2017/4/23
急に暑くなったり夜は冷えたり。みなさま、体調崩されていませんか?
「“人という字は、一人で歩む意味を表します”という冒頭の言葉ですが、今は時代的に“人という字は、みんなで支え合う”というのが定番になっている。支え合う事はもちろん大事。しかし“人”という字の本来の意味は“一人で立ち上がって歩行する事”。“自立”という事がすごく大事。また、私が言っているのは“自律”の方が強い。自分で自分を律する。何事も“自律”と“依存”というのが人生には一番問題なんです。『おと語り』でも度々取り上げていますが、頭では分かっていても、知らず知らずのうちに“依存”してしまう人が多いようです」という江原さん。
今日は「自律と依存」をテーマに番組をお届けしました。

今夜お届けしたナンバー
◇Human / ヒューマン・リーグ
◇モズのために / 江原啓之



「私は今、妊娠10ヶ月に入った妊婦です。産休に入り、毎日ゆっくりと過ごさせていただいています。相談という程ではないのですが、私は文章を書いて、人に伝えるのも話をするのも苦手で“よくわからない”と言われる事が多く、友達も少なく、結婚してからは旦那さんが友達です。江原さんのラジオで“依存はいけない”と言われていますが、私は完全に旦那さんに依存していると思います。ここ1ヶ月は、表向きは穏やかに過ごしていますが、旦那さんが離れていくのではないかと時々心配になります。少し前までは、何もない旦那さんを疑い、証拠がないかと探したりして情緒不安になり、泣いたり叫んだりしていました。旦那さんとは、17歳の年の差があり“こんなおじさんと付き合う人はいない”と言われ、あしらわれるのですが、私にとってはとても尊敬できるいい旦那さんだと思っているので、不安でたまりません。最近はお腹の子が生まれてくる事が新しいコミュニケーションの勉強なのかなと思っています。こんなダメな母親に育てられるお腹の子は、この先幸せになれるのか心配です。理想は、旦那さんみたいに笑顔が素敵なコミュニケーション能力の高く、みんなに愛される子になって欲しいです」というメールをいただきました。

江原さん
「ノロケですね。確かに“依存”といえば依存で、よろしくない。そうはいってもお子さんが生まれると、否が応でもママ友など、色々なコミュニケーションをしなければならない。なんでも“依存”というのはいけない。“頼る事”ではなく、旦那さんを“先輩”だと思って、旦那さんの意見に冷静に耳を傾ける。きっと理性的に“こうするべきだよ”“これがいけないよ”と、言ってくれる旦那さんだと思うんです。泣いたり叫んだりするのは駄々っ子ちゃん。成長しようという前提があれば、その“依存”も“実り”になる。『成長』という字を書いて部屋に貼っておきましょう。私からの宿題です」


「江原さんのお話の中でよく“依存心”が苦しみの元だという言葉がありますが、私もそれに同感しており、依存心をなくすべく日々実践しています。我が家は夫婦二人暮らし。共働きです。二人とも経済的にも精神的にも自立していると思います。生活は分業体制ができており、ご飯を作ってもらった側がお皿を洗う。洗濯は各自がするなど、家事は完全に平等です。また、週末はお互いに自分の好きな事をして、たまに2人で食事に行ったり遠出をしたりもします。周りから見たら“お互い束縛しない自立したカップルだね”と羨ましがられる事もあります。ただ、私はこの頼る事も頼られる事もない関係に、時々、心の底から淋しさを感じます。所詮、人は独りと、割り切る事ができたなら楽になれるのでしょうが、そこまでの強さが私にはありません。何か楽しい事があっても、常に幸せは100%にはならず、孤独感が強まると、生きているのが億劫になります。生きたくても生きられない人がいる事を思うと、甘えでしかないと思いますし、命を貰ったからには最期まで生きようと思いますが、依存する事、される事もひとつの幸せではないかと感じています」というメールをいただきました。

