2014/7/20
暑い日が続きますね。

「いしわたりさんへの突電を再決行していただけませんでしょうか。どんな声で、どんなお話になるのか聴きたいです。出来たら、ご家族全員代わる代わるお話してみて欲しいです。“いしわたりDAY”どうでしょうか?」というメールが番組に多く寄せられています。

「はじめて番組を聴かれる方は、なんだろうと思うかもしれませんが、いしわたりひろおさんは、初回から聴いていただいている古株。そして番組が始まってから、一番投稿が多いリスナーさん。ありがたいです。『感動した言葉』に、いつも投稿いただいているのですが、私もけんもほろろに“この言葉は〜”なんて言っていますが、あれだけの数を集めるのは大変な事だと思います。リスナーさんのお陰で、この番組もあるのです。ラジオの魅力は、人間的な付き合い。見えていないのに、こんなに親しい。TVでは、意外に自分の事は話せない。私が、ラジオが好きな理由は、そこなのです」
という江原さん。
いつもご家族そろって、たくさんの『感動した言葉』をお送りいただいていますが、様々ン疑惑のある(?)ヘビーリスナーのいしわたりひろおさん。みなさまのご要望にお応えし、また、いしわたりひろおさんの努力を讃えて、今日は番組初のリスナーさん特集『いしわたりひろお特集』をお送りしました。

otogatari

今夜お届けしたナンバー
◇I was born to love you / クイーン     
◇夢の人 / 江原啓之

○ 突電!いしわたりひろおさんの奥様のけいこさん
「主人の秘密をお話します(笑)」というメールをいただいた、いしわたりけいこさんに突電!
「その秘密を聞きたい!息子さんからも(その他、ご家族の方からも)たくさんメールをいただいておりますが、本当でしょうか?また、奥様もご自身でメールを書かれていますか?」という江原さんに、突然の電話に驚かれている奥様から、いしわたりひろおさんの秘密を教えていただきました。

いしわたりけいこさん
「主人は、音楽が非常に好きな人。息子が、お便りをしているというのは…ちょっと…。私が書いているというのも…」
江原さん
「十分、情報はいただきました(笑)!!感謝いたしております!!」

○ 突電!いしわたりひろおさん
今日も大きな音で音楽を聴いているという、いしわたりひろおさんに、たくさんの質問をさせていただきました。

Q.1
「感動した言葉、いつもたくさんいただき、本当にありがとうございます。だけれども、私が感動しない言葉が多いんです。あと、長いんです。ある時は、ムーミンのリトルミーの名言が17個も続いている!また、色々な番組で“いしわたりひろおさんの名前を聴いた!”というリスナーさんからの情報も寄せられています。浮気者ですね(笑)。奥様から秘密を聞いてしまいました。色んな方のお名前を使って投稿なさっているようですね?スタジオ内でも、家系内の様々な方から今までメールをいただいていたのに、最近、おじ様等から来なくなったなと、話題になっておりました。きっと、いしわたりさん、疲れたのだなと(笑)。でも、いしわたりさん、リスナーの方から、なかなかの人気者なのですよ」
A.
「正直に告白しますと、そうです。仰る通りです」

Q.2
「おと語りを聴くきっかけになったのは、何ですか?この番組を聴いていかがですか?」
A.
「きっかけは、江原さんの本を読んでです。ラジオやられるのだとびっくりして。そしたら、聴かざるを得ないだろうと思ってです。ご本だけでは分からない、様々な本音も出てくるだろうと。そして、思ったよりも、よくしゃべられる方だと思いました。ラジオは一対一のメディアだと思うので、親近感も湧きました」

Q.3
「息子さん(を装って!?)からの投稿にも電話番号が書かれていたのですが、もし電話してしまっていたら、どうするおつもりだったのでしょうか?」
A.
「今、ちょっとお風呂に入っているのですが、当然出ます。息子は15歳です」

Q.4
「これからもメールを送ってくださると思うのですが、別の企画もあるんです。いしわたりさんを、スタジオに招いてみようかと…。これからもずっと投稿を続けてくださったら。それでいて、私を感動させる言葉が3つ出てきたら。・・・なんていうのはいかがでしょうか?」
A.
「もちろん、投稿続けますが、レベルが高そうですね」


