語り手:乳酸菌

トンネルを抜けるとそこはおなかの中だった…。 乳酸菌は今日も人と生きている。 ボクらは乳酸菌。古くからこの星に住み、 人間や動物の体に宿り、日々活動しています。 そんな乳酸菌たちが宿主と一緒に喜んだり、悲しんだり。 時には励ましたり…おなかの中から 語りかけるストーリィをお楽しみください。

メッセージ

番組ではメッセージを募集しています!番組の感想や乳酸菌くん(語り手)へのメッセージをお寄せください。

2018年12月16日(日)

子育ては自分育て

ボクの宿主は42歳。
小学3年生のケイくんのパパさんです。

この間、学校の先生から…。

先生:「ケイくんは、基礎力はあるんですが、
応用力が足りないように思います。
ご家庭でも、考える力を養えるように、指導してみてください」

って、言われたんだよね。

パパさん:「考える力って、どうやって指導したらいいんだろう?」

パパさんにとっても、難しい課題だね〜。
それからと言うもの…。

パパさん:「それじゃぁ、問題です!
このブロッコリーは、どうして特売なんでしょうか?」

パパさん:「商店街のゴミ箱がなくなったのは、どうしてだと思う?」

パパさんも休日には一緒に買い物をして、ケイくんに質問する日々です。

そんなある日…。

パパさん:「100%オレンジジュースが売り切れています。
どうしたらいいでしょうか?」

ケイくん:「オレンジ入りの飲み物を100本買う!」

あは!ケイくんったら、ちゃっかりおねだりしているけれど、
柔軟な回答だね。
考える力、でてきたのかなぁ?

パパさん:「なるほど〜。トンチできたか〜。パパも勉強になるな〜(笑)」

そうそう!犹勸蕕討麓分育て″なんだよね〜。

ボクら乳酸菌も、子育て中のパパさんを応援しているよ。
ボクらも一緒に成長したいんだ!

じゃあ、また、日曜のお昼に!