Dream Heart(ドリームハート)

土曜22:00-22:30 TOKYO FM/全国38局でON AIR 各局放送時間

REPORT 最新のオンエアレポート

Dream HEART vol.215 小山実稚恵さん

2017年05月13日

今週お迎えするのは、先週に引き続き、ピアニストの小山実稚恵さんです。

小山さんは、世界的に有名なピアノコンクール、チャイコフスキー国際コンクールと、
ショパン国際ピアノコンクールの二大コンクールに日本人として初入賞以来、今日に至るまで、
コンチェルト、リサイタル、室内楽と、常に第一線で活躍しつづけています。

また、先日発表された、文化庁主催の第67回芸術選奨では、音楽部門文部科学大臣賞を受賞されました。
そんなピアニストの小山さんが、初めての書籍「点と魂と スイートスポットを探して」をKADOKAWAから刊行されました。
”どんな内容なのか?”お話を伺いました。



null


──スイートスポットを求めて

茂木:ご本を出されたということで、「点と魂と スイートスポットを探して」。
もともとは、「音楽の友」に連載されていたものをもとにされているんですよね?

小山:「音楽の友」という音楽雑誌では対談をもとに2年間で24人、前回お話したコンサートシリーズとかけて、”12”と”24”という数字をもとに企画した対談でした。

茂木:対談のご相手が意外な方が多いですね。
マラソンの高橋尚子さん、女優の大竹しのぶさん、将棋の羽生善治さん……お会いしてみてどうでしたか?

小山:分野は違うんですけど、感じることと言いますか…求めているものが共通しているなとすごく感じました。

茂木:例えば、羽生善治さんとはどんな話に?

小山:音楽家は将棋が好きな人が多いんですけど、オーケストラの人なんかは休憩時間に将棋を指していたり。

茂木:え!そうなんですか?

小山:かつては、楽団将棋連盟というのもありました(笑)。

茂木:本のタイトル「点と魂と スイートスポットを探して」
このタイトルに込めた意味合いというのは?

小山:”スイートスポット”っていうのは、そこに当たると”パーン”と、芯を捉えるという…それはすべての世界にあって、肉体的なものも、人生とか生き方は芯みたいなところって大切だと思うんですけど。
ピアノの具体的なことで言えば、鍵盤も力を入れて弾いたからといって大きい音が出るわけじゃなくて。
ある場所を、あるタイミングで弾くと、楽器が鳴るということもありますし。それができると、自分の気持ちも、伝える表現の幅も技術が上がるので。

茂木:ひとつのことでスイートスポット的なものを極めた方同士が話し合うと…。

小山:私が極められているとは思い難いですけど(笑)。
でも、極めたいと思ってやっています。

null


──魂を込めて

茂木:ピアノを学んでいる子供たちの中で、将来、”プロのコンサートピアニストになりたい”と夢を持っている子供たちもいると思うんですよ。
ご自身の経験を振り返って、どうしたらピアノが上手くなったり、プロになったりできるというヒントはありますか?

小山:やっぱり、好きだっていうことと、演奏する曲を好きで堪らないっていう気持ちが一番かなと思います。
作曲家たちの魂がそこにこもっているので、それをどう受けとめて、どう自分が感じたように弾くかという。
それが例えできなくても、思いを募らせて演奏するっていうことかなと思います。

茂木:どうしても、世間はテクニックとかそういう方向に目がいっちゃうんですけど。
仰ったように、音楽への理解というのは人生のいろんな経験も入ってくるんですかね。

小山:入ってくると思いますし、やっぱりどっちかだけではダメなんですね。
テクニックを磨くということは必須なんですけど、”こうしたいからこのテクニックを磨く”という、それにならないと…私も若い頃は得意なテクニックであるとか、それは自分が気持ちよくてやってしまうし。

茂木:なるほど。

小山:弾けるようになりたいというよりは、”思いを伝えるように”と思えば、より多彩な技術を求めざるをえないというか、求めたくなっちゃうんですよね。
そこは卵か鶏かじゃないけど、そういう感じでどんどん興味が深まる、繰り返しちゃってどっちが先とは言えないし。どちらもなきゃダメですかね(笑)。

茂木:小山さんの夢はなんでしょうか?

小山:自分らしさというか、自分の心とか気持ちがそのまま音となって出るような。そんな奇跡的な瞬間が来る日を…というか、それを夢見て演奏しているという、本当にその一言です。

茂木:今後も、その道は続きそうですね。

小山:やっぱり、思っていることそのものが出る日っていうのは、一体いつ来るかなって思います(笑)。

null


「小山実稚恵 公式サイト」



(Amazon)



来週は、女優・歌手の島田歌穂さんをお迎えしてお話をうかがっていきます。
どうぞお楽しみに。
  • mixiでシェアする