2018/5/20
暑くなったと思えば、急に寒くなったり。みなさん、体調崩されていませんか?
「『おと語り』に寄せられるメールの中で比較的多いのが“過去”を悔やんだり、今の判断も悔やんだり。現代人には“失敗恐怖症”というのがあると思うんです。小さい頃から正解を強いられる。そうすると、ちょっとでも失敗があったら“ダメだ”となって、毎日が綱渡りのような感覚かもしれませんね。だから“もうダメだ”と、すぐにあきらめも早くなってしまう。現代人はダメだったら“もう立ち上がれない”と短絡的に思ってしまいがち。でも、躓いたらまた戻ればいいんです。変な言い方かもしれないけれど、人は躓く為に生まれてきたのです。自分の未熟さを見るというのは“躓き”。未熟さを経験することによって理解し、向上すればいい。同じことでも、視点を変えれば生き方は変わるのです」という江原さん。
今日は『悔やみ・迷い』をテーマに番組をお届けしました。

今夜お届けしたナンバー
◇Please Forgive Me / ブライアン・アダムス
◇旅立ち / 江原啓之



「私は33歳未婚です。前の恋愛で3年お付き合いをしていた方と、音信不通という形でお別れをされました。深く傷つき、苦しみ、生きるのが正直しんどくもなりましたが、このままではダメだと、過去の自分を反省し『自分1人で生きていく力をつける』という目標を立てました。すぐに実家を出て一人暮らしを始め、仕事をし、自立して毎日の生活環境を整えながら、周りの人達を大切にする。1人で過ごす趣味の時間も大切にする。そんな生活をしていた時に、現在お付き合いをしている11歳年下の彼と出会いました。彼は医大生で、後4年間学生です。友達期間を経て両想いだと分かった時、正直悩みましたが、本気で好きだと確信し、お付き合いする道を選びました。けれど、周りの目は冷たいです。なぜいい歳なのに結婚をしないのか?なぜ今そんな若い子と付き合うのか?いずれ若い子にいかれるよ‥と。自分の年齢からして今何故そんな若い子と付き合うのか?私が痛いくらい感じている事です。未来に不安がないと言ったら嘘になります。過去の私なら選ばなかった選択。でも、もしダメになっても、彼という素敵な人間性を持った方と出会えたことを絶対に後悔しないと決めて付き合う道を選びました。幸いにも彼も同じ様に想ってくれています。私の考えはおかしいのでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「おかしくない。その代わり、もしダメになっても本当に“彼という素敵な人間性を持った方と出会えたことを絶対に後悔しない”という気持ちを、絶対に思い出してください。それが大事。人生は成果主義ではない。好きな人と婚姻関係になっても死別ということもある。素敵な人と過ごす時間が大事であって、結果ではない。万が一別れることになっても“私の時間を返して”などと言わないこと。メールに書いてくれたことを、今日は“誓い”としましょう!」


「30歳で未亡人となりました。旦那さんは中学生から付き合い、初恋の人。20歳で長男を、23歳で長女を授かりました。幸せすぎる家族を築いていましたが、旦那さんの急死で、幼い我が子と共に地獄を経験しました。それでもなんとか生きていかなければとアルバイトから始めた仕事で社員に昇格する事が出来ました。1人になって今年で10年。お付き合いして4年になる彼氏がいます。彼は28歳。気が合って優しくて思いやりがあり、何より私をとても愛してくれています。そんな彼が1年前くらいから自分との子供が欲しいと結婚を求めて居ます。長男は大学受験、次女は高校二年生。多感な時期。自分の恋愛に付き合わせたくありませんが、子育ても終盤。40歳という年齢の壁から彼は私との結婚を急いでいます。子供達の事、彼のご両親の事、色々と考えると踏み切れません。12も年下に求婚されるとは有り難いですが迷っています。子供の素晴らしさや、子育ての長さを知っているからこそ、決断出来ないで居ます。家族3人の絆が硬く、そこへ他人を入れたことにより、子供達に私までいなくなってしまうなどという余計な寂しさは与えたくありません。あの子達には私しかいないのですから。とはいえ老後1人になる事が逆に子供達の負担となるのも嫌です。正確はあるのでしょうか?」というメールをいただきました。

江原さん
「難しいですね。割と早くにご主人を失った方は、不思議なもので、相当愛し合っていた方が多い。素直に子どもさんたちと3人で相談・会議をした方が良いのではないか。子どもさんたちが“お母さん苦労したし、そろそろいいんじゃない”と言うかもしれない。それを大事にした方がいい。もし、子どもさんたちがあまり賛成しないようであれば、そこで考えてあなたが決めるべき。第一段目は家族会議。第二段目はあなたが決める。“そこまでしてでも…とは思えない”というのであれば、彼も若いし、別れるも“愛”。老後のことはあなた次第だから、子どもさんの負担などは気にしなくてもいいのではないか。40歳なんて、まだまだ若い!未来がある。ご苦労なさった分、幸せになって欲しいなと思います」


「この前、好きな人に告白して付き合う事ができたのですが、3日ほど経っていきなり別れを告げられてしまいました。その理由は“実は忘れられない人がいて、君と出会って変わろうとしたけど無理だった”とのこと。しばらく話し合いが続くなかで“彼女は僕が好きなのではなく、その彼を忘れるために僕でも良かったんだ”と感じました。それにはすごくショックだったので、感情的になって彼女にきつく当たってしまい、結局、別れることとなったのです。今では彼女の気持ちをちゃんと聞いてあげられなかったこと、感情的になってしまったことに後悔しています。彼女にはしっかり謝りに行くと決めたのですが、今後、彼女を応援するべきか、まだ想い続けていいのか自分でもわかりません。アドバイスをお願いいたします」というメールをいただきました。

江原さん
「あなたはまだ19歳。躓く権利がある。自由にしてください!でも、謝りに行ってはいけない。手紙がいい。こんなことをいちいち謝りに行ったりすると返って“ウザイ”となってしまう。“これからもまだ想い続けていいか”なんていちいち聞くと、余計に嫌われてしまう。だから手紙で“こないだはきついことを言ってしまって、感情的になってしまったこと、ごめんなさい。その一言が謝りたい”。これだけ!それ以上しゃべるな!手紙でも綴るな!今の時代、手紙ではなくメールでもいいですけどね。“想い続けていいか”と聞くこと自体、依存心。あなたが想いたいのか想いたくないのか。けれど、こういうことで一歩一歩大人の男になっていくんです。良いことです。頑張ってくださいね!」


●江原啓之 今夜の格言
「過去の全ては、未来の希望のためにある学びです」
「過去には、おめでとう、そしてありがとうだけです」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ 江原さんに聞きたい事
◇ ネガティブなお便り
◇ HAPPYメール
◇ 厄払いのお便り
◇ 不思議な体験・エンジェルさん目撃談
◇ 演じるさんのコーナー
(私はこう演じました。そしたらこんなに変わりました!エピソードのお便り)
◇ あなたが感動した言葉
◇ 若者からのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ リクエスト
◇ 5月・6月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
2018/5/13
寒暖の差の激しい一週間でしたが、みなさま体調は崩されていませんか?
「“親切”と“おせっかい”の違いって何なのでしょうか。あまり違いがないような気がするのですが、私の言葉で言いかえれば“大我”か“小我”か。“小我”とは、自分の為にしてしまうこと。放っておいた方が良いこともある。“大我”とは、相手のことを思うこと。見返りを期待しない。言った後のことも気にしない。“小我”は、すごく気にして“良い人”でいようとしてしまうのです。現代社会では、親切心がアダになったりすることもありますよね」という江原さん。
今日は「親切とおせっかい」をテーマに番組をお送りしました。

今夜お届けしたナンバー
◇Sensitive Kind / JJケイル
◇モズのために / 江原啓之



「仕事を終え、帰宅途中のことです。帰路の途中、公園に車を停め。一息つこうと思っていたところインロックして車が開かないと、一人あたふたした人がいたので、僕の方からJAFに連絡をとり、助けてあげました。地元の方ではなかった為、一人心細そうだったので、JAFがくるまで一緒に待っていてあげました。解決した翌日“こんなことがあったんだ!”と、会社の同僚や知人に話したところ“あんまり知らない人と関わらない方がいい、騙されたりしないように”など言われて、少し不安になる自分がいました。でも、本当に困っていた人を疑うこと、親切な人を騙すこと、両方であふれかえるこの御時世に、少し悲しくなりました。昔はこんなことなかったのに。何故、この世の中が邪でいっぱいになってしまったのでしょうか?ここ数日、毎日のように知人も含め、困った人と出会い、助けることが続いています。何か意味があるのでしょうか?」というメールをいただきました。

江原さん
「そういったことが続いているとも言えるかもしれないが“気付く目を持っている優しさがある”とも言える。困っている人に気付かずに通り過ぎる人も多い。周りのみなさんが言うように事件もあるから、それも間違いではない。どんなに親切にする時にも嫌だけれども、常に防備は必要。情だけで考えず理性的でいれば、助けることも防備することもできる。感情はいらない。理性で“今、必要だな。これを淡々とやる必要があるな”ということだけなされば良いのではないでしょうか」


「自分のとった行動についてご意見頂きたいです。自分のマンションの隣に虐待を疑ってしまうヒステリー声のするお宅があります。家族4人で引っ越してきて以来、毎週のように女性が子どもを罵倒する叫び声が聞こえ、残業などで夜中に通りがかる度、酷く心配な気持ちになります。周りに相談しても“よその家の事。関わらない方がよい”と言われるのですが、夜の帰宅間際に生々しい声が耳に入ると、たまらなく辛いです。家事や学校の成績をあげつらい、女性が子どもに“そんなんだから。グズ、遅い、さっさとやれ。ふざけんな”などの罵声。そんな中、今日ついに、いてもたってもいられなくなり、警察に通報をしてしまいました。これまでは、そのお宅の前で“こどもをいじめるな!酷い声はきこえているぞ!”と、声を上げて立ち去るなどの対応で気持ちを落ち着けていたのですが、ついに一線を越えてしまった感じです。警察の方は冷静に事情を聞いてくれ、そのお宅への訪問もしてもらえたようでしたが、果たしてこれは、よかったのか。後味の悪い気持ちでたまりません。自分は単に嫌な気持ちをぶつけ返してしまっただけなんでしょうか。こんな時、どんな風に対応されるかアドバイス頂けないでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「私は順番が逆だと思うのです。110番通報の方が先なのでしょうか。あなたは実直な方なのでしょう。けれど、声を上げていたら、あなたも同じ土俵に乗ってしまっている。そのお母さんが“外で叫んでいる変質者がいます”と110番してしまうかもしれない。すると、内容こそ違え、やっていることは同じになってしまう。大事なのは“理性”。110番や児童相談所に通報することは“理性”。自分が出ないことなのです。けれど、ビックリ水は大切。また記録が残るから、そのお母さんにも“本当に虐待になってしまうとまずい”というブレーキにもなりますからね」


「看護学校の友人の話です。友人はひどい鼻炎で、毎日鼻をグズグズさせ、一番前の席でイビキをかいて寝ています。周りの生徒の評判が悪く、私も悲しく思う時があり“ちゃんと病院に行っているの?”“行っているのなら、大きな病院で治療しているの?”と、聞いてみました。すると“なんでそんな事を聞くの?”と矢継ぎ早に聞かれ“このまま治療せずにいると、いじめの対象になる。ただでさえ勉強で忙しいのに、あなたの鼻炎で授業に集中できず、周りに迷惑が掛かるから、できるだけ早く治しなさい”と言ってしまいました。すると友人が泣き出し“私は長い間苦しんでいるんだ!治そうと努力し続けた。でも出来なかったし、お医者さんだってゆっくり治していこうって言っている。私の代わりに鼻炎になってくれますか?お金払ってくれますか?私は被害者!患者さんにもそう言えるの?あんたに何が分かるんだ!”と言われ“あなたからのアドバイスなんていりません!心配なんていりません!苦しんでいる人間をいじめるようなクラスメイトと一緒にいるのが不愉快!”と言って去ってしまいました。ビックリし、唖然としました。善意で言ったつもりが、友人を傷付けてしまいました。こういう場合、なんと言えば良かったのでしょうか?看護師になる者として対応を知っておきたいです」というメールをいただきました。

江原さん
「私は看護師になる者の対応として、あなたが正しいと思う。看護師さんというのは、伝えることは毅然として伝えなければならない。また、あなたが伝えていることは間違っていないし、悪意はない。心配をして言っている。むしろ私は逆に、鼻炎は気の毒だけれど、この鼻炎の方に看護師になる特性はないと思う。鼻炎であることと、一番前の席で寝ることとは違う。それを正当化させて自己憐憫になり、責任転嫁し、依存心がある。こういう方が患者さんに正しく寄り添えるとは思えない。あなたもここで悩んだら、看護師さんとしてやっていけないと思う。すべて大事なのは“動機”。その時に意地悪で言ったのか言っていないのか。同じ言葉でも“動機”が正しければ問題ないのです。今後も普通に何もなく接すればいいと思う。“ごめんね”などと言わなくていい。過敏に振る舞えば、相手も余計に過敏になるもの。頑張ってくださいね」


「我家では毎月1回、氏神様にご挨拶に行くのですが、息子(7歳)に“神様はおばけなの?”と聞かれ、え…違うけどなんて言えば良いのかな?と、困ってしまいました。子どもに、神様の存在をどう伝えれば良いのでしょうか?アドバイスをお願いします」というメールをいただきました。

江原さん
「“神様は、あなたの心の中にいるんです。例えば、動物がいじめられていたら可哀想に思います。その可哀想に思うのが神様です。つい意地悪をしてしまう時があります。それは、あなたのまだまだ未熟なところが表れています。あなたが、花が美しいと思ったその美しいと言う気持ちもまた、あなたの中にいる神様が語っているのです”と私は言うでしょう。また、神社に行く時には“あなたの中の神様と神社の神様と共鳴させて、自分を映してみるんだよ。自分自身の神様を映してみているから、自分って神様として生きているかなと、ちゃんと見るんだよ。みんなそれぞれが神様なんですよ”と、こんなふうに言うと良いのです」


●江原啓之 今夜の格言
「人は躓く権利も持っています」
「成果や見返りを求めない心に、親切は宿ります」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ 江原さんに聞きたい事
◇ ネガティブなお便り
◇ HAPPYメール
◇ 厄払いのお便り
◇ 不思議な体験・エンジェルさん目撃談
◇ 演じるさんのコーナー
(私はこう演じました。そしたらこんなに変わりました!エピソードのお便り)
◇ あなたが感動した言葉
◇ 若者からのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ リクエスト
◇ 5月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
2018/5/6
GWももう終わりですね。
GWに、パワースポットにお出かけしたという方も多いのではないでしょうか。
「パワースポットとスピリチュアルスポットの違いをちゃんと分かっていない人が多いようです。パワースポットというのは、その場所じたいにパワーがあるところ。分かりやすいのはハワイ。果物を食べて種をプッとはいても、そこから芽が出てくるというくらい土地に力がある。ハワイにみんなが行きたがるのは“元気になるから”。暖かい気候というのもあるけれど、そこにエネルギーがあるからなのです。温泉もパワースポット。スピリチュアルスポットは、神聖なる祈りの場所。神社はスピリチュアルスポットなのです」という江原さん。
今日は「スピリチュアル」なメールをご紹介しました。

今夜お届けしたナンバー
◇This Is Me / 映画『グレイテスト・ショーマン』より
◇ラピスの丘で / 江原啓之



「パワースポットと言われる場所で感じた“気”についてなのですが、人によって“体がポカポカした”とか“涼しい、ひんやりした”などと、感想は様々です。私はどちらかというと、パワースポットなどに行ったりすると、とても涼しい気持ち、体から心臓を通ってスゥッとリラックスするような感じを受けるのですが、その気はパワースポットに限らず、大好きなアーティストさんのロックの音楽を聴いているときにも感じたりします。人により捉え方は違うと思いますが、ポカポカするや、この涼しい気は良いものなのでしょうか?ポカポカするというイメージはとてもいいですが、涼しいやひんやりしているという気はどこか悪いところに来てしまったのか?と感じてしまい、少し怖くなってしまいご相談致しました」というメールをいただきました。

江原さん
「ひんやりするのと、悪いところに来てしまったというのはまるで違う。悪いところに行くと、首の後ろがゾクゾクッとする。ひんやりしたり涼しく感じるのは、強い神気や霊気を感じて浄化するから。お祓い的な“気”。体がポカポカするのは、自分自身の魂に共鳴して、オーラが増すから。人によって感じ方が様々なのではなく、人によってその時の効能が様々なのです。また、音楽の歌詞が自分の心情をうまく代弁してくれているだけでスッキリしたり、逆に勇気をもらうとオーラが輝いてポカポカするということもある。また“ようやくチケットを買ってきた”というだけで、同じようになったりもするんです。しっかりと理性で受け止めて理解するとよろしいと思います」


「私は大好きな神社があり、ご縁ができてからずっと参拝させて頂いています。境内の澄んだ空気、守られていような安心できる空間、手を合わせている時は、自然に笑顔になるほど大好きな場所です。ですがここ数年、テレビに取り上げられ参拝者が増え、いろいろな像が増えて御賽銭箱も増え…御朱印がハンコになり、しめ縄もビニールになり、御神籤も経営を感じるものに変わりました。さびしく悲しいような気持ちになり、神社で過ごす時間が減ってしまいました。神社に対する不満ができて、感謝が足りなくなっているんだと思いますが、神様は変わらずおられるのかなと不安に感じてきました。どうか江原さんの意見をお聞かせください」というメールをいただきました。

江原さん
「波長の法則です。神社も神社。あなたもあなた。お互い様です。昨年末でも色々とお分かりになったでしょうが、神職といえども人間。また、悪い気持ちでなくとも、神社も普及活動として、お金が入ったら華やかにしてみたりするのです。私も縁のある熱海の來宮神社も、境内にお洒落なカフェを作っている。神社の啓蒙活動に力を入れるということが、神社界の中でも言われていて、人がなるべく来たいと思うように、明るく観光的にしたりするのです。それを“下世話”と思う人もいるかもしれないが、神職からしてみたら“それでも神様の元に来てもらうことが大事”だと思っていたりする。確かに御賽銭箱が増えたり、御朱印がハンコになったりと、手を抜いているのは賛成できないけれど、人件費がかかるのでしょう。しめ縄がビニールなのも罰当たりですね。また、御神籤も“凶”を入れないところが多くなっているんです。逆に“凶”を引く神社があったら、みなさんも“嫌だ。凶!”ではなく“この御宮はきちんとしているな”と思った方がいい。一方で、波長の法則というのは何かというと、御宮の神主は、氏子さんから任されている管理人さん。あなたは“依存心”ばかり。“御宮に神様は相変わらずおられるのか”“こんなになっている”“あんなになっている”と、他人事でお客様根性。あなたも“御縁ができてからずっと”と言っているけれど、生まれてからというわけでもなく、ご縁ができて良くなったからと行って、笑顔を向けるだけで掃除のひとつもしない。掃除を求めていないにしても、もう少し神社に協力的だったり、もっと良くしようという気持ちが大切。ミシュランになってはいけない。“神様はおられるのかな”ではなく、神様というのは、自分自身でつなぐ。これを忘れてはいけないのです」


