PASSENGER DIARIES

EDC 営業日誌(過去のお客様)

2020年10月3日放送

Passenger

丸山桂里奈

フィラデルフィア(2010)、福島県(2005)

エウレカ・ドライブ・コーポレーション(通称EDC)
本日は、丸山桂里奈さんの思い出の地「フィラデルフィア」と「福島」をご案内しました。

 

まず最初の旅先は、2010年、丸山さんが住んでいたフィラデルフィア。
アメリカの女子サッカーのプロリーグに挑戦したものの、言葉の壁にぶつかり、試合に出場できず、人生で初めて挫折を経験されました。


※当時の写真(独立記念館の前にて)

つらい時、丸山さんを元気付けたのは、フローズンヨーグルト。
車で通ったお気に入りのお店がコチラ。

また、丸山さんが大恩人と語るのが、同じくアメリカでプレーしていた澤穂希さん。
澤さんがいたワシントンとフィラデルフィアは、車で1時間半〜2時間程度。
お互い行き来してよく食事にいき、試合に出られず苦しむ丸山さんを、澤さんはいつも励ましてくれました。
諦めて日本に帰るのは簡単、でも自分が決めた道なら挑戦を続けていこう、と。

フィラデルフィアで耐えた経験がなければ、そのあと2011年、女子ワールドカップ優勝の場に、自分はいなかった。
丸山さんにとってフィラデルフィアは、サッカー人生の大きな転機となった場所でした。

 

 

続いての旅先は、2005年の福島県。
福島のサッカーチームに在籍していた当時、毎日通っていた食堂が、広野ドライブイン。(※現在は民宿として営業中) 「丸山桂里奈の体の半分は広野ドライブインで出来ている!」と言うほど通い、お店のお父さん、お母さんには大変お世話になった、第二の実家のような場所。
特に好きだったメニューはこの焼肉!


※福島のチーム在籍時

その後、東日本大震災が起こった2011年、女子ワールドカップ出場の際には、お世話になった福島をはじめ、東北の人たちを想いながらプレーをされました。

広野ドライブインからほど近い、サッカーのナショナルトレーニングセンター「Jヴィレッジ」は、サッカー選手としての丸山さんの基礎を作った場所。ボールを使った練習ではなく、とにかく走った記憶がよみがえります。

丸山さんの成長を支え、その後世界に羽ばたく力を育ててくれた場所が、福島でした。

今回、「フィラデルフィア」と「福島」を旅した丸山さん。
今でもそれぞれの人たちと交流があり、先日ご結婚されたときは、「コングラッチュレーション!」とフィラデルフィアからも祝福のメッセージが届いたそうです。
これからも、いろんな場所との出会いを大切にしながら、歩いていきたいと、この旅を終えて、語っていただきました。

radikoのタイムフリーで視聴
PLAYLIST
  • 「ワタリドリ」
    [Alexandros]
  • 「Brave」
    ナオト・インティライミ
  • 「I love you & I need you ふくしま」
    猪苗代湖ズ