2015/7/5
不安定な天候が続いていますね。
「気象予報士が言えば“エルニーニョ現象”。私の分野で言えば“自然霊の警告・メッセージ”。火山の噴火にしても、火山学者は“つながりがない。そういう時代になっているんじゃないですか”と言っている。それでは、私たちの分野が言っている事もあまり否定できない。また、今の世の中は、どこに行っても人が怖い。ちょっとの事でキレる人もいる。世の中、不思議な事がいっぱいありますね」という江原さん。
今日は『エンジェルさん特集』をお送りしました。

今夜お届けしたナンバー
◇Listen to the music / ドゥービー・ブラザーズ
◇Book of Days / ENYA


「私が小学4年生の時の事。家族4人で近所の大きい公園に凧上げに行きました。公園について、弟と二人で凧を上げたのですが、弟の凧はなかなか上がりません。一方私の奴凧は、勢いよく風に乗り、みるみるうちに空高く上がりました。父が私から凧の糸をとり、もっと高く上げようとしました。凧はさらに上がり、知らないうちに凧糸がなくなり、父の手から凧糸がするりと離れてしまい、とうとう見えないくらい高く飛んで行ってしまいました。私たちは諦め、その場を立ち去り、一時間くらい公園内を歩きました。そろそろ帰ろうかと車を止めてある駐車場に向かって歩き出したその時、私の目の前に白い糸の端が下がっていました。驚いて上を見ると、一時間くらい前に空高く飛んで行った奴凧が私の真上に浮かんでいました。これには、家族みんなで本当に驚きました。これは偶然なのでしょうか。私も50歳過ぎたいい大人になりましたが、未だに不思議で仕方ありません」というメールをいただきました。

江原さん
「“あの時のあれって何だっただろう”と不思議に思う事ってありますよね。気象予報士に言わせたら、ちょうど風向きが良かった(笑)。そして、時間が経ち、空気の重さで下がってきて、糸がちょうどいい具合にあったのではないか。スピリチュアル的に言うと、自然霊のいたずらというのがある。家の中で“さっきまでここにあった物が無くなって、さっきまで無かった物がまたここにある”という事がよくある。多くの場合は“また、ボケちゃって”となるのだが、天狗など、自然霊のいたずらだという事もよくある。意味のない、ただのいたずら。私の師匠である寺坂妙子先生には、天狗の太郎ちゃんという子がいて、自分のメガネがなくなったりすると、“太郎ちゃん、太郎ちゃん、ちょっとメガネがね”と言うと、出てきたりする。私もその現場に立ち会った事がある。私も見ていて“ここになかったよね”という所に出てくるのです。みなさんも、鍵などがなくなったら“天狗さん、見つけてちょうだい”と、やってみるのもいいと思います」


「数年前に16年間家族として一緒に過ごした猫が死んでしまいました。本当に可愛がっていたので、悲しかったです。猫が死んでからしばらく経ったある日。仕事から家に帰ると母が“これ見て!”と、ピアノにかけているレースをめくりました。そこには、でっかい猫の肉球が写っていました。母がたまたまピアノの掃除をしようと、レースを取ったら肉球があり、最初は汚れと思い、クリーナーで何度も拭き取ったのに落ちず。汚れではないと思って、私の帰りをソワソワ待っていたとの事。私も素手でこすってみたのですが、落ちませんでした。きっと猫ちゃんが遊びに来たのかな?と、少し嬉しくなりました。しばらくして父が帰ってきたのでレースをめくって見せると、肉球がなく消えていました。これは、ただ遊びに来ただけなのか。何か言いたい事があったのか。とても不思議が出来事でした」というメールをいただきました。

江原さん
「科学者に言わせると多分、猫が生きていた時に触って油が付着していたものが、浮き出て、それに今気付いたのではないか、と言うのでしょう。でも、こういう事はある。肉球というのは、あまり聞いた事はないが“いるよ”という事を知らせたかったのではないか。私も実際味わった事がある。昔、サンタという名のゴールデンレトリバーが家にいた。癌で死んでしまったのだが、それから程なくして、夜一人でTVを観てくつろいでいたら、後ろのフローリングの上で音がした。大きな犬は、寝そべる時に音がする。その音だった。振り返っても、何もいなかったから“あ、サンタだな。サンタ来たのか”と言うと、またしばらくしてから寝そべる音が聞こえた。“いるよ”という事を知らせたかったのだと思いました」


