2015/5/24
「最も近くて、最も遠い関係。それが夫婦なのでしょうか」という江原さん
何度も夫婦の問題をテーマとして取り上げてきましたが、今回も番組宛にたくさんご相談
が届いています。

今日は『夫婦のお悩み特集』をお送りしました。

今夜お届けしたナンバー
◇Can’t Fight this feeling / REOスピードワゴン
◇愛の日 / 江原啓之



「私は、思いやりのない旦那の事が嫌いです。モラハラをこれでもかと言ってきます。夜
の営みも、私の体調や疲れなど関係なく、断っても無理矢理です。以前に、暴れまわった
事があり、怖いのです。子どもも20歳・18歳・16歳の子どもがいます。先月まで、大学受
験など、娘と共に本当に大変でした。でも当たり前のように、労いの言葉もありませんで
した。普段は言った者勝ちのように“アレしとけ。なんでコレできてないねん”。作った
おかずには、必ず愚痴を言っています。子ども達は美味しいと食べてくれるので、それで
救われています。旦那のお陰で生活出来ているのは事実。そこには感謝していますが、
旦那と一緒だと、息が詰まりそうになって苦しいです。
子どもたちの大学卒業や高校卒業を見てから、自分の思うように生きていけたらいいなと考えてしまう事が多くなりました。これは、自分の事しか考えていない小我でしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「難しい。“生活もできているから、感謝している”とも言っていて、結局依存になって
しまっている。物質的な依存が根底にはある。経済の為に我慢している事になる。
こういうお宅は多いと思う。
でも、そうならそうで、割り切るしかない。そんなの無理だと思うなら、別れるしかない。
世の中には出来る事と出来ない事がある。どんな事よりも一番変えられないのは、人の心。
“無くて七癖”とも言う。右利き、左利きも簡単には変えられない。
苦労がいる。心はもっと大変。また、この旦那さんは、淋しいんじゃないかな。
あなたは、お母さんとしてはすごくいいお母さんなんだと思う。
だから、子どもさんとはうまくいっている。
しかし、夫には“お父さん、お父さん”と、立てていない所があるのではないだろうか。
だから旦那さんも“あれしとけ”などと、愚痴を言ったりするのではないか。
受験の事で、娘さんと大変だったかもしれないが、私がもしもあなたの家の夫だったら“違うでしょ。
家族みんなで苦労したでしょ”と、言いたい。メールの文面だけ見ると“なんて、
酷い親父だ”と思うが、どこかで夫が疎外されているのではないか。
男の人は基本幼い。それをも分かって、あやしてあげられないと、いい夫婦になれないと思う。
そこで、まずひとつ。
別れたいのなら、別れる。
もうひとつは、今の状況は、物質的な依存である。
それなら、それに徹するかどうか。三つ目は、旦那をも癒していくか。
みんなが子どものように“あの子がやった。この子がやった”では、いけない。
誰かが救世主になって、抱き締めてあげなければならないのです」


「結婚して2年目。お見合いで知り合い、私も年齢的に焦って結婚しましたが、
毎日ケンカが絶えません。具体的に、結婚前から主人の好きだった女友達と比較されたり、
一生懸命、栄養を考えて作ったのにマズイと言って残したり。私がフルタイムの仕事と一歳の子
どもの子育て中にも関わらず“僕の仕事の方が大変だ。女が料理や家事をするのは当たり前。
買ってきた惣菜はダメ。時間の使い方が悪い”と、言われたり。毎日鬱々していまし
た。そんな時、主人が子どもの頃にかかった難病が30年経ち、再発し、急遽入院しました。
見舞いに行くと、あれこれ頼まれ、帰りにはぐったりします。今日新しく出来たスーパー
に行くから帰るねと言うと“そのくらいで帰るのかよ”と、言われました、もうすぐ退
院で、これからは通院治療になるのですが、病院は栄養を考えて作ってるから、退院して
からも病院食と同じようなのを作って欲しいと言われました。今まで一生懸命栄養を考え
て作ってきたのに。残されたりして悲しい思いをしたり、主人が外に出れないストレスでまたケンカが絶えなくなったりするのではないかと思うと、今から気分が落ち込みます」
というメールをいただきました。

