語り手:乳酸菌

トンネルを抜けるとそこはおなかの中だった…。 乳酸菌は今日も人と生きている。 ボクらは乳酸菌。古くからこの星に住み、 人間や動物の体に宿り、日々活動しています。 そんな乳酸菌たちが宿主と一緒に喜んだり、悲しんだり。 時には励ましたり…おなかの中から 語りかけるストーリィをお楽しみください。

メッセージ

プレゼントイメージ番組では、みんなの思い出エピソード、『振り返る平成の30年間。あなたのエピソードで綴る、ショートショートストーリー』を募集中!応募者の中から抽選で合計100名様に、ヤクルト400LT・ミルミル各7本ずつの乳製品セットをプレゼント!エピソード採用者には、ヤクルト400LT・ミルミル各7本ずつの乳製品セットとさらに、ヤクルトオリジナルクオカード(1000円分)をプレゼント!

2018年05月27日(日)

5月のおなか

5月最後の日曜日は
ボクらのちょっとした思いを聞いてください。

サンサンと降り注ぐ太陽、シトシト降る雨、
草や花が元気に育つ季節だね。

ところが…。

ママ:「やだぁ〜! 虫にくわれてる〜! 
このキャベツ、やっと大きくなってきたのに…。
あ、こっちのトマトも、なんか、元気ないなぁ〜」

あぁ〜、家庭菜園初心者のママ、
思うようにいかなくて、お困りみたいだね〜。

すると…。

上田さん:「そういう時は、コンパニオンプランツを植えるといいですよ」

あは! 声をかけてきたのはお隣の上田さんだ!

そうそう、植物を育てる時は、
相性のいい、違う種類の植物を近くに植えると、
虫や病気の発生を抑える手助けになると言われているんだよね。

上田さん:「キャベツには、レタス。トマトにはニラなんかがオススメですよ。」

ママ:「へー、そうなんだぁ〜」

そこで、今日の乳酸菌ワンポイント!
「多種多様 持ちつ持たれつ 成長しよう!」

違う種類の植物が支え合うことで、いい環境が生まれるように、
おなかの中も、色々な乳酸菌が支えあって、いい環境を作っているんだよ。

植物も、ボクら乳酸菌も、いろんな仲間が必要なんだ!
一致団結して、みんなの成長を見守っているからね!

じゃあ、また、日曜のお昼に!