング』

発表したのは、gooランキング。
ロックスターは、説得力ある言葉を残していそうですよね。


第3位「一流のプレーヤーは一流のリスナーでもある」/エディ・ヴァン・ヘイレン

以前、アメリカの大衆紙USA TODAYが行った“史上最も偉大なアメリカン・ロックバンド”の3位に入った
Van Halenの中心、ギターのエディ・ヴァン・ヘイレンの名言。


“本物は本物を知り”、“素晴らしい音楽の本当の素晴らしさが聞いて分かる”ということなのでしょう。
そうやって感受性を刺激されて、自分自身のクリエイティヴィティも影響を受けて広がっていくということですね。


第2位「音楽は女性と似ている。理解しようとしたら楽しめない」/フレディ・マーキュリー

今は亡きQUEENのボーカリスト。2年前、アメリカの音楽誌Rolling Stoneが選んだ
「史上最も偉大なシンガー 100人」で18位に入ったフレディ・マーキュリーの名言。


これはつまり、“Don't Think Feel(頭で考えず、感じろ)”ということなんでしょう。
言ってみれば、それが50年代に誕生したロックンロールなんですかね。
ティーンエイジャーが熱狂する一方で、大人は眉をひそめるという。



第1位「音楽はいつだって世界中の人々の心に訴える、最も強力な言語の1つだ」/ジミー・ペイジ

ハードロックを世界に広めたLed Zeppelinのリーダーでギタリスト、ジミー・ペイジの名言。


まさにその通りですよね。
3月11日以降、改めてラジオというメディアが評価されたのも、音楽の持つ魔法の力があったからこそだと思います。
誰もが自分の人生の大きな影響を与えた音楽があるのではないでしょうか。

6/6付オリコン・シングルランキング(2011/6/8)

カテゴリー:1112

水曜日は、「音楽」。


今日、ピックアップするのは、『オリコン・シングルランキング』
6月6日付けのBEST3をご紹介します


第3位「マル・マル・モリ・モリ」薫と友樹、たまにムック

ドラマ『マルモのおきて』のエンディングテーマ。
人気急上昇中の子役・芦田愛菜ちゃんと、鈴木福くんの2人が歌っているのですが、
平均年齢6歳!これがオリコン史上最年少でのTOP10入りだそうです。
ちなみに、「ムック」というのは、ガチャピンの相方ではなく、このドラマの中に出てくる犬の名前です。


第2位「Let's try again」チーム・アミューズ!!

大手芸能事務所・アミューズに所属する、桑田佳祐さんや福山雅治さんら、37組54人で結成された
「チーム・アミューズ!!」
東日本大震災復興チャリティーソングとして、4月20日から配信されていましたが、
ファンからの熱い要望に応えて、CD化、2位にランクインしました。


第1位「Everday、カチューシャ」AKB48

8月、次の新曲の選抜メンバーを選ぶ、第3回総選挙を控えるAKB48が、今年初のミリオンヒットで1位に輝きました。


来週13日付けのランキングでは、B’zの新曲「Don't Wanna Lie」が逆転するのでは?と言われていますが、
6月6日付けのシングルランキングでは、AKB48の「Everday、カチューシャ」が1位をゲットしました。


AKB48と言えば、第3回総選挙が、日本武道館で明日の夜6時、いよいよ開票されます。
投票開始の翌日、5月25日に中間発表がありましたが、この時の順位は、1位大島優子、2位前田敦子…。
年に一度の総選挙、大島優子さんの連覇なるか?前田敦子さんのリベンジか?
それとも新たなヒロインの誕生なるか!?と注目されています。


また、“神7”と呼ばれる、第1回、第2回ともに上位7位だった7人、
大島優子、前田敦子、篠田麻里子、板野友美、渡辺麻友、高橋みなみ、小嶋陽菜
鉄板のこの7人に変動はあるのか!?


投票期限は、今日の15時までです。


今日は、『オリコン・シングルランキング』と、明日総選挙が行われるAKB48に注目しました。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 624 | 625 | 626 |...| 640 | 641 | 642 || Next»