今日21日 から 30日 土曜日までは
平成29年 秋の全国交通安全運動の実施期間です。
今週と来週は「平成29年 秋の全国交通安全運動」を追跡します。

コメントは警察庁 交通局 交通企画課の斉藤久晃さんです。
前半の今日 紹介したのは2つのポイント。

▶︎ 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止

▶︎ 子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止


<夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止>

これから日没時間が日毎に早くなります。
ドライバーは早めにライトを点灯しましょう。
自分の車の存在を周囲に知らせて事故を未然に防ぐ意味があります。
視界が悪くなってからライトを点灯つける人もいますが
歩行者や他の車両が車を認識するのが遅れます。

歩行者や自転車の運転手も交通事故に巻き込まれないよう
自分で安全を確保することを心がける必要があります。
ライトを反射して光る反射材を身につけるようにしましょう。
運転手からは着用しない歩行者と比べて2倍以上も手前で見つけられます。

ドライバーから目視できる距離に関連しては夜間はハイビームが基本。
対向車や先行車がいない場合 上向き点灯のハイビームを活用してください。
ハイビームは通常100メートル先まで照らすことができるので
歩行者や自転車を遠くから発見することができます。



<子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止>

特に小学1年生・2年生は歩行中の事故が多いという傾向があります。
時期としては10月から11月。
時間帯は登下校中の7時台、15時台〜17時台。
横断中の事故と飛出しが多くなっています。
小学校3年生以上になると自転車の事故が多くなり
中学1年生でそれが増加 高校1年生で更に増加する状況となっています。

高齢の歩行者が関係する事故は 
走行する車の直前・直後の横断等
法令違反に起因する死亡事故が多いことや
夜間に道路を横断している時 左方向からの進行車両と
衝突する死亡事故が多い特徴があります。
     
一方で高齢運転者による交通死亡事故の運転手側の要因をみると
75歳以上はハンドル等の操作誤りによる事故が最も多く
次いで漫然運転などの前方不注意 
きちんと安全を確認していない安全不確認の順です。
操作誤りによる事故ではブレーキとアクセルの踏み間違いが
75歳以上では高い割合となっています。
75歳未満の運転者になると 前方不注意・安全不確認が多いです。

ドライバーが注意すべきことは安全運転を日頃から心がけ
特に通学路や横断歩道付近では速度を落とし
まわりの安全をしっかり確認すること。
信号機のない横断歩道を渡ろうとしている人がいたら歩行者が優先。
常に歩行者保護の気持ちを持って運転をしましょう。

来週の後編でも平成29年 秋の交通運動のポイントをさらに2つ
警察庁 交通局 交通企画課の斉藤久晃さんにお話していただきます。





秋の行楽シーズンはもうすぐ。
休日にドライブでちょっと遠出という計画を立てている方も多いでしょう。

でも その中に家族の 友人の あるいは自分の 車酔いが心配な人もいるのでは?
同乗者の誰かが気持ち悪くなり 予定が遅れて先を急げば 交通事故の危険も高まります。
そして せっかくの旅行が車酔いでつらいのはもったいない!

今回は乗り物酔いのエキスパート
NASAによる「宇宙酔い」の研究を行ったことに始まり
地上の乗り物の「酔い」についても調査・研究をしている
CHO(ジェイコー)東京新宿メディカルセンター
耳鼻咽喉科 診療部長の石井正則先生にお話を伺いました。

無意識のうちに刺激や情報に反応して
我々の体をコントロールしている『自律神経』。
意識せずに呼吸したり 体温調節が出来ているのは自律神経のおかげですが
「乗り物酔い」は自律神経のバランスが崩れて起こります。

自律神経の働きの1つが「身体のバランスを保つ」機能。
耳の奥には平衡感覚を司る三半規管があり、
自律神経は三半規管で得た身体の揺れや傾きの情報をもとに
目から得た視覚情報を生かして 筋肉を反応させバランスを保ちます。
      
ところが・・・
     
乗り物、今回の場合は「車」の振動や揺れは、
平衡感覚と視覚の間にズレを生じさせ     
それを「不快」に感じてしまう人は「酔ってしまう」のです。

不快感が気持ち悪さに繋がる。
そこで車酔いする人は事前に快適でいることが大切です。

【事前のコンディションづくり】

◯ 睡眠をきちんととる
◯ 適度に食事をする(食べない・食べ過ぎはダメ)
◯ 体を締め付ける衣服ではなくリラックスできる衣服を身につける
◯ 出発前には酔い止めの薬を服用する