江原さん
「分かるなぁ。でも、もっと薄情になって方がいいと思う。“年齢的に焦って結婚した”
というのも依存。また、旦那さんは“愛してちゃん”“かまってちゃん”。という事は、
扱い方ひとつ。それならば、上に立って、なだめてみたり、叱ってみたり。それで、に
乗せてしまえばいい。一度、そんな演技をしてみたらいい。爆発モードになってみたり、
と思ったら“あなたが好き”と、言ってみたりと、楽しくやってみたらいいのに。人生は
ドラマのような気がする。それも、喜劇。だから色々やってみたらいい。それが嫌なら、
別れればいいのです」


「私は、結婚して3年半になる35歳です。結婚当初から夫婦ゲンカが多く、辛いです。夫
は私の事を“ブス”“ブタ”と言ってきます。腹が立つので“そんな風に言わないで”と
怒ると“顔じゃなくて、性格の事をブスって言ってるんだ”と言います。確かに結婚当初
からセックスレスだし、私にも悪いところはあります。夫は“おまえと結婚した事で、人
生がめちゃくちゃになった”と言うので“それじゃあ、離婚してお互い別の道に行った方
がいいね”と言うと“今まで仕事も頑張ってきたのに、離婚すれば、社会的信頼も失う事
になる。人の人生めちゃくちゃにして、責任っていうものがあるだろ”と、言われてしま
いました。大我の心で夫に接するなら、主人の事を考え、結婚生活を続けるべきでしょう
か。私も子どもが欲しいので、年齢的な事も考え、離婚すべきか迷っています。因みに、
義理両親からは、一度決めて結婚したのに、別れるなんてダメだと言われました」という
メールをいただきました。

江原さん

「早いうちに別れた方がいいと思います。まだお子さんもいない。“社会的信頼も失う”
などという旦那は、未練タラタラ。旦那だって、離婚したい訳ではないでしょうが、離婚
するのもいい。こじれたら、良くない。結婚は、どんな相手でも支える方の料理の腕前だ
と思う。結婚は料理と一緒。こんな夫でも、上手に転がせる人もいる。逆にどんなに良い
人でも、ダメにしてしまう人はダメにしてしまう。結局は人間力。後で別れなければ良か
ったと思うのも、勉強。学びなのです」


●あなたが感動した言葉―――

『結婚してもしなくても、どのみち君は後悔することになる』

(ポジティブさんが感動したソクラテスの、結婚するかどうか悩んでいる人に向かっての

アドバイスの言葉)

●5月・6月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
5月・6月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

◇ Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!

スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

◇ リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりま
すが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。

●江原啓之 今夜の格言

「どんな問題にも宿るもの。それは依存です」

「理性的に考えてこそ、乗り越える道があります」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています

◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ しょく語り
◇ 厄払いのコーナー
◇ エンジェルさんのコーナー
◇ 6月お誕生日の方
メッセージの応募はこちらから




2015/5/17
5月は早苗月といわれ、田植えの時期。豊作を祈る日本人の慣習があるせいか、
5月は神社に参拝する人が増えるそうです。

「先日、ニュースでも取り上げられていましたが、京都の大きな御宮でもご遷宮をするの
にお金が集まらないから、借地権でマンションを建設する事になったという話があった。

小さな御宮では、修繕費が賄えなくて、宮大工さんに頼まず、一般的な修理にする等、す
ごく落差があるようだ。人の信仰心のようなものが変わっていて、これはいけないと思う。
感謝ではなく、ご利益を求めている。物質的価値観。私にも、パワースポットブームを作ったなどと、批判もくる。しかし、私はそんな事は言っていなくて、感謝をしなさいと言っている。

行く方も、大社等に群がるというのもいかがなものかと思う。書籍でも、まず氏神様
(自分の土地の神様)が大事だと言っている。産土の神様は、生まれたところの神様。
また、人間は愚かだから、門前町などがあった方が楽しいから、行く。そういうものではない。
“うちの近くの御宮は寂れていて暗いから、神様がいないんじゃないか”などとも聞く事があるが、
そうではない。
そこを、自分たちがちゃんとしたものにしなくてはいけない。
なぜ、みんな受け身ばかりなのだろう。嘆かわしい。私の行っている熱海のお宮さんは素晴らしい。努力もなさっていて有難いです」
という江原さん。

