みらい図鑑

Vol.79 「マチノブンカサイ」 岡山県



今回は岡山県から、廃校になった小学校の有効活用の話題です。

岡山城の石垣の上にある、旧内山下(きゅう・うちさんげ)小学校。
2001年に少子化の影響をうけ、近隣の小学校との統廃合により廃校になりました。




この旧内山下小学校を利用して、地域を元気にするために何かできないだろうか、、
そんな思いから様々な取り組みが始まりました。



現在は、カフェやオフィスをはじめ、様々なワークショップや音楽イベントが行われ、
カルチャーの発信の場として、活気あふれるスポットに生まれ変わった旧内山下小学校、
その取り組みのひとつ「マチノブンカサイ」が、今月23日に開催されます。



NPO法人「ENNOVA OKAYAMA」の理事長、岡野英美(おかの・ひでみ)さんのお話です。

「来ていただくと分かるんですけど、ホントに中心部、街の中に古い学校だけが
ぽつんとあって、そこだけが何もない形なんです。
雰囲気、建物自体もとても良くて。そこを何にも使わないのは、もったいないというか。
そこで何かが起きていれば絶対に面白くなるという感じはあったんです。」



舞台は“街中(マチナカ)”なのに、どこか寂しそうに佇んでいる廃校「旧内山下小学校」。
音楽の魔法と、誰もが童心に戻れる“場力”で、子どもの頃のように、笑い、歌い、語り、
これからの未来にワクワクする・・・「マチノブンカサイ」にはそんな想いが込められています。

「自分の通った中学校とかすでに廃校になってしまって、
自分の母校が存在しなくなっている感覚が自分の中にもあって。
他県にも、上手に学校を活用されているところもありますけど、
公共の場所では起きていないようなことが起きる場所として、
存在し続けていってほしいと思いますね。」



街のみんなで作る、「マチノブンカサイ」。
かつては子供たちの“学びの屋”だった場所が形を変えて、
地域に住まう人々の絆を生み、未来につなぐ・・・。



旧内山下小学校からこれからどんな物語が始まるのか楽しみですね。