2017/12/10
冬本番になってきましたね。
「ポジティブとネガティブは表裏一体。ネガティブになるということは、ポジティブがあるから。ポジティブを目指すからネガティブになる。“ダメだぁ!”というのは、良くなりたいということの裏返し。ということは、ネガティブはある意味で必要なんです。ジャンプのバネになる。ネガティブのままで終わってしまったらどうにもならないけれど、ポジティブの為のネガティブであればすごく大事なこと。ネガティブメールは勉強になりますね。これからもネガティブメール、どんどん受け付けます!」という江原さん。
今日は『ネガティブ特集』をお送りしました。

今夜お届けしたナンバー
◇Rolling in the Deep / アデル
◇さくら咲く / 江原啓之



「自分はミスをしてしまうと、すぐ落ち込んでしまいます。また、切り替えるのが遅い方です。先日、ある行事でミスをしてしまい、どう対応しようか悩んでいるところ、その様子を見ていた妻から“まずはああしよう。次にこうしよう”と、アドバイスがありました。また、一緒に活動している仲間からも、電話で別のアドバイスがあり、何とか問題は解決しそうです。何か問題が起こった時に、すぐ切り替えの出来る人、解決策をポンポン出す人を羨ましく思います。どうしたら、このようになれるのでしょうか。また、自分でも経験を積んでいけば、切り替えが早くなれるのでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「暗いですね。簡単なんです。ポンポンと出す人というのは、常に“理性”。“なんとか解決しなければ”と思うから、困った感情よりも“理性”で、解決策をすぐに考える。つまずく人というのは、3つの要素がある。“自己憐憫”“責任転嫁”“依存心”。このメールの中は“依存心”だらけ。自分で何とかしようとする想いがない。一言で言うと“甘ったれている”。奥さんやお仲間が、解決策をポンポンと教えてくれるという幸せに気付いていませんね。どうすれば切り替えができるようになれるのかというと、みんなから見捨てられたらいいんです。そうすれば、自分でやらなければならなくなる。今は、余裕があるからなのです」


「先月、お付き合いしていた彼と別れました。別れた直後も、大学の友達や家族に、とっても親切に支えてもらいました。この経験のおかげで、自分の周りにある幸せに気付くことができ、今、すごく充実しています。ですが、最近、自分のことを大切にあまり思えません。自分が何を考えているのか、自分でもよく分からなくなってしまったような感じです。友達や家族のことはとても大切に、かけがえのないものに思います。もっともっと幸せになってもらいたいなぁって思います。でも、自分に関しては、幸せにならなくてもいいや…とか、ダメになってもいいや…という気持ちが、ふと生まれてしまうことがあります。自分のことを大切に思えないと、他人のことを大切に出来ないのでしょうか。真面目でいることに疲れてしまい、少し自分が見えなくなってしまいました。喝やお言葉を頂戴したいです」というメールをいただきました。

江原さん
「“自己憐憫”“責任転嫁”“依存心”の三冠王。自分のことをあまり大切に思えない人が、わざわざメールを書いて“喝やお言葉を頂戴したいです”と送ってくるだろうか。自分のことを十分、大切にしている。大人が同じようであれば情けないけれど、まだ19才。仕方がない。“人に対して感謝している”というけれど“感謝”のお返しの仕方を間違えている。感謝のお返しというのは、自分が充実すること。“幸せだな”と思う割には“大切に思えない”と、矛盾している。“愛のない人は、幸せになれません”。この言葉を、あなたにお届けしたい。要するに、自分自身を大事にしてくれるということは“愛”を返すこと。これを機に、自分がどれだけ愛されているのかを考える。愛されているのであれば、それを世の中や人にお返ししていかなければという気持ちが大切。疲れているのであれば、疲れたっていいんだから、休めばいい。それでまた力をつけるということが大事なのです。頑張ってくださいね」


