ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

今のうちに観ておきたいおすすめ無声映画トップ3(2012/3/6)

カテゴリー:1111
null

火曜日は、「ビジネストレンド」。


先日授賞式が行われた、アメリカ・アカデミー賞で
作品賞を含む5部門を受賞した映画『アーティスト』
白黒の無声映画ということも大きな話題となりました。
これはもしかすると、白黒の無声映画が再び脚光を浴びることになるかも…
というわけで、今日ご紹介するランキングはこちら!
『今のうちに観ておきたいおすすめ無声映画トップ3』
話題のスポット、代官山蔦屋書店のシネマコンシェルジュ・上村さんに選んで頂きました。



第3位【裁かるゝジャンヌ】

1927年のフランス映画で、フランスの国民的英雄・ジャンヌ・ダルクを描いた作品。
ジャンヌ・ダルクの鬼気迫る演技は、無声映画であることを忘れるほどです。
ちなみに、巨匠・ジャン=リュック・ゴダールの作品には、
この『裁かるゝジャンヌ』の映像が登場する、というトリビアもあります。


第2位【戦艦ポチョムキン】

1925年のソビエト映画。帝政ロシア時代に実際に起きた、戦艦の乗組員による反乱をモデルにした
群像劇で、現在の映画では当たり前になった“モンタージュ”という映像編集の方法を確立した映画。
実はあの名作『アンタッチャブル』の、階段から乳母車が落ちる有名なシーンは
この映画へのオマージュなのだとか。


第1位【イントレランス】

1916年のアメリカ映画。2時間40分という超大作で、古代バビロン、キリストの処刑など
4つの異なる時代の異なる物語が同時進行で進むという、1916年に作られたとは思えないストーリー。
上村コンシェルジュは「映画史に残る超大作、傑作中の傑作」と大推薦しています。



以上、代官山蔦屋書店のシネマコンシェルジュが選んだ「おすすめ無声映画」トップ3でした。
その他、上村コンシェルジュが無声映画の入門編としておすすめしてくださったのが
“チャップリン”“バスター・キートン”“ハロルド・ロイド”この3人の喜劇俳優の映画は
音の出ない映画で、いかに観客を笑わせるか、表現の原点がそこにある…とのこと。
また、上村さんは「白黒映画や無声映画には、映画が生まれたばかりの頃の熱気があります。
そして、映画というものがとても自由な表現方法であることにも気付かされます。」
ともおっしゃっていました。


ちなみに、代官山蔦屋書店でも近々「白黒・無声映画特集」の棚を作る予定だということです。
こちらも楽しみですね。


今朝は『今のうちに観ておきたいおすすめ無声映画トップ3』をご紹介しました。


唐揚げにちょい足しすると意外に美味しいものトップ3(2012/2/28)

カテゴリー:1111
null

火曜日は、「ビジネストレンド」。


この1年で東京都内の唐揚げ専門店は60店舗を突破し、
唐揚げブームはとどまるところを知りません。
そして今、唐揚げ界では「ちょい足し」がトレンドなんだそうです。
マヨネーズやレモンはもう古い!というわけで、今朝のランキングはこちら。
日本唐揚協会会長が選んだ『唐揚げにちょい足しすると意外に美味しいものトップ3』
今回は、日本唐揚協会の安久会長にコメントしていただきました。



第3位 【プリン】

「プリンと唐揚げを一緒に食べる。これ、意外と美味しくって。
 何で美味しいのかよく分からないんですけれど、プリンの甘みとカラメルソースの苦み、
 唐揚げパリッと感としょうゆ味が意外とマッチして美味しかったですね。」


第2位 【バニラアイス】

「例えば“アフォガード”のように、アイスと温かいもので、かつ乳製品だから良いんでしょうか?
 アイスの甘みと冷たさ、唐揚げのしょっぱさとカリッとした食感が美味しいんです。
 これは“バカウマ”ではなく、あれっ?意外に合うよね…というパターンですね。」


第1位 【プレーンヨーグルト】

「意外性はいまいちないかもしれませんが、本当に美味しかったんです。
 唐揚げにヨーグルトをかけようという意識がなかったので、やってみたんですね。
 食べてみると、ヨーグルトの酸味と唐揚げが合うんですよね。
 プリンやアイスクリームはムリだという人も
 ヨーグルトはアリじゃないかな、と。タルタルソースをよりライトにした感じで、
 爽やかな感じです。唐揚げの“油ギッシュ”な感じをさっぱりとさせます。」



