今月ご乗船いただいているのは、元Jリーガーで、現在はスポーツキャスターとしてご活躍中の水内猛さんです。

第4回目は「スペイン・エルチェ」について、お話を伺いました。


ー バンバン、スライディングしまくったら『やればできるじゃないか』って(笑) ー



干場「ぼく、スペインのエルチェって初めて聞いたんですけど、どんな場所なんですか?」

水内「場所的にはバレンシアっていう大きな街があって、そこから海沿いに200キロくらい南に行くんですね。
すると、アリカンテという街があって、そこから20キロくらい内陸に行くと20万人くらいの街エルチェがあるんです。そんなに大きくはないけど、スタジアムも4万人規模のがあって、サッカーも盛んだし、エルチェというサッカーチームもあるんです。
僕が行った時は、まだ2部だったんですけど、そこにテストを受けに行きました」

干場「そこでエルチェと出会ったんですね」

水内「12月だったけど暖かかったですね。夜は冷えるけど、昼間は半袖で練習もできるような所でした」

干場「どんなテストをされるんですか?」

水内「一緒に練習をする感じですね。そんなに難しくない、日本でもやってるような練習で。紅白戦とかもやるけど、ものすごいバチバチやるんですよ」

干場「練習試合とはいえ?」

水内「練習からです。すね当てもつけてないし、みんな短いソックスでやってるんです。
僕はちょっと抵抗があって、僕の中でのJリーグの監督達は『試合前はそんなにやるな』っていうイメージがあったので。
試合の前日とかミニゲームとかやるじゃないですか?そこで、『お前は、なんでもっとガツガツいかないんだ?』と言われて。そこは文化の違いで、海外はそういうものらしいんですよ」

干場「練習のときから、ガッツリいってる、全部勝負だと?」

水内「そうですね。『怪我しちゃったらしょうがないよね』っていうだけで」

干場「そこから戦いなんですね」

水内「今度、違うチームと練習試合したんですよ。その時は、知らないやつらだし、バンバン、スライディングしまくったら『やればできるじゃないか』って(笑)」

干場「エルチェでは、お店などでも、いろんなおもてなしを受けましたか?」

水内「そんなに大きな街じゃないというのと、エルチェにいるサッカー選手は地元のスターでもあるわけですよね。ちやほやされるというわけではないけど、お店に行けば、『飲み物おごってやるから』とか、ありますね。
びっくりしたのが、お水と並んで赤ワインが置いてあるんですよ。それは飲み放題なんですよ」

干場「え?そんなことあるんですか(笑)」

水内「スペインどこでもそういうわけじゃないので、そのお店なのかわからないですけどね。練習終わったらビール飲んで、ワイン飲んで、シエスタしてました(笑)。
午後は何もないので、街をぶらぶらしたり、友達と飯食いに行ったり、そういう毎日でしたね」

干場「最後に、水内さんの人生において、旅とは、どんなインスピレーションを与えてくれるものでしょうか?」

水内「仲間というのがあって、旅に出られるのかなという感じはします。サッカーをやってきたことで、いろんな仲間と出会って、その仲間が海外にいたりするから自分も足を運ぶんだと思う。
”サッカーをやってきて良かったな”ということに結びついてしまうんですけど、旅自体は好きだし、サッカーがあるから、きっとそこに行くんだろうなと、そして仲間がいるから進んでいくんだろうなと、そういう感じですかね」

干場「歩んできたチーム全部が、全て仲間、友達ということですもんね」

水内「そうですね。出会いは素晴らしいと思います」


「クルーズには、映画『タイタニック』のよう社交場はあるのでしょうか?
その場合、ドレスアップは必要ですか?
また、忘れてしまった場合、貸衣装屋さん的なものはあるのでしょうか?」


保木「みなさんクルーズと言うと、タイタニックのイメージなんですよね。
有名な映画、すごくいい映画なんですけど。今の船って、タキシードを着て、イブニングドレスを着てっていうのは、もちろん楽しまれてもいいと思いますけど、わりと少ないと思います。

貸衣装もやっているところはあるんですけど、主にアメリカの方が対象じゃないですか?だから、何を着てもブカブカなんですよね。
なので、忘れないように持って行っていただきたいなと思います」

干場「その場合、持っていってほしいのって、女性用だったら黒のワンピースとか、男性だったらグレーのパンツは絶対に持って行った方がいいですね。

あと、もう一本白のパンツ!
ぼく、ジーンズで入っていって『入れないよ』と言われて、部屋まで着替えに帰ったことがありましたから(笑)。
グレーのパンツか、白いパンツを持っていただければいいと思います。
女性の方は、ハイヒールと黒のワンピースがあればバッチリですね」