「何年か前の事です。当時、仕事をしながら大学の通信教育に通っていました。ある時、車をボーっと走らせていたら、信号もないのに、なぜかブレーキを踏んで止まりました。気が付くと、横断歩道の手前。左側の塀の死角から、小学生の子ども達がぞろぞろ出てきて、目の前を横断していきました。もう少しで事故になるところでした。これは、エンジェルさんですか?たまたまですか?」というメールをいただきました。

江原さん
「これは、エンジェルさんですね。そんなに大した事でない事でおこすのは、いたずらに過ぎない。こういう重要な時こそがエンジェルさん。みなさんに申し上げておきますが、エンジェルさん、そんなに暇じゃありません(笑)。多くの方たちは、自意識過剰。あなたが思う程、エンジェルさんは、あなたに興味がない(笑)。そういう事を言ってしまうと、お便りが少なくなって、エンジェルさんコーナーがなくなっちゃいますね。そういう事も恐れず、たくさん応募してくださいね」


●7月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
7月月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

◇ Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。
●江原啓之 今夜の格言

「今の世に必要な言葉、それは『天はみてござる』です」
「安心して。あなたは見守られています」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 厄払いのコーナー
◇ エンジェルさんのコーナー
◇ 7月・8月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー

メッセージの応募はこちらから




2015/6/28
6月も、もう終わり。いよいよ夏の到来ですね。
「この番組では何度も親子をテーマにお話をさせていただきましたが、親を見れば、自分が生まれてきた理由が分かる。親子の問題はずっといつまでも引きずるというけれど、それが大テーマだから。人生の殆どがそこ。それだけ深いものなのです」という江原さん。
先週に引き続き、今夜も親子の問題をテーマにお届けしました。

今夜お届けしたナンバー
◇Father and Son / ロッド・スチュワート
◇私だけの子守唄 / 江原啓之



「今年に入り、低年齢による犯罪をニュースでよく見かけます。私自身子どももおり、見るたび、複雑な思いになります。これから子どもたちを育てていく為に、どのように子どもと関わって育てていけばよいでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「これは、深く大きな問題。ひとつふたつの問題ではなく、物凄くたくさんの事が映し出されていると思う。6月7日の若者特集の〆の言葉で“人生の先輩たちに間違いがあったのです。ごめんなさい”と、この番組で初めて謝りました。これまでの世代がいけなかったから、若い人に向けて、代表で謝った。まずひとつ言える事は、大人がいなくなった。みんな子ども。肉体は大人になっても、魂の上では子ども。それを時々良しとしたりもする。例えば“兄弟のような親子”。私は、決して良い事だとは思わない。兄弟のように仲がいいという事はいいけれど、親子。威厳はどこにいったのか。ひとつ聞き間違えると、親の免罪符な様な気がする。“友達のようでいいのだ”と。本当は親だから、見本にならなければならない。もうひとつは、子どもにとって、今、恐いものがなくなった。親も、過剰に子どもを守るという事もそう。また昔は、隣のオヤジなど、他者に怒られたりした。今は、そんな事をしたら大変。みんな当たり障りなく、見て見ぬふりをしている。やはり、一番は大人がいなくなった。欲望に駆られて、みんなが子ども。私の今のテーマは“自己憐憫”。自己憐憫の言葉が、みんな好き。“あなたは、あなたのままでいい”“あなたは、間違っていない”など。世の中全体が大人にならないと、変わらないと思う。私の携帯サイトで、お悩み相談というのがある。その中の親子の問題で“親が悩むのは分かるが、よく考えてください。本当に子どもを思っているのですか。自分を可哀想だと思っているのですか”という事が分からない相談が圧倒的に多い。例えば“子どもがずっとゲームをやっていて学校に行かない。その子にとって、私はどういう風にすればよいのか”などの悩み。悩みは分かるのだけれど、そう言う前に、インスタント思考。今乗り越えればいいと思っている。人生は長い。地道に成長を見守る。今、『天皇の料理番』というドラマもあるが、勘当もされ、人を傷つけながらも、涙を流しながら、成長していく。だから、お母さん自体が幼稚だなと思うのです」



