よ・み・き・か・せ

【放送時間】高橋みなみの「これから、何する?」内 Mon-Thu 14:30頃〜

TOKYO FM

  • Twitter
  • Facebook

radiko.jpで今すぐ聴く!

スポーツ活
2015.07.22

高校野球大好き芸人・いけだてつやさんに聞く高校野球の魅力!

今年100周年を迎える伝統的な大会であり、夏の風物詩でもある「高校野球」
高校野球を見始めて20年以上!
高校野球大好き芸人のいけだてつやさんにお話を伺いました!



■トーナメント戦だからこそ素晴らしい試合が見れる高校野球


「高校野球ってプロ野球と違ってリーグ戦じゃないんですよね。トーナメント戦、1試合1試合命がけで戦うんで全プレイ必死にやる。人間が一生懸命やってるものってどうしても心動かされるじゃないですか。まだ未成年がやるスポーツですから、プロ野球と違ってミスもやっぱり起こるんですよ。だから9−0で勝っていて、プロだったらこのまま試合終わりますけど、高校野球に関しては9−0から無理くり追いついて逆に11−9とかで勝ったりする試合があったりとかして、素晴らしい試合が見れる。」

甲子園球場だとプレイ以外にも、
ケンタッキーフライドチキン丼という球場グルメや甲子園歴史館といった、
甲子園の今までの歴史が詰まった甲子園内の施設も楽しめるので、
高校野球を観に行く際に味わってみてはいかがでしょうか?



■甲子園球場の外野は無料!1日4試合観ることもできる!


「甲子園の外野は入場無料なんです。要はこれから野球をやっていこうっていう小さい小学生だとか、そういう子たちでも無料で入って、このアマチュアのトップレベルの野球を見てくれという粋な心意気。それで1日4試合とか見れるわけです。
ただですね、4試合外野で見るっていうのは、日焼けサロンで4試合見てるのと変わらないぐらいのとんでもない熱なんですよ。毎年温度計を持っていくんですけど、椅子の近く50度くらいになったりするんですよ。とんでもない熱なんです。その対策でとにかく帽子、あと長袖着て僕は見てます。日焼けの体力の低下が尋常じゃないんですよね。」

甲子園球場は外野だと無料で観ることができるそうですが、
いけださんの言う通り、熱中症の対策などはしっかり取ったほうが良いですね!


■柔軟剤の匂いとユニフォームの着こなしに注目!


「ほぼ365日野球のことしかしてないんですよ。でもやっぱオシャレもしたいところじゃないですか。何で楽しむかっていったらもう柔軟剤しかないですよね。
『あーなるほど。あそこの高校はこの柔軟剤使っているな』みたいな。球場行ってみると分かります。『あれ?変えましたね柔軟剤!』とか健気で可愛らしいんですよね。
最近の流行りでいうと、選手たち1サイズ2サイズ下のユニフォームを着て筋肉があるように見せるっていうテクニックがあるんですよ。もうムチムチな子いますね。なんならもうバッティングフォームに影響出ちゃうんじゃないか?くらいの。自己プロデュースですよね。そういうの見ると健気だなぁと思ってニンマリしちゃう」

試合を球場、観に行くからこそプレイ以外のところでも楽しめるポイントがあるそうです!
いけださん曰く、高校野球の醍醐味はプレイ以外のところにもたくさん詰まっているそうです。

そして、いけださん注目の選手はこの3人!
県立岐阜商業の高橋純平選手
佐野日大の五十幡亮汰選手
早稲田実業の清宮幸太郎選手


今年の夏の高校野球、この3人の選手に注目してくださいとおっしゃっていました!
甲子園だけでなく、地方の球場なども楽しめるポイントがたくさんあるそうですよ!
高校野球、テレビで観るのも良いですが、球場に足を運んでみてはいかがでしょうか?
  • mixiでシェアする

新着コンテンツ