江原さん
「いしわたりひろおさん、ありがとうございました!“電話の壁、乗り越えたいです(笑)”とメールいただいていましたが、ようやく、今までつながらなかった電話の壁乗り越えましたね!そして、良い声の方。以前、イベントで声をかけられた事があるのですが、見た目も姿勢も良く、足も長くて格好良く、アーティスト風。そして、知的な話し方でした」
あなたのところにも、江原さんから突電がかかってくるかもしれません。
みなさまのご投稿、お待ちしております。



●今こそ平和の祈りを!江原啓之“第九も歌うぞ!”コンサートVol.3
東京オペラシティコンサートホール
9月27日(土)13:00開場 13:30開演
チケット、絶賛発売中です。
詳細はこちらから↓
http://www.ehara-hiroyuki.com/guest/index.html


◇ Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

◇リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。

◇7月・8月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
7月・8月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

●江原啓之 今夜の格言

「人は誰も、自身の人生劇場の演出家です」
「ご縁は人生を愉快なものにします。だから恐れないで」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 突然の電話コーナー
◇ しょく語り
◇ 厄払いのコーナー
◇ エンジェルさんのコーナー
◇ 7月・8月お誕生日の方
◇ De.Recella城嶋さんへの質問コーナー

メッセージの応募はこちらから




2014/7/13
今日は、東京等でのお盆、迎え火。地方では、8月に行う事が多いようです。
今日は、スピリチュル&エンジェルさんメール特集をお送りいたしました。



今夜お届けしたナンバー
◇Stand by me / ベン・E・キング     
◇思い出という名の妖精 / 江原啓之


「江原さんが雑誌でお勧めしていた神社にお参りに行った時の事。お参りを済ませ、境内でゆっくりしていると、60代くらいの男性が“ボランティアをしているから案内するよ”と、声をかけてくださいました。『青龍』の彫刻の前で“朝日が龍に当たると、金色に光るんだよ。縁起がいいから写真撮りな”と言われたので写真を撮り、握手をしてお別れしました。数日後、写真を見返すと、龍から綺麗な3色くらいの光が発せられていたり、他の角度からも光が。この良き光を見る事が出来たのは、あのおじさんのお陰。おじさんは、青色のTシャツを着ていました。これってもしかしてエンジェルさん?神様?と思い、自分がその方にしてきた態度で失礼がなかったか振り返ってみました。握手を求めて下さったので、大丈夫だとは思いますけど。そのような事があった後の最近は、富士山5合目で、太陽の周りに虹の輪を見る事が出来たりと、嬉しい感動が続きました」というメールをいただきました。

江原さん
「人の優しさに触れましたね。良かったですね。多分、秩父神社だと思います。あそこのお宮は、ボランティアの方はブルーのTシャツ着ています。エンジェルさんであろうがなかろうが、失礼な態度はなかったかと振り返るのは、誰に対しても同じ事。常にみんなエンジェルさんだと思って生きていく事が大事なのではないかと思います」



「年長になる娘が今日“幼稚園でお友達と妖怪を見た!”と言ってきました。どんな妖怪か尋ねたら、とても細かく絵を描いてくれ、とても驚きました。紺の着物に水色の帯を前に締めた20〜30歳くらいの女性で、丸髷で、かんざしは一本。木の棒を持っていたそう。娘は妖怪アニメを見ていたせいか、全く動じておらず。幽霊を受け入れ、普通に話してくれたのですが、幼稚園の園舎は新築。今年でまだ2年で幽霊が来るのか〜!と、びっくりしました。お泊り保育もあるので、みんなが泊まっている時に、幽霊が出たらちょっと可哀想だなぁと思っています。“顔がちょっと怖かった”と言っていた事と、持っていた“木の棒”の意味がわからず、心配しています」というメールをいただきました。

