2014/9/28
9月も終わりますね。
「今年も残り100日を切りました。早いですね。早いものといえば、子どもが育つのも早い。人の家の子の成長も早く、急に大きくなっていてびっくりしてしまう。特に女の子。あれだけ膝の上に乗せて抱っこしていた子が、ギャルになっちゃっていたりしていると、馴れ馴れしく声をかけるのも、と思ってしまうんです」という江原さん。
今日は『子育て・親』をテーマに番組をお届けしました。



今夜お届けしたナンバー
◇Wild Child / エンヤ
◇旅立ち / 江原啓之


「小4の息子がいます。最近とても仲の良かった友達に“うざい、もう遊ばない”と言われたようです。初めは、子ども同士の事だからそのうちまた遊ぶだろうと思っていましたが、少し長引いているようです。同じ習い事もしていますが、ふと見ると息子は孤立状態。活発で気が強く負けず嫌いな息子なので、原因はそこにあると思いますが、淋しそうな息子を見ていると切なくなります。息子は“大丈夫”と言っていますが、心配でなりません。私は自分が過去にいじめられた事もあり、つい過敏になってしまうのかもしれません。私が口を出すべきか、放っておく事か、どうしたらいいのか分かりません」というメールをいただきました。

江原さん
「まずは“自分より子どもを愛そう”。みなさん、心配性なお母さんだなぁとお思いでしょう。心配性と言ってしまえば、片付くのがいけない。これは、子どもよりも自分を愛している。また、いつも言っている事ですが、子育てのトラブルは必ず自己投影してしまう事。子どもの事なのに、自分の事になってしまう。だから、子どもを冷静に見られない。自分のトラウマに翻弄されている。こういう親御さん、特にお母さんが多い。私も経験がありますが、お子さん男の子ですよね。男の子の場合、あまりお母さんにそういうところを知られたくない。分かっていても見て見ぬふりをして欲しいと思っている。増して、活発で気が強く負けず嫌い。私は良いと思う。社会に出る為に必要だと思う。お母さんがあまりにも過干渉になると、せっかく自分で立ち上がる“負けず嫌い”を失くしてしまいますよ。その気持ちを折ってしまう。ただ、ケガやいじめ等がエスカレートする場合もあるし、完全に目を離したら危ない。ずっと見るけど、見て見ぬふりをする。そしていざという時は、手を差し伸べる。親の学びというのはじれったかったりする。全然違う視点で言うと“神様助けて、守護霊様助けて”と言うが、同じ気持ちでみなさんの事も見ているんです。一方通行で“助けてください”と言うけれど“立ち直れよ”と、みなさんの愛する人も誰も、みんなそう思っている。だから、この事をよく分かったら、自分のご先祖様や亡くなった人、守護霊様に至るまで、あなたに対してイラッとしているという事に気付いてください」


「年長と小3の息子たちがいますが、今『妖怪ウォッチ』というアニメやキャラクターが流行っています。その内容は、主人公の男の子が特殊な腕時計をはめると妖怪が見えて、お友達にとりついている妖怪を力づくで引き離すか、話し合いで解決し、友達になるというような話です。息子が“地縛霊って何?”と訊いてきます(笑)。今この時代にこのようなアニメが流行るのは、目に見えない世界を大切にしなさいというメッセージなのかなと思っています」というメールをいただきました。

江原さん
「あまり『妖怪ウォッチ』の事は知らないのです。先程聞きましたが“ジバニャン”というキャラクターがいて、地縛霊の事らしい。心霊研究科の私としては(笑)、本業として物を申せば、地縛霊というのは、土地や何かの想いをなかなか浄化出来ず、執着を残している魂。という事は、執着があるから、あまり良い事ではない。それを“ジバニャン”と言って、明るい仲間にしているのかな。そう考えると『妖怪ウォッチ』分からないから、時代を変えると赤塚不二夫のマンガ『もーれつア太郎』に似ている。『もーれつア太郎』は、お父さんが、女の子に木の上に引っかかってしまった風船を取ってあげて、木から落ちてしまい死んでしまう。そして幽霊になり、ア太郎にだけお父さんが見えるという話だった。それと似たような感じかな。でも、親は大変。私の子どもが小さい頃は、ポケモン。ポケモンカードやポケモンランドにスタンプラリー。親も翻弄されたり、色々ありました。それも、いい親の学びかなと思います」