江原さん
「心の底で“依存する事、される事もひとつの幸せではないか”と思っているから“依存心”が解けない。“なくすべく日々実践”というのと矛盾している。実践する努力をしていない。けれど、世の中の多くの人は、みんなこういうところはあると思う。一点だけ気を付けて欲しい事がある。経済的な自立というのは、自分で立つ事。私が言っているのは“自律”。自分の人生、自分の哲学を持って生きているという事が大切だという事。あなたは、経済的には自立しているが、精神的には“自律”していない。物質的価値観で溺れている。『幸せに生きるひとりの法則』(幻冬舎)という本を私は出している。“友達”という言葉があるが、友達には定義がない。友達がいる・いない。友達が多い・少ない。これほど曖昧な言葉はない。友達というと多くの人は、何でも聞いてくれる、困った時に助けてくれる人だと思っている。そんな契約はしていない。思ったようにならない時に人は何と言うか。“裏切られた”“こんな人じゃないと思っていた”。被害者面したような言葉だけれど、違う。自分が悪いんです。依存しているから。“困った時には助けます”と、証書でも書いて公正役場でも届けたのか。女の子の“オレについて来いっていう人がいい”という言葉も、自分が気に入らない人だと“横暴だ”“パワハラだ”となる。みんなワガママ。“小我”。自分が一番可愛いんです。“依存する事、される事もひとつの幸せ”だと思う人は、すべてのトラブルは趣味だと思う事。“裏切られた”と思う事があれば“これを味わいたいんだよね”と思う。二度も三度も“お金貸して”“あれして”と言われウザイと思う事も“望んでいた事なんだから”と思う。自律できていない人は、孤独感が強まるんです。“孤高”が大事。孤独感というのは依存心があるから。“孤独”と“孤高”は違うし“自立”と“自律”も違う。孤独感なんて1秒で払拭できる。隣の人と“こんにちは”と挨拶をすれば交流が生まれる。孤独ではない。“孤高”というのは、何でも頼って生きることではないく“自律”なのです。それは、人に頼ってはいけないという事ではない。困った時にはお世話になったりもする。その代わりに“ありがとうございました”という感謝の気持ちを持つ事が大切。感謝が持てない人も、自律できていない証なのです」


「私は結婚して12年の40代のパート主婦です。子どもはおりません。有難い事に夫婦仲は良く、最後にケンカしたのは7~8年前だったと思います。私は主人の事が大好きです。穏やかで優しい主人と一緒にいると楽しくて、ほぼ毎日“この人と結婚して良かったなぁ。有難いなぁ”と、主人に感謝しています。周りの人が“理解できない〜!”と言うくらい、主人が元気で笑っていてくれる事、それだけでも感謝で、有難いと思っています。でも、時々思うのです。私は主人に依存している“感謝”なのかな、と。結婚しているとはいえ、子どもがいないので“同居”のようなものです。そんな私を一生懸命働いて養ってくれている…。“感謝”という名の依存なのかな…。と。主人の優しさや存在を“有難い”と思えば思うほど、自分が主人に依存しているのでは?と、最近、疑問を持ちはじめました。このような感情をどう思いますか?」というメールをいただきました。

江原さん
「私はそうは思いません。ご本人がそう思っていたら、常に気を付けていればいい事。けれどあなたは、いい時ばかりだけではなく、どんな時にもお互い支え合って、きっと尽くされると思うんです。なぜかというと“感謝”があるから。“感謝”がある人は、どんな時でも幸せを得る事ができる。最近嫌なのは、ご高齢の方の書籍や言葉に、あまりに感謝がない事。年をとると、どこかが痛い、どこかが苦しいと不満があるのも分かる。けれど、ご高齢になっても歩ける感謝。働ける感謝。人の前に出られる感謝。色んな感謝があると思う。シルバー川柳の様に笑いになっていればいいが、お年を召している方が、感謝できないというのをあまりにも表し、真剣に不平不満ばかり言っていると、若い人の心は枯れてしまうのです。“感謝”がないのは、幸せに気付かない雨雲。“感謝”が太陽なんだと思います。この番組をお聞きのみなさんは、常に“感謝”をもって人生幸せになっていただきたいといつも祈っております」