「『心の立て直し方』についてお伺いしたいです。実は私、昨年度、仕事上で大きな失敗をし、ローカルの新聞で掲載されてしまうようなことをしてしまいました。幸い、懲役や失職まではいかなかったのですが、家族や友人、それに何より、職場の同僚や先輩方に非常に大きな迷惑をかけてしまい、申し訳ない気持ちから、一時は自殺未遂をするところまで自分を追い込んでしまいました。幸い未遂に終わったのですが、子どもの泣き声や、家族の嗚咽する声は、今でも忘れることはありません。現在は職場に復帰し、何とか仕事を再開していますが、多大な迷惑をかけてしまったことに対する自責の念を抱きながら、与えられた業務をこなしている状態です。毎朝、通勤する車の中で“周りからの厳しい助言や視線を、自分の魂を磨くための磨き粉として考えよう。人を恨まず、決しておごらず、決して腐らず、今日一日を生きていこう”と、自分に言い聞かせながら一日をスタートしていますが、自分を責める気持ちが強く出て、無力感に苛まれてしまうことがあります。このような状態から、心を立て直す為のヒントのようなものはあるのでしょうか。江原さんが目にされてきた事例で、私のような大失敗から立ち直りを見せたケースというのはあるのでしょうか。今後の“心の選択&アイロンがけ”の為にも、ご教授いただければ幸いです」というメールをいただきました。

江原さん
「色々人生ありますが、まずひとつは、大きな視点を持つこと。ある人の方が少ないとは思うけれど、あなたも今までの人生の中で、あまり窮地に立った経験がないのでしょうね。大きな視点に立ったら、一番大切なものは何なのか。“真・副・控”。仕事の失敗は、失敗は失敗なのだから、償うしかない。そこに感情はいらない。理性。失敗したなら“ごめんなさい”。失敗のない人はいない。人は、仕事をする為に生まれてきたのではなく、生きる為に仕事をしているわけです。一番大切なものは、家族や、自分を愛してくれる人たち。“子どもの泣き声や、家族の嗚咽する声は、今でも忘れることはありません”というのを、ネガティブに思うのではなく、あなたの宝物としてとっておくべき。愛のない人は、立ち直ることもできない。誰かの為に生きていくということはすごく大切。自分の為なんて、人間、折れるんです。人に迷惑をかけてはいけないということだけではなく“この人の為に”と思うから、ラジオをお聴きのお母さん方も、朝、寒い中、起きてご飯を作るんです。お父さん方も朝が寒くて嫌でも、働きに出るんです。それも“愛”の為。人からの視線というのも、意外に自分が思っている程ではない。その人はその人で、すべての事情が分かっているわけでもない。“真・副・控”の“真”は、家族を守ることだから、気にしないこと。信用をまた得るのは大変だけれど、積み重ねが大切。一番いけないのは、そういう自分に嫌気が差すこと。それは間違ったプライド。この経験があるから、他者に対しても優しくなれるんだと思うのです。これを機に、何倍も人間が大きくならないといけないかなと思います。気にせず、新たな旅立ちをお祈りしております」


「職場でどうも苦手な50代女性がいます。知識がものをいう仕事をしているのですが、私が知らなかった部分がある時、ここぞとばかりにバカにしてきます。誰しもミスをするものですが、私がミスをすると、皆が見る履歴に私がミスしたことを書き、すごく傷つけられます。こういう人との付き合い方が分からないです。しかし、こういうことの後、50代女性は、社長かお客か誰かしらに怒られている気がします。これはバチが当たるということなのか。“ざまぁ”と思ってしまいます。バチが当たるとか思ってしまう心はダメでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「ダメです(笑)。そういう風だから、自分に返ってくる。鶏が先か、卵が先か。そういうあなたの雰囲気を見て、余計に仕返しをしてくるのかもしれない。同じ土俵に立ってはいけない。相手も、もしもメールをくれていたら、あなたのことを同じように書いてくると思うのです」


●江原啓之 今夜の格言

「ネガティブとポジティブは表裏一体です」
「人生の間違いを笑いに変えられたら、乗り越えられた証です」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ 江原さんに聞きたい事
◇ ネガティブなお便り
◇ HAPPYメール
◇ 厄払いのお便り
◇ 不思議な体験・エンジェルさん目撃談
◇ あなたが感動した言葉
◇ 若者からのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ あなたの“違うだろぉ〜!!”と思ったエピソードのお便り
◇ リクエスト
◇ 12月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
2017/12/3
今月も残り1ヶ月を切りましたね。
「先日“スピリチュアリストの活動が来年の春で30年になる”ことをお知らせしたところ、たくさんのお祝いメッセージをいただきました。ありがとうございます!活動的にはもう少し経つのですが、最初にスピリチュアル研究所を立ち上げたのが、平成元年になる昭和64年のことでした」という江原さん。
今日は『江原啓之スピリチュアリスト30周年記念』のお祝いメッセージをご紹介しました。

