Dream Heart(ドリームハート)

土曜22:00-22:30 TOKYO FM/全国38局でON AIR 各局放送時間

REPORT 最新のオンエアレポート

Dream HEART vol.181 ドラマー・沼澤尚さん

2016年09月18日

今夜は、日本を代表するトップドラマー、沼澤尚さんをお迎えしました。

沼澤さんは、東京生まれ。
大学卒業と同時にLAの音楽学校に留学し、ジョー・ポーカロやラルフ・ハンフリーらに師事。
LAを拠点にプロとして音楽活動を始められます。
88年以後は日本での活動も増え、現在は東京を拠点に、さまざまなミュージシャンのライブやレコーディングに
参加されていらっしゃいます。

その沼澤さんを中心に日米の有名ミュージシャン7人が集う、
日米合体のバンド、NOTHING BUT THE FUNKが、およそ3年ぶりに再結成され、公演をスタートさせます。

今夜は、プロのドラマーになるまでのお話、メンバーとの出会いなどを伺いました。






──無類の音楽ファン


茂木:大学を卒業されたあとに、LAに行かれたんですか?

沼澤:そうです。僕は日本でまったく音楽をやっていなかったので。

茂木:どの時点で音楽をやろうと思ったんですか?

沼澤:そもそもは、両親がスーパーアスリートカップルだったので僕もスポーツしかやってなかったんですよ。
自分も、当然プロ野球選手になるって思ってましたね。

茂木:じゃあ、大学でも野球を?

沼澤:やってたんだけど、その時の監督が嫌でやめて…友達がみんなラグビー部にいたのでそっちに行って、スポーツしかやっていなかったですね。

茂木:ということは、音楽は?

沼澤:小学校の頃から音楽が好きで、”レコードを買ってはライブを見に行く”っていう、普通の音楽ファンですよ。

茂木:卒業されてアメリカに行かれたんですか?

沼澤:アメリカに住みたいと思ってたんですよ。みんなと同じことを、同じ風にするのが不思議に思っていて。
アメリカに住むっていうチャンスと、英語を喋れるようになったら帰ってこようと思って、音楽が好きだったから音楽学校とかいいかもって(笑)。

茂木:そういうノリだったんですか(笑)。

沼澤:野球やるつもりだったから、それがダメになった時に、”じゃあ、弁護士になろうかな”っていうわけでもないし。やりたいこととかがなかったんですよ。

茂木:アメリカの学校はどうやって?

沼澤:友達づてに聞いて、パンフレットを見たんですよ。”ミュージシャンが誰で、誰がプロデュースして、エンジニアは誰”っていう、レコードのクレジットを見るのが好きだったんですよ。

茂木:そういう見方をしていたんですね。

沼澤:パンフレットを見たときに、自分の大好きな人がドラムの学校の先生だったんですよ。
それを見て、その頃、英語のパンフレットを見たりするとワクワクするような。1980年くらい、インターネットもファックスもない時代だったので、それが手に入って見てるだけが楽しみみたいな。
ミュージシャンになると思っていなかったので、大学生で何もやってない人がなれるはずもないじゃないですか。

茂木:普通は思いますよね。

沼澤:別にドラマーになれると思ってなくて、アメリカに行ってみたいなと思って。
テープのオーディションがあったりするんですよ。

茂木:あるんだ!何を送ったんですか?

沼澤:いろんな譜面とか書いてあって、”あれをやりなさい、これをやりなさい”ってドラムのことが書いてあるんですけど、そんんなこと知らないので、まず紀伊国屋に行って、これはどういう意味だろう?というところから始まって。
やっていて、これ、自分がやらなくても、誰かにやってもらっても分かんないよなって思ったんですよね(笑)。

茂木:ちなみに、ドラムはあったんですか?

沼澤:持ってないですね。学校の近くの貸しスタジオに行って、ちょっと練習してみたいな。
でも、心得って言ったらおかしいんですけど、やってなかったけど僕はドラマーが好きだったんですよ。

茂木:でも、合格したんですよね。

沼澤:”え?合格?”みたいな(笑)。
学生ビザを取るときに、「英語が喋れる、喋れない」みたいなことが書いてあったんですけど、「なし!」って書いて(笑)。
理由に「Music is universal language」とか書いて、”これ、いこう!”みたいな感じで(笑)。

茂木:かっこいいですね(笑)。

沼澤:かっこよくないです、適当ですよ(笑)。





──アメリカに学ぶ


茂木:アメリカには何年いたんですか?

沼澤:17年間いましたね。

茂木:才能があったってことですよね。

沼澤:才能があったかどうかということに関しては、無いのは自分がよくわかってるんですけど。
偶然の積み重ねみたいなことがあって、それの連続でしたね。

茂木:今回、再結成されたバンドNOTHING BUT THE FUNKは、そもそも何なんでしょうか?

沼澤:アメリカに行って、帰ってこようと思ったけどなんとなく居て。
当時、1983年なんですけど、1984年はプリンスの「パープル・レイン」が出た年で、自分が20代の前半で仲間になった連中が、全員そのツアーに参加してる連中だったんですよ。

茂木:ええ!すごくないですか?

沼澤:みんな、僕と大体同じ年代で、パープル・レインのオープニングはシーラ・Eバンドでした。
シーラ・Eバンドが、レヴォリューションツアーの時に、そこにシーラ・Eバンドの連中がさらに参加メンバーで、二毛作みたいなことで世界ツアーをやっていたんですよ。
それが次のアルバム「アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ」「パレード」と、同じバンドが数年間やっていたんです。

茂木:そうなんですね。

沼澤:その時に僕は、チャカ・カーンとか、ボビー・ウーマックとか、違う黒人のアーティストのツアーをやれてたんですけど。彼らと仲良くて、その連中とバンドをやっていたんですよ。そのバンドは仲良くて、たまにスケジュールが合うときに、日本のビルボードとか、ブルーノートのツアーをやっているんですよ。

茂木:要するに、NOTHING BUT THE FUNKって、すごいバンドってことじゃないですか!

沼澤:1人1人のキャリアを見たら、すごいですね(笑)。





「沼澤尚 Official HomePage」

※Nothing But The Funkの追加公演決定!
詳しくは、公式サイトをご覧ください。

「沼澤尚 Official HomePage」

「Nothing But The Funk Official HomePage」

「Nothing But The Funk Facebook」

「Nothing But The Funk Twitter」


来週も引き続き、ドラマーの沼澤尚さんをお迎えします。
どうぞお楽しみに。
  • mixiでシェアする