語り手:乳酸菌

トンネルを抜けるとそこはおなかの中だった…。 乳酸菌は今日も人と生きている。 ボクらは乳酸菌。古くからこの星に住み、 人間や動物の体に宿り、日々活動しています。 そんな乳酸菌たちが宿主と一緒に喜んだり、悲しんだり。 時には励ましたり…おなかの中から 語りかけるストーリィをお楽しみください。

メッセージ

番組ではメッセージを募集しています!番組の感想や乳酸菌くん(語り手)へのメッセージをお寄せください。

2013年05月26日(日)

5月のおなか

5月最後の日曜日…。
皆さん、おなかの調子、整えていますか?
月末の日曜日は、ボクらの、ちょっとした心配事を、聞いてください。

5月…、新しい生活にも慣れてくる頃。
職場では…。
上司:「なあ、佐藤。この企画、ちょっと練り直してみてくれ。」
新入社員:「はい! わかりました!」

外回りの帰りには…。
上司:「よし、先方にも、顔と名前、覚えてもらえたことだし、佐藤、次は一人で行ってみるか?」
新入社員:「は、はい! 頑張ります!」

そして、夜はひとり…。
新入社員:「営業レポート、これで完了! あとは企画書だ…」
あらら? 今日も残業?
慣れてくる季節は、いろいろと任されるシーズン。
頼もしくなった姿を見るのは嬉しいけど、ボクらは、頑張り屋さん過ぎるキミが、ちょっと心配…。

ときには、誰かに相談したり、ちゃんと、気分転換したり…。
新入社員:ゴクッ「よっしゃ! もうひと頑張り!」
…と、栄養ドリンクも、いいね!

もちろん、おなかのケアも忘れずに!
カラダの健康は、おなかから。
では、最後に…。
ボクらの思いをギュッと詰めた、乳酸菌川柳を…。

倏い気譴 キミのおなかは 任せてね

じゃあ、また、日曜のお昼に。