今夜お届けしたナンバー
◇Pride(In the Name of Love) / U2
◇小さな奇跡 / 江原啓之



「スピリチュアリスト30周年に寄せて、私の思う“江原さんの好きなところ”をどうしてもお伝えしたい!と思い立ち、メールさせていただきました。それは“厳しさの中にもしっかりと心に響いてくる、洪水のような大河(=大我)の愛を、ぶれずに持ち続けてくださっているところ”です」というメールをいただきました。

江原さん
「表向きは柔らかいから、そんなことないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私は厳しいんです。しかし、厳しいかもしれませんが、そこに“愛”がある。今までも艱難辛苦乗り越えて参りましたので、余計についつい言ってしまう。子育てに似ているかもしれませんね」


「私が思う江原さんの好きなところですが、まずその容姿です。クマのぬいぐるみのような体と、愛嬌溢れた笑顔が大好きです!できるだけ痩せないでください。江原さんのような容姿と、お人柄の方と一緒になりたいです。でも…私が波長を上げないと出会えないですね」というメールをいただきました。

江原さん
「私が細くて、目が吊り上っていたら、本当に恐かったかもしれませんね(笑)。愛くるしいパンダも意外に凶暴。それに近いかもしれません。パンダは、目も鋭いですからね」


「周りの人たちは磨き砂とおっしゃいますが、洗い砂からだんだん細かい砂に磨かれていき、最後のピッカピカになる仕上げの一番小さい砂が、江原さんではないかと思います。でっぱっているところを荒く削ってこそ、最後の砂で光る。最後の砂だけで、でっぱっているところを削るのは大変です。でもいつか最後の砂にたどり着く時、必ずピッカピカになれます。江原さんの教えで、必ずピッカピカになる方達がおられますから、私が言うのもおこがましいですが、これからも頑張ってください」というメールをいただきました。

江原さん
「嬉しいですね。ありがとうございます」


「私は14〜15年ほど前に、本で江原さんを知ったのですが、ビビッとした勘で“この人の本は読んでみよう”と、衝撃を受けたものです。本を読んで、何度も反芻しながら、様々な理不尽さに対処してきましたが、亀の歩みで、なかなか進歩せず、守護霊さんをヤキモキさせていることだと思います。解ったぞ!と思っても、またその場面になると怒りまくったり、がっかりしたり。自分がいかにべっとりした依存体質かを、思い知らされます。耳に残る名言は数々あれど、その時々で変化もしますので、先日“道に迷ったら絶対に突き進んではいけない。立ち止まって分かるところまで戻る。戻るのを面倒くさがると、結局、余計に時間がかかる。自分の地図を見直すこと”と話されていたのが、今の私には耳に残る言葉です」というメールをいただきました。

江原さん
「ありがとうございます。講演会でも“長く一緒にいてくださるんだな”と思う方もたくさん見かける。幸せだなと思います」


「江原さんの好きなところを送らせていただきます。ひとつ目は“声”です。優しくて深みのある温かい江原さんの声を聴くと、心がとても落ち着きます。厳しいことを話している時でも、温かさが伝わってきます。そこに愛情がある気がします。ラジオの最初と終わりに言うメッセージの声も好きです。聴くだけで心にスーッと入ってきます。2つ目は、良い波長をいただけることです。ラジオで声を聴いたり、江原さんの本を読んだりしていると、自分の魂が江原さんのことたまに繋がっているような、不思議な気持ちになります。そして、とても癒されます。きっと江原さんにも、辛いことやイヤなことはあるはずなのに、それを出さずにお仕事されていて、だからこそ、こんなに癒しの力があるのかなと思ったりします。3つ目は“怒りっぽい”ということを自分で話しているお茶目なところ。幸せなオーラいっぱいで歌っているところ。あとは笑顔も素敵だと思います」というメールをいただきました。

江原さん
「すごく“愛”を感じました。“声”は、特徴があるようで、タクシーに乗っていて“その声は!”と、私だと分かった運転手さんもいた。顔では誤魔化せることもできるが、“声”はウソをつけない。ラジオって怖いですね」


