よ・み・き・か・せ

【放送時間】高橋みなみの「これから、何する?」内 Mon-Thu 14:30頃〜

TOKYO FM

  • Twitter
  • Facebook

radiko.jpで今すぐ聴く!

オンエアレポート
2014.02.12

『「そもそもモテない!出会いがない!」と悩む女性は、姫野カオルコの小説「受難」を読むべし!』

今日は、小説やエッセイなど、本を読むことで恋愛の悩みを解消する秘密をお届け!悩みに役立つ本を厳選してくれるのは、先月「昭和の犬」で直木賞を受賞して話題!小説家の姫野カオルコさんです!



まずは、女子会でよく聞く、こんな恋愛のお悩みを解消する秘密!

『「そもそもモテない!出会いがない!」と悩む女性は、姫野カオルコの小説「受難」を読むべし!』
ものすごく自己評価の低い女性や男性って世の中に。そういう自信のない人は、育った環境が影響しているので、それは仕方のないこと。そういう人が出てくるのが受難という私の小説だそうです。受難は、根本的に自信が持てない人が読んでも、自信がつくという本ではないそうですが、ただ「そういう人っているんだな」というのが分かるだけで、「モテナイ」といった悩みもちょっと楽な気持ちになれるのでオススメなんだそうです!

続いては「彼と付き合ってずいぶん経つけど“結婚”の気配がない!」と悩む女性に、こんな秘密!

『「彼がなかなか結婚してくれない!」と悩む女性は、鴨長明の方丈記を読むべし!』
方丈記の中に「街の様子を見ていると、すごく栄えてブイブイ言わせていた人が、ちょっとたったら落ちぶれていたり、ものすごく豪華な家が建っていたのに、ボロボロになっていたり、この世はなんてはかないものか…」というような記述があります。その後も「はかない」いうことがイヤという程書いてあります。結婚したからって、離婚するかもしれないし、豪華な結婚をした人がダメになれば、方丈記のように「ああ、はかないはかない」となるので、これを読むことによって「彼が結婚してくれないことなんて、どうってことない」という気持ちになり、悩みが解消できるはず!だそうです!

“なかなか結婚してくれない”という悩みが出ましたが、続いては、“結婚生活が上手くいっていない”と悩む女性にこんな秘密!


『「離婚したい!」という気持ちが出てしまった女性が、結婚生活を見直すために読むといい本は、百瀬いづみさんの「快速・快適シンプル家事の本」と 「シンプルでエコロジーなすっきりキッチンのすすめ」!』
離婚したいという気持ちが出てしまった女性は、心が色々なことで揺れ動いていると思う。縁あって結婚して、生活をしてきたはず!それを離婚したいと思うことは、すごく心の中に波風が立っている状態なので、そんな時、どうしたらいいかというと部屋を掃除するといいと、姫野さん。

部屋の片付けは、やったらやった分だけ片付く。気持ちの問題は時間と比例しないがモノの片付けは時間と比例する。やったらやった分だけ処理出来るものをやっていく!そうすることで、何が大切か何が不要か、何がダメだったかわかってくる!そういったモノの整理をして、自分の気持ちの整理も出来るようになるんだそうです!

この後は直木賞作家である姫野さんに、アイディアの出し方の秘密を伺います!
  • mixiでシェアする

新着コンテンツ