2016/7/24
子ども達は、夏休みに入ったばかりで、ワクワクしている時期ではないでしょうか。
「日本では一億総活躍と言われ、その言葉を意地悪に受け取ったら、自己責任と捉えもできる。イギリスではEU離脱の選挙が行われたが、結果に後悔している人も多いらしい。自律していくという事は大変な事ですね」という江原さん。
今日は『女性のお悩み』をテーマに番組をお届けしました。

今夜お届けしたナンバー
◇If I Ain’t Got You / アリシア・キーズ
◇愛はそこに / 江原啓之



「私は昔からおっちょこちょいな性格で、喫茶店でパートをしていますが、注文を聞き間違えたり、レジのお会計がスムーズにできなかったりといった事があります。プライベートではそんな性格が可愛がられますが、仕事となるとそうはいきません。注文が重なると若干パニックになり、自分のふがいなさに凹んでしまいます。集中力を上げるコツや、嫌なお客さんの念を振り払う方法など、アドバイスいただけたら幸いです」というメールをいただきました。

江原さん
「まず、ダメですね(笑)。“嫌なお客さんの念を振り払う”方法を考えるというのは、逃げの姿勢。逃げの姿勢の人が、集中力や効率良く仕事をこなすなんて、無理。オーラマーキングが足りない。“今参ります!”“ただ今!”“失礼致しました!”等と、ハキハキと大きな声でやっていると、お客さんは何も言えなくなる。“プライベートでは可愛がられますが”というのも、反省がない。自分ではちょっとチャームポイントかなと思っちゃっているのかもしれない。それをお客の悪い念にするのはいけませんね」


「仕事で“あなたがいるだけで迷惑”と言われてしまう私が、プライベートでは“結婚したい”と言ってくれる人が現れて驚いています。仕事を辞めたいと考えて転職活動をしていたので“パートでいいよ”という言葉は魅力的に聞こえてしまいます。自分に都合よくなる訳ないと思いつつも、揺れてしまう私は信念がないように思えます。流れに流されているようで。私に収入がなければ、実家の生活が回っていかない事も、相手の方は知っています。それも含めて面倒みると言ってくれています。人生の分岐点。アドバイスが頂けたら幸いです」というメールをいただきました。

江原さん
「こういう時は惑わされるな(鈴)!人生は毎日が喪黒福造との出会いなのです。“あなた本当に結婚したいんですか?結婚すればすべてが楽になると思うんですね”と言われている。結婚するのはいいけれど、実家の生活の事もあり、最初から完全に頼ろうかどうかという気持ちがある。ご厚意は、それはそれとして、いつでも自分でできる覚悟を持っておかないと。人って変わるものですからね。結婚が悪いと言っている訳ではない。相手もいい人かもしれない。しかし“孤高”というのが大事。“常に覚悟を持っておかないと、いざという時に、ダァーーー!!!(喪黒福造風)”となるのです」


「幼稚園のママ友のご相談です。幼稚園に通う息子が仲良くしていたお友達から、意地悪な事を言われたり、暴力を振るわれるようになりました。初めは子ども同士の事だと思い見守っていたのですが、私の目の前で暴力を振るう姿を見たので、その子に注意したら、その子の母親が激怒。周りの人たちに“普通、人の子どもを叱らないよね”等と言いふらし、それに賛同する方もいるみたいです。ある時、話がしたいと言われ、話し合いをした時にもやはり注意された事が気に入らなかったようで“うちの子どもは自分で注意するから注意しないで欲しい”と言われました。“暴力はいけないのでは”と言うと“それは、分かっています。でも、そんな簡単に直せるものではありません”と言われ、全然話がかみ合いませんでした。幼稚園にも相談に行きました。子どもは子どもの世界があるから、あまり口出しをするのは良くないと基本的には思うのですが、良い事・悪い事を近くの大人がきちんと教えてあげる事が大切なのではと思っています。相手が周りの人を取り囲んでいく姿を見ると“私がやっている事は、そんなにいけない事なのか…”と、なんとも言えない気持ちになります」というメールをいただきました。

江原さん
「周りの人たちも、賛同する方もいるみたいと言うが、それは違う。強い者にまかれているだけ。“そうよね。そうよね”と言いながらも、その言った奥さんには絶対に気を付けようと、周りは思っているはず。その人に本当に賛同するようならば、同じ穴の狢で、逆に嫌われると思う。しかし、この手の親は最近多い。ちゃんと躾て育てていないから、この母親の母親がいけない。子どもの事を言われると、自己否定されたように思うのでしょうね。あなたもここまでやったのは偉いが、これからは、こういう世の中なので、何事も全部、幼稚園に言った方がいい。残念ながらそういう時代になってしまった。また、そういうお母さんをいいリトマス試験紙だと思って、本心で心から賛同する親とは距離を持とうと思った方がいい。しかし、多くの場合は合わせているだけ。そういうお母さんが優位に立つ事はない。絶対に正義は勝つ。善は通るのです」