「ことたまに関する私の誓いを聞いてください。私は精神障がい者の方々の生活支援や、就労支援をしています。“支援は目標に寄り添うこと”をモットーにやってきましたが、自分勝手な主張に感情的になってしまうことも多くありました。そんな時に息子を出産し、仕事に復帰。息子との育児の時間は、私自身を見つめ直す時間となり、以前は感情的になってしまっていた利用者さんの主張も、自分の中にあるものとして受け止め、言葉をかけられるようになりました。江原さんの書籍を読ませていただき、言葉の持つ力というものを知り、息子や家族に対しても、利用者さん含めた職場の方々に対しても、ことたまの力を信じて、良い言葉、良い行いを続けていきたいと思います。そして、本当の意味で、日本が、世界が、愛に溢れる世界になるように、微力ですがやっていきます」というメールをいただきました。

江原さん
「みんながそういうふうに生きたら、世の中、変わりますね」


「好きな言葉はたくさんありますが“転んでもまんじゅう”。深い言葉で大好きです」と言うメールをいただきました。

江原さん
「“転んでもまんじゅう!”だと、初めて聴いた方は分からないかもしれませんね(笑)。“転んでもまんじゅうが落ちているから、掴んで立ち上がろう!”ということです」


「『おと語り』初心者ですが、江原さんに感謝の気持ちをお伝えしたく、メールを差し上げました。以前の放送後に早速“民謡の合いの手作戦”を実行してみました。結果から申し上げますと“素晴らしい!”の一言です!繰り返される嫌なことや愚痴も、サラリと聞き流すことができました。さらに“今だ!ハイ〜ハイ!”と、合いの手を入れるタイミングを探っている自分が笑えてきたのです。話が終わった後も、相手に優しい気持ちで接することができ、その気持ちの変化に大きな手応えを感じました。これから毎日がもっと楽しくなりそうです。とても良いことを教えてくださり、本当にありがとうございました」というメールをいただきました。

江原さん
「とっても嫌なことが耳に入ってきても“民謡の合いの手だと思うこと”という話ですね。効果があって良かったです」


●江原啓之 今夜の格言

「30周年の感想は、あっという間でした」
「これからも経験と感動に満ちたときを、過ごしていきたいと思います」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ 江原さんに聞きたい事
◇ ネガティブなお便り
◇ HAPPYメール
◇ 厄払いのお便り
◇ 不思議な体験・エンジェルさん目撃談
◇ あなたが感動した言葉
◇ 若者からのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ あなたの“違うだろぉ〜!!”と思ったエピソードのお便り
◇ リクエスト
◇ 12月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
2017/11/26
急に寒くなってきましたね。
みなさま、風邪など引かれていませんか?
「食べ物もそうですが、人間関係でも“好き・嫌い”ってありますよね。人間関係においての“嫌い”という感情は何なのでしょうか。気にならない人もいるのに、なぜ“嫌い”という感情があるのかというと、自分の中のトラウマがあるのかもしれませんね。みなさん、理性的に分析するのが難しいようです。また、今の時代、腹を括って生きるということができないようで、表と裏とがある。表ではSNSなどあるが、虚構ですよね。本当の自分というのが、見えなくなっている時代なのではないかなと思うのです」という江原さん。
今日は「嫌い」をテーマに番組をお届けしました。

