yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

第三百五十三話 他人を敬う心を持つ -【奈良篇】作家 武者小路実篤-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った命の闘いを知る事で、週末のひとときをプレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM大阪…SAT 18:30-19:00
FM長野…SAT 18:30-19:00 / FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第三百五十三話他人を敬う心を持つ

奈良県に移り住み、『新しき村』という理想郷を広めようとした文豪がいます。
武者小路実篤(むしゃのこうじ・さねあつ)。
白樺派の同志、志賀直哉から奈良に住まないかと誘われた彼は、40歳のとき、東大寺大仏殿の西の一角、白壁のたたずまいが美しい水門町にやってきます。
志賀はこんな手紙を書きました。
「大体こんな家だ、手入れはきれいにしてある、とに角ここにきめては如何か」。
奈良に住んだ武者小路は、さっそく『新しき村』の友人に、『奈良通信』と題して、文章をしたためました。

「一言でいうと奈良は気に入っている。
実際散歩の好きな自分には奈良はいい処だ。
川も海もないが、なんとなく落ち着いている。
奈良でいいのは、なんといっても古美術であろう。
くわしいことはわからないが、東洋的な内面的な沈黙的な深さでは、之以上ゆくのはむづかしいと思う」。

自然と社会の共存。
みんながお互いを尊敬し、尊重するユートピア『新しき村』の実現に奔走していた彼にとって奈良は、豊かな自然と芸術性に優れた、理想の地だったのでしょう。
彼は『新しき村』奈良支部を創設。
若き文学青年を集め、激論をかわしたり、画家や詩人を自宅に招き、発表の場を作ったり、地域に文化を根付かせるための活動に、寸暇を惜しみませんでした。
ゲーテ祭、トルストイのお祭り、講演会や展覧会や朗読会を積極的に開催。
1年ほどの奈良での生活で、若者たちに多大な影響を与えたのです。
武者小路が掲げた思想は、「自他共生」。
自分があり、他人があって、共に成長し生きることで社会は発展していく、という考えです。
彼は常々、言っていました。
「人間は自分のために生きていると考えるのはつまらない」。
『友情』『真理先生』『お目出たき人』で知られる作家・武者小路実篤が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

白樺派の文学者・武者小路実篤は、1885年、明治18年5月12日、東京・麹町に生まれた。
父は、子爵の武者小路実世(むしゃのこうじ・さねよ)、母は、勘解由小路家(かでのこうじけ)出身の秋子(なるこ)。
華族の両親、8番目の子どもだった。
先に生まれた5人の兄弟は、相次いで亡くなる。
父も、実篤が2歳のとき、結核でこの世を去った。
父は、岩倉具視(いわくら・ともみ)に重用され、23歳でドイツ留学を果たすなど、いち早く西洋文化や欧米の議会制、民主主義に触れたエリートだった。
父は、癇癪持ちだったが、子どもたちがいくら騒いでも怒らなかった。
逆に、子どもをたしなめる母を叱った。
「元気でいるのが、いちばんだ。そのままにさせておきなさい!」
亡くなる前、3人の子どもたちは、父の枕元に呼ばれた。
父は、実篤を見て、言った。
「この子を、よく育ててくれるひとがあったらいいな。そうしたら…この子は、世界に一人という人間になるのだが」
この言葉は、あるときは実篤を苦しめ、あるときは鼓舞し、気がつけば、いつもこの言葉に背中を押されて人生を生きることになった。
自分は、世界に一人の人間になる。
そんな勇気と決心を、父が授けてくれた。