江原さん
「心配しなくていいでしょう。棒は、杖かもしれない。妖怪って、子どもは見ますよね。私も子どもの頃、友達がよく妖怪を見ると言っていた。“箪笥から、小さいおじさんが出てくるんだよ”と、すごく真剣に言われ、ずっと聞かされた事がある。と思ったらある時、夜寝ていたら“今度は同じ箪笥の引き出しが開いて、手が出てきた”と。“怖くなかった?”と尋ねたら“ちょっと、恐かったかな”と言って、そして二人でスナックを食べて終わった(笑)。座敷童などもあるが、それは、新築かどうかは関係がないと思う。古い家に出てくるのは、その家に執着しているとか、それだけであって、子どもが見るのは、波長の法則。類は友を呼ぶ。無邪気だから、無邪気なものだけを見る。変なものを見ないから、大丈夫。心配いりません。妖精等も、ものすごく臆病だと言われている。だから、気の荒い人や、平気で木を折ってしまうような人から、逃げるという。また、春の季節に、桜の木を平気に折ってしまう人がいるが、あぁいうのは最悪です。樹木医の先生から聞いたのですが、言葉は悪いですが“桜の木を折るバカ”という言葉があるらしい。木を折っただけではなく、そこを元に枯れてしまう。だから、桜の木は折ってはいけないらしい。馬に似ていませんか?馬は骨折するともうダメだというが、そう思ったら、桜の木を折る人というのは、残酷だなぁと余計に思ってしまい、悲しくなるのです。そんな人は、妖精にも好かれません」



「1月に父が亡くなりました。わがままって言葉がぴったりな父でした。そのお通夜の席での事。住職さんがお経を読み始め、私もどうしようもなく、泣き崩れそうになった時、私の正面の生花がプチッて音がして、一輪むしり取られるようにぽとりと下に落ちたのです。花が落ちた茎は、上下を繰り返していました。葬儀中も、電球が点いたり消えたり。業者の問題だと言う親戚もいましたが、あれは父なのではないかと思いました。落ちていく花は私にしか分かりませんでしたが、母や姪や甥に話すと“じーじ、いたんだね〜”なんて言って、ちょっと和みました。急だったので“まだ俺はここにいるぞ!”とか“泣くな!”って表現していたのかなとも勝手に思ったりしています」というメールをいただきました。

江原さん
「これは、あるのです。しかも、花がたくさんあるのに、その一輪だけが揺れたりする。全体が揺れたら、風だと分かる。仰る通りだと思う。“泣くな!”とか“ここにいるぞ!”と、言っている事というのは多い。そして、必ず幽霊と同じだけいますね。“業者の問題だ”と言う親戚。こういう人たち、いるんです。私は、その方が幽霊より怖いです(笑)」



「祖母が亡くなって一年半になるのですが、母が寝ている時、よく祖母が夢枕に立つそうで、何となく夢で会った日をスケジュール帳に付けていたらしいのですが、毎回月末の28日に来る事が最近分かってきたと言うのです。話を聞いて、最初は偶然だろうと思っていたのですが、先日、叔母から連絡があり“ひいおばあちゃんが夢枕に立った”と言うので“何日に見たの?”と訊くと“28日の朝方3時頃”と返ってきました。あちらの世界では28日、もしくは月末にそういったこちらの世界に行き来しても良い日等、あるのでしょうか。それとも偶然なのでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「あちらの世界から出てくるのに良い日、というのはないです。ただ、28日に関わる何かヒントがあるかもしれない。お母さんも、付けるというのは、何か気にかかったのでしょう。あなたの家にとって、28日が何かあるのかもしれない。例えば命日とか。よくあるのは命日を伝えてくる。あとは28日が大事な日なんだよと、教えていたり。28日は、一般的にはお不動様の日。お不動様の信仰をしている人か。何か伝えたい事を、暗号のようにしてくるという事は、あるんですね。こういうメッセージというのは、謎解きのようなところがあるから面白いんです。もっとダイレクトに伝えればいいのにと思うかもしれないが、メッセージがヒントみたいなものだから、嬉しいんじゃないかな。生きている者同士でもないですか?ご夫婦なんか、特に女の人はそうでしょう。“今日はさ…”とか。夫に“結婚記念日だという事を思い出せ!”みたいな(笑)。自分から伝えるのは嫌。でも、気付いてくれたら嬉しいという事があるじゃないですか。そういうのがあるのではないかな。自分から伝えていないのに“お誕生日おめでとう”と言われたら、嬉しい。そんなお茶目な事なのかもしれません」