今夜お届けしたナンバー
◇I Don't Like it, I Love it / フロー・ライダー
◇光の輪舞曲 / 江原啓之



「娘のことで相談です。以前、猫を飼っていましたが亡くなり、また飼いたくて7月から子猫2匹を飼っています。前の猫は、娘が生まれる前から飼っていたので、娘も可愛がっていました。しかし、娘のクッションに猫ちゃんが便をつけたことをきっかけに、少しずつ猫を嫌いだと言うようになりました。今回も“猫は嫌い”と反対していましたが、家族3人は飼いたいので飼うことになりました。その後、夕食時に、何が原因なのか分からないのですが、ちょっと娘のことをパパが怒ったら、言い返さず、泣きながらご飯を食べ、その後、部屋に閉じこもり、大泣きして以来、話をしてくれなくなりました。娘に話を聞いても“ママとは話したくない。ママの作った物は食べたくない。猫を何とかしてよ。猫の毛がついて嫌だ。どっか行ってよ”などという言葉。自分が、猫を嫌いと知っていながら、猫を飼ってしまったことで、自分の居場所がなくなってしまって、部屋に閉じこもっているのかなと思います。娘のことを思うと、猫を飼わなかった方が良かったとは思います。しかし、飼ってしまい、今更、子猫を誰かに…ということはできません。母として何ということをしたのだろうと後悔しています。娘の気持ちに耳を傾けて、心に留めてあげられず、娘の嫌なことをしてしまったことに、心が痛みます。私は何をするべきなのでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「そのことに何も触れず、普通通りに“ご飯よ〜”“○○よ〜”と言うのがいい。絶対にやってはいけないこと。それは“ごめんね。ごめんね”と言ったり、“お姉ちゃんが嫌うでしょ”と、娘が来ると猫を遠ざけたりすること。本当に猫だけが嫌いだとは思えない。ひとつには、猫が来ることで、自分に向いていた愛情が猫に向いたということもあるかもしれない。その淋しさや、ヤキモチみたいなものもある。そこで、そういう態度をとられると、猫に対する憎悪が募るもの。放っておいて、普通にしておけば、いつの間にやら猫と遊んでいたりする。今更、人間の勝手で猫をどうこうはできない。“ごめんね”も、猫を飼ってごめんねの“ごめんね”ではなく“ママが、気が利かなくてごめんね〜”“はい、ゴハンゴハン”と、明るく言ってみる。きょうだいでも、新しく赤ちゃんが来たりすると、赤ちゃん返りしてしまったりすることもある。今回は、猫がその役割になってしまっている部分もあると思うんです。“私のおもちゃを使っている”などと、領域争いが起こる。それが成長につながっていくのです。ここは、過敏に反応してはいけない。“ゴハンよ〜”などと声をかける明るさが大事なのです」


「私はシングルマザーで、自分の店を持ち、美容師をしています。お客さんと色々な会話をするのも仕事のうちですので、求められれば、基本的には楽しくお話しています。ですが1人だけ、毎月来るお客さんで、嫌な人がいます。悪意があるようには感じませんが、その方の考えや、話す内容があまりにも多くの人を見下す内容で、私自身もバカにされている気持ちになり、会った後は3日くらい、黒い気持ちが渦巻きます。友達なら距離を置いたり、会わなければいいのですが、お客さんなので、こちらから離れることも出来ません。もう何年もです。なるべく物事をポジティブに捉えるよう、努力しているつもりですが、その方が帰った後、毎回、ムカムカしてしまう。しばらくその方の不快な話が頭から離れず、頭をぐるぐる支配されてしまう、月に3日程続く、このシステムをなんとかしたいです。この人との関わりをどう捉え、どう接するのが正しいのでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「まずひとつ言えることは、自分の中にある“嫌い”があるから。人は誰しも、嫌われるようなことを話すのは嫌なもの。清らかな自分でいたいから、良い人仮面を被る人が多い。けれど、そう言うということは、辛く、淋しい人。幸せな人は、意地悪をしない。コンプレックスを持っていない人は、人を見下さないんです。非常に寛容。あなたも“見下されているような気がしている”ということは、お客様商売をしているから、どこかで“私、見下されている”という感情があるのではないか。そこを映し出しているだけなんです。差別する人は、自分も差別する。自分が寛大で、自分で自分を差別しないでいたら、気にならない。また、もうひとつ言えることは、お客様商売に感情を入れるのはおかしいということ。お客様に食べさせていただいているんです。右から左に受け流すことが大事。もし本当に嫌であれば、お商売だからといって、すべてに頭を下げればいいということでもない。腹を括ればいい。“ごめんなさい、あなたを、もうみられません”と、言えばいい。それを言うこともできない。“お客様としては欲しい。だけど、それは嫌…”というあなたも、おかしいんじゃないかな。理性的に分析すれば、分かることかもしれませんね。頑張ってくださいね」


●11月生まれの方 誕生日おめでとう!! ―――
11月生まれのみなさんは、暖かき木の葉のベッドのよう。
温かい心と和合が大好きです。
みなさんを温めて、自身も温まってください。
※たくさんのメールいただきました!すべての方の名前をご紹介できずに申し訳ありません。

●12月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
11月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

◇ Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

●江原啓之 今夜の格言

「嫌いという感情に映される想いは、自分にある嫌いなのです」
「愛の反対は無関心といいます。嫌いも好きのうちなのです」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ 江原さんに聞きたい事
◇ ネガティブなお便り
◇ HAPPYメール
◇ 厄払いのお便り
◇ 不思議な体験・エンジェルさん目撃談
◇ あなたが感動した言葉
◇ 若者からのお便り
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ リクエスト
◇ 12月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 117 | 118 | 119 || Next»