語り手:乳酸菌

トンネルを抜けるとそこはおなかの中だった…。 乳酸菌は今日も人と生きている。 ボクらは乳酸菌。古くからこの星に住み、 人間や動物の体に宿り、日々活動しています。 そんな乳酸菌たちが宿主と一緒に喜んだり、悲しんだり。 時には励ましたり…おなかの中から 語りかけるストーリィをお楽しみください。

メッセージ

番組ではメッセージを募集しています!番組の感想や乳酸菌くん(語り手)へのメッセージをお寄せください。

2019年06月02日(日)

梅雨=夏の入り口

ボクの宿主は29歳。
小雨の降る午後、
お部屋でやけ食い中の直美さんです。


目の前にあるのは、
スナック菓子に、アイスクリーム、
そして…、
結婚パーティーへの招待状。
高校時代の友達から届いたんだよね〜。

直美さん: 「まさか、彼女に先越されるなんて…。」

嬉しい気持ち半分、
焦る気持ち半分、複雑なんだよね。

直美さん: 「言っておくけど、やけ食いじゃないわよ。
期間限定のお菓子を味わってるだけなんだから」
     あ〜あ、むきになっちゃって!
直美さん、雨も止んだみたいだし、
気分転換にご近所でもお散歩してみない?


ほら、のんびり道を歩いてみると…。

直美さん: 「あれ? なんだか甘い香り…」

路地まで香るクチナシの花に気づいたり…。


八百屋のお兄さん: 「お姉さん! 今日はさくらんぼがお買い得だよ!」

八百屋さんで、旬の果物に出会ったり…。

犁╂瓠蹐鯡わえるんだよね〜。

直美さん: 「いつのまにか夏の入り口かぁ〜。
よし! 私の人生も、夏の入り口! これからってことで、
結婚パーティーでは、ノースリーブのワンピースを着て、
婚活しちゃおっかなぁ〜♪」

あは! 十分、気分転換できたみたいだね。
雨の多い季節は、気分も滅入りがち。
上手にリフレッシュしてほしいな。
おなかの中は、ボクら乳酸菌で菌活だよ!

じゃあ、また、日曜のお昼に。