「80歳の母がオレオレ詐欺にお金を手渡してしまいました。以前、一回騙されかけた時は、お金を振り込む前に銀行の方に気付いていただいたのですが、今回はATMで引き出し、兄の同僚に扮した男に渡してしまいました。本当に私は馬鹿だと落ち込み、一人で家に居る事さえ怖いと、精神的に参ってしまっています。いつも子ども達の事を想い、騙されてしまった母をとても切なく思いました。これから母に立ち直って貰う為に、アドバイスをお願いします」というメールをいただきました。

江原さん
「とにかくお母さん80歳だから、お気の毒としか言いようがない。しかし、若いお母さんたちは切り替えて聴いていただきたい。最初にご紹介したお母さんと同じで、過干渉なのかもしれませんね。世の中の多くのお母さんたちが、子どもには想像力のある優しい子になって欲しいと言うのだけれど、そうであれば、ある程度は自己責任。谷底に突き落とすなんてよく言うけれど、それが必要なんです。過干渉さが、オレオレ詐欺を生んでいるのかもしれない。これを愛というのか、溺愛というのか。普通だったら、自分でなんとかまずしなさい。自分でした事ならば、責任をとりなさいとなる。どこか今の時代“隠蔽”という体質はないか。繕おうという感覚。気持ちを切り替えなければいけませんね。でも、お母さんたち大変だと思います」



●9月生まれの方 誕生日おめでとう!! ―――
9月生まれのあなたは、道を示す先見の明が潜在的に備わっています。
周囲の人々の道を照らしてください。

たくさんのメールいただきました!すべての方の名前をご紹介できずに申し訳ありません。
◇ “おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
お誕生日の方に“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。

10月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
10月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなどひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。


●『華恋・歌恋コンサート』〜フェアリーに癒されるサンクチュアリ〜 チケット発売中!
江原啓之、假屋崎省吾コラボレーション公演が開催されます!
「假屋崎さんのピアノの伴奏で私が歌い、私が歌っている間にお華のデモンストレーションがある。そして私もご指導を受けながら、一輪挿しに挑戦します」という江原さん。
みなさま、お誘いあわせの上、是非お越しください。

10月12日(日) いずみホール(大阪府)
11月8日(土) 三井住友海上しらかわホール(愛知県)
12月6日(土) 紀尾井ホール(東京都)
詳細はこちらから↓
http://www.ehara-hiroyuki.com/guest/index.html


●Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

◇リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。

●江原啓之 今夜の格言

「子育ては親育てです」
「子は親の背を見て育つのです」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 突然の電話コーナー
◇ しょく語り
◇ 厄払いのコーナー
◇ エンジェルさんのコーナー
◇ 10月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー

メッセージの応募はこちらから




2014/9/21
秋の足音も少しずつ聞こえてくる季節となってきました。
家族・親族・身内等、本当は親しくするべき人たちが仲違いしてしまうケース、多いですよね。
「甘えがあるから。他人だったら我慢するところも、身内だと我慢をしない。そこには“依存心”がある。分かってもらいたいからなのです」という江原さん。
今日は、『家族の悩み』をテーマに番組をお届けしました。



今夜お届けしたナンバー
◇Whatever / オアシス
◇やから道 / 江原啓之


「私は兄が嫌いで嫌いでたまりません。いわゆるニートで30歳。大学を卒業してからきちんと仕事に就いた事がなく、毎日ハローワークに行くという口実で、都心に遊びに行っています。髪もずっと長くて不潔です。家にいる時は食べ物をあさり、PCで遊んでいたり、TVでいやらしい番組を観てニヤニヤしています。また、勝手に私の部屋に入り、スマートフォンを使ったりします。彼の触った物には触りたくないし、私の物にも触れて欲しくありません。口もききません。いつまでも実家に寄生しているのが許せないんです。今では、どうすれば彼がいなくなるかばかり考えてしまいます」というメールをいただきました。