以上、日本唐揚協会の安久会長が選んだ、おすすめ「ちょい足し」トップ3でした。
実際にスタジオで、中西さんが1位のプレーンヨーグルトを試してみたところ、
「うまいッ(笑)うまいよ、これ!ヨーグルトの酸味で肉汁がサッパリしますね。」と大絶賛でしたよ。
ちなみに、特にちょい足し文化が発達しているのは京都だそうで、京都の有名専門店「金のとりから」では
カレーパウダー、チリソース、さらにチョコソースもかけてくれるそうです。


そして、すでに会員数が1万人を突破した「日本唐揚協会」略して日唐協。
こちらは唐揚げの食べ方だけではなく、様々なトレンドを生み出しつつあります。
安久会長によると、唐揚協会の会員同士はこんなコミュニケーションが当たり前だそうです。
「例えば、何か急いでメールを送るときは“鳥いそぎメールまで”
 “よろしくお願い申し揚げます”などは、普通にやり取りしますね。この前ビックリしたのは
 一般の唐揚げニストたちが使っていた“よろにくお願いいたします”
 これは参考にしたいですね。やっぱり唐揚げって、ポテンシャル高いですよねぇ。」
とおっしゃっていました。皆さんも使ってみては?


今朝は『唐揚げにちょい足しすると意外に美味しいものトップ3』をご紹介しました。


冬に眺めたい土木建築トップ3(2012/2/21)

カテゴリー:1111

null

火曜日は、「ビジネストレンド」。


東京の新名所「東京ゲートブリッジ」をはじめ、
最近こうした「土木建築」の見学イベントが人気です。
そこで今日は、そうしたイベントを主催し、写真集も出している“ドボクマニア”
フォトグラファーの大山顕さんに、冬におすすめの土木建築を教えて頂きました!



第3位【埼玉県久喜市 圏央道の工事現場】

外環のさらに外側をぐるりと回る、「首都圏・中央連絡自動車道=圏央道」の工事現場のひとつ。
埼玉県久喜市は、まだ橋の「橋脚」つまり“橋げた”しか完成していない部分も多く、
一面田んぼの中に、ストーンヘンジのように巨大なコンクリートのオブジェが立ち並ぶ光景が見られるそうです。


第2位【箱崎ジャンクション】

ほとんどの方が、箱崎ジャンクションを走ったことはあっても、下から見上げた経験はないのでは?
首都高6号・向島線、7号・小松川線、8号・深川線が合流する、まるで大蛇が絡み合う様な光景は圧巻。
水天宮駅から徒歩0分なので、寒い冬のデートにも安心!ジャンクション見学“入門者向け”だそうです。


第1位【東京ゲートブリッジ】

大山さんによると「10年以上の歳月をかけて、東京都心で今こういった巨大な土木建築が作られた
…という事実だけでもすごい。また、橋の上は歩くことが出来るので、
ぜひ徒歩で橋の上からの景色を見て欲しい。特に江東区木場のあたりは、
今まで見ることが出来なかった角度の“東京の姿”があります。」とのことです。



以上、“ドボクマニア”でフォトクラファーの大山顕さんが選んだ
おすすめ土木建築トップ3でした。
中西さんは「僕も1位の東京ゲートブリッジ、早速行ってきました。あの景観、素晴らしいですね!
下から見上げても、渡る瞬間も、その喜びが身体からわき上がる感じで、もうまさに
“新しい東京”を見た!という感じですね。ただひとつ、東京タワーが高層ビルに
埋もれがちだったことが残念でしたけれど、でも、東京スカイツリー方面を見ると、
これはもう、素晴らしい風景でしたね。」とおっしゃっていました。


大山さんは「3位の圏央道は、まさに今作られている土木建築。東京ゲートブリッジや
東京スカイツリーはもう完成しているので、“作られていく過程”は二度と見ることができません。
一方、圏央道は、首都圏の都市基盤としての“道路”が出来上がっていく様子を見ることができます。
それはつまり、東京が今も生きていて、うごめき、脈動していることの証拠なんです。
そう言う意味でも圏央道はオススメですし、そんなことに思いを馳せながら土木建築を
楽しんでいただきたいですね。」とおっしゃっていました。


今朝は『冬に眺めたい土木建築トップ3』をご紹介しました。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 112 | 113 | 114 |...| 127 | 128 | 129 || Next»