語り手:乳酸菌

トンネルを抜けるとそこはおなかの中だった…。 乳酸菌は今日も人と生きている。 ボクらは乳酸菌。古くからこの星に住み、 人間や動物の体に宿り、日々活動しています。 そんな乳酸菌たちが宿主と一緒に喜んだり、悲しんだり。 時には励ましたり…おなかの中から 語りかけるストーリィをお楽しみください。

メッセージ

番組ではメッセージを募集しています!番組の感想や乳酸菌くん(語り手)へのメッセージをお寄せください。

2019年06月09日(日)

ロックになろう!

ボクの宿主は22歳、
バレリーナのかりんちゃんです。

今度の公演で、主役に抜擢されたけれど、
プレッシャーで、今にも押しつぶされそう…。

イチロー:「なにボーッと歩いてるんだよ!」


かりんちゃん:「キャッ!」

夜の住宅街。声をかけてきたのは、幼馴染のイチローくん。

かりんちゃん:「やだー、驚かせないでよ〜」

イチロー:「まぁ、まぁ、サプライズ、サプライズ」

イチロー:「主役かぁ〜、大変だな〜。」

帰り道、イチローくんに悩みを打ち明けるかりんちゃん。

イチロー:「売れないバンドマンのオレにはさっぱりわからないけど…
でも、大変な時ってのは、人が大きく変われる時らしいぞ」

かりんちゃん:「えっ?そーなの?」

イチロー:「狢臺僉蹐辰討いζ麒源の中には、
狄諭蹐鉢狢腓い″と、猜僂錣襦蹐辰討いΥ岨があるからな。」

かりんちゃん:「なるほどね〜。」

イチロー:「ま、細かいことは置いといて、
これでも聴いて、元気だせよ!」

そう言って、イヤホンを渡すイチローくん。
聴こえてきたのは…。

あは! イチローくんなりの友情を感じるね〜。
かりんちゃん。
プレッシャーなんて、ロックで乗り越えちゃおう!

ボクら乳酸菌は、思いを貫くロック精神の持ち主さ!
みんなを元気にするために、まっしぐらだよ!

じゃあ、また、日曜のお昼に。