今月ご乗船いただいているのは、片岡鶴太郎さんです。

今週は、「ヨガとの出会い」について伺いました。


ー 瞑想をやるということはヨガをやるということですから、と ー



null
干場「なぜ、インドなんですか?」

片岡「インドの学校は授業の中にヨガの時間があるんですよね。十数年前にドキュメンタリーで行っているんですけど
『一回、授業の中に入ってヨガやってみて下さい』って言われて、やってみたら痛くて、”ヨガなんて一生やらない”と思ってたんですよ。
ところが5年前から、ヨガをやるわけですよね」

干場「きっかけは何だったんですか?」

片岡「ヨガをやりたくて、ヨガをやったんじゃないんですよ、瞑想をやりたかったんですよ。
私が尊敬する方を調べていくと、みんな瞑想をやっているんですよ」

干場「例えば誰ですか?」

片岡「ブッダとか、空海、ビートルズもそうですよ」

干場「え?ビートルズもですか?」

片岡「欧米人ではいち早く行ってるんですよ。瞑想をやってそこから曲が変わるわけですよ。
どこかに瞑想を教えてくれるマスターがいないかなと思ったら、『ちゃんとした先生がおりますから』と言いますから、その先生に付いてやったらば『瞑想っていうのは、ヨガの中の最終ブロックです』と言うんですよ」

干場「最終ブロックなんですね」

片岡「ヨガっていうのは、インド哲学にもとる心と体と精神の統一なんです、瞑想をやるということはヨガをやるということですから、と。ヨガって平安時代に空海が持ってきてるんですよ」

干場「それが空海なんですね」

片岡「ヨガと真言密教を持ってきて、そこでヨガ道場開いてるんですよ。
それが東京の世田谷に『瑜伽山真福寺』というお寺があります。それがどこにあると思います?」

null
干場「三茶、三宿……?」

片岡「これ、どこにあったかと言うと、用賀なんですよ」

干場「え!そのまんまなんですか」

片岡「つまり、ヨガを広めたところだから、そこの地名を用賀にしたんですよ」

干場「世田谷にそんなところがあったんですね」

片岡「こんなに素晴らしいものはないって広めてるんですよ。それだけ歴史があるんです」

null

「クリスマスクルーズ情報」

保木「『スペシャルクリスマス ON ASUKAII』ということで、12月18日からの2泊3日、毎年なんですけど堺正章さんが乗られるんですよ。スペシャルステージがあって、彼のトークはすごく楽しいですよ。
懐かしい歌も聞けると思いますし、クリスマスのディナーも楽しんでいただけます、横浜発着のクルーズですね。
部屋数が限られているので、スペシャルクルーズはすぐに埋まっちゃうんですよね。寄港地ではなくて1日船を楽しむという感じですね。
ステージではサンタクロースが出てくるような、スペシャルイベントも予定されているんじゃないかと思います。
早めの予約がクルーズはお得なんです、自分の予算に合ったお部屋を選んでいただくために、そろそろロマンティックなクリスマスをお考えの方には、ご予約をお勧めします」