オンエアブログ

2019年07月13日

2019年7月13日のオンエアレポート

今夜は有楽町に新しく出来たプラネタリウム「コニカミノルタプラネタリアTOKYO」から出張スター☆パーティをお届けしました☆彡

プラネタリアTOKYOは昨年12月に有楽町マリオン9階にオープンしたばかりの、大人のためのプラネタリウム♪

エントランスの天上には、美しい太陽系が…

実はこれ、オープンした12月19日の星の配置になっているとか!
細かい演出もグッときますね☆

入り口に立つNOMAさん。

プラネタリアTOKYOは、日本唯一のツインドームの施設、ということで、ロゴも2つのドームを表したものになっているそう。

まずは早速、DOME2「プラネタリウムドームシアター」でプラネタリウムを鑑賞!

プログラムは「時を刻むこの星空 with DREAMS COME TRUE」。
ドリカムの名曲とともに、古代からの人間と星との関わりを知ることができるこの作品。

見終わって「すっごく面白かった!」とNOMAさん。
星を巡る壮大な物語とともに、天文学の知識が勝手に頭に入ってくるようなストーリー。
要所要所にはその内容にピッタリのタイトルの楽曲が流れ、初めて体験するプラネタリウムだったと絶賛でしたよ♫

そんな新しいプラネタリウム体験ができる「プラネタリアTOKYO」について、コニカミノルタプラネタリウム広報の太田尚美さんにお話を伺いました!

太田さんによると、プラネタリアTOKYOは「宙(そら)と大切なことに出逢う」をコンセプトに、それぞれ特色のある2つのプラネタリウムドーム、VRエリア、カフェ、ショップを備えた複合型のプラネタリウム施設。

実は有楽町は1938年に東京初のプラネタリウムがオープンした場所!
劇場や映画館も多く、文化の発信地でもあるこの地に、大人も楽しめるプラネタリウムを作ったのだそう。

有楽町という場所柄もあり、お客様の年齢層は幅広く、お友達やパートナーを連れた方や、親御さんと一緒の大人の女性、1人で訪れる方もいらっしゃるとか。

オープンから半年ですが、すでに20万人近くが来場!
すでにリピーターの方もいて、太田さんがお話になったことのある看護師をしているというお客様は、アロマの香りでリラックスできるヒーリング作品が新しくできるたびに訪れ、忙しい日常の中、癒やしを得られていると仰っていたといいます。

さらに、「寝に来ました」というお客様も!
確かに上演時間の40分は「お昼寝にジャスト」とNOMAさん。
太田さんも「ぜひ寝にきてください!」と仰ってくれたので、堂々とお昼寝目当てに来れそうですね!笑

そして、先ほどプラネタリウムを鑑賞した、DOME2でNOMAさんが気になったというのが、こちらのゴージャスなシート。

その名も「銀河シート」というネーミング+゚:。*+
プラネタリアTOKYOのテーマカラーであるブルーグリーンのテキスタイルは、なんと京都の老舗が手がけたという西陣織!

美しさだけじゃなく寝心地にもこだわったというこのプレミアムシート。
ペアとシングルが選べるので、シーンに合わせて贅沢なプラネタリウムタイムを堪能できそう☆

ちなみにもうひとつのDOME1「多目的デジタルドームシアター」では、演劇を交えた星座解説や、生演奏、撮影OKな作品など、さらに挑戦的なコンテンツが楽しめるそう!
お客様の希望の星座の解説をするなど、インタラクティブな星の体験ができるといいます。

さらに、プラネタリアTOKYOには、最先端のヴァーチャルリアリティ(VR)が楽しめるプラネタリウムも。

それが、360度3D映像のバーチャル空間を、最大24人で共有できるという、コニカミノルタ「VirtuaLink」というアトラクション。
一緒に見ている人とコミュニケーションを取りながら、星空のもと冒険ができる作品もあるのだとか!

というわけで、聞いてるだけでワクワクしてしまうこの「VirtuaLink」、NOMAさんも体験させてもらいましたよ♪

VRスペースにはゆで卵のようなシートがずらり。
こちらに座り、大きなヘッドセットを装着すると…

近未来のアンドロイドになった気分♪
手には専用のコントローラーを持って、VRの世界へ…+゚:。*+

今回体験したのは、声優の河本啓佑さんのナビゲートによる「NIGHT CRUISING」という作品。
鑑賞を終えて「想像以上に楽しかった〜」とNOMAさん。

普段ゲームをあまりしないので、コントローラーの操作に不安があったそうですが、作品の世界に入る前のプレアトラクションがわかりやすく、すぐに慣れたそう。
そして、本編の夜の街を歩くNIGHT CRUISINGでは、空の星がどんどん増え、その景色はまるで小さい頃に見ていた「風の谷のナウシカ」に登場する腐海の森のよう…
周りの人たちとの光を使ったコミュニケーションも楽しかったと語っていましたよ♪

東京の真ん中で、全く新しいプラネタリウムの世界に入り込めるプラネタリアTOKYO。
上映される作品ごとに違った体験が得られるので、来るたびに気分に合ったプログラムをチョイスできるのが魅力です。
思い描いていたプラネタリウムのイメージが大きく広がったような、出張スター☆パーティでした+*:.。.*:+☆

来週も、プラネタリアTOKYOのさらなる魅力に迫りますよ♫

実はこの番組をよく聴いてくださっているという太田さん。ありがとうございました…☆彡

コニカミノルタプラネタリアTOKYOのWebサイトは→コチラ

★ ★ ★ 本日のオンエア曲 ★ ★ ★
♪ 海の幽霊/米津玄師
♪ 何度でも/Dreams Come True
♪ Night Cruising/フィッシュマンズ
♪ ’39/Queen

★ ★ ★ スターレシピ ★ ★ ★
夜9時頃、晴れていれば、真南の空には、月齢10の月が輝いています。
そのすぐそばには、きらりと明るく光るのが、マイナス2.5等級の輝きの「木星」です。

太陽系最大の惑星である木星。大きさは、地球の11倍以上。
英語名の「ジュピター(Jupiter)」は、古代ローマ神話の神・ユピテルに由来します。
堂々たる姿は、まさに天の神様のようですね。

木星は、夜空を少しずつ移動していきますが、およそ12年で、星占いに登場する12の星座を一巡りします。

今年はさそり座に見えていますが、来年はいて座、再来年はやぎ座へと移っていく木星。
1年で星座ひとつ分、ずれていくことから、古く中国では、「歳星(さいせい)」と呼ばれていたそうです。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 174 | 175 | 176 || Next»

メッセージ募集中

テーマは「思い出の星空」。メッセージを頂いた方の中から、抽選で毎月5名様に、「星座早見盤 for 宙ガール」をプレゼントします!

メッセージはこちらから

  • きょう、星空が見たくなったら。夜Cafe Style星空ミュージック

最近の記事

  • 2019年07月13日
    2019年7月13日のオンエアレポート
  • 2019年07月06日
    2019年7月6日のオンエアレポート
  • 2019年06月29日
    2019年6月29日のオンエアレポート
  • 2019年06月22日
    2019年6月22日のオンエアレポート
  • 2019年06月15日
    2019年6月15日のオンエアレポート

月別アーカーブ

  • Twitter @tokyofm_spaceをフォローする
  • Vixen presents 東京まちかど☆天文台
  • 東京ガーデンテラス紀尾井町
  • Vixen