「うちの小学2年生の息子は最近“うるせーんだよ!クソババア!”と、よく言います。確かに私は『クソババア(笑)』ですが“そういう悪い言葉は使わないの”と、毎回理性で叱っています。が、息子は怒られないと分かり、私がうるさく言うと毎回のように“うるさいババア!”と笑ってふざけながら言ったりします。お友達の前でも“バアア”と言い“怒られないもん”と言っています。その都度“言わないの!”と叱るのですが、それを見ている旦那に“うるせーババア!なんて、子どもに言わせてんなよ!なんで怒らないの?二度と言わせないように怒鳴れよ。甘やかし過ぎだ!バカな母親だって、周りから笑われるぞ!”と言われましたが、私は“コラー!”と、怒ろうとは思えません。“言ってはいけないよ”と、息子が分かるまで理性で叱るのみです。しかし最近やたらと“ババア”を連発する息子に、何か叱り方が違うかな?と感じる今日この頃です」というメールをいただきました。

江原さん
「良い母親仮面。理性的に叱っているから良い母親だと自分で言いたい。間違いだらけ。“確かに私はクソババアですが”と、認めるんじゃない!ババアはババア。しかし、クソが付く必要はない。子どもが“クソババア”と言うのであれば“私のどこがクソなの?理路整然と語ってくれ”と、問い詰めるべき。“言わないの”というのは肯定していて“ヤダ。言わないで”と言っている様なもの。そしたら余計に子どもは喜んで言う。輪をかけて悪いのは、旦那。“うるせーババア!なんて、子どもに言わせてんなよ!”と、旦那が言わなければいけない。母親に“洗濯も何もするな!飯も作るな!制裁を加えてやれ!”と言うべきだと思う。一番悪いのは、あなたよりもあなたの旦那さん。次にあなたも悪い。3番目に悪いのが息子さん。小学2年生だからおちゃらけているつもりなのでしょう。でも、言ってあげないといけません」


「ある日の正午の事です。デスクワーク中、突然睡魔が襲ってきました。ダメだダメだ!勝つんだ!と、自分に言い聞かせていましたが、魔物には勝てず、ハッとパソコン画面を見るとzzz、zの連打…こんな私に引き締めのお言葉をお願いいたします」というメールをいただきました。

江原さん
「座布団一枚!突然の睡魔というのはありますよね。お昼ご飯食べすぎたなと反省する事もあるけれど、仕方ないですよね」


●8月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
8月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

◇ Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

●江原啓之 今夜の格言

「社会にふりまわされないでください。あなたの人生はあなたが決めるだけです」
「人生の成功の秘訣は“創意・工夫・努力”です」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ HAPPYメール
◇ 厄払いのお便り
◇ エンジェルさん目撃談
◇ 若者メールからのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ 8月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
2016/7/17
蒸し暑い日が続くようになりましたね。
「毎週たくさんのお便り、ありがとうございます!その中で“ダメ旦那・ダメ彼氏”に対するお嘆きの女性からのメールが多い。鶏が先か、卵が先か。男は母親の育て方で決まる。女性がしっかりしなければいけないのです」という江原さん。
今日は『だめんず』をテーマにお届けしました。

今夜お届けしたナンバー
◇Style / テイラー・スウィフト
◇楽園 / 江原啓之



「結婚15年目。子無しの夫婦です。6年前に夫がキャバクラの子に一方的に本気で惚れ、キャッシングや定期預金にまで手を付け、4ヶ月で150万円使ってしまいました。しかしキャバ嬢は夫をちゃんと“お客さん扱い”。店以外では会ってくれず、夫は完全にカモ。夫は純粋なのかバカなのか“俺らは両思いだ。俺らの人生邪魔するな!お前はいらない。離婚してくれ”と、私は一ヶ月間家を追い出されました。“あなたカモだよ。奥さんと別れるから、俺と付き合ってと言ってみたら?その子がうんと言ったら離婚に応じるから”と言ったところ、その子がお店を辞めたその日から音信不通になり、やっと目が覚めたようでした。その後、笑い話にして仲良く暮らしていたのですが、今月2月に悪夢再来。またギャバ嬢に惚れ“別れて欲しい”と。流石に今回は片想いと分かっているようですが“おまえが嫌い。家に居たくない”と私に言います。でも“夏休みどこ行く?”と言ってきたり。どうしたいのかよく分かりません。頑固で自由奔放で酒好きで、金銭管理が苦手な夫。私が口うるさく、重荷に感じているようです。一緒にいれば楽しいですが、力を合わせて暮らしている感じがしません。こんな事で別れてはいけないと思う一方“出て行きたいなら、どーぞお好きに”と言ってやりたい気分です。どうか元気の出る言葉をいただけたら有難いです」というメールをいただきました。

