語り手:乳酸菌

トンネルを抜けるとそこはおなかの中だった…。 乳酸菌は今日も人と生きている。 ボクらは乳酸菌。古くからこの星に住み、 人間や動物の体に宿り、日々活動しています。 そんな乳酸菌たちが宿主と一緒に喜んだり、悲しんだり。 時には励ましたり…おなかの中から 語りかけるストーリィをお楽しみください。

メッセージ

番組ではメッセージを募集しています!番組の感想や乳酸菌くん(語り手)へのメッセージをお寄せください。

2019年03月24日(日)

平成アルバム


ボクの宿主は27歳。
平成生まれの愛さんです。

久しぶりの休日。
昭和生まれの夫、雅治さんと写真の整理中です。

愛さん:
「あっ、これ、初めて二人で行ったカラオケ!
いきなり、ぜんぜん知らない曲歌われて、
引いたんだよね〜。
この人、やっぱ昭和だわって思ったなぁ〜」

雅治さん:「あはは!そうだったなぁ。
オレの十八番だったんだけどね〜。」

雅治さん
あは!なんだか楽しそう!
でも、この調子じゃ、写真の整理、なかなか進まないね〜。

愛さん:「あれ?こんなところに結婚式の写真が紛れ込んでた〜。」

雅治さん:「あぁ、ほんとだ。
お祖父ちゃんもお婆ちゃんも楽しそうだな。
でも、4人とも、もういないんだよなぁ〜」

あぁあ、今度はしんみりだね〜。

愛さん:「でも、ほら、見て、この子供たちの写真。
寝顔は、あなたのおじいさんにそっくりだし、
この福耳なんて、私のおばあちゃんとおんなじ!」

あは!
遺伝子が少しずつ受け継がれている証し。
家族のつながりって、すごいよね〜。

あれ?愛さん、何を書いているのかな?

愛さん:「みてみて!じゃぁーん。
狄靴靴ぅ▲襯丱爐蓮慂神』であります。″」

あは!アルバムのタイトルは平成かぁ〜。
愛さんにとって、重要な出来事が詰まった平成アルバム。
宝物だね。

ボクら乳酸菌も、みんなとずーっと繋がっているよ。
新しい時代も、どうぞよろしくね。

じゃあ、また、日曜のお昼に!