江原さん
「30歳のくせに等よく分かるが、それを良しとする親御さんがいる。こういう方の場合、親子の課題が多かったりする。“息子が…”と悩んでいるお母さんもいるが、その息子が元気に行ってしまったら、そのお母さんの元気がなくなってしまったりする場合もある。人はマイナスがあれば逆にパワーが出る事がある。居られる場所があるから。まず根本から解決してみたらいかがでしょうか」



「私の母は、私が小さな頃から娘の悩みを解決しようとはせず、一緒になって泣くような母でした。そして娘がいじめられたら正義の味方を演じ、いじめた子の母親を吊し上げ“ざまあみろ、悪は消える。私は強い!”と満足する母。娘が強い人間になれたかどうかはお構いなし。強くなったのは母だけで、守ってもらった私は少しも強くなれませんでした。遅すぎますが、母が世界一正しいと思い込まされていた事に最近気づきました。80歳になっても、未だに正しいと思い込んでいる母。娘は気に入らない人間を憎むだけのダメな人間になってしまった事に気が付いていません。腹が立った人の話をすると、すぐには怒らずにその時はニコニコしておいて、後でここぞという時に皮肉を言えばいい、足をすくってやればいいと、母は私に教えました。私は母の性格を執念深いと思う様になりました。こんな母と、今後どう接していけば良いでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「ご自身で分かっていない。これは自慢。この全ては自分のせい。自分が強くなれないのをなぜ母のせいにするのか。それ自体、この母の元で甘えて育ったという事。確かに癖のあるお母さん。でも、下町には山程いる。友達関係でもそうだが“なんだってぇ〜!そんなヤツ!!”と言われたら、スカッとする事もあるでしょう。“何があっても味方だよ”と。また、そういう風に言われて自分の方が間違っている時は“自分も悪いかも”と、気に病むもの。極端だが、そういう導き方もある。だから、受け止め方。あなたも、そんな母で実はすごく安心してきたはず。それを分析し理解していかなくては。素敵なお母さん。間違っている所もあるが、80歳になって今からそれを直そう、正そうというのは違うと思う。感情的であまりよろしくないかもしれないが、“何があっても味方”というタイプの人なんです。 “ありがとう”と言えばいいだけ。自己責任。いつまでも子どもでいてはいけませんよ」



「夫から突然夫婦関係を解消したいと言われました。私の生活ペースに合わせられないと言うのですが、情けない事に私には何の事を指しているのか分かりません。今までも度々不機嫌になるので気に入らない事があるのは分かっていましたが、尋ねると余計に不機嫌になるので聞けませんでした。子どもはありません。今まで8年間色々ありながらも、夫を中心に考えてきたつもりでいましたが、何が悪くてこうなってしまったのでしょうか。私はずるいです。家族・世間体・経済的な不安を正直持ってしまっています。でも本当に夫とこれからも生活したいのです」というメールをいただきました。

江原さん
「難しいですね。でもあなたは“私はずるいです”と分かっている。夫婦でも友達同士でも常に危機感は必要。しかし旦那さんもきちんと話が出来ないのはいけない。夫婦は共々責任があるのだから“あなたはそれを説明するのは義務。確かに自分も悪い所もあるかもしれない。でもお互いに二人で歩む道を選んだのだから、それはちゃんと説明して欲しい”と、言った方がいい。私はあなただけが悪いとは思わない。日本の夫婦は、意外と話し合わず、いざという時には心が離れているという事が多いかもしれない。別のところでも、旦那さん側からの話で、働いてきて定年になったら心が通い合わなかったという話もあった。一生懸命に働いて、定年になり“なんで自分って生きていたのかな”と、分からなくなってしまう時がある。また、奥さんから突然言い出されるケースもある。そういう事があるみたいですね」