ゴッホやレンブラントなどの西洋美術を、日本に最初に紹介したとされる作家・武者小路実篤は、幼い時から、優秀な兄と比べられた。
実篤も常にクラスで10番以内に入っていたが、兄は必ずトップ。
体も強く、運動神経も優れていた。
さらに兄は、眉目秀麗な父の血を受け継ぎ、美男子。
実篤は、あばたの多い、お世辞にも二枚目と言われる風貌ではなかった。
でも、母が驚くくらい、彼はコンプレックスを持たなかった。
勉強は、一生懸命やれば誰だってできるけど、自分は、飽きてしまうのでやらないだけ。
風貌も、兄はハンサムなので上級生に目をつけられ、いじめに遭うけれど、自分は、相手にもされない。
こんなに自由なことはない。
「へんな子だねえ、おまえは…」。
それが母の口癖になった。
自分は、自分。誰かと比べても意味がない。
結局、ひとは一人で生きていかなくてはならないと思っていた。
そんな実篤の心を変える、大きな出来事が起こる。
6歳上の最愛の姉が、父と同じ、肺の病にかかった。
18歳で嫁いで、1年が経ったばかり。
母は、姉を実家にひきとり、文字通り、寝ずの看病をした。
兄や実篤が病床を見舞おうとすると、怒鳴った。
「近づいちゃいけません! ぜったい、いけません!」
目に涙をためる母を見たとき、実篤は初めて、この世が自分ひとりで回っているのではないことを知った。

文豪・武者小路実篤の姉は、21歳でこの世を去った。
15歳の実篤は、看病する母をずっと見ていた。
姉が亡くなるまでのおよそ2年間、母は、姉だけのために生きた。
放っておかれて、姉に嫉妬することもあったが、それよりも、母の我が子への愛情に圧倒された。
夜中に「どうしよう、ああ、どうしよう」と、廊下をいったりきたりする母を、襖越しに見ていた。
もし、自分に同じことが起きても、母は同じようにふるまうだろう。
「自分は、自分だ。好きなように生きる」。
そう思いあがっていた己に気づく。
「確かに、自分を保つのは大切だ。でも、今、ここにいる自分は、必ず誰かのおかげで立っている。だから、まわりにいる人の人生を抜きに、自分の人生は語れないんだ」。
青年、武者小路実篤の心に、他者を敬う心が芽吹きはじめた。
彼は、心の行方をさぐる船に、文学を選ぶ。
トルストイを読み、同志、志賀直哉に出会う。
「どうしたら、自分以外の人を心から愛せるだろうか」。
そんな祈りにも似た願いが、彼の心を支配した。
「自分を生かすには、まず、自分の周りの人を尊敬し、尊重することが大事だ」。
そう気づいたとき、彼は、ある理想郷を思い描いた。
誰もが他者を敬い、誰もが自分を生かすことができる、新しき村。

【ON AIR LIST】
LEAN ON ME / Jose James
FAMILY AFFAIR / Lalah Hathaway
LOVE THE ONE YOU'RE WITH / Stephen Stills

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけの焼きびたし

今回は、奈良で盛んに生産されている野菜、なすを使った料理をご紹介します。

霜降りひらたけの焼きびたし
カロリー
180kcal (1人分)
調理時間
20分 (冷蔵庫で冷やす時間を除く)
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【2人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 1パック
  • なす
  • 2本
  • オクラ
  • 2本
  • ズッキーニ
  • 1/2本
  • サラダ油
  • 適量
  • おろししょうが
  • お好み
  • 【A】だし汁
  • 200ml
  • 【A】しょう油
  • 大さじ1・1/2
  • 【A】みりん
  • 大さじ1・1/2
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけは小房にほぐし、なす、オクラ、ズッキーニは食べやすい大きさに切る。
  • 2.
  • フライパンに油を入れ、(1)を中火で揚げ焼きにする。
  • 3.
  • (2)を【A】に浸し、冷蔵庫で30分冷やす。
  • 4.
  • 器に盛り、しょうがをのせる。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

特別版『オードリー・ヘップバーンが教えてくれる、明日へのyes!』
常盤貴子さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。
YESとNOの狭間で。
あなたは、自分に言っていますか?
YES!ささやかに、小文字で、yes!
毎週土曜日、明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語を朗読でお届けしている番組『yes!明日への便り』。 1月8日は、その特別版「オードリー・ヘップバーンが教えてくれる、明日へのyes!」をお送りいたします。
2018年に没後25年を迎える稀代の大女優オードリー・ヘップバーンの波乱万丈な人生―女優になるまでの波乱に満ちた半生、輝かしい女優時代、ユニセフ親善大使として世界中の子どもたちに尽くした晩年までを、 女優の常盤貴子さんが演じます。
長塚圭史は「語り」の部分やオードリーの夫、また彼女の人生に影響を与えた映画監督の役を担当します。女優、オードリー・ヘップバーンが、私たちに教えてくれる、明日へのyes!とは?

閉じる