●江原啓之 今夜の格言

「人という字は、一人で歩む意味を表します」
「トラブルは依存心から。自律にトラブルはありません」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ 江原さんに聞きたい事
◇ ネガティブなお便り
◇ HAPPYメール
◇ 厄払いのお便り
◇ 不思議な体験・エンジェルさん目撃談
◇ あなたが感動した言葉
◇ 若者からのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ リクエスト
◇ 4月・5月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
2017/4/16
桜吹雪が綺麗な季節ですね。
「新生活が始まっているという方も多いのではないでしょうか。新しい職場や学校には慣れましたか?番組には『初めまして』のメールもたくさん届いています。私は、初めて会う人は、言葉や雰囲気よりも必ず相手の目を見る。目は口ほどに物を言う。第一印象は、目で決まるもの。ちゃんと目を見て話せる人かどうかという事がすごく大事。また“ファンです”と色んな所で言っていただいたりするが、“絶対にこの人、本読んだ事ないだろうな”という事が分かって、私の中のブラックな部分が出たりする(笑)。『おと語り』も新しいリスナーの方もいらっしゃるとは思いますが、かつての江原啓之の印象はお捨てになっていただいた方が身の為だと思います(笑)。ブラックな江原啓之が出てきます。“ありのままを見せるのよ”という感じで、この番組をお届けしています」という江原さん。
今日は『初めて投稿したよ!』という方のメールをご紹介しました。

今夜お届けしたナンバー
◇(Nice to Meet You) Anyway / ギャヴィン・デグロウ
◇小さな奇跡 / 江原啓之



「エフエム山陰での放送開始、本当に本当に嬉しいです。山陰に暮らしていると、どうしても講演会やコンサートに出かけるのが難しい場合が多く、都市部の方々を羨ましく思ってしまう事も多々ありますが『おと語り』は全国で一番に聴く事ができると思うと、なんだかちょっといい気分です(笑)。鳥取県中部地震の際は、温かい言霊をいただき、ありがとうございました。幸い我が家は被害が小さくて済みましたが、市内は今も屋根にブルーシートがたくさんかかっています。豪雪被害にも2度襲われましたが、大変な中にも、地元の人々の逞しさや頼もしさ、温かさを実感する事ができました。日本国中あちこちで、まだ災害から復旧できていない地域、方々がたくさんおられると思います。江原さんがいつも仰っている“喉元過ぎれば熱さ忘れる”にならないように、自分を戒めて、大変な状況の方々に想いを馳せて、暮らしていきたいと思っています。これからも面白く、厳しく、愛に溢れる放送を楽しませていただきます」というメールをいただきました。

江原さん
「ありがとうございます。豪雪被害の事も時間の流れるのが早いので、過去の事のように思いがちですが、常に忘れてはならないんです。『おと語り』が始まったのも、東日本大震災の年。寄り添いを忘れてはいけません」


「人生初めてのラジオ投稿は『おと語り』でデビューしたく、投稿しました。休日の今日は、家族で地元の祭りに行ってきました。駅の中のエスカレーターを降りる際、4歳の次男がつまずきそうになった時の事。後ろにいたおじさんが、次男をそっと抱っこで支えてくださり“ありがとうございました”と言ったのですが、おじさんは何も言わず、人混みに消えていきました。その後、トイレ待ちをしていた時に、長男が先に男子トイレから出てきたので待っているように声をかけたのですが、先に夫の方に行ってしまいアタフタしていた私。すると後ろの方が“前はとっておくから子どもさんを追いかけてあげて”と言ってくれ、有難くそうさせていただきました。見ず知らずの人に親切にされて、いつも外でもイライラしている自分を反省しました。親切な人たちに神様を見ているようで、心の中で合掌します。気持ちに余裕を持って、人に親切にできる人間になりたいです。優しくしてくれた知らない方達、本当にありがとうございました」というメールをいただきました。