江原さん
「奥さん、真剣かなぁ。客観的に見て、笑っていないかな。お子さんがいらっしゃらないご夫妻はいますが、必ずどちらかが子ども。旦那さんを母の視点で見ているのかな。それが笑える範囲内の事ならいいですけどね。ある程度の年齢になると、楽しみを持たないとマズイ。人生の中で、就職して、働いて、家庭を持って。その後のプランを立てていない人が多過ぎる。あなたが楽しんでいる雰囲気がまだ伝わる。楽しめなくなった時が別れの時。それを越えたら捨てちゃえばいいのです(笑)」


「離婚を承諾してくれない旦那についてご相談です。結婚して10年。3人の子どもに恵まれましたが、結婚して3年目。旦那の浮気やすれ違いをきっかけに、旦那への気持ちがなくなりました。仮面夫婦を続ける覚悟を決め、一人静かに結婚指輪をはずしました。その後すぐ、一緒に生きていきたいと思える人と出会い、今でもずっとお互いを想い合い、日々過ごしています。旦那にその方の事は言っていませんが“離婚してください”と言いました。話し合いはしてくれますが“うんって言ってあげたいけど、踏ん切りがつかないんだよね”と、話を切り替えられます。切り出してから3年以上。いつになったらこの気持ちを理解してくれるのか分からず、途方にくれています。7年間悩んで決めた答えなので、戻る事は私の中ではありません。今は感謝しかありませんし、旦那にも幸せになって欲しいと心から願っています。旦那との生活の学びを終え卒業し、新しい学びをする覚悟が私にはできているけれど、旦那にはまだその覚悟がなく、話が進みません。何度も子どもを引越しさせたくないので別居をせず話を進め、その後引越したいのです。他に一緒になりたい人がいるという事を旦那に伝えるべきか、旦那が分かってくれるまで待つべきか。アドバイスお願いします」というメールをいただきました。

江原さん
「こう言ったら厳しいようですが『波長の法則・類は友を呼ぶ』『因果の法則』。お互い様。“何度も子どもを引越しさせたくない”というお気持ちは分かる。しかし、方便を一生懸命使うが為に、時間をかけている。“旦那にはまだその覚悟がなく”というが、覚悟というのは、一斉にできる訳でもない。旦那さんもズルいけど、あなたもズルいかな。ズルい者同士。私の極論かもしれないが、波風の立たない離婚はない。理性で乗り越えるだけであって、誰でも心の中には波風が立つはず。何回もの引越しも子どもさんも可哀想だが、それが“離婚”。恐れず“明白”にする事が必要かもしれませんね。みんなが恐れを手放すしかない。あなたは“恐れ”をずっと手放せずにいる。確かに本当の事を伝えたら、自分も不倫だから訴えられるかもしれない。旦那さんも不倫をした事があるから両成敗なのかもしれないが、それはそれ。これはこれ。はっきり離婚したいと思うのであれば“離婚”と決めて、生活の算段を決め、子どもさん達と一緒に引越しをするなどの事を考えるべき。“離婚”という事を曖昧に“そろそろいかがですか”と言うのは、相手に対し、真剣さが聞こえなくなってしまう。“今年度中に”などと、節目を作るべきではないかなと思います」


「結婚して13年。娘と夫の3人暮らしです。夫も私もそれぞれ自営業の為、日々忙しく、様々な事がありますが、いつも力を合わせて互いの事業を応援し合っています。先月、私の持病の慢性腎炎が悪化し、透析寸前と言われました。すると夫から“オレは健康だから、オレの腎臓をひとつあげるよ”と言われ、最初は軽い気持ちで言っているだけなのかなと思いましたが、腎移植の先生の説明を一緒に聞いたとき夫が“私の腎臓で彼女が元気になるのなら、まったく惜しくありません”との言葉に感動しました。私は子どもの頃、緊張感のある家庭で育ったので“結婚さえすれば幸せになれる”と思っていました。でも、それは違いました。互いの違いを受け入れ、互いの意思も尊重し、ぶつかり合ったり励まし合ったりしながら、日々の喜びや嬉しさを感じるのが結婚の幸せなのだなと、今、改めて感じています。腎移植の件も、これからどうなるかまだ分かりませんが、まだ娘が小さいので出来る限りの事をして長生きしていけたら…と思っています」というメールをいただきました。