今日は、スピリチュアルなメールをご紹介しました。
今夜お届けしたナンバー
◇Angel Don’t Cry / ToTo

◇天使のリュート / 江原啓之



「ペットは、飼い主や家族に従順で愛らしいですが、私の家では、私の生まれる前に
“S”と言う名の犬を飼っていて、その犬がとても賢い犬でした。当時木造だった自宅が
火事になりかけた時には、猛烈に吠え立て、家族に危険を知らせ、最小限で済んだという
話を、後に祖父と父母が話してくれました。
そんな“S”も、老衰で寿命が近づく中、当時、母は私を妊娠。
そして出産を控え入院中、私は難産で大変だったそうなのですが、
私が生まれたその日に“S”は、母と私を見届けたかのように息を引き取ったと、後に、
父母が話してくれ、とても心が温かくなりました。きっと出産の間、魂を寄り添ってくれて
いたんだと思います。その後も家では犬を数匹飼っていましたが、あれから数十年経て、
いい大人になった今でも、子どもの頃買っていたわんちゃん達の優しさを、いつも心で感
じています」というメールをいただきました。

江原さん
「本当に、そういう事ありますからね。動物、特に犬は分かっていますね。
例えば、新しい家族、赤ちゃんが生まれる時に“もう自分は去る”と、いなくなる場合が多い。我が家
の犬も、そろそろお別れが近いんじゃないかなと思って、淋しいんです。気持ちがよく分かります」

「私には3人の娘がいます。真ん中の小学校3年生の娘が“人に色がついていて、人が思っ
ている事が、その人の頭の上やお腹辺りに文字になって現れる”と言い出しました。
娘の言っている事を嘘だと思っていません。信じています。
でも、私にはそんな能力はないので、特殊な能力を持っている娘と、
どのように接したらいいか教えてください」というメールをいただきました。


江原さん
「気にしなくていいと思います。むしろ過干渉に“どんな色なの?”と言う方がよろしくない。
色が見える、文字が見えるというのは、あります。でも、御嬢さんも長く続くかどうかは分からない。
大体、思春期を終え、残るかどうかが要。岐路。18歳までいって、それでも残っていたら、ずっと残る可能性がある。でも、それを越えて消えてしまうのがほとんど。人によって色々ですが、そういう事があるという事は、感性など含め、色々な才能があるという事。そうやってプラスに考える。お母さんが心配し過ぎてはダメですよ」


「“人の念”について質問があります。つい先日、就寝中になんだか寝苦しくて、夜中に
目が覚め、動悸もして金縛りに近い感じになりました。でも、いつの間にか眠りについて
いましたが、朝起きると、体がとてもだるかったです。その後、私が金縛りのような症状
になったとき、ちょうどその時間に親類が私の事でもめていた事が判明しました。
この金縛りのような症状は、念が飛んできた為に起こったのでしょうか」というメールをいただ
きました。


江原さん
「こういう事あります。これを元に、リスナーのみなさん、注意して頂きたい。特に親御
さん。子どもの事でヤキモキしていたり“この子はどうだこうだ”と、不満を言っている
と、逆に、子どもを金縛りにさせてしまう。それは、寝ている時だけの金縛りならいい。
日常をフリーズさせたりする。心配の念が、その人をよりよくさせるのではなく、返って
足を引っ張る事がある。魔法の言葉というが“大丈夫”とか、ポジティブな念。
“この子をどうか、のびのびと、イキイキと、育つように導いてください”と、祈っていた方が、
よっぽどいい。“いってらっしゃい”“おかえりなさい”は、重要。“いってらっしゃい”というのは、
その人の魂を存分に発揮できる魔法の言葉で、お祓いになる。
“おかえりなさい”は、除霊。“おかえりなさい”で、嫌な事をお祓いできる。
だからその“おかえりなさい”を言わないとダメ。
最近の奥さんは“いってらっしゃい”の代わりに“ゴミ出しておいて”と言うから、いけない。
そうすると、旦那さんをずっとなんでも義務で強いていくようなエナジーになっていってしまう。
子育てしている人は、今ドキッとしたはず。子どもに対して“どうして分かってくれないの”や、旦那さんに対しても、奥さんに対してもそう。“どうして、どうして”というと、逆にフリーズさせてしまうのです」


