ニッポンの未来を元気にする「農業応援プログラム」 あぐりずむ WEEKEND

収穫の様子
稲刈りの様子
農作業の様子

On air Report

2019年最初のあぐりずむWEEKEND、本年もあぐりずむWEEKENDをどうぞよろしくお願いします!

今日は、新春特別編!ということでスタジオにゲストをお呼びしてお送りしていきます!

史上最年少で“野菜ソムリエプロ”の資格を取得した、小学5年生の緒方湊くんです〜!

緒方くんは、8歳のときに野菜ソムリエの資格を取りました。
「野菜ソムリエ」は野菜の魅力を自分で楽しむための資格、その上の「野菜ソムリエプロ」は野菜の魅力を広めるための資格、なんだそう。

小学1年生の頃から野菜作りを始めた緒方くん。畑栽培をしていると、スーパーに売っている部分だけではない、種なんかも見られるのがいいところ、と緒方くんは話します。台本を一切みずに話す緒方くん、さすが野菜のソムリエプロ。プレゼン上手です。。
育てた野菜は全てを収穫せず、必ず一つは育った行く末を観察する緒方くんが一番驚いたのは「オクラ」!20〜30cmくらいの大きさまで育ったのがとても意外だったのだそう。畑ならではの魅力にすっかり取り憑かれてしまったみたいです。
枝豆とトウモロコシは、畑をやり始めて好きになったと言います!

遠足の時にも、お菓子でなく、野菜を食べていた緒方くん。
両親のススメで、野菜ソムリエの資格に興味を持った緒方くん。
野菜ソムリエプロはTPPのことなど、野菜の周りの情報も勉強する必要が出てくるので、とても大変なのだそう。野菜ソムリエは1発合格でしたが、野菜ソムリエプロになるために何度か試験を受けたそう。いや〜努力の結晶なんですね。

そんな緒方くんが今、一番好きな野菜は山形県の「赤根ほうれん草」。
生で食べてもとても甘くて、特に根っこもおすすめなのだそう!
プレゼン上手な緒方くんが見事に説明してくれました。

緒方くんはよく野菜クイズを出して、野菜について広めているのだそうですが、ということで、ここで緒方先生からスペシャル「お野菜クイズ〜!」

皆さんも考えて見てくださいね?


【第1問】次のうち、りんごの品種はどれ?
‥軋析
∋安析
6眤析

どれでしょうか〜?川瀬さんは不正解!


【第2問】次のうち、良いみかんの選び方で間違っているのはどれ?
ー瓦太い
表面のつぶつぶが細かい
H蕕凸凹している

さて、さっきよりも難しいですね!これも川瀬さんは不正解です。。
(このページの一番下に答えが載っています。ぜひ見てみてくださいね!)


緒方くんは野菜ソムリエプロとして、いろいろな野菜を広めながらも、畑作りを通して、生産者さんへの思いもたくさん持っています。
「作っているからこそ感じる苦労もわかるので、野菜を作っている生産者さんはすごいです」。そう言ってくれていました。
そうした思いがあれば、より「野菜を広めたい!」という気持ちにもつながりますよね!


そんな緒方くんの夢は「農家になって、マイナー野菜・伝統野菜を作って広める」!とても立派な夢ですね。また会える日を楽しみにしています。
緒方くんまた来てね〜!





【第1問】正解は
‥軋析此淵肇泪箸良兵錙
6眤析此淵泪ワウリの品種)

【第2問】正解は(養分と一緒に水分も入ってしまう)
表面のつぶつぶが細かい(細胞が分裂しているので良い状態)
H蕕凸凹している(水分が少なくなっているので、とても甘い)