ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

【 平成で最も歌われた、カラオケソング 】をピックアップ!(2019/3/13)

カテゴリー:1112
null

水曜日は「音楽」


綿谷:年度末が近づいてきて、送迎会や、これからの時期だとお花見をした後など、『カラオケ』へという方もきっといらっしゃいますよね。
そこで、今日は、【 平成で最も歌われた、カラオケソング 】をピックアップしていきます。
番組の忘年会でも、カラオケ盛り上がりましたもんね!


中西:みんな、カラオケ好きですからね!


綿谷:実は、通信カラオケが誕生したのが1992年のことで、つまり、平成時代の発明品なんです。
というわけで、どんな曲が“平成一”歌われたのか!?
データは、通信カラオケ大手の『JOYSOUND』シリーズで、1993年1月から2018年の年末までに歌われた25年分の集計結果です。では、トップ3を発表していきましょう!


第3位 MONGOL800『 小さな恋のうた 』

綿谷:インディーズシーンの立役者となったMONGOL800の『小さな恋のうた』!
2001年に出した自主製作アルバム『MESSAGE』が280万枚と空前のヒットを記録して、伝説のインディーズバンドと呼ばれています。
このアルバムから、のちにシングルカットされたのが『小さな恋のうた』でした。


第2位 一青窈『 ハナミズキ 』

綿谷:カラオケの定番曲として、男女、年齢問わず幅広い層から支持される、一青窈さんの『ハナミズキ』。
2004年2月にリリースされて以来、森山良子さんや新垣結衣さんなど、多くの歌手にカバーされて、幅広い世代で人気を博しています!
元々は、アメリカ同時多発テロ事件が発生したときに、ニューヨークにいた一青窈さんの友人からのメールをきっかけに誕生した楽曲で、挑戦的だった歌詞を少しづつ削ぎ取っていき、「君と好きな人が百年続きますように」の言葉にたどり着いたようです。素敵な言葉ですよね♪


第1位 高橋洋子『 残酷な天使のテーゼ 』

綿谷:平成に最も歌われたカラオケランキングの頂点は、今や、アニメソングの枠を飛び越え、国民的大ヒットソングとなった、高橋洋子さんの『残酷な天使のテーゼ』です!
みなさんもこの曲をカラオケで一度は歌ったことありませんか?
もしくは、歌っている人がいた!なんて経験ありますよね?私はありますよ!
アニソンは世代を超えて盛り上がれますよね〜。


ちなみに、中西さんは、「カラオケで必ず歌う歌」はあるんですか?


中西:いやもう25年分もあればたくさんあるから難しいけど、サッカー選手だったころに、歌ってたのはこれですよね。(BGMでGLAY『HOWEVER』♪)このイントロを聞くとこう…、あぁGLAYのTERUさんの声もまた素晴らしいじゃないですか。イントロからすごく印象的だし、みんなで歌えるのですごく盛り上がるから、僕はこの曲を結構歌っていましたね。あぁ、このあたりが良いんですよね〜。
ちなみに、綿谷さんが必ず歌う歌はなんですか?


綿谷:私はですね、最初に歌う曲は、山口百恵さんの『プレイバック Part 2』なんですよね。


中西:渋いぜ!あっ、この前、歌ってたよね!?(笑)


綿谷:歌ってましたね。(笑)
というわけで、今回は通信カラオケ大手の『JOYSOUND』が発表した【 平成で最も歌われた、カラオケソング 】をピックアップしました。
そして、番組からはこの曲をお届けしましょう!
トップ3には入らなかったんですが、【 平成で最も歌われた、カラオケソング 】にはチャートインしていましたよ。
今年の3月21日に30周年を迎えるDREAMS COME TRUEの『未来予想図供戮任后


中西:この曲はもう、みんな歌ってましたよね。よ〜く覚えていますし、本当に素晴らしい曲で、今も歌われていますよね。