「私が唯一聴いているラジオ番組は『おと語り』のみです。いつもラジオはTOKYO FMに
合わせてあるのですが、前回、前々回と2回、勝手に違う局に変わっていました!家族も
触っていないとの事・・・。これってエンジェルさんの仕業でしょうか。そして今回はき
ちんと、TOKYO FMのままだった上、いつもは雑音が入るのに、とてもクリアな音で楽し
む事ができました!不思議です」とうメールをいただきました。

江原さん
「これは、私、二つの事があると思います。ひとつは、局を勝手にリサーチする機能。そ
こに何かが触れたか。でも、一番の理由は、これだと思う。振動です(笑)」


●5月・6月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
5月・6月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

◇Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!

スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!

美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

◇ リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!
『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。

●江原啓之 今夜の格言

「日本は神秘の国。生きとし生けるもの、

すべてのエナジーを感じることができる民族です」

「あなたの放ったエナジーは、消えることなく生き続けるのです」


●番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ しょく語り
◇ 厄払いのコーナー
◇ エンジェルさんのコーナー
◇ 5月・6月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー

メッセージの応募はこちらから




2015/5/10
「今日は、母の日。この番組も多くの世代の方が聴いてくれていますが、みんな誰もがどんな事情であれ“母”という存在を持っている。今日は『お母さん感謝デー』という事で、悩めるお母さんたちを癒したいと思います」という江原さん。
今日は、頑張っているお母さんたちのメールをご紹介しました。

今夜お届けしたナンバー
◇Mother nature’s son / ザ・ビートルズ
◇光の輪舞曲 / 江原啓之



「3月にメールを読んでいただきました。産院に入院中で、病室で赤ちゃんと一緒に聴いていました。出産に至るまでが不思議で、安産祈願に祖父母のお墓参りに行きました。すると、その日の深夜に破水し、入院。その2日後の私の誕生日に、無事娘を出産しました。陣痛が始まってから4時間の安産。主人に立ち会ってもらったのですが、期待以上のサポートだったり、陣痛室から分娩室までの10mを小走りして助産師さんに驚かれたりと、想い出に残る出産になりました。自分一人の力ではここまで来られなかったし、色んな人に感謝の気持ちでいっぱいです。これからは、娘と一緒に聴きたいと思います」というメールをいただきました。

江原さん
「なんで、ここにご主人と一緒にとはないのだろう(笑)。ご主人も一緒に聴いて欲しいな。お仕事で忙しいのかな。本当に良かったですね。おめでとうございます!」



「10歳の息子の事で悩んでいます。息子は、学校の勉強についていけません。小学一年生の時から担任の先生に“この先が心配な子です”と言われ続けています。家で私が勉強を教えたりするのですが、記憶する力や、理解するのにとても時間がかかったり。また、勉強する意欲もなく、どうしたら良いのかわかりません。国語が一番苦手で、その影響で算数の文章題も解けません。この先、勉強についていけず、不登校になってしまわないかと不安になります。私が勉強を教えると、つい怒ってしまう事もあって、息子自身が自信をなくしてしまっています。私のせいです。勉強が大事という事を、どう息子に教えていけばよいのか、アドバイスをお願いします」というメールをいただきました。