「私は、3人の子を育てています。最近9歳の長男が、お姉ちゃんとの口ゲンカでキレて、暴力を振るったり、宿題が思うように綺麗に書けなかったからと、椅子や机を倒したり。誰にも言えない事ですが、一度はキッチンから包丁をとろうとしたのです。大激怒で“やめなさい!”と、身体をグッと抱きしめても怒っても、ギャンギャン泣いて暴走。落ち着くとケロッとしていますが、うちでしか見せない姿なので、ストレス発散なのかと思う反面、最近の事件でもあったように、息子がカッとなって、家族を殺害のような事になったらと、少し気になる様になりました、家族でも暴力で傷つけたら犯罪だよって脅してしまった私は、間違っていますか?息子は友達も多く、毎日遊び、サッカーも頑張っています。学校では、学級委員もやっていますが、家の中では、ひどくわがままです。甘えているのかなぁと、外でやんちゃするよりはと、私も大きく受け止めているつもりですが、学校でも最近キレちゃう男子をよく聞きます。うちの子に限ってと思ってしまいますが、明日は、我が子かと思ってしまうと、何とかしてあげたい。おかあちゃんとして、教えてあげられる事があれば、教えて頂きたいです」というメールをいただきました。

江原さん
「怒った事は、間違ってはいない。肝心なポイントは、子どもは、最初は善悪が分からないという事。言葉と同じで、メリハリが必要。ただ叱るのもあるが、本気になって叱らなければならない時があると思う。“叱ってはいけない”などという人もいるが、叱るのと、当たるのは違う。叱る事は大事。叱るは愛。当たるのは感情。親子であった時には、綺麗事ではなく、本当に懲らしめるという事が大事。絶対に許さない事は、追いかけまわしてでも、何してでも八つ裂きにするくらいの気迫が必要だと思う。以前『オーラの泉』に出ていた時、千代大海さんがいらっしゃった。千代大海さんは、昔、物凄くやんちゃだった。大相撲に入る立ち直るきっかけは、いい事ではないが、お母さんが、包丁を突きつけ“お前がこのままだったら、お前を殺して、私も死ぬ”と言われ、千代大海さんは“本気なんだ。本当にこれは困っているんだ。自分がいけないんだ”と思い、大相撲に入ったんだとか。それで、親に恩返しをした。包丁の事は別にして、本気で向き合ったという事。自分に真剣な気迫や心がなかったら、通じないと思う。普段は“コラ”などと言っていても、“本当に許さんぞ”と言うと、一生やって良い事、悪い事がちゃんと分別つく子になると思う。そこで、大泣きしたとしても、昔から、疳の虫というのがあるし、癇癪というものがある。それで、ギャーッと泣いたら、スッキリしたりもする。ちょっとした反応で、親がビクビクせず、それくらい気迫を込めて、大らかに、肝っ玉母ちゃんでやっていってくださいね。やってはいけない時には、押さえつけてでも、跨ってでも、やってはいけないんだという事を教える事が大事だと思います」



「今年、2番目の娘が高校を卒業し、美容師になりたいと、働きながら学校に行く事になりました。そんな彼女から、母の日にメッセージが届きました。“最近ママの言っていた事は、こういう事だったのかと思う事がたくさんあります。心を鬼にして、厳しくしてくれた事、本当に有難かったです。厳しい業界で生き残る為に、根性と常識を教えてくれました。本当に自慢の母です。母ちゃん大好き”。何よりうれしいプレゼントでした」というメールをいただきました。

「素晴らしい。やはり、後になって分かる事。あれだけ厳しく言っても、という事があるのですね」



●6月生まれの方 誕生日おめでとう!! ―――
6月生まれのみなさんは、博愛に満ちた人。
差別なく、すべてのたましいと向き合ってください。
※たくさんのメールいただきました!すべての方の名前をご紹介できずに申し訳ありません。

●7月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
7月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

◇ Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。
◇ リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。


●江原啓之 今夜の格言

「親子の学びこそ、生まれてきた理由が込められています」
「成果主義は、躓きしかありません」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 突然の電話コーナー
◇ 厄払いのコーナー
◇ エンジェルさんのコーナー
◇ 7月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー

メッセージの応募はこちらから





2015/6/21
今日は父の日。
「“あぁ、定年 これから妻が 我が上司”と、今年のサラリーマン川柳にもあったが、会社を終え、定年を迎え、家でようやくのんびりだと思ったが、今度はまた別の上司が出てきてしまう。旦那さんが定年になると“憂鬱になって、嫌になる。これからずっと昼を作らなくちゃならないのか。冗談じゃない”“ずっと、家にいられたくない”という奥さんからの話もよく聞くのです」という江原さん。
今日は、ダメな父のメールをご紹介しました。世のお父さん、応援しています!

