今月ご乗船いただいているのは、日本文学の研究者 ロバート キャンベルさんです。

ハーバード大学の大学院へ進み、27歳で九州大学へ留学。
東京大学大学院・教授などを経て、現在は「国文学・研究資料館」の館長を務めていらっしゃいます。
今月は、日本の文化だけでなく、世界中の文化に精通するロバート・キャンベルさんに
旅について伺いました。

ー 17時以降はとにかく飲み食いするしかないので、それがすごく好きだな ー


null
干場「今日は、どちらに行かれた時のお話を聞かせていただけますでしょうか?」

ロバート キャンベル「いま思い出してるのは、イタリアですね」

干場「いいですね〜」

ロバート キャンベル「干場さんはイタリアにぴったりというか、半分イタリア人じゃないかと感じてます(笑)」

干場「イタリア好きですね(笑)。イタリアはどこに行かれたんですか?」

ロバート キャンベル「ジェノバと、ミラノに最近よく行きます。それこそ何十回も、特にジェノバにご縁があって行きますね」

干場「なぜジェノバなんですか?」

ロバート キャンベル「明治時代に、お雇い外国人として来たエドアルド・キヨッソーネという、版画家のアーティストがいたんですね」

干場「はい」

ロバート キャンベル「日本の明治に初めてできたお札とか、郵便切手のデザインをした人なんですよ。日本人によって、銅板の職人としてスカウトされたんですね」

null
干場「この方はイタリア人ですか?」

ロバート キャンベル「イタリア人ですね。日本に来て、日本が国際社会に参加するために必要な有価証券だとか、切手とか、そういうもののデザインを偽造できないように作らないといけないんですね。その最先端の技術を彼が持っていたんです」

干場「そうだったんですね」

ロバート キャンベル「すごくいい仕事をするんだけど、するほどにたくさんお金が入ってきて日本の美術を買うんですね。
ものすごいコレクションを作ったんですけど、そのコレクションを彼の故郷であるジェノバに全部寄贈する」

干場「そうなんですね」

ロバート キャンベル「ジェノバに、エドアルド・キヨッソーネのコレクションを中心とした東洋美術館があるんですね。
全部日本の、エドアルド・キヨッソーネという人が明治時代に集めた作品なので、タイムカプセルなんですね」

干場「え〜〜!」

ロバート キャンベル「その中に、彼は職人だからイメージがないと書けないんですね。
今までに、日本のアーティストがどういう風に描いているか、参考になる江戸時代の本を集めてるんですね。そのコレクションがあると知っていて、調査をさせてもらったんですね」

干場「すごいですね!」

ロバート キャンベル「そこにチームを組んで、毎年データをとって、ひとつひとつカルテを作って、写真を撮り……ということをアーカイブ化させてもらったんですね」

干場「はい」

ロバート キャンベル「イタリアのことだから、お昼が2時間半くらい空くんですね(笑)。そのあいだはジェノバの街をひたすら散策して、季節によって何が美味しいかとか、2月になると白魚が解禁されて美味いんですよ!」

干場「白魚?」

ロバート キャンベル「卵とじにして、オリーブオイルでフライパンで軽く炙って、それを白ワインで食べるんだけどものすごく美味いんですよ。
季節料理がすごいあって、ジェノベーゼっていうソースが有名ですけどいろんな料理があって」

干場「はい」

ロバート キャンベル「17時以降はとにかく飲み食いするしかないので、それがすごく好きだな。ジェノバは素敵な街ですね」

干場「エドアルド・キヨッソーネという人がいなかったら、日本は発展しなかったというすごい方なんですね」

ロバート キャンベル「日本の国際社会との同期というか、明治時代の中に切れ目なく貿易であったり、金融制度に日本が加入していくということは、非西洋社会では極めて早く、珍しくて。
彼はアーティストであり職人ですけれど、そういうソフト・パワーを発揮しました。
大蔵省の職人だったんですけど、彼がプライベートで集めた物が海を渡ってイタリアにあって、そこに私をひきつけてくれたということは面白かったんですね」

null

「クルーズ船には、どのような方が乗船されていますか?」

くぼこまき:クルーズ船は、小さなお子様からご年配の方まで様々な年代の方が乗船されているんですね。
船の種類は大きく3つに分けられていて、それぞれ特徴があります。

ひとつ目がラグジュアリー船、のんびり船旅を楽しみたい、中高年以上の方が多く乗船されています。
少し船旅に慣れている方が多いです。使われているアメニティ類も、エルメスやブルガリなど高級ブランドが使われています。
3種類の中で一番高いです、飛行機で言うとファーストクラスです。
船旅そのものをゆったり楽しんでいただく、大人の空間になっているんですね。主なクルーズ会社ですと、クリスタル・クルーズ、ポール・ゴーギャン・クルーズが運行しています。

プレミアム船が、船の大きさはそこそこ大きく手頃です。
客室からエレベーターまでの距離、動線が疲れないぐらいの距離です。
サービスも手厚く、初めての船旅にプレミアム船を選ぶ方が多いです。
イベントやショーなどもラグジュアリー船と比べて、華やかなものが行われます。
セレブリティ・ミレニアム号、飛鳥IIなどが、プレミアム船にあたります。
お食事も豪華で質の良いものが提供されるので、とても人気です。

最後がカジュアル船です、これは超大型船が多いです。
船内施設とか、イベントが充実しています。子供の割引が多いのでファミリー層で乗られる方が多いですね。
代表的なクルーズ会社は、コスタクルーズ、ロイヤル・カリビアンといった会社が運行しています。