江原さん
「どちらの気持ちも分かる。親からすると、煮詰まってしまうという気持ちもすごく分かる。私も子育てをしていて“何でできないんだ。ダメだ〜”と、思う事もあるが、こういう仕事をしていると、色んな人に出会う。あなたもきっと答えは分かっているはず。心優しく元気で朗らかに明るく育ってくれたら、それが一番いい。確かに、ある程度学力が今後の未来を決めるという現実も分かります。けれども、どれだけの物を得たからといっても、暗い人生になってしまったらそれまで。また、明るく朗らかという事が大事なのと、私は“意識して無責任になる”というのも大事だと思う。自力ばかり考えない。“人に任せちゃえ。預けちゃえ。託しちゃえ”と。塾だとかではお金がかかるが、そんなにお金がかからない、地域で見てくれるボランティアのようなところもある。書籍にも書いているが、母子家庭のお母さんで“息子がいるが、お父さんがいないから心配だ”と言う人がいる。そういった場合には、ボーイスカウトが良い。ある種のお兄さんや弟たちができるし、指導者の人達もいる。私も4歳の時に、父を亡くしているから、父親の在り方いうものが、どういうものか分からず、子どもとどう接していいのか分からないという部分もある。子どもが小さい頃、子ども好きで、遊びやアクティブな事をしてくれる子どものお友達のお父さんがいた。自分が忙しいというのもあったが、子どもはそこにしょっちゅう遊びに行って、色んなところに連れていってもらっていた。人って、他人を育ててくれたりもする。勉強に関しても、うちも色んな人に勉強を見てもらうようにした。そうすると、勉強をみるだけでなく、コミュニケーションをとってくれたりもする。子どもを見ると、その当時勉強を見てくれていた大学生さんといまだにメールのやり取りをしている。逆にそうしていると、子どもの良さが見えてくる。でも、そういう時、親は自分が育てていないような気がして、ちょっと淋しい。しかし、そんな事はない。大事なのは、自分ではなく“この子”。“この子”にとって、一番いい道を選んであげたらいい。だから、あまり肩肘力入れずにした方がいいと思いますよ。まだ10歳。分からない。勉強がすべてではない。良い所、いっぱいある。あなたも分かっていますよね」



「私は先月、突然夫を亡くしました。子煩悩で、子どもたちには大変優しい夫でした。しかし、亡くなった後に、夫が家庭のある女性と不倫していた事が発覚し、亡くなった事と、不倫のショックで悲しいやら不信感やらで、まっすぐな気持ちで供養できません。もちろん私にも原因があると思いますが、このような気持ちのまま供養していてもよろしいでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「こういう事ってあると思う。でも、なぜこの不倫をしていたという事が発覚したのかという事が残念。知らぬが仏という事もある。私の知っているホスピスで働くカウンセラー方が、墓場まで持って行かなくてはならない事がいっぱいあると言っていた。人は伝えたいもの。ある時、ある女性が末期がんで亡くなった。ご主人や息子さんがお見舞いに来ていて、とても優しく素敵な家族だなぁと思っていたら、そのカウンセラーの方が、その女性に呼ばれ“あなただけに、言っておきたい。実は、息子は夫との子ではないの。夫はそれを知らないの”と言われ“私に言うの???”と思ったんだとか。人は、本当の事を言って死にたいところもある。でも、すごくいい家族。ということは、日々の暮らしは良かったという事。あなたの気持ちもすごく分かる。しかし、恨み節というのはよくあるが、裏には依存がある。みんな“ひとりひとり”だと思う。完璧に強い人は、世の中にはいない。家族においては、優しい夫だった。一生懸命その気持ちも務めていた。でも、どこかでこの方には、心のはけ口が必要だった。それが人によってはお酒だったり、色々あると思う。しかし、やるべき務めは果たした。あなたにも、弱い所はあると思う。“水に流す”という言葉があるが、人間には弱い所もある。私だって、食べちゃうんです。分かっています。これだってある種、裏切り。このまま病気になって死んでしまったら“子どもの事も家族の事も考えず、あなたは食べたのですね。家族よりも食べる方をとったんですね”となる。それくらいの大きな人間愛になれたらいいかなと思います」



●5月・6月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
5月・6月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

◇Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。
◇ リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。

●江原啓之 今夜の格言

「母は太陽でなければなりません。光を照らしていますか?光に感謝していますか?」
「すべての生き物は、光に照らされ育つのです」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ しょく語り
◇ 厄払いのコーナー
◇ エンジェルさんのコーナー
◇ 5月・6月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー

メッセージの応募はこちらから




«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 72 | 73 | 74 || Next»