江原さん
「世の中捨てた物ではありません。温かいいい話ですね」


「初めまして。生まれ育った東京から鳥取に来て、あっという間の一年半。東京にいた時は(パン屋を経営)帰宅して何気なくTVをつけると『オーラの泉』がやっていたという事の連続。曜日・時間・チャンネルも分からないまま不思議に観る機会がありました。番組内でゲストの方にお話されている事が自分にも重なる点が多々あり、説法を聴かせていただける有難い番組だったなと感謝しております。その後大病を患い、店を閉じ、離婚を経験し、病の理由から関西方面へ向かう事になり、縁があり、鳥取に引越して参りました。東京に比べると明らかに情報量が少なく(逆に自然の恵み豊富ですが…)友達もいないので、少し淋しさを覚えるようになりました。でも4月から江原さんの番組が聴けるようになり、とても嬉しく思います」というメールをいただきました。

江原さん
「これからも電波を通して、あなたのお友達として語っていきたいなと思います。ご病気もされ、お店も閉じて離婚もして。人生って色々ありますよね。でも、そういった中で人生の景色を味わう。言葉が適切か分かりませんが“国破れて、山河あり”。別の美しさが見えてきたりするもの。人生いつも諦めずに前へ進んでいっていただきたい。無駄はないのです」


「初めまして。最近、とても微笑ましく嬉しい出来事がありました。ドンキホーテで買い物をし、エレベーターに乗った時の事です。私はたくさん買い物をし、カートを引いて3階で降りる為、乗り込んですぐ3階のボタンを押しました。すると隣から“3階でいいですか?”と、優しい声がしました。隣に立っていた小学校4〜5年生くらいの男の子が私に声をかけてくれたようで、まだ若そうなその子のお母さんが“自分で押しているから大丈夫だよ”と言っていました。私は“優しいね。ありがとう”と返しましたが、店員でさえ愛想もなく知らん顔の人が多い中、本当に優しい気遣いのできる子なんだなぁと嬉しく、その子が天使に見え、しばらくは思い出す度に1人でニタニタしていました。私はバツ1で子どももいませんので、子どもの優しさに触れる事ができ、本当に嬉しい出来事でした」

江原さん
「素敵なお子さんだけれど、お母さんが素敵なんでしょうね。若いお母さんかもしれないが、いつも“気を遣うのよ”と言っているのでしょう。子どもが天使に見える事、ありますよね。今日のいただいたメールすべてそうなのですが、人というのは、余裕があると、その人の本当の優しい心が表れる。“いかに世の中に流されないでいくのか”という事が大事なのです」


「初めまして。昨年冬にこちらの番組を知り、主人と二人、楽しく聴かせていただいています。普段自分からあまり話さず、話し声も小さめの主人がこの番組を聴いていると、割と大きな声で笑い驚くのですが、私も嬉しく楽しくなります」というメールをいただきました。

江原さん
「本音がいいのではないでしょうか。本当の事を言うと、人は喜んだりするものなのです」


●江原啓之 今夜の格言

「ご縁はすべて意味のある導きです」
「ご縁を成長の学びと考えるか否かで、生き方が変わります」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ 江原さんに聞きたい事
◇ ネガティブなお便り
◇ HAPPYメール
◇ 厄払いのお便り
◇ 不思議な体験・エンジェルさん目撃談
◇ あなたが感動した言葉
◇ 若者からのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ リクエスト
◇ 4月・5月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
2017/4/9
暖かい日が続くようになりましたね。
「『おと語り』には毎週たくさんの悩み相談が送られてきます。ライトな相談もあればヘビーな相談もあります。切実な悩みから学べる事もたくさんある。みんなで一緒に考えてお勉強していきたいと思います」という江原さん。
今日は『切実な悩み』をお届けしました。

