ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2011/9/9)

カテゴリー:1114

金曜日は、番組がその週で最も注目した人物にフォーカスする「ウィークリーパーソン」!
ジャンルを問わず、"感動"や"驚き"を与えた人物に注目します。


今週は、この4組をピックアップしました。
サッカーW杯予選ウズベキスタン戦でファインセーブ連発の守護神・川島永嗣!
代名詞の頭で決めた!同じくウズベキスタン戦で執念の同点ゴール・岡崎慎司!
日本橋で伝統の炊き出しを再現!売り上げを被災地へ贈る・石原軍団!
中日の守護神!日本球界発の300セーブ越えを達成した・岩瀬仁紀!


Facebookページの皆さんの投票では、川島のあとを岩瀬が追っているんですが、
中西哲生が今週注目したのはこの方!


ロンドン・オリンピック出場決定!なでしこジャパン!


大変申し訳ありません!昨日の夕方の時点で上記の4組をFacebookページにピックアップしたんですが、その後でロンドン・オリンピックに出場決定…ということで、今日は申し訳ありませんが、なでしこジャパンを取り上げさせていただきます。北朝鮮との試合はドローだったんですが、その後でオーストラリアが中国に勝ったので、なでしこジャパンのロンドン・オリンピックへの出場が決定しました。


この結果から僕が思うのは、これは本人たちが一番よく分かっていると思いますが、彼女たちは今回、なかなか自分たちの戦いが出来ていませんでした。それはあのワールドカップ終了後の“なでしこフィーバー”の影響で、コンディション作りが非常に難しい予選だったと思います。ただ、そんな中でも彼女たちはしっかりと結果を出して、ロンドン・オリンピック行きを決めたので、これはもうMVPにふさわしいのではないかと思いますね。


なでしこジャパンがこの予選で何を得たかというと、『アジアで戦える精神力の強さ』。これは非常に大きな自信になったと思いますし、来年のロンドン・オリンピックでも当然活かされると思います。予選の最終戦は11日に行われる中国戦ですが、こちらで有終の美を飾って頂きたいと思います。

デジタル一眼レフカメラの販売数量ランキング(2011/9/8)

カテゴリー:1113

木曜日は、「カルチャー」。


このところ、カメラに興味を持っている人がかなり増えている気がします。
番組を聴いて下さっている方の中にも、
「コンパクトカメラがあるけど、1ランク上のデジカメを持ちたい」
と思っている方、多いのではないでしょうか?
秋の行楽シーズンを前に、思い切って買ってみてはどうでしょうか?


今日は、全国有力家電量販店の販売実績を集計する「GfK Japan」調べによる
『デジタル一眼レフカメラの販売数量ランキング』8月22日〜28日に集計したものです。
解説して下さるのは、webマガジン「デジカメプラス」編集長 渡邊宏さん


第3位「キヤノン EOS KISS X5 ダブルズームキット」

定番のキヤノン“イオス・キス・シリーズ”の今年の春に販売開始になった、最新モデル。
主な特徴は、後ろの液晶モニターが自由に動くバリアングル式。
低い位置、高い位置でも自由に撮れるのが特徴です。


第2位「ニコン D3100 200mm ダブルズームキット」

ニコンの一眼レフの中では、エントリー機、入門機と言われるキット。
200mmダブルズームキットという名前が示すとおり、ズームレンズが2本付いているキット。
例えば、運動会など、遠くの被写体、子どもを撮りたい、そういった被写体に向くようなズームキットです。


第1位「パナソニック DMC−GF2 ダブルレンズキット」

後型モデルGF3が今年の夏に発売になりましたが、その影響を受けて、求めやすい価格になっていて、
先週はランク外の商品でしたが、今週は1位と非常に売り上げを伸ばしているモデルです。
非常に小型・軽量・薄いレンズを付けると、カバンの中でも邪魔にならず、毎日持ち歩きやすいというのが特徴です。


webマガジン「デジカメプラス」編集長 渡邊宏さんに、一眼カメラ、今の売れ筋の傾向についても伺いました。

「デジタルカメラ自体は、すでにお持ちになっていると思いますが、その中で、よりもう少し良いものが撮りたい、
カメラとして、物として質感の高い物が欲しいという需要が、ここ1,2年、よく目立つようになってきました。
今までですと、大きなボディの一眼レフを選択するしかなかったのですが、
3年ほど前から、“ミラーレス”という、小型で画質が高い製品が注目され、今、高い人気を得るようになりました。
また、ファッション性も高く、クラシカルな外観のもの、近未来的なデザイン、モダンなものなど、
商品の選択が非常に幅広くなりました。
女性の方から、男性というよりは、年配のカメラマニアの方からも高い評価を得る結果となっています。」


「デジカメプラス」編集長 渡邊宏さんもおっしゃっていましたが、
とにかく今、性能はもちろん、お洒落なデザインが目を引くデジカメが沢山出てきていますから、
女性の方もぜひ撮ってみてはいかがでしょうか?

9月4日付の『ONAIR MUSIC CHART』(2011/9/7)

カテゴリー:1112

水曜日は、「音楽」。


今日、ピックアップするのは、『9月4日付『ONAIR MUSIC CHART』
“ラジオでどんな曲が一番オンエアされたのか”が分かるランキングです。
TOKYO FMをはじめ、JFN38局の1週間のオンエア回数を集計。
9月4日付の『ONAIR MUSIC CHART』を、カウントダウン!


第3位「Gice Me Everything feat.Ne-Yo,Afrojack & Nayer」Pitbull

最近では、アッシャーやジェニファー・ロペスなどの曲に参加し、ヒットを記録しているラッパー、ピット・ブル。
日本で付けられたあだ名は、“チャートをくい荒らすマイアミの猛犬”!


第2位「フライングゲット」AKB48

喉を痛めてしまった報道があった、メンバーの板野友美さん。
自身のブログにはこう書かれています。
「一刻も早くよくなるように、あんまり声出さないように喉を休ませたいと思います!体は元気なんだけど」
ちょっともどかしい気持ちなのかもしれませんね。


第1位「PONPONPON」きゃりーぱみゅぱみゅ

みなさん。噛まずに言えますか?
プロデュースは、Perfumeと同じ中田ヤスタカさん。
この「PONPONPON」は、世界23ヶ国にも配信され、人気が爆発!
日本以外でも取材やライブのオファーが殺到しているそうです!


そのきゃりーぱみゅぱみゅさんは、雑誌「Zipper」などで活躍するモデルです。
人気の理由をひも解いてみると…彼女のブログが面白いそうです。
なんといっても“ヘン顔”!
可愛らしい容姿から想像できないほどの、すさまじい変な顔を時々披露しています。
ぜひともチェックしてみてください。
やはり“ギャップ”というのは、人気が出る重要なポイントなのかもしれませんね。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 624 | 625 | 626 |...| 661 | 662 | 663 || Next»