「数年前、朝ランニング中に結構な雨が降り出し、慌てて自宅へ走って戻ろうとしていた時の事。狭い歩道で私の前に傘をさしてのんびりと歩いている一人のおじ様。明らかに私の走る足音や高ぶる呼吸、人の気配で、どう考えてもすぐ後ろに人がいて、追い越したい感じなのを気付いているはずなのに、わざとかと思えるくらいにゆっくり歩いて、道を避けてくれないのです。“邪魔だな、どいてくれればいいのに”と、ほんの一瞬悪しき想いが浮かびましたが“すみません、通してください”と、一言言えばいいのだと思い直し、横を通して頂いた時!なんと、多分ワザとではない(と思いたい)のですが、たまたまそのおじ様がペーッ!と吐いたツバが、私のランパンにピトッと飛んできたのです。ウギャーー!!!心の中で叫びましたが、声にならず。昔の私であれば怒り狂っていたと思うのですが、この時は“こんなにすぐカルマが返ってくるなんてーーすごーい”と、雨の中、一人で大爆笑!まさにおじ様ってばエンジェルさん?言葉、行為のみならず、心の中でほんの一瞬でも想う事でも、どれ程の威力があるかを私に教えて下さいました。その事件以来、日々、本当に思考には気を付けております。おじ様に感謝いたします」というメールをいただきました。

江原さん
「素晴らしい!その通りです!みな、エンジェルさんです」


●今こそ平和の祈りを!江原啓之“第九も歌うぞ!”コンサートVol.3
東京オペラシティコンサートホール
9月27日(土)13:00開場 13:30開演
チケット、絶賛発売中です。
詳細はこちらから↓
http://www.ehara-hiroyuki.com/guest/index.html


◇Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

◇リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。

◇7月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
7月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなどひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

●江原啓之 今夜の格言

「私たちの世界は、まだまだ知らないことばかり。だから謙虚に生きましょう」
「人生は束の間。今日も素晴らしい思い出をつくりましょう」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇あなたが感動した言葉
◇いま江原さんに聞きたいこと
◇ネガティブなお便り
◇突然の電話コーナー
◇しょく語り
◇厄払いのコーナー
◇エンジェルさんのコーナー
◇7月お誕生日の方
◇De.Recella城嶋さんへの質問コーナー

メッセージの応募はこちらから






2014/7/6
今年も半年が終わってしまいましたね。
今週、みなさんからたくさんのメールをいただきましたが、特にユーモア溢れるメールを多くいただきました。
「私も、メールを読みながら吹き出してしまうという事もなかなかないのですが、大変面白いメールをたくさんいただきました、ありがとうございます!私を笑わせてくれるメール、これもまた、嬉しいものですね。面白メール、これからもどんどん送ってください」という江原さん。
今日は、面白メール特集をお送りいたしました。

null

今夜お届けしたナンバー
◇FAT / アル・ヤンコビック     
◇ひらりひらり / 江原啓之

「先日、江原さんの夢を見ました。江原啓之親睦会の会場に出向き、その受付を江原さん自身がやっており、受付の江原さんと少しお話をして席に着くと、隣の席にはまた江原さんが!あれれ?と、受付に目をやると、やはり江原さんが。そして、私の後ろをまた江原さんが過ぎていきます。私が“江原さん、分身の術使えるのですねぇ”と言うと、江原さんが“知っての通り、忙しくてね、とても一人ではこなせないものですからね。こうして仕事をしている訳です”と、言うじゃなりませんか。そして、よくよく見ると、受付の江原さんの顔には、ほっぺに小さくバツ印が!後ろを過ぎていった江原さんのほっぺにはカタカナでエセと書いてあります。どれが分身で、どれが本物かが分かるようになってる!こんなところにまで気配りが行き届いているなんて、さすが江原さんやなぁ、その上、ユーモアモ忘れない、さすがやなぁ、と、感じた夢でした」というメールをいただきました。

江原さん
「面白い!ウォーリーを探せみたいですね。“最近、忙しくてねぇ”と、言いそう(笑)。なかなか的を射ていますね」



「お腹もお尻も重力に逆らえなくなり、ついにこの地で永住する事になりました。歩けば膝を痛め、食事を我慢すれば意識が朦朧とし、気持ちだけが30代半ばのまま、段差に躓きはじめています。口角まで下げてはウルトラの母の名がすたると、にっこりリフトアップ顔面体操を始めました。途中“ムンクの叫び”体操は、女を捨て去ったかのような恥ずかしい顔面体操ですが、恥じらいを乗り越えて、不思議と気持ちもリフトアップしてきたような効果を感じ始めています。にっこりと口角を上げようとすると、お腹の筋肉まで引っ張られるようです。みんな、繋がっているんですね。頑張って、可愛いウルトラのお婆ちゃんを目指します」というメールをいただきました。

