明日から12月。
冬の運転は雪や道路の氷結に気をつけましょう。
一般道よりも速いスピードで走る高速道路はなおさらのこと。
今週は先週に続いて「冬の高速道路の安全」の後編でした。





冬に訪れる雪や道路の凍結といった環境条件。
これは他の季節とはまったく違います。
運転時の危険も格段とUP。

今回 コメントを放送したNEXCO中日本
保全企画本部 交通チームの上松慎平さんによると
日頃から心がけてほしいのは3つのこと。

1)前をよく見て運転する

2)安全な速度を守って走る

3)前の車との車間距離をとる


雪が積もった あるいは凍った路面は滑りやすいもの。
ハンドルが思うように効かないことが往々にしてあります。
急ハンドル・急ブレーキは絶対にしないように心がましょう。

NEXCO中日本のWEBサイトにはとてもためになる情報を掲載した
「冬の雪道ドライブガイド」というページを設けられています。
そこで注意を促していることが場所や時間による道路環境の変化。

特に橋の上やトンネルの出入り口は気温が低くなり
その影響で路面が滑りやすくなる可能性が高くなります。
こうした場所に差し掛かる時は手前で十分にスピードを減速。
いつも以上に注意をして走行することが大切です。

昼間は路面が濡れていた状態の道路も
夜になり気温が下がれば凍ることも考えられます。
朝や晩の走行は 昼間とは状況が違うと考えましょう。
路面の状態を把握して状況に応じた運転を心がけて下さい。

積もった雪が踏み固められてできる路面
いわゆる「圧雪」は冬用タイヤを装着していれば走行できます。
しかし 普通の路面よりも滑りやすいので注意が必要です
比較的温度が上がった時に雪が降った時は
圧雪路面にはならず シャーベット状になることも。
溶けかけた雪にハンドルが取られすくなるので慎重になりましょう。





天気状況や道路状況の正しい情報をキャッチすることも大切です。
冬の高速道路は 雪の降りかたや積もりかたによって
速度規制が行われたり 通行止が行われるもの。

冬用のタイヤやタイヤチェーンを装着しないと走行できない
冬用タイヤ規制が実施される場合もあります。
道路上の道路情報板とよばれる電光掲示板で
そういった規制の情報表示をしているので
見逃さずに確認するようにしましょう。

他の季節よりも危険度が格段に高い冬の高速道路。
これからしばらく続く冬 安全運転を続けて下さい。





この1週間で全国各地は 本格的な冬の冷え込みになってきました。
これからの運転は 雪や道路の氷結に気をつけなければいけません。
一般道よりも速いスピードで走る高速道路はなおさら。
今週と来週は 2週にわたり 「冬の高速道路の安全」を追跡します。



 
 
コメントは NEXCO中日本 保全企画本部 交通チーム 上松慎平さん。
NEXCO中日本では WEBサイトで冬の高速道路の安全を丁寧に伝えています。

まずは 冬のクルマの装備について。
1つは「スタッドレスタイヤ」など冬用タイヤと装着すること。
高速道路には平野部区間もあれば山間区間もあります。
出発時の天気が良くても 走行中に雪が降ってきたり
雪が積もったエリアを通ることもあります。
滑り止め効果がある冬用タイヤを必ず装着しましょう。

また 突然の大雪に備えて
冬用タイヤより滑り止め効果がある「タイヤチェーン」
車の上に積もってしまった雪を落とすための「スノーブラシ」
鍵穴が凍る ワイパーが動かなくなる
凍結によるトラブル解決のためにの「解氷剤」
雪かきをする時に重宝する「スコップ」
雪にはまって動けなくなった場合に備えた「ロープ」
バッテリーの激しい消耗でエンストした時のための「ブースターケーブル」
こうしたものを車に準備しておくといいでしょう。





