Report Hellosmile活動レポート

パーク24 タイムズレッスンにてHellosmile予防啓発活動

[2014.06.05]

6月3日(火)〜6月4日(水)
パーク24様のタイムズレッスン(東京スカイツリータウン立体駐車場)にて、
教習の参加者全員に、Hellosmileリーフレットを配布。
Hellosmile子宮頸がん検診受診を呼びかけるパネルを展示いただきました。





パーク24 タイムズレッスンについて
https://www.timesclub.jp/member/view/open/tdlesson/list.jsp
  • mixiでシェアする

NY国連本部にて「官民パートナーシップによる若者支援」事例発表カンファレンスに参加

[2014.06.03]

5月27日(火)・28日(水)にニューヨークにある国際連合本部にて行われた
「官民パートナーシップによる若者支援」事例発表カンファレンスにHellosmile実行委員会副委員長の小巻亜矢が参加しました。





以下、小巻からの報告となります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブラジル・メキシコ・エルサルバドル・南アフリカ・インド・アメリカに続き、
最後に日本の事例としてハロースマイルの取り組みを発表させて頂きました。

他国の事例は、青少年の性暴力の問題を切り口として貧困、就労、教育の課題、ひきこもり、自己肯定感の低下など心の問題と支援の対象も多岐にわたっています。
途上国と先進国では貧困や教育レベルの程度は大きく違いますが、青少年が抱える心理的課題は共通のものが多々あることがわかりました。
自身の専門であるグローバリゼーションの社会における自己理解ととてもリンクして、どの国の事例も興味深く、関わりたい気持ちが募りつつ拝聴しました。


ハロースマイルの事例は、他国の方にはとても目新しく映ったようです。
高評価のポイントは
.ャラクター・エンターテイメントを使って効果的に若者に訴求できている
∧数の公的機関と複数の企業と継続的にパートナーシップをつないで活動している
cause related marketingが複数同時進行で成功している
て本のみならず世界へ拡大し、今後のポテンシャルが大きい


各国の方に興味を持って聴いて頂き、プレゼン後も質問や是非一緒に何かできないか、という声を頂きました。
子宮頸がんの予防啓発という切り口から、性暴力や女性のエンパワメントの支援との接点も見出す可能性はあると感じています。
私たちの想いである「あなたとあなたの大切な人の笑顔のために」自分を大切にしてほしい、ということを広く伝えていきたいと決意を新たにいたしました。






余談ではありますが、国連という場でプレゼンテーションをした感想を少しお伝えしたいと思います。この機会を頂けたことは光栄であり、信じられない気持ちでもありました。

ハロースマイルは、一人の思いから始まったプロジェクトです。実行委員長であるTFMの武内英人氏にその思いが伝わり、TFMのCSRヒューマンコンシャスとの共鳴が起こり(起こしていただき)サンリオからこれまでにない大きな理解と協力を頂き、JAL様、ユニクロ様、フコク生命様・・・と
輪が広がり、さらに厚生労働省はじめ多くの公的機関の後援を頂けるに至り、UNFPA(国連人口基金)とのパートナーシップへと広がりましたのは、関わってくださった皆様のお力によるものです。
この奇跡的な素晴らしいプロセスに感謝する共に、ハロースマイルが国連という場で他国の想いある皆様にご紹介できるまでになったことが光栄であり、信じられないほどの気持ちでした。

国連では当たり前に多様な言語が使われ同時通訳が入ります。
私の発表は英語で行いましたが、スペイン語、フランス語、ポルトガル語に同時通訳されていました。英語力はまったく自信がなかったので、ぎりぎりまで単語の発音を電子辞書で調べたり、とあたふたしていました。でも、終わってみて感じたのは、大切なことは英語ではなく日々の行動であり、想いをまっすぐに持ち続ける、ということでした。

動き回り、人と会うことはエネルギーを要しますが、その分自分のポジション(自分の中の多様な視点、ともいえるでしょうか。)が豊かになるので、自分の可能性が広がる。
人は無限の可能性がある、と言うけれど、日々何かに出会い、何かを感じること自体、無限に可能性を拡げていることになるのだから、生きているだけですごいこと、年を重ねることは万歳!なことだな〜と、そんな感想も持ちました。


さて、プレゼンの最後は“この星に笑顔を増やしましょう!”で締めくくりました。
会場にいた皆様は終始真剣に聴いて下さっていましたが、最後はにっこり目を合わせ微笑みあって拍手をくださいました。

Hellosmile 〜あなたとあなたの大切な人の笑顔のために〜
日本に限らず、世界にいるひとりでも多くの方が笑顔で過ごすことができるように
“Hellosmile”今後も活動を行ってまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

                              2014年6月3日  小巻亜矢

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • mixiでシェアする

Hellosmile×大手小町 東京ドーム巨人戦にてHellosmile啓発活動!