今夜お届けしたナンバー
◇Don't Cry / ASIA
◇心はひとつ / 江原啓之



「結婚して一年になる夫がおります。7歳年上で、今時珍しいかもしれませんが、親から紹介されたお見合いで結婚しました。ですが、お付き合いを一年、結婚生活を一年経ても、性交渉どころかキスもした事がありません。中が悪いわけでは決してなく、食事も一緒に取り、一緒に眠ります。冗談を言い合っていつも明るいふたりです。私も時間が経てばできるようになるだろうと軽く考えていました。けれど数年前から私の生理不順が悪化してしまい、病院に通い始めたのですが、治療の過程でどうしても“夫はいるが性交渉をした事はない”という話をしなければなりません。先生によってはぶしつけに“なんでなの?”と聞かれたり、男性医師の場合、顔から火が出るほど恥ずかしいです。普通の人が当たり前に出来る事がどうして私には出来ないんだろうと、自分に失望しています。私は主人以外に男性とお付き合いをした事がないので、夜の営みに抵抗があるのが一因だとは分かっているのですが、なかなか前に踏み出せません。この事は誰にも相談できず、孤独な気持ちです。子どもはいつか欲しいと思っており、夫もそう思っているようです。このまま私の身体が良くならなければ本当に子どもが産めなくなってしまうのではないかと不安でいっぱいです」というメールをいただきました。

江原さん
「非常に深刻ですね。結婚されているからより深刻ですが、独身の方でも性交渉をした事がないという人が今は結構多い。私は『an・an』(マガジンハウス)の連載を20年近くしています。『an・an』は『セックス特集』などもあって、自由で進んだ女の子たちが読んでいる雑誌だと思われがちですが、実際は違う。知性は持っているけれど、経験や実践が伴っていない方が結構多いから、リサーチで買うのが実情なんです。既婚者でもあなたのケースのように最初からないという方もいれば、セックスレスで悩むという方もいる。セックスレスになる場合のほとんどは“ストレスフルだから”。睡眠すらろくにとれないような時代に、なかなか時間はとれない。だから、都会人に多いと思う。なので、まずはあなたも自分だけだと思わない事。あまり自分を責めないで欲しい。“夜の営みに抵抗があるのが一因だと分かっている”というけれど、結婚は夫婦の問題。あなたが拒んでいるわけではない。まずは第一段階としてはスキンシップから始める。手をつなぐとか、仲がいいのだから隣に座ったりする。私の言うところのオーラマーキング。彼自身が奥手なのかもしれない。また、スキンシップをしていないと、そういう深刻な話はできない。スキンシップの中で“何か問題があるのかな”とか“自分に問題があるのかな”と、仲が良いから話していく。次の段階で問題があるのならば、病院や医師に相談をする。そうでないのであれば、一から自分たちで努力をしてみる。非常に難しい問題ですが、仲良しだったらできるはず。一気に問題に集中すると大変だから、少しずつ。困った時ほど感情ではなく理性。二人とも奥手なら、恋人から始めていけるのだからすごく楽しいと思う。こういうご夫婦はずっと仲良しさんでいられる可能性が高い。希望を持って進めていっていただきたいと思います。体の事は、気を付けて大事にしていってくださいね。社会問題があるとみなさんからお便りを募集したりした事もありますが、こういう問題も恥ずかしい事ではなく、ラジオだからこそリスナーのみなさんからもご意見を募集したいと思います。同じような事を克服した方、同じような状況でいる方、工夫をされている方。お便りをいただけたら嬉しいです」


「僕が3歳の時に両親が離婚し、僕と妹は父親に引き取られ、僕は祖父母のところに、妹は施設に預けられました。母親が借金をし、離婚したと聞いていました。僕も小学生になり、妹も祖父母のところに来ました。そして高校まで祖父母に面倒を見てもらいました。高校3年の時、父が再婚する事になり、僕は不愉快でした。しかもその相手は妊娠していました。その時に父の言った一言が“何が悪い”でした。しかも笑いながら。高校卒業してすぐ祖父が白血病にかかり、僕は浪人していたので看病をする事になり、父親の相手も一緒にする事になりました。僕は赤ちゃんの面倒を見て、その人は祖父のところに。祖父の死が迫り、親戚が病院に集まった時に父が“あいつらは自分の事を親だと思ってない。お母が甘やかしたから悪い”と言っているのを聞いてしまいました。ショックでした。祖父母は僕たちの為に働いて、学校も制服も食事もすべて用意してくれました。本当に感謝しています。自分の親はこんな感謝もないのだろうか。祖父母が孫を育てるのが当たり前と思っているのかなと思いました。そんな事もあり、父とその相手とかなり溝ができています。僕は親がそういう考えを変えない限り親と思いたくないです。誰にも言えなくて江原さんに相談しました」というメールをいただきました。