冬の高速道路の運転に際しては
入念な車の点検もしておくように心がけましょう。

「バッテリー」は寒さによって性能が低下します。
液量や比重や電圧の点検を行い バッテリー液の補充をしましょう。

「エンジンオイル」はオイル量や汚れ具合を確認。
低温ではオイルが固まりやすいので粘度も確認し補充や交換をします。

冬の道路は視界が悪くなりやすく ウォッシャーを使う機会も増えます。
寒さに強い寒冷地用の「ウォッシャー液」を入れておくと安心です。
補充する時は原液に近い状態で補充しましょう。

「冷却液」は濃度が薄いと低温下で凍結し
ラジエーターの破損につながるおそれがあります。
適性量の点検はもちろん 濃度が薄くなっていたら交換しておきましょう

雪のドライブでは使用頻度が増すワイパー。
「ワイパーブレード」が劣化していると汚れや雪をしっかり落とせません。
劣化の程度を確認し 必要に応じて早めに交換しましょう。





そして 冬のドライブに出かける時には、
ゆとりをもった運転計画を立てることを忘れてはいけません

雪が積もっていたり 路面が凍結している高速道路では
交通規制や除雪作業などを行っている場合もあり
思った以上に時間がかかることがあります。 

焦らず安全に走行できるよう早めに出発するなど
時間に余裕をもったプランを立てることが大切です。





来週は「冬の高速道路の安全」の後編をお送りします。
テーマは具体的な運転について。

 

季節はそろそろ冬。
車の装備は冬仕様にしましたか?
今週は「スタッドレスタイヤ」を追跡しました。

今回のコメントは スーパーオートバックス 東京ベイ東雲店
タイヤ・ホイールコーナー担当の島越悠介さん。



例年だと12月が最もスタッドレスタイヤへの履き替え需要が高まる時期。
ところが去年11月に東京エリアで降雪があったため
今年は早めに準備する人が多いそうです。

いつ降雪や路面の凍結が起きても不思議ではない時期。
早めの準備をオススメするためスーパーオートバックス 
東京ベイ東雲店では売り場を整備しています。

スタッドレスタイヤは雪が降った時や道路が凍っている時でも
走る・止まる・曲がるという基本性能を発揮するタイヤ。
特徴は夏用タイヤと比べてゴムが柔らかいことと溝が深いこと。

滑りの一番の要因は氷の上にある水の膜。
サイプという細かな切れ目がゴムブロックの上に配置され
水の膜を吸い上げて排出します。 
そのためしっかりタイヤが接地するのです。

冬のタイヤ装備にはチェーンもありますが乾いた路面も走ることになり
衝撃や乗り心地の悪さが生じてしまいます。
チェーンを装着は雪の中や寒い中で作業をすることになりかねません。
スタッドレスならこうした事態を避けることができます。
最近はメーカーの努力で燃費も上がっているそうです。

各メーカーのスタッドレスタイヤにはそれぞれ強みがあります。
国内の主な製品について島越さんに伺ってみたところ
ブリヂストンは東北および北海道エリアでの使用率がNO.1。
氷の上での制動性能や雪の上での性能は確実に強いものがあります。
ヨコハマタイヤはそれに次ぐ性能で乾いた路面での走行が潤滑。
ダンロップはゴム質にこだわり雪や氷の上で止まることに優れているそうです。

スタッドレスタイヤ交換の目安は3年から4年。
残り溝があってもゴムが硬くなって充分な接地面積がとれなくなるからです。
急ブレーキをかけた際の制動距離に大きく差が出てしまうので
硬度計でゴムの柔らかさを計り 買い替えを判断しましょう。

スタッドレスタイヤ購入を考えているものの
何を選べばいいか分からないなら店舗で相談しましょう。
その際「車を使う頻度」「用途」「移動する距離」などを伝えると
売り場の専門家はアドバイスしやすいそうです。

本格的な冬はすぐそこ。
車の装備も冬使用にしておきましょう。




スーパーオートバックス TOKYO BAY 東雲店のWEBサイト
http://www.sa-tokyobay.com/information/

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 47 | 48 | 49 || Next»