今月ご乗船いただいているのは、雑誌「暮しの手帖」の編集長を経て
現在、「くらしのきほん」の主宰・松浦弥太郎さんです。

今週は、「アメリカ・ヨセミテ」について伺いました。


ー 東京生まれ、東京育ちなので東京っ子なんですよ ー



null
干場「ヨセミテはいつぐらいに行かれたんですか?」

松浦「若い頃というよりも自分が40歳のとき、それまでアウトドアに興味がなかったんですよ。
東京生まれ、東京育ちなので東京っ子なんですよ。だから、苦てっちゃ苦手なんです」

干場「わかります、僕も文京区出身なので(笑)」

松浦「ただ、40歳の時に、仲のいい友人がアウトドアに長けていて『一緒にトレッキングをしよう』と誘われたんですよ。
ヨセミテに世界一美しい道があると言われて」

干場「それは気になりますね!」

松浦「ジョン・ミューア・トレイルという、ヨセミテを縦断するトレッキングルートがあるんですよ。そこで、初めて登山道具を揃えたんです」

干場「そこで揃えるんですね」

松浦「2週間ぐらいの旅なんですけど、その間はシャワーは無し、自炊をするという」

干場「都会っ子にしては、いきなり究極の生活をしないといけないじゃないですか(笑)」

松浦「ジョン・ミューア・トレイルは厳しく管理されていて、1日に入山する人数が決められているんですよ。
なので、自分がトレッキングルートを歩いてる時にほぼ人と会わないんですよ」

干場「すごいですね」

松浦「それぐらい、そのルートは人間が入ることで自然を変えてしまうっていうことをしないようにしてるんですよね。だから、世界一美しい道が続いていくんですね」

干場「なるほど」

松浦「その行程中、僕が高山病にかかるんですね。一歩も歩けなくなるんです。
そこが、標高が一番高い、真夏なんだけど雪の世界なんですよ。高山病を治すには下山するしかないんですよ」

null
干場「それ、どうするんですか?」

松浦「下山もできないんですよ、下山するには100キロくらい歩かないといけない、もしくはヘリコプターで運ばれないといけないんですね。
湖に氷が張ってるわけですよ、その上にテントを張って一晩寝たんですけどものすごい寒いんですよ」

干場「それはそうですよね、氷の上ですから」

松浦「その時、具合が悪すぎて本気で死を感じましたね。睡眠はできなくて、朝方30〜40分寝れて起きたら、すっきり治っていたんですよ」

干場「ええ!」

松浦「テントから外を見たくてばっと開けたら、朝日が氷に映っていて、天国のような美しさだったんですよ。
真っ白の中に黄金の光がグラデーションになっていて、自分が高山病で倒れて一晩ここにいたけど、この景色が見れただけでも高山病なんてどうでもいいと思いましたね」

干場「すごいですね」

松浦「これを見るために僕たちはここに来たんだねって、すごく神秘的でした」

干場「それが世界一の美しい道だったんじゃないですかね」

松浦「そうかもしれないですね。奇跡的に出会える瞬間があって、その瞬間っていうのはいつどこで出会えるのかわからないんだなって」

null

「この冬注目のクルーズ」

お休み中のクルーズコンシェルジュ・保木久美子さんに代わって、イラストレーターで、「おトクに楽しむ豪華客船の旅 クルーズはじめました」という本も出版されている、くぼこまきさんに代打をつとめていただきます。

くぼこまき:「コスタ・ネオロマンチカというイタリアの船会社なんですけど、今年クリスマスと年末年始、約10日間をかけて回るクルーズをするんです。この費用が15万円くらいからで、すごく安いんですね。早割がきいていたときは10万円、もちろん3食ついていますしイベントも毎日行われていて。

晴海埠頭発着で、神戸、奄美大島、石垣島、台湾、那覇、四日市で東京に戻ってくる。すごく楽しめるクルーズですね。
一番いいなと思ったのが船上で年越しをするんですよ。
イタリアンシップなので、相当派手にやるんじゃないかなと思います。それが日本発着で手軽な値段で楽しめんですね。
いつもと違う年末年始を過ごしてみてはいかがですか、というご提案なんですけど。
あと、お子様12歳以下が無料なんですね。子供を預けられる施設もあるんですよ」