江原さん
「顔面体操、リフトアップに繋がって良いのですが、やり過ぎると、余計に皺が増えるらしい。一番良いのは、ヘッドスパらしい。確かに皮は顔面まで繋がっている。下に下がってしまっているから、上を上げる。最近ヘッドスパが流行っているが、効果的らしい。頭が柔らかくなってくると、下もリフトアップで上がる。なので、私も最近、始めました(笑)!」



「今まで、おと語りを聴いている事を家族の誰にも話していなかったのですが、先日、私のメールを採用していただいたのをきっかけに、実家の母におと語りを聴いてもらう事ができました。でも昔、江原さんがTVに出られている時に母が“私、デブの人って、信用できないのよね”と、行っていたので、きっと素直には聴いてもらえないだろうと、薦めるのを躊躇していました。そこで考えて、ビックニュース的に“ラジオに採用されたから聴いてみて”と誘ったところ、面白がってくれました。また、お痩せになって江原さんを見て母は“これ、同じ人なの?”と言っていました。母が続けて聴いてくれるかはわかりませんが、きっかけを与えてくださった事と、江原さんがダイエットをしてくださった事に、感謝を申し上げます」というメールをいただきました。

江原さん
「私もだいぶ大人になりましたから、聴いていただけるのならば、それで良いです・・・。ちょっとひとつ申し上げると、デブ人権としては、デブの人権をちょっと擁護したいなという気持ちも・・・。デブ、悪くない。でも、確かに、私には名言がある。『デブは嘘つきの始まり』(笑)。そういうエッセイを書こうかと思っているくらい。だから、お母さんの言う事、当たっている事は当たっている。“今日、食べちゃっていいの?”“今日くらいは”とか、“ダイエットしてたんじゃないの?”“明日から”とか、“食べたでしょ!”“食べてないよ”とか(笑)。“どうして、そんなに食べてないのに太るんだろう”って、食べてから、太るんだよ!と(笑)。大体が嘘つきなんです。それで“今日、何で来たの?”“歩いてきたの(バス停から)”なんて。きっと歩いていないんです(笑)」



「以前、主人を誘って江原さんの講演会に出かけた事がありますが、講演が始まったと同時に、グーッと寝息を立てる夫。周りの目を気にしてハラハラする私。挙句の果てには講演会の後に、あの時こう言った、言っていなかったとケンカに。“歌のコンサートはいいや”と言うので“二度と誘わない!”と、心に決めていた私でした。ところが先日“第九を一緒に歌うコンサートをするらしい、楽しみ〜”と伝えると“へぇ、そういうコンサートだったら行ってやってもいい、というか、行かない理由はないかな”的な上から目線の発言。絶対一人で行くと、思っていたところ、詳細情報が発表されると何と仕事と重なる日。そこで、行きたい(?)って言ってたよな。よし、娘とセットで生かせてあげようと、二人の意思を確認し、抽選に見事当選!こんな経緯の我が家ですが、コンサート“行かせてやっても”いいでしょうか?共に感動の渦に巻き込んで頂けますでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「もちろん、いらしてください!“行ってやってもいい”と、上から目線だけど、これって、良いと思ってくれているのですよ。男の人は“行く行く!”なんて、言わない。こう言ってくれるという事はやはり、寝ているようでも、どこかで聴いてくれていたり。後は、仲が良い夫婦なのではないですか。奥さんと行きたいという事なんだから、フゥ〜フゥ〜!熱い〜(笑)!!そして、娘さんと二人で行くというのも、嬉しいと思う。しかも私のコンサート、楽しいです。そして、感動もできますからね。ぜひ、いらしてください。行った後のご報告も、お知らせくださいね」


●今こそ平和の祈りを!
江原啓之“第九も歌うぞ!”コンサートVol.3
東京オペラシティコンサートホール
9月27日(土)13:00開場 13:30開演
チケット、絶賛発売中です。
詳細はこちらから↓
http://www.ehara-hiroyuki.com/guest/index.html


◇ Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

◇リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。

◇7月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
7月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

●江原啓之 今夜の格言

「人生どのようなことも視点を変えれば、ユーモラスです。
それを知れば、心が軽くなります」
「泣いても一日、笑っても一日。ならば笑って生きましょう」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 突然の電話コーナー
◇ しょく語り
◇ 厄払いのコーナー
◇ エンジェルさんのコーナー
◇ 7月お誕生日の方
◇ De.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから

メッセージの応募はこちらから





«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 57 | 58 | 59 || Next»