4月半ばになりました。
新年度を迎えたタイミングで、
「新しい1年も交通事故を起こさない!」と心に期した方も多いでしょう。
そのためには「エコドライブ」を心がけて下さい。





今回のコメントは芝浦工業大学 工学部 春日伸予 教授。
元々の専門は心身医学分野のストレスマネジメント。
そこから派生して交通安全の領域でも
ドライバーの心理を中心としたヒューマンファクターの研究をしています。

「自分の心理状態」が自分できちんと把握できれば問題ありません。
でも 自分では客観的に解りにくいもの。
例えば自分が安全運転をしているつもりでも
他の人から見ると、全く安全な運転ではないかもしれません。
そこで、春日教授が伝えているのが「エコドライブのすすめ」です。





エコドライブとは警察庁・経済産業省・国土交通省・環境省が
一緒になってエコドライブ協議会を作り推奨している10ヶ条。
その中に安全運転の要素が散りばめられていて それは安全運転に繋がります。
中でも特に交通安全につながることを挙げると・・・

⬛ ふんわりアクセル「eスタート」

⬛ 車間距離にゆとりをもって、加速・減速の少ない運転

⬛ 減速時は早めにアクセルを離す

⬛ 渋滞を避けて余裕をもって出発する

⬛ タイヤの空気圧から始める点検・整備

⬛ 走行の妨げとなる駐車をやめる

こうしたことを完璧にやるのは大変。
春日教授はできることからいいと言います。





10ヶ条のうち どれか一つでもやればエコドライブは効果あり。
実際に「ふんわりeスタート」と「ゆっくり停止」に特化して
約9パーセント燃費が向上 事故5割減という結果が出たといいます。
1つずつ始めるのがエコドライブを続けるコツ。
それが春日教授の指摘です。

そして「エコドライブ」を通した安全運転で
優れているのは数値でモチベーションが生まれること。
普通の安全運転の報酬は何事もない安全な日々。
でも人間は残念なことに形の無いものにあまり価値を感じない。
事故を起こして初めて何も無かった素晴らしい日々を取り戻したいと思う。
エコドライブをやると燃費という形で目標値が見えてくるのでやりがいがある。
達成感を生んで長続きする安全ドライブになる。
そう春日教授は指摘します。
みなさんは「エコドライブ」をどのくらい意識したことがありますか?





15日 日曜日までは「平成30年 春の全国交通安全運動」期間。
後編の今回はまず「自転車の安全利用」から。
中学や高校に進学して自転車通学する子どもが増える時期です。
中学生や高校生になると行動範囲も広がり 自転車に乗る機会も増えます。
小学6年と比べると中学1年の自転車事故は多くなります。
自転車事故が特に多い中学1年生と高校1年生は要注意です。





中高生による自転車事故の多くは出会い頭の衝突によるもの。
場所としては ほとんど交差点で発生しています。
自転車を運転している時 特に見通しの悪い交差点に入る時は
速度を十分に落として左右の安全確認を行いましょう。
また 一時停止の標識がある場所では停止線の前で確実に停止しましょう。

自転車は車と同じく法律上は「車両」。
原則は車道を通行しなければいけません。
車道を走る時は左側通行。
例外的に歩道を走る時は車道寄りをゆっくりと。
その場合でも 必ず歩行者が優先。
自転車の事故では頭部損傷が重大事故につながっています。
命を守るため 自転車に乗るときはヘルメットを着用するべきです。





そのほかの春の交通安全運動の重点ポイントは
「シートベルトとチャイルドシートの着用徹底」と「飲酒運転の根絶」。

まずはシートベルト。
運転席と助手席のシートベルトの着用率はほぼ100%。
ところが高速道路を除く一般道路の後部座席では40%以下。
後部座席でシートベルトを着けていないと
万が一 事故にあった場合 車外へ放り出されるなど大変危険です。 





チャイルドシートは6歳未満の子どもを自動車に乗せる場合は装着が義務。
にも関わらず 使用率は6割にとどまっています。



また 車両への取付け固定が不十分
使用方法が不適切というケースも多数あります。
チャイルドシートを正しく使用しなければ事故の際に外れてしまう、
子どもがチャイルドシートから飛び出してしまうという恐れがあります。
6歳以下の子どもがいるお父さん、お母さんは、いちど確認してみて下さい。

飲酒運転については法律の厳罰化などにより死亡事故は減少しています。
それでも1年の死亡事故発生件数は200件以上。
飲酒運転は犯罪です。
「飲酒運転を絶対にしない、させない」という強い意志を持っ、て一人一人の力で
飲酒運転を根絶させましょう。

交通安全への強い思いを持つことは決して意味のないことではありません。
不必要な誰かの生命を脅かすリスクを減らし
それはドライバーの平穏な生活に繋がるのです。
交通事故は常に他人事ではないということを覚えておいていて下さい。


今年も「春の全国交通安全運動」の時期になりました。
平成30年は明日 4月6日 金曜日 から15日 日曜日までの10日間。

今週と来週は 警察庁 交通局 交通企画課 
藤本真也さんにお話を伺い その大切なポイントを追跡します。

平成30年「春の全国交通安全運動」には4つの重点があります。
今回は「子供と高齢者の安全確保と高齢運転者の事故防止」について。

警察庁によると小学生の事故は登下校中に多く発生しています。       
そして 小学1年生が被害に逢う交通事故件数は他の学年より多いのです。





たくさん事故が起こっているのは まさに今の時期 4月〜7月。
小学生の事故は交差点でたくさん発生しています。             
原因は子供による路上への飛び出しが多数。

大人が周囲の安全を確認して道路を歩くよう教えましょう。
信号が青で横断歩道を渡る時も「右左をよく見る」、
「車が止まっているのを確認する」など子供に伝えましょう。
ドライバーは小学生が道路を歩いていたら、
「思いやりの気持ち」で安全に通行できるようにしてあげてください。

高齢者が被害者の交通事故も多数起こっています。
特に夜間 歩いている時に事故に遭うケースがたくさんあります。
夕暮れ時や夜間に出歩く時は 自分の存在を周りに知らせるため
明るい服を着たり 反射材やライトを身に付けることが事故防止に効果的。

一方で問題になっているのが高齢者運転者が起こす事故。
高齢になると身体機能の低下や筋力の衰えなどによって
操作ミスや安全不確認による事故を起こしやすくなります。
ブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故も多く発生しています。





運転に不安を感じる高齢ドライバーには免許証の自主返納制度もあります。
返納後は「運転経歴証明書」の交付が受けられ
公的な本人確認書類として使用することができます。
また 自治体によってはタクシー・バス料金の割引といった支援もあります。
一度 確認してみてください。

『なるほど! 交通安全』。
来週は「平成30年 春の全国交通安全運動 後編」です。




«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 52 | 53 | 54 || Next»