江原さん
「最後にいいお話ですね。結婚というのは旦那さんも奥さんも“覚悟”を持つ事。それがどんな時にも大事なのです」


●7月・8月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
7月・8月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

◇ Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

●江原啓之 今夜の格言

「実は自信のなさから、妥協する人生を選んでいませんか」
「“負に逃げず、自己の弱さを克服する”これが成長の信念です」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ HAPPYメール
◇ 厄払いのお便り
◇ エンジェルさん目撃談
◇ 若者メールからのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ 7月・8月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
2016/7/10
※東京は選挙特番の為、明日7月11日(月)20時〜の放送です※

今回の参議院議員選挙から、選挙権が20歳から18歳以上に引き下げられる事になりました。
「とてもいい事。真剣に国の事をもっと考えて欲しい。先月、桝添都知事が辞任した。報道で、都民に対しどれだけ宜しくないのかという話になるのであればいい。しかし、ジャーナリストの立場として仕方がないのかもしれないが“これから不信任案が出て、辞任かどちらかを決めて”などの話ばかり。議員さんも都知事を追い詰めるのを嬉々としているような気さえしてしまう。都知事選を行うと50億円かかるらしい。それは税金。そんなに頻繁に選挙をされると困るのです。待機児童問題、公共施設の修理・修繕もして欲しい。これからオリンピックでお金もかかる。未来の・今の若者たちにバトンを譲り渡していくのに、負の遺産だけは、残したくないですよね。
若い子の悩みは色々あり、シンプルで荒削りで未熟さがいっぱいあるが、気持ちがいい。良く見せようというのがない。大人の方が、良い人ぶってみたりして、迷宮に入り、解決の糸口がつかめなくなるという事がある。この番組では若者を応援しています」という江原さん。
今日は『若者』をテーマに番組をお届けしました。

今夜お届けしたナンバー
◇Man In The Mirror / マイケル・ジャクソン
◇さくら咲く / INSPi



「相談したい事があります。それは修学旅行の事です。楽しい旅行にする為に、班は仲の良い友達で作られ、日程も決まっていましたが、数人孤立してしまった友達がいて、班員を交換する事になりました。が、先生が一部だけの交代に反対し、1から班を変える事になりました。でも、新しく決まった班は仲良くない人たち同士がくっついたりして、クラスの雰囲気が悪くなり、先生たちに対しての態度も変わってしまいました。みんなが修学旅行に行きたくないと言い出してしまいました。孤立した子を作ってしまった私たちも良くなかったのですが、この状況を良くするにはどうしたらいいですか」というメールをいただきました。

江原さん
「何事にも疑問を抱いて、突っ込んでくるこの姿勢、好きです。若いんだから、正しくても、間違っていたっていい。つっこむという事は、自分の中で、何とかしたい、乗り越えたいという向上意欲があるから。まず言える事は“どうでもいい”という事。すべては経験と感動。あなたの悪い所は、なんでも白黒はっきりさせたい所。そこは良くない。頭で決める事を、机上の空論という。みんな“行きたくない”と言っていても、そういう修学旅行があってもいい。それも経験と感動。そこから学ぶ事がある。今後に生かしていけばいい。何でも“全部完璧に間違いがないように”と、大人が植え付けているのかもしれませんね。いっぱい躓いて、いっぱい転んでください。それも感動。そうすると、次には喜びの感動に変わっていきますよ」


「私は上京して1年2カ月経ちました。単身赴任の父の元に住みながら職を探していました。私は採用を待っている間、時間がある為、自分のタメになる事を学びたいと思い英語を勉強しました。しかしながら3ヶ月しか続かなかったです。最近縁があり、また英語の勉強を始めています。自分が中途半端な気持ちで勉強しているから続かないのでしょうか。また、上達したいと完全に思ってないのか、甘いから続かないのでしょうか。自分は甘いと思います。喝をいただけませんでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「はい。甘いんです(笑)。自分で答えが分かっている。“喝”を入れてもダメだと思う。人間は何でも、追い詰められてこそ、必要に駆られてこそできるもの。私も英会話、全然続きません。教材も買うだけで、全然ダメ。“江原さん、忙しいのによく全部色々とできますね”と言われるが、追い詰められるからできている。私は、締切がなかったら絶対に原稿なんて書かないと思う。この番組でも“冒頭と締めのことたまを送ってください”と言われたら、すぐにメールで送る。仕事がたまっていくのが嫌なのです。やれる事は計画的に、バシバシやっていってしまう事です」