江原さん
「分析が必要ですね。21歳の男性。あなたの若さからすると、その気持ちもよく分かる。困った時こそ“感情ではなく理性”。感情は、答えが迷路の中に入って見えなくなってしまう。大事なのは理性。あなたはまだ若いですが、これから何歳になっても絶対に必要だから覚えておいてくださいね。“親と思いたくない”というのは感情。“溝ができている”のも感情。“たとえ1パーセントの愛が分からなかったら、100パーセント、120パーセントの愛は分からない”という言葉を私はよく使っています。私は、このお便りを読む限りでは、お父さんの再婚相手に悪い印象を持たなかったんです。なぜかというと、赤ちゃんをあなたに預けながらも、お祖父さんの面倒を見に行っているから。そんな筋も道も分からない女性が再婚相手だったら、お祖父さんの看病にはいかないと思う。あなたが3歳の時に両親が離婚し、お祖父ちゃんお祖母ちゃんが育ててくれたとしても、お父さんしかいなかった。なのに、父親をとっていった憎い嫁だという感情があなたの中にあるのだと思う。今、あなたは父を越える時。越えなければいけない。リスナーさんの中にも“親が許せない”という人もいると思う。けれど“許せない”と言っているうちは、自分が下なんです。“依存心”。同じ人間。スピリチュアルで言うと“家族は学校”“親は先輩”。祖父母やご先祖さまはOB・OG。例えば山田さんなら“山田家”というひとつの学校。親も、親として生まれてきた人はいない。立場として親という役割を背負っているだけ。だから完璧を望んではいけない。親はどうやって親になるかというと、子どもが親にしてくれるんです。夜泣きに始まり、色んな意味で鍛えてくれて親らしくなっていく。祖父母が素晴らしい人で孫の面倒を見てくれていたから、お父さんはお父さんになりきれなかったのかもしれませんね。お父さんの“何が悪い”という言葉の中に自己憐憫があると思う。“オレだって淋しかったんだ”“オレにはオレの人生があるんだ”とか。妹さんも幼少期に施設に預けられた事は可哀想だった。あなたにも妹さんを本当に大事にして欲しい。そして、まずはひとりの男として父を見る。ひとりの女性として母を見る。親子というのは一番の人間関係。“宿命”。“この人間関係を乗り越える為に、この家にあなたは生まれてきた”という事。“お母が甘やかしたから悪い”というのも、目くじらを立てる必要がない。お祖母ちゃんがそれだけの愛情で育ててくれたとあなたが思っている。たった一人でもそう思ってくれている人がいるという事が事実。“お父さんまでもそう思え”と思わなくてもいい。あなたにとってはピッカピカの素晴らしいお祖母ちゃんであり、お祖父ちゃん。みんなに賛同を求める必要はない。お祖母ちゃんは分かっていると思う。乗り越える。あなたの“宿命”を受け入れる。そして、そこで必ず磨かれる。ここで乗り越えて行けばきっとあなたは、将来、理性で何事も乗り越えていける人になれると私は思っています」


●江原啓之 今夜の格言

「人生に傷つくことなどありません。磨かれたのです」
「人生を味わい深くするスパイス。それが悩みです」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ 江原さんに聞きたい事
◇ ネガティブなお便り
◇ HAPPYメール
◇ 厄払いのお便り
◇ 不思議な体験・エンジェルさん目撃談
◇ あなたが感動した言葉
◇ 若者からのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ リクエスト
◇ 4月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 106 | 107 | 108 || Next»