よ・み・き・か・せ

【放送時間】山崎怜奈の誰かに話したかったこと。内 Mon-Thu 14:30頃〜

TOKYO FM

  • Twitter
  • Facebook

radiko.jpで今すぐ聴く!

オンエアレポート
2013.09.04

『人気脚本家・宮藤官九郎がこっそり教える、人生で何度も見返す映画3選』

国民的ドラマ「あまちゃん」を生んだ、脚本家・宮藤官九郎さんですが、あまちゃんの行方も気になる一方で、早くも今月末、宮藤官九郎さんの最新作、映画「謝罪の王様」が公開されます!

そこで、今日はこんな秘密を伺います!


『人気脚本家・宮藤官九郎がこっそり教える、人生で何度も見返す映画3選』


まず1本目は、『黒澤明監督の「どですかでん」』

※以下、宮藤さんのコメント
「一本目は黒澤明監督のどですかでんです。僕が生まれた70年に公開された黒澤監督の隠れた名作といいますか、何本か黒澤明監督の映画がその後リメイクされているのですけど、多分「どですかでん」はこの先誰もリメイクできないんじゃないかと。ひとつの街を舞台にした群像劇なんですがどのエピソードも素晴らしいので毎年、年に一回は絶対に観返します。」



2本目は、『森田芳光監督の「家族ゲーム」』

「二本目は森田芳光監督の「家族ゲーム」です。桜井翔くんでドラマ化されていますが、僕が見てたのはもっと前に長渕剛さんのドラマ版あるんですが、そうではなく森田芳光監督の撮った松田優作さんが家庭教師の役をやっている映画です。たまたまこないだ撮った「中学生円山」が団地を舞台にした映画で、これも団地の映画で家族構成とか家庭のムードとか参考にするために何度か観返しましたが、無意識に同じシーンを書いてしまったくらい観返しています。気が付いて、これ家族ゲームだとなってやめたという。それくらい好きです。」



3本目は、『相米慎二監督の「台風クラブ」』

「三本目は相米慎二監督の台風クラブです。中学校を舞台にした映画で、台風が来て学校に帰れなくなった子供たちのたった一晩の出来事の映画。工藤夕貴さんが主演の映画でものすごくかわいいです。
そんな工藤夕貴さんを見るためだけに何度も観返しています。ものすごいかわいいと言いながらも同い年なので42、3なんですけど今もかわいいんじゃないですかね。制服で三つ編みがたまらないです。
プールに飛び込んだりして、青春の悶々とした感じが全体的に漂っていてそのムードがすごく好きです。」


宮藤官九郎さん、ありがとうございました!

  • mixiでシェアする

新着コンテンツ