ENGLISH JUKE BOX - Every Tuesday 21:15-21:40 On Air - ニューヨーク・コロンビア大学付属病院の医師でありながら、大の洋楽フリークである加藤友朗が、ニューヨーカーが大好きなヒット曲を毎週1曲取り上げ、英語の歌の意味を聞き取るためのレッスンをお届けします。

TOKYO FM

  • mixiでシェアする
2016.08.25.Thu
第47回「Wake Me Up」Avicii

先週からは「真夏のダンス特集」リスナーのみなさんの投票で選ばれたダンスミュージック
「トップ3」をご紹介しています。今週は第2位に輝いたAviciiの「Wake Me Up」でした。

Aviciiはスウェーデン出身のDJで音楽プロデューサー。
2010年にメジャーデビューして、瞬く間に人気者になりました。
「Wake Me Up」はソウルシンガーのAloe Blaccをフィーチャーして、
2013年に世界的に大ヒットしたナンバーです。
この曲、初めて聞くととてもダンスミュージックには聞こえませんが、
Aviciiが敢えて、カントリーフォークとダンスをミックスしたらどうなるかにチャレンジして
作った曲。
この新しいサウンドと歌は、驚きとともにポジティブに受け入れられ大ヒットしました。
では、どんな曲なのか出だしをご紹介しましょう。
最初からこれまでのダンスミュージックの歌詞とはひと味違います。

Feeling my way through the darkness
Guided by a beating heart
I can't tell where the journey will end
But I know where to start

暗闇の中を手探りで自分の道を探す
ハートの鼓動に導かれて、、
旅がどこで終わるかはわからないけれど、、、
どこで始まるかは知っている、、

このはじめのパートはこれから何かを始めようという、長い人生を前にした
若い時の自分の気持ちを歌っています。続いては、、

They tell me I'm too young to understand
They say I'm caught up in a dream
Well life will pass me by if I don't open up my eyes
Well that's fine by me

みんなは僕が理解できるには若すぎると言うけれど、
みんな、僕は夢を見てそれに囚われているだけだと言うけれど、
人生は通り過ぎていく、僕が目を開けなければ
は自分はそれでもいいんだ。

ダンスミュージックでこんなに「人生」について考えさせられる曲は今までありませんでした。

そして、後半にはこんな歌詞も登場します。
Life's a game made for everyone
And love is the prize
人生は全ての人のために作られたゲームで、
愛はその賞品なんだ。

ただ、ふざけ騒ぐのではなく、人生の真実や意味を問いながら歌われるダンスナンバー。
まさにフォークソングのように人生の意味や生き方を歌い上げて行きます。
楽しく踊れるサウンドと心に刺さる歌詞。英語を楽しく勉強するにはぴったりのヒット曲です。
是非、実際の曲を聞きながら楽しんでください。


さて、来週の真夏のダンス特集はリスナーの皆さんが選んだナンバーワンの曲、
LMFAOの「Party Rock Anthem」です。
LMFAOはアメリカのエレクトロ・ポップデュオ、
ラッパーでダンサー、DJでもあるRedfooと、Skybluのコンビです。
2009年にメジャーデビュー、2011年にリリースした
この「Party Rock Anthem」が世界的な大ヒットになりました。お楽しみに。

  • mixiでシェアする
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 46 | 47 | 48 || Next»
parsonality
加藤友朗 加藤友朗
  • アメリカで活躍する現役の外科医。専門は移植および肝胆膵外科。
  • 多臓器移植の世界的第一人者であり、多臓器摘出対外腫瘍切除手術を世界で初めて成功させたことでも知られる。
  • 1991年大阪大学医学部卒
  • 東京大学薬学部、大阪大学医学部卒業後1995年に渡米、現在はニューヨーク、コロンビア大学医学部外科教授。
  • 著書に「移植病棟24時」「Noから始めない生き方」(ともに集英社)がある。
assistant
荒井玲良(SUPER☆GiRLS) 荒井レイラ

1994年9月25日生まれ 東京都出身
海外大好き、走れる美少女
2016年6月25日でアイドルグループSUPER☆GiRLSを卒業。
現在はモデル・タレントとして多方面で活躍中!

TO TOP