●あなたが感動した言葉―――

美しい唇であるためには 美しい言葉を使いなさいbyオードリー・ヘップバーン
番組ではみなさんが感銘を受けた言葉を紹介していきます。

「『私のかわりに』
もう私が守ることができないから
どうかこの子が道端で泣いていたら
大丈夫だよと声をかけてやって下さい。
どうかこの子が独りぼっちで公園にいたら
一緒に砂山をつくってやって下さい。
どうかこの子が運動会でかけっこをしたら
頑張ったねと抱きしめてやって下さい。
そしてこの子が参観日に淋しそうに
後ろを振り向いたら、手をふって
ウィンクしてあげて下さい。
そして中学にあがった日には
満開の桜を背景に
写真をとってやって下さい。
そして反抗期には、何をしてもいい
人に迷惑だけはかけるんじゃない
身体だけは大切にしなさいと
伝えて下さい。
いずれ社会に出て色んな壁とぶつかったとき
下だけは向くな、人のせいにするなと伝えて下さい。
そして心から好きな人が現れたら
求めずに与えなさいと。
そしてどうかこの子の結婚式の日には
たくさんの笑顔で祝ってあげて・・・
それからどうかこの子が母親になって
涙しながら我が子を抱き
絶えることのない強い愛を知ったとき
あなたの母は変わることなくその愛を
今もあなたに注いでいると伝えて下さい。
それから最後に
どうかこの子に
私は世界一幸せな母親だったと伝えて下さい。
どうかどうか世界中の皆様
私のかわりにお願いします
私のかわりに。」
(プチトマトさんが感動した瀧本光静さんの『最後につたえたかったこと』という書籍にある、30歳で余命3ヶ月のお母さんが、一切の娘さんを想って書かれた言葉)


◇ Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。
◇リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。
◇9月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
9月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。


●江原啓之 今夜の格言

「甘えがあるから争いがあるのです」
「孤高こそ幸せの道なのです」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 突然の電話コーナー
◇ しょく語り
◇ 厄払いのコーナー
◇ エンジェルさんのコーナー
◇ 9月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー

メッセージの応募はこちらから






2014/9/14
大人気コーナーの『エンジェルさん特集』。
番組には、たくさんのエンジェルさん目撃談が寄せられています。
「色んなエンジェルさんがいて、多様化してきています(笑)。今日は、そんなエンジェルさんを分析していきたいと思います」という江原さん。
今日は、『エンジェルさん特集』をお送りしました。



今夜お届けしたナンバー
◇Loving You / ミニー・リパートン
◇天使のリュート / 江原啓之


エンジェルさん目撃情報
「8月上旬に専門医の試験勉強で、ずっと机に座りっぱなしで、首肩腰腕がゴリゴリに凝った私は、ピップエレキバンを愛用していました。一回で捨てるのがもったいないので、テープを貼り替えて使っている私。次に使うべくお茶葉の缶に沢山貼り付けておいたら、ある日突然、全てのエレキバンが無くなったのです!あらゆる所を探しても一つもない!諦めていたのですが、なんと試験の前日に、隣のジャム缶の蓋にこんもりと突如出現したのです!!!エンジェルさんの仕業と確信した私。全てを、身体のツボというツボに貼りまくり、試験を受けました!結果は見事合格でした」

江原さん
「合格、おめでとうございます!でも、年齢と共に自然のエンジェルさんが出てくる(笑)。年齢と共に現れるハッピーエンジェルさんという存在。私もつい最近驚いた事がある。布団の中で、何かが自分に当たる。しかも硬い。変なものに絡まれる夢みたいなものまで見て、“え〜ッッ”と起きて“これだ!”と掴んだら、孫の手だった(笑)。孫の手は布団の中にないはず。もしかしたら寝ている時に、背中がかゆいと思って夢遊病のように孫の手を持って…いや、エンジェルさんです(笑)。ハッピーエンジェルさんです」




エンジェルさん目撃情報
「先月、半年間入院していた父が他界しