2015/3/1
3月に入りましたね。ようやく暖かくなってきましたが、花粉に悩まされている方も多いのではないでしょうか。
「私の大好きなサラリーマン川柳のノミネート作品が発表されました。流行語がたくさん入っていて、世相が表されている。サラリーマン川柳は3つくらいのパターンがあると思う。妻ネタ。仕事ネタ。自虐ネタ。サラリーマン川柳では奥さんネタも多いが、仲が良い証。愛の反対は無関心。本当に憎々しかったら川柳にもしないと思う」という江原さん。
今夜は『おとなの悩み』特集をお送りしました。

今夜お届けしたナンバー
◇Let it be / ザ・ビートルズ
◇ひらりひらり / 江原啓之



「どういうタイミングで夫と別れようか悩んでおります。結婚して12年。子どもはおらず、気ままといえば気ままな生活を送ってきましたが、現在は既に(互い)に、夫婦としてやっていけないという思いを実感しているところです。ただ、夫の経済状態(収入が不安定で、既に借金がかなりある)が不安定で、頼れる身内も他におらず、このまま見捨てる気にはなれません。もう少し彼が経済的にも精神的にも安定してからと思うのですが、当然、思うようにはいきません。私は会社員である為、少なくても毎月お給料を頂ける状態です。彼は、銀行にも私にも借金をしています。一年前に夫からも夫婦としてはやっていけないと言われました。ただ、彼も自身で生活をするのは難しい為、今、別れる事は望んでいません。こういうのってやはり、よくある不毛の関係でしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「でもこれ、別れる必要があるかなぁ。文面の中に“このまま、見捨てる気にもなれません”とあるが、それが“愛”なのだと思う。出会って最初のLOVEというところから、結婚してから12年も経てば、愛というのは人間愛に変わっていく。そういう風によく理解した方が良い。旦那さんも“一緒にやっていけない”と言うけれど、それは違うんじゃないかな。こんな自分だからと、自虐ネタで笑えるタイプならいいのに。これは、最後のプライドなんだと思う。自分も悪いという事が分かっているのではないか。こいう言い方は語弊があるかもしれないが“守るものがあるというのは、負荷や足枷に思うが、だから頑張る”というのがある。こちらのご夫婦の場合は、お金の問題だけ。お子さんもいらっしゃらない。だから、そこで必死に守らなくてはというものがないから、こうやって思ってしまうのかもしれない。別れるのは簡単だが、別れた後、人間って“何か負荷があった方が幸せだったかなぁ”と思うもの。それでも横にいて、ご飯を一緒に食べるとか。“何でもないような事が、幸せだったと思う”という歌もある。そいうのってあると思うから、別の事に目を向けたらどうかなと思います」



「私は小学校で特別教育支援員として仕事をしています。日々感じるのは、学校を休んだり、遅刻したりする子がとても多い事です。子どもが…というより、親がちょっとした事でも、それを許しているのでしょう。私の時代には表彰してもらった皆勤賞や精勤賞もありません。特に驚かされるのは、家族旅行の為に学校を何日も休んだり。海外だの沖縄に行った等、平気で言っているのです。私より10歳若い人に話すと“古い!”と、一言言われてしまいました。私の子どもの頃には、学生は学校が本分!遊びは、それ以外の時に!と親に言われたものです。江原さんは、こういう件に関してどう思われますか?やはり私が昭和人間で古いのでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「親も“いいんじゃない”と、軽くなっている事は確かでしょうね。私も同世代。昭和真っ只中の人間ですが、私はこう思います。親がダラしなくて、遅刻させたり休ませるのは、いけないと思う。子どもも調子悪いとかあるが、私は自分の子どもにはこう言うんです “休みの翌日は休んではいけない”と。“休日明けに休むというのは、ダラしない人間だという風に思われるよ”と、言われて育ってきているから、休みの翌日は這ってでも行く。それは言うが、けれど、このお便りに関してはHalf & Half。それはどこかというと、旅行に関して。学校に行くばかりが勉強ではないと思う。今の家族は、なかなか休みも合わない。せっかくそれが行ける時なら、それも家族で勉強かなと思う。“親が人生で与えてあげられるのは、少しのお金と旅をする事だ”という言葉もある。色々な地域で色々な人が生きているというのを見るとか、家族が一緒にいるという事も勉強だと思う。しょっちゅうではダメだと思うが、時にはありかなと思います」



●3月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
3月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。


◇Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

◇リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。


●江原啓之 今夜の格言

「言葉の重みは経験の数でしか得られません」
「肉体の歳は実年齢。たましいの歳は、経験と感動なのです」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 突然の電話コーナー
◇ しょく語り
◇ 厄払いのコーナー
◇ エンジェルさんのコーナー
◇ 3月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー

メッセージの応募はこちらから





2015/2/22
寒い日が続きますが、みなさまいかがお過ごしですか。今日は、2月22日。“2”並びの日。
「時計等で並びの数字を見た時は、良い事起きるという事ではないが、感が良い時。今、冴えているよという事なのです」という江原さん。
今夜は『偶然と思える事の意味』をテーマに番組をお届けしました。

今夜お届けしたナンバー
◇Accident Will Happen / エルビス・コステロ
◇とねりこの木 / 江原啓之



「先日、言葉の語源を調べていたら、マナーの語源は“手”を意味するマヌスという言葉でした。どうしてマナーが手なのだろうと、考えてみたところ、どちらも人と人をつなぐものだからかな、と思いました。ギリシャ語のアレティア(真実)はレーテ(忘却)のア(否定)という事らしいので、震災の被害に関しては日本人に真実はないなと思ったり。語源って面白いですね。言葉それ自体は個人のものではなく、民族の記憶で、非常に伝統的な要素が強いと思います。“ことたま”は言葉に宿るエナジーのようなものだと思いますが、言葉に語源があるように、歴史に生きた人たちの念は“ことたま”に関係するのでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「あぁ゛~!!!うまい事言おうとしている(笑)。今度『あなたはひとりで生きられますか』という本を出版するのですが、原稿を書く時に調べたのです。“人”という字は支え合うと言われているが、あれは嘘。“人”という文字は象形文字で、歩く人の姿。だから、頼ってはいけない。歩くのですから。自律なのです。“人という字は支え合って”というのは、依存の良い免罪符。言い訳になっているのです。あぁ、私も理屈っぽい(笑)」



●エンジェルさん目撃情報
「先日、不思議な事がありました。神社にお参りした帰り道、小さい女の子がタタタッと駆け寄ってきて、キュッと手を握られました。“どうしたの?お父さんか、お母さんは?”と訊いてもニコニコするばかりで、さてどうしようか。迷子さんかな?と、思いつつ、女の子と手を繋いだまま社務所に向かいました。“ちょっと待っててね。大人の人に聞いてあげるからね”と缶ジュースを買ってあげ“すみませんが、迷子さんのようで”と、窓口で神職さんに告げると“ん?どの子ですか?”と。後ろを振り返ると女の子はどこにもいませんでした。エンジェルさんか?神様のお使いか?怖いと思う気持ちはなく、不思議な体験でした」というメールをいただきました。

江原さん
「これは、エンジェルさんです。だけど、分からない。私がちょっと不思議に思ったのは、昔は分からないけれど、今の時代、ジュース買ってあげるか?という事。自分の子どもだったら“知らない人から物をもらっても飲んじゃいけないよ”と、どうしても言う時代になってしまった。でも、ジュース貰っていなくなっちゃったのだったら、この子は、貰い屋さんなのかもしれない。目的の物をゲットしたからドロンしてしまった、みたいな。私の解釈ひねくれていますね(笑)。これは、エンジェルさんです」



「小さい時から山道等ひとり歩いていると、道端の草木が風もないのに、一枚だけの葉っぱが、かなり揺れる現象を何度も見てきました。子どもの頃から“妖精さんかな?”と、その現象を見る度に嬉しく、心ワクワクな感じを持っていました。人に言うと笑われそうで、よほど心許した人でないと、この話はしていません。この現象ってエンジェルさんですか?」というメールをいただきました。

江原さん
「これは、エンジェルさんです。メッセージといよりは、エンジェルさんがいるという事を教えてくれているのです。山道だけではなく、仏壇に花をお供えしていて、一枚の葉だけが揺れる。お線香が何本か立っている場合、一本だけお線香の煙が違う動きをする等。そうやって“いるよ”と、知らせているのです」



●2月生まれの方 誕生日おめでとう!! ―――
2月生まれのみなさんは、星の導きが読める人。
天性の霊感を生かして、人々に平安を与えてください。
※たくさんのメールいただきました!すべての方の名前をご紹介できずに申し訳ありません。

●3月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
3月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。


◇ Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。
◇ リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。


●江原啓之 今夜の格言

「この世のすべては、偶然はなく必然なのです」
「すべてはメッセージ。それを知ることで先見の明も輝くのです」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 突然の電話コーナー
◇ しょく語り
◇ 厄払いのコーナー
◇ エンジェルさんのコーナー
◇ 3月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー

メッセージの応募はこちらから





2015/2/15
人には誰にでも苦手なこと、欠点というのがありますね。それを克服できずに悩んだりクヨクヨしたりする人は多いものです。「長所を延ばすのも短所を克服するのも両方大事です。長きを助け、短きを補いと昔の人は言ったものです」という江原さん。今夜は“克服”というテーマで番組をお届けしました。



今夜お届けしたナンバー
◇Nothing's Gonna Change My Love For You / ジョージ・ベンソン
◇思考に気をつけなさい / 江原啓之


「江原さん はじめまして。いつも楽しく拝聴しております。私は、ごくありふれた普通のサラリーマンです。仕事は、一環して同じような仕事をしてきており、場所が変わってもおおむね同じ内容の仕事をしております。職場は人にもそれなりに恵まれ、家庭も色々ありつつもそれなりに幸せな日々を送っておりますが、なぜか心が満たされません。特に仕事に関しては、やる気が上がらず、心のアクセルを踏めずに大事な仕事を前にしても逃げたくなります。甘えなのか、心の病気なのかと色々考え悩む日々です。江原さん、心のアクセルはどのようにして踏むことができるようになるのでしょうか」というメールをいただきました。


江原さん
「私、この気持ちわかるな。みんな同じだと思うんですよ。基本的にね、生きることの楽しさをつくることには2パターンあると思うんです。ひとつは自分自身の夢をもつ。次の休みになったらどこどこに釣りに行きたいとか、カメラで写真撮りに行きたいとか、彼女と映画でもいいでしょう。楽しみのためにがんばれるんです。2つめは、人から感謝されること。感謝されたらやる気が出るんです、人間て。職場のなかでありがとうって言われたりとか。私がよく言う“誰かのために”生きること。これお母さんたちのほうができやすいんですよね、子供のためにとか、家族のためにとか。男の人のほうが産まないせいか、なんとなく孤独になるんです。オヤジが必要とされるのけっこう大人になってからだから。よく“張り合い”っていうじゃないですか。この方は張りがないんですよね。夢をもつか、もしくはやりがいをつくることです。自分から行動を取ると、自分がこんなに人から喜んでもらえる人間なんだってわかるはずだし、わかるとどんどんがんばれるものですよ。ボランティアとかがんばってみたらどうでしょう?」




「7歳の息子は歌が大好きでよく歌っているのですが、驚くほど音痴です。少し外れているレベルではないのに、本人は気持ちよく歌っているので気の毒に感じてしまいます。実は息子がお腹にいるころから幼稚園に入るまで、寝かしつけはもちろん遊んでいるときもよく私が童謡を歌っていました。そして私は自覚している音痴です。やはり音程の外れた歌をたくさん聴かされていたから、ひどい音痴になってしまったのでしょうか。3つ下の弟にはこれを踏まえて子守唄ぐらいしか歌わないようにしたら、音痴ではありません。7歳の子どもの音痴を治すには、どんな事をすれば効果がありますか? 息子はサッカーも大好きで習っているのですが、コーチにリズム感が足りないと指摘されました。私の音痴の歌のせいですよね……。アドバイスを頂けたら幸いです」というメールをいただきました。


江原さん
「2パターンありますよね。ひとつは、この子は音痴じゃない。耳がいい。お母さんが音痴なわけでしょ。耳がいいから音痴のままちゃんと音程を取ってるんです。お母さんが歌ったとおりに歌っているんですよね。ちゃんとした人に教わればいいわけですよ。もうひとつ私が申し上げたいのは、“音痴は居ない”。音痴の人って聞かないだけ。自分自身が一方的に歌って一方通行なの。ちゃんと自分の声も聞きながら、音程も聞きながら歌えば、絶対音痴は直る。それとね、リズムと音痴って違うんですよ。リズム感がないことをリズム音痴って言うんだけど、なにを隠そう、私がリズム音痴ですから(笑)。歌を歌う人にリズム音痴多いんですよ。逆に言うと、カラオケがうまいとか言うじゃないですか、あんなのは音楽じゃないです。なんでも音程どおりにリズムどおりに歌ったらおもしろくもなんともない。ズレたり……ズレじゃないんですよ、“揺れる”っていうんです。たとえば『チューリップ』を歌っても10人居たらひとりひとりに“その人節”っていうのがあるんです。みんな味わいがあるわけだから。だからお母さんがネガティブになっちゃダメダーメよ」




「先生こんばんわ! いつも素敵な時間をありがとうございます! 生まれて初めてハワイに行ってきましたー。なんと夫が営業賞でハワイに行くことになり、私、息子達も一緒に付いて行くことに。遂に日本じゃデブ、ハワイではスリムな私がデビュー!!  ずんぐりむっくりした体が馴染んでないのか、洋服もLサイズ。おや? アメリカンサイズは2サイズ下くらいじゃ? 『too big』と言わせてー! そして気を取り直しもうひとつの目的! ケーキ、アイスにマラサダ! アイスは4回、ケーキは1個、マラサダ0個。悔いなくハワイを帰国したかったですけど、マラサダ……あー食べたかった」というメールをいただきました。


江原さん
「要するに向こう行ってもサイズがあんまりなかったのかな。ハワイ行ったらMサイズぐらいかと思ったら……。それはね、みんな間違ってますね。それ言うのならメインランド行きましょうね。ハワイに居る人はアロハかムームーみたいなのしか着ないんだから。そういうのだったら大きいのいくらでもあるはずだから。ぶかぶかのムームーとかアロハ着て、たっぷりケーキ、アイス、マラサダとか食べましょう(笑)」




「私は彼女が一度もできたことはなく、このままじゃダメだと思い、江原さんの恋愛に関する名言などを胸に、一緒に1年間留学する予定の、違う学校の好きな女子にLINEで映画に誘いました。『みんなで行くってことだよね?』と言われたので、『いや、二人でって意味だよ』といいました。そしたら『そういう意味かー』と帰ってきたのでダメなのかと思い、『ごめん忘れて』と返信しました。すると、向こうが『いや、行こう! 2人で!』と返してきました。私は人生で一番喜んだのがこの瞬間だったと思います。が、LINEで会話を進めていくと『やっぱり、彼氏じゃない人とは抵抗が出てきた』と言われ、断られました。江原さんにお伺いしたいのですが、勇気をもって挑戦したことが散々な結果に終わったとき、もう一度、次にがんばる元気が出ません。なにか、勇気の出る言葉をください。お願いします」というメールをいただきました。


江原さん
「マジメすぎる! こんなふうに言われたら女子みんな逃げるよー。そうじゃなくて、『行こう、二人で』って返ってきたんだから、『ラッキー!』とか『サンキュー!』とか言って。断られたって、『いいじゃん、彼氏じゃなくたって』とか言わないと。それが会話力なんですからね。1回でくじけちゃダメ。次、チャレンジチャレンジ! もっと気楽にいきましょうね」



「江原さんこんばんは。去年のおと語りコンサートで、質問メールをまさかまさかで読まれて、とてもびっくりして、嬉しかったです。ところが、ラジオ放送日、ラジオの前で家族でじんどり、録音もしはじめたけど、流れませんでした。・・・とても悲しいです。
このマイナスさ、どうすればいいですか」というメールをいただきました。


江原さん
「要するにカットされたのね。編集はよくあること。そんなこと言ったらね、私なんかいつももっと悔しい思いしてるんですよ。いろんなことテレビで話して放送見て、『え〜!?』とかね。あとね、雑誌の取材。1時間話して、使われるのたった2行! なんだこれは〜って。よくあります」


●3月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
3月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。


◇Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。
◇ リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。


●江原啓之 今夜の格言

「ひとは誰でも自分を知るために生まれてくるのです」
「自分を知り、素直に受け入れる。それが克服のスタートです」



番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 突然の電話コーナー
◇ しょく語り
◇ 厄払いのコーナー
◇ エンジェルさんのコーナー
◇ 3月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー

メッセージの応募はこちらから





«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 68 | 69 | 70 || Next»