今夜お届けしたナンバー
◇Jealous Guy / ロキシー・ミュージック
◇見上げてごらん夜の星を / 江原啓之



「60代の父は、いつも子どものように感情のまま物を言い、TVや映画も、犯罪の特集や戦争モノが大好き。銃の本など買って如何するのか全く私には理解出来ません。生活費を切り詰めているのに、そんな不穏な物にばかりお金を費やしています。戦後の世代で戦争の色濃い映画などを観て育ったような話も聞きますが、私には聞きたくも見たくもない情報ばかり。同じ家の中でもなるべくそういう物を見ないように過ごしていますが、嫌で堪りません。もっと穏やかに過ごしてもらうには、どうしたらよいでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「戦争や、不穏な物だから嫌だという事も、あるでしょうが、何で、こんな物が好きなのかと言ってしまったら、そんなのには理由がつきませんよね。例えば鉄ちゃん。“何がいいの?鉄道の?”と言われても困る。鉄道の走る音だとかに、何がいいのかと問われても、説明ができない。日本の城や仏像などでもそう。色んな物に、マニアの人というのがいる。スピリチュアル的には、子どもが親を選んで生まれてくる。みんな誰もが、自分は何の為に生まれてきたんだろうと思うはずなのです。それの一番の答えは、親を見れば分かる。どうして、この親の元に生まれてきたのかに、ほとんど一生のテーマがある。例えばあなたの場合。戦争モノを観るのが嫌。ここで、2つ言える。一つ目は、自分自身が意外と、バイオレンスな所があったりする。そうすると反面教師で“嫌だ嫌だ”とウンザリする事で、自分は平和主義になる。二つ目は、いつまでも子どものまま。親に対して変えて欲しいという人は、まず、あなたが自律する事。この親にして、この子あり。この子において、この親あり。一段も二段も高い所に行って“よしよし”と、言ってあげられるような娘になれたらいい。また、普通にサラリーマンをしていると、日本の男性の文化度は、残念ながら低い。劇場に行っても、女性がほとんど。趣味がないんです。そうすると、子どもの時の事を思い出すと、大体戦争モノなどの趣味にいってしまう。戦争が好きなのではなく、その裏にある子どもの頃にドン、パン、等、遊んだ情景があるのだと思うのです」


「私が物心つく以前から、私の家庭は問題ばかりです。父は目に入るもの全てに文句を言い、常に不平不満ばかり。ギャンブルをしたり、借金をしたりして、機嫌が悪くなったりします。お酒も毎日飲みます。時には大暴れして、物を壊したり、母に怒鳴ったり。母と一緒に家から非難する事もありました。家族一人一人に課題はあると思いますが、父の事で家族が疲弊しています。私はなんとかしなきゃいけないと思い、話せる時に、父に諭すように言うのですが、何一つ変わる気配はありません。それどころか、火に油を注いでしまう結果になってしまいます。人を変えるより、まず自分から変わらなければいけないとは重々承知していますが、もう何から手をつければいいのか、私の使命は何なのかと、頭を抱えています」というメールをいただきました。

江原さん
「“お父さんに諭すように言うのですが、火に油を注ぐ”という事は、お父さんは“そんな事、分かってるよ”と言いたいのだと思う。そこに、埋められないお父さんの淋しさや、理解されない事への心の溝があるのでしょう。お母さん自身も避難したりして、疲弊しているというけれど、そんなに嫌ならば、今まで別れる事もあったはず。それでもいる。ここでも2つ言える。ひとつは依存体質・波長の法則。もしくは、奥底にすごく深い愛があって“この人の本当の悲しみを知っている”という、お母さんの心があるかもしれない。娘としては、一番目のメールと同じ。私の使命は何なのかという前に、自律する。それが使命。また、反面教師というのもある。こういう親に生まれたという事は、見て学ぶ意味があるから。という事は、もっと着実に生きなさい。自分で一歩一歩人生を踏みしめて生きなさい。自律しなさいという事なのです」



●7月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
7月月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

◇ Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。
◇ リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。

●江原啓之 今夜の格言

「言葉にならずとも、想いは伝わるものです」
「無償の愛こそ本当の愛なのです」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 厄払いのコーナー
◇ エンジェルさんのコーナー
◇ 7月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー

メッセージの応募はこちらから





«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 74 | 75 | 76 || Next»