「デジャブについてお聞きしたいです。私は、霊感などはございませんが、よくデジャブを経験します。子供の頃から“あれ?この間もこんなことあったな”という体験を何回もしてきましたが、全て気のせいだと流していました。しかし、つい先日のことです。ある生放送のニュースを見ている時ふっと、同番組の生中継の様子が思い浮かびました。すると、いま目の前で見ている番組も同じ中継を始めたのです。アナウンサーが話す言葉一字一句、一般客の様子、ワイプの反応などすべて先取りして分かっている状態で生中継を見ました。次に何が起こるのか分かって、本当にその通りに中継が行われるのでとても混乱し、気味の悪さを覚えました。今までは気のせいで流せましたが、今回は生中継だったこと、私が事前に知ることが出来なかったことなので、デジャブと認めざるをえません。デジャブってただの勘違いなのでしょうか。それともスピリチュアル的に何か意味があるのでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「こういうことはしょっちゅうある。私は“こういうふうに出会う宿命的なものがあるのだな。その場所に縁があったのだな”と受け止める。それだけのこと。役にも立たない予知なんていちいち考えない。スピリチュアルの原則は、分からないことは無視して流せ。本当に伝えたいことは、何回でも分かるまでくるのです。スピリチュアルなことで変なふうにハマっていく人は“あれは何だったのでしょう”“これは何だったのでしょう”と、いつまでもそこに立ち止まる人。“電話が今、切れちゃった!”というのと同じ。必要があればもう一度かかってくるのだから、待っていれば良いのです。“あの電話、誰だったのだろう。どうだったのだろう”というのと一緒。気にしないことなのです」


「先日の夢の事でお聞きします。江原さんを我が家にお招きし、お祓いをして頂く事になりました。駅までお迎えに行く約束でしたが、家の掃除に手間取り、お迎えに行く時間が過ぎてしまいました。慌てていると、江原さんがピンポーンといらっしゃったのです。私はやってしまった…と物凄く落ち込みましたが“行けなくてごめんなさい”といったところ、江原さんは“約束が守れない貴方はお金には縁がない。そして将来もありませんね”と冷たく言われました。目が覚めてもハッキリと覚えていた夢だったので、何かのメッセージではないのかと落ち込んでいます。単なる夢とサラッと流してもよいのでしょうか?」というメールをいただきました。

江原さん
「これは、私ではありません(笑)。あなたのガイドの人が私の姿を使って来たのです。確かに夢での私の言葉はその通り。そういうところがあなたにはあるという自覚があって、思い癖の夢なのでしょう。そこにスピリチュアルなことがからんでいる可能性はある。約束を守ってくださいね」


「疫病神は、本当に存在するのでしょうか?というのも、私は交際している人がいます。付き合いだして2年半近くになるのですが、この2年その人に良くないことばかり起こります。事故にあったり、会社が危うい状態になったり、怪我をしたり、体調が優れなかったり…です。最近こんな状況になったのは、私と交際しだしてからじゃないのかな?と、いう気がしてきました。私は疫病神なのでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「逆です。そういう彼を救う為に出会ったのです。なぜネガティブにとるのでしょうか。疫病神ではないのです。誰でも、そういう色んなことが表れる“節目”というのがある。意味のないことはない。その人の中の問題点が噴き出ている時に出会っているのだから、疫病神ではなく“あなたが支えてあげなさい”ということ。頑張ってくださいね」


●江原啓之 今夜の格言
「スピリチュアルな神秘は、生きる希望を与えます」
「宝のような楽器も奏者しだい。神秘も受け取り方しだいです」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ 江原さんに聞きたい事
◇ ネガティブなお便り
◇ HAPPYメール
◇ 厄払いのお便り
◇ 不思議な体験・エンジェルさん目撃談
◇ 演じるさんのコーナー
(私はこう演じました。そしたらこんなに変わりました!エピソードのお便り)
◇ あなたが感動した言葉
◇ 若者からのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ リクエスト
◇ 5月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 124 | 125 | 126 || Next»