「美容整形で失敗しました。外出がとても苦痛です。プチ整形なので数ヶ月すれば元に戻りますが、毎日苦しいです。今になって元の顔を好きだった事に気付き、大変後悔しています」というメールをいただきました。

江原さん
「それでいいのです。幸いな事に元に戻る。これは“大事にしなさい。しっかり考えなさい”というメッセージ。外に出たくない程、落ち込んでいる。これからは、軽率には考えない。プチ整形くらいならいいが、若い人に本当によく考えて欲しいのは、タトゥー。将来の仕事などを考えずに軽率に入れてしまう。未来をちゃんと見なければいけない。消すのは体が傷つくし、お金もかかるし、大変。やめた方がいい。そんなにタトゥーがしたければ、今はシールもありますからね」


「私にはやりたい事、挑戦したい事がたくさんあります。自分の口で言ってみたり、頭の中では考えているものの、なかなか実行に移す事ができません。先日、私が将来やりたいと思っている事を母に話しても、子どもの言う事だからと本気にしてくれません。普通に会社に就職して、普通に結婚して、普通に人生を終える。これが幸せな事だとは分かっているのですが、自分のやりたい事をしないと、やはり後悔する気がしてたまりません。そうは思っているのですが、やはり行動に移す事ができません。多分、今回の私の人生のテーマは『行動』なんじゃないかと思うようになりました。こんな私に“喝”を入れてくれませんか」というメールをいただきました。

江原さん
「まず、文句を言いたい。“普通に会社に就職して、普通に結婚して、普通に人生を終える。これが幸せな事だと分かっている”と言いますが、誰が、それが幸せだと決めたのか。こういう考えが、オッサン臭くて嫌だな。つつがなく生きるという事は大事な事。しかし、人生には一切“普通”はない。働く事は何だって大事な事だし、結婚がすべてではないし、子どもが生まれない人もいる。色々と人生にはあるんです。ちょっと固い考え。“幸せ”とは何なのか、“普通”とは何なのか、まずは考えてみる。定義しないとダメ。“行動に移す事ができない”というのは、自分の中に真剣さが足りないから。“三度の飯より好きか”という昔の言葉がある。何があっても、それが好きなのかという意味。それくらい自分が情熱を傾けられるのかという事。私からの一言。全ては責任主体。自分でちゃんと落とし前を付けられれば、人生はいいんです。よく考えてみてくださいね」


「私は高校から親元を離れ、寮生活をしていました。両親にはすごく感謝しています。でも、その感謝の気持ちを行動に表す事もできずに大学生となり、大学でも一人暮らしをさせていただいています。1年最後のテスト期間中に突然、母から父が倒れて危篤状態と連絡があり、急いで帰省の準備をしましたが、その後、母から“テストをしっかり受けて帰って来い”と連絡があり、テストを終え4日後に帰省をしました。そしたら病室には父が横になっていて、話もできませんでした。あんなに強く丈夫な父が弱々しくなっていて、言葉を失いました。私がそこに着いた3日後に父はあの世に行ってしまいました。話したい事がたくさんありましたが、話せず、悔いがあります。そんな父はたまに私の夢に出てきます。それは、まだ父が心配なので夢に出てくるのでしょうか。それとも私が父をずっと思っているので夢に出てくるのでしょうか。私は夢に出てきてもらうとすごく嬉しいです。父は生前に私をすごく心配していたと母から聞きました。そんな父は、ずっと私の近くにいて見守ってくれているのでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「“心配していた”という事をしっかり胸に刻み“いつも心配されている。これではいけない。自分で自律してしっかりしなければ”と思わなければダメ。お父さんを早く亡くして、気の毒だけれども、私もそうですが、親になっている人からすると、通常は、子どもを思わない親はいない。心配なのは当たり前。どんな子でも心配。いついつまでも心配していて当然。見守っているというのもその通りだが、甘く見ないで欲しい。“心配させちゃいけない”と思ってあげて欲しい。それを常に胸に刻んで生きていけば、お父さんが一番喜ぶ事だと思いますよ」



●7月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
7月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

◇ Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

●江原啓之 今夜の格言

「人生は運命を拓く場です」
「運命を拓く楽しさを知ってください。きっと輝きます」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ HAPPYメール
◇ 厄払いのお便り
◇ エンジェルさん目撃談
◇ 若者メールからのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ 7月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 93 | 94 | 95 || Next»