そして 車に乗っている時にどうしているのかも大切。


【車に乗っている時にやるといいこと】

◯ なるべく遠くの景色を見る
◯ 新鮮な空気、冷気を車内に入れる
◯ おしゃべりをする 歌を歌うなど 楽しいことをする
◯ ちょっと怪しいなと思ったら 目をつぶってシートを倒す
◯ お腹の緊張を緩めて 鼻から息を吸い ゆっくり呼吸をする
◯ ショウガや唐辛子を食べる



今は車内でDVDが見られる車もあると思いますがダメです
車の揺れと 視覚のズレが生じて 酔いに繋がってしまいます。

石井先生のところにきた患者で お父さんの運転では酔わないのに
お母さんの運転だと酔ってしまう子供がいたそうです。
理由はお母さんの運転は急ブレーキ・急発進が多かったから。

1)事前のコンディションづくりをしっかりする
      
2)乗車中は楽しく、気持ち良い状況をつくる
       
3)ドライバーは同乗者に優しい運転を心がける

この3点に注意して車酔いがない秋の行楽ドライブを楽しんで下さい。


高田賢三・コシノヒロコ、ジュンコ姉妹・山本耀司・・・
ファッション業界を牽引する人材をたくさん輩出してきた文化服装学院では
この春から1年生が交通安全を考えた子どもの洋服づくりをしています。
今回はその取り組みを追跡しました。





お話を伺ったのは2人の先生。
テキスタイル関連研究室 講師 吉村とも子さん。
ファッション工科 副グループ長 専任教授 早渕千加子さん。





きっかけは2年前の平成27年。
子ども服の安全規格がJISで制定されたこと。
背景には東京都が行ったアンケート調査がありました。

親に子どもの着ている服と安全について尋ねたところ
紐やフードや広がった裾などが原因でもう少しで事故に遭ったかもしれない
いわゆる「ヒヤリハット」の経験を答えた割合が7割もあったのです。

吉村さんは生徒に衣服の素材の品質について教える立場。
また小さな子どもがいる母親。
規格 JIS L 4129(よいふく) 制定を受けて
授業で生徒に子ども服の安全性の大切さを伝えました。

吉村さんは11月の文化祭で安全な子供服の展示も行ないました。
この時に協力してもらったのが一般財団法人 ニッセンケン品質評価センターです。
ニッセンケンは繊維製品の素材について安全性や機能性を評価する第三者機関。
JIS L 4129 に基づく良い服づくりをサポートしています。

この文化祭の段階で翌12月には日本交通安全教育普及協会が
車から子どもを認識しやすい「高視認性安全服」の規格を発表すると決まっていました。
そこで吉村さんは蛍光色と反射材のついた児童用安全ベストなどを借りて展示します。









吉村さんの文化祭での展示をきっかけに
交通安全を配慮した子ども服づくりを授業でやろうと考えたのが早渕さん。

ファッション工科 基礎科の授業では子ども服を作るという授業があり
子ども服といえば「可愛さ」がつくる・選ぶ基準になるもの。
でも 早渕さんはそういう一般的なものづくりに何か付加価値を添えた
学生たちの将来にプラスになるようなことはないか探していました。
そんな時に子どもの安全な服をテーマにした展示を目にして
取り入れることにしたのです。

早渕さんはニッセンケン品質評価センターとコラボレーション。
素材の提供を受けて授業で子どもの交通安全のための服づくりを始めました。
学生は5人ほどでグループをつくり制作に取り組んでいます。
市場調査をして プレゼンテーションをして デザインを決め 
サンプル縫製をして 今は実物の制作中。










早渕さんによると 
子どもの衣服の危険な部分を知った生徒たちは
どんな時間に どのくら起きているのか?
自分たちから率先して交通事故について調べました。
また 子どもの服への認識が高まって 
無意識で交通安全を守る衣服を作る意識が芽生えたといいます。

学生たちは将来 アパレル業界で商品を生み出していく存在。
こういう勉強をしたことを忘れずに
商品の企画に携わっていってほしいと早渕さんは言います。

生徒たちによる子どもの交通安全服は11月の文化祭で発表・展示されます。
来場者の投票などで優秀作品の表彰があるそうです。

衣食住の1つ「衣」。
身につけるものの安全性の意識は世界で高まっています。
将来のアパレス業界を担う人材が子ども服と安全性の相関関係を知る。
素晴らしい授業ですね。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 42 | 43 | 44 || Next»