オンエアブログ

2017年12月30日

2017年12月30日のオンエアレポート

2017年最後のスターパーティのゲストは
国立天文台 副台長の渡部潤一先生でした☆

渡部先生といえば、この番組の年末年始には欠かせない存在!
そんな先生に、今年の宇宙にまつわる
“宙ニュース” について伺っちゃいましたよ♪

まず先生も驚いたというニュースが、
太陽以外の恒星の周りにある惑星「系外惑星」にまつわるもの。

今年のはじめに「トラピスト1」という星のまわりに
7つの惑星がみつかり、その全てが「地球型惑星」だった、という発見が!

地球型惑星とは、木星や土星のようにガスでできた惑星ではなく
地球と同じように岩石でできた惑星。

しかもそのうち3つが、星からの距離がちょうどよく
地球と同じような温度環境にあるのではないか、と言われているんだそう。
つまり、3つの星それぞれに生命が発生し、それぞれ進化している可能性も!

「もしそれぞれ文明が進化していたら宇宙戦争でもやってるのでは!?」
と渡部先生。まさにSTAR WARSの世界!

天文学者の間では、地球のような惑星は
思っていたよりも多いのではないかと思われ始めているそう。
昔は天の川銀河にある1000億の星のうち1億個くらいあればいいほう…
と考えられていたそうですが、
現在では40億個ぐらいないといけないのでは…とまでなっているんだとか。

「何で今まで見つからなかったんだろう?」という篠原さんの言葉に、
なかなかこういう惑星を発見するのは難しい、と渡部先生。

例えるなら、東京から富士山の山頂にある100ワットの電球の
周りを飛んでいるショウジョウバエを見つけるようなもの…なんだそう!
確かにそれは大変そう…。
天文学者さんたちは遠くの天体の周りにあるかすかな手がかりから、
重大な発見がされているんですね。

そして最近では、「太陽系に外からの天体が飛来した!?」という話題も。
10月に飛来したというこの天体、軌道をよく調べると、
太陽系の外から来たとしか考えられない軌道をとっていたんだそう。

太陽系の天体は彗星や小惑星でも楕円軌道を取るそうですが、
この天体の場合は太陽系の外から来て、外へ飛び出していく軌道…
もともと星と星との間をさまよっていたものが、
たまたま太陽に近づいてきたとしか考えられないのだといいます。

さらに大きな望遠鏡で観測してみると、大きく明るさが変化することが判明。
ということは、太陽の光を反射する面積の変化を考えると
とても細長い天体であることがわかってきたのだそう。

その比率はなんと10:1。
400mくらいの長さで40mくらいの幅と高さしかない…
こんなにも天体が細長くなる理由はあまりないのだとか。

ということは…

「これはもしかすると宇宙船ではないか!?」という話も!
これには篠原さんも「ヤマト!?」と大興奮。

ただ、宇宙船にしては真っすぐ飛ばずに
クルクル回ってしまっているので、ちょっとおかしいところも…
「宇宙船だとしても相当昔に廃棄されたんじゃないか」と渡部先生。
さらにロマンが広がるお話じゃないですか!

ハワイで見つけられたため、
ハワイ語で “遠くからきたメッセンジャー” を意味する
「オウムアムア」と名付けられたこの天体。

残念ながら地球から猛スピードで遠ざかっているため
探査機などは飛ばせないそうですが、
未知の情報を持っているのではないか…と
研究者たちを夢中にさせているんだそうです。

2017年も私たちが想像もしなかった宙ニュースが満載!
予想外の姿を見せてくれる宇宙にますます魅力を感じてしまいますね+゚:。*+

ちなみに、渡部先生のお正月のご予定は…
1月2日が2018年の最大の満月「スーパームーン」ということで
「お月さまを眺めながらお正月気分でお酒でも飲もうかな」とのこと!
ぜひ帰省先で…家族と一緒に…大きな満月を楽しみたいですね☆

今回も難しい宇宙のお話をわかりやすく、
さらにロマンまで込めて語ってくださった渡部先生、
先生ご自身が宇宙に関するワクワクを常に持ち続けている
永遠の “宙ボーイ” なんだと感じさせられました+*:.。.*:+☆

渡部潤一先生には、年をまたいでまた来週もお越しいただきます☆

★ ★ ★ 本日のオンエア曲 ★ ★ ★
♪ 星の中の君/Uru
♪ Venus/Anly

★ ★ ★ スターレシピ ★ ★ ★
明日は大晦日、2018年に向けたカウントダウンも聞こえてきそうですね。

大晦日の夜は、月齢13の月がおうし座にあり、夜空を明るく照らします。
この月は新年早々に満月を迎えますが、
実はこれが、2018年で最も大きく見える満月となります。

12月4日のスーパームーンからひとめぐり。
新年早々のこちらの満月も同じくらい地球に近く、大きく見えるんです。

月が地球に最も近づくのは1月2日の早朝。そしてお昼前に満月になります。
もちろんこのとき月は出ていませんが、
元日の夜の月と、2日の夜の月は、2018年で最も大きい、
ということになります。

ちなみに、1月は31日にもう一度満月になります。
そして、この夜は皆既月食が起こるんです!
年明けはぜひ月に注目してくださいね。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 93 | 94 | 95 || Next»

メッセージ募集中

テーマは「思い出の星空」。メッセージを頂いた方の中から、抽選で毎月5名様に、「星座早見盤 for 宙ガール」をプレゼントします!

メッセージはこちらから

  • きょう、星空が見たくなったら。夜Cafe Style星空ミュージック

最近の記事

  • 2018年01月13日
    2018年1月13日のオンエアレポート
  • 2018年01月06日
    2018年1月6日のオンエアレポート
  • 2017年12月30日
    2017年12月30日のオンエアレポート
  • 2017年12月23日
    2017年12月23日のオンエアレポート
  • 2017年12月16日
    2017年12月16日のオンエアレポート

月別アーカーブ

  • Twitter @tokyofm_spaceをフォローする
  • Vixen presents 東京まちかど☆天文台
  • 東京ガーデンテラス紀尾井町
  • Vixen