[2014.06.03]

5月28日(水)・29日(木)に東京ドームで開催された
プロ野球セ・パ交流戦 巨人対楽天戦≪大手小町ナイト≫にて
Hellosmile啓発活動を実施いたしました。


東京ドームに来場したお客様にHellosmileリーフレットを配布。




各日先着30組60名を対象に、Hellosmileのキャラクター・ハローキティと記念撮影会を実施。
参加者にはHellosmileオリジナルステッカーと大手小町オリジナル扇子をプレゼントしました。





大型スクリーンのオーロラビジョンにてHellosmile啓発映像を放映。




1階コンコース三塁側スターメモリアルプレート前では、Hellosmileグッズを販売いたしました。
巨人ファンの方々にもたくさん購入いただきました。



東京ドームのグラウンド上やガールズジャイアンツシートにハローキティが登場し、試合を盛り上げました。







メディアパートナーである大手小町でも大きく取り上げられました。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/project/hellosmile/htopics/20140529-OYT8T50128.html



これからも、皆様と、皆様の大切な人の笑顔のために、
Hellosmileでは様々な活動を行ってまいります。


© 1976, 2014 SANRIO CO.,LTD. APPROVAL No.G550714

  • mixiでシェアする

『Hellosmile Live 2014 Spring』in Zepp Fukuoka ご来場ありがとうございました!

[2014.06.03]

【4月9日は子宮頸がん予防啓発の日】

2010年より子宮頸がん予防啓発プロジェクト『Hellosmile』を展開しているTOKYO FM/Hellosmile実行委員会では、2014年4月9日(水)の“子宮頸がん予防啓発の日”にFM FUKUOKAと共催して、
福岡市のZepp Fukuokaにて『Hellosmile Live 2014 Spring』を開催しました!


春・秋に東京で啓発ライブを開催してきて8回目。
今回は全国に展開を広げ、初の福岡での開催となりました。

若い女性に急増している子宮頸がんの予防啓発を呼びかけるため、
同世代女性を代表してMay J.さんにご出演頂きました。
May J.さんは“Hellosmileのテーマカラー“オレンジ色”のワンピースで登場!
会場に集まった1100人のリスナーに向け、歌とトークでメッセージを発信しました。


© 1976, 2014 SANRIO CO.,LTD. APPROVAL No.G550714


ライブでは、「ハナミズキ」(一青窈)、「元気を出して」(竹内まりや)などのヒット曲のカバーや、映画「アナと雪の女王」主題歌として大ヒット中の「Let it Go〜ありのままで〜」など全7曲を披露し、圧倒的な歌唱力で会場を魅了。
ラストの曲「Believe」では、ステージにHellosmileのキャラクター・ハローキティが登場!
キティのダンスとともに、会場を盛り上げました。


© 1976, 2014 SANRIO CO.,LTD. APPROVAL No.G550714

ライブ後には、Hellosmile実行委員会副実行委員長・小巻亜矢さんと共にトーク。
May J.さんは、「福岡が大好き。博多ラーメンやもつ鍋はコラーゲンたっぷりで喉に良さそうですし、めんたいこも普段から朝食によく食べます」と意外な一面を披露。
また、「私も今25歳で同世代の友達も多い。自分には直接は関係のないことと思ってきたけれど、今回の出演をきっかけに私も検査を受けてきました。友人たちにも薦めていきたいです。」
と予防の重要性を呼びかけました。



ライブに先立ち、厚生労働省元がん対策推進官(現・健康局総務課課長補佐)林修一郎さん、
4月20日放送の特別番組でMCを務めるTOKYO FM「ディア・フレンズ」(JFN系全国38局ネット)パーソナリティ・坂本美雨さんも、それぞれトークを展開しました。



坂本美雨さんは、先月に子宮筋腫の手術を受けていたことを語り、
「5年ほど検診を怠っていた間に筋腫が大きくなっていて、手術することになったのですが、家族のサポートもあり、すっかり元気です。
手術前は不安もありましたが、ちゃんと自分の身体のことを知り、向き合うことができてよかったと思っています。検診に行くのは勇気がいるけれど、その後の安心のほうが大きいので、ぜひ行って欲しい。番組『ディア・フレンズ』でも、この活動を応援していきたいです!」
と、実体験を交えて語って下さいました。



イベント終了後には、May J.さんとハローキティがロビーに立ち来場者に募金の呼びかけを行いました。


© 1976, 2014 SANRIO CO.,LTD. APPROVAL No.G550714


この募金と、ライブ会場で販売されたHellosmileロゴ入りオリジナルグッズ(ミニマスコットやマフラータオルなど)の収益の一部は、子宮頸がん予防啓発活動と、日本対がん協会子宮頸がん基金および国連人口基金(UNFPA)に寄付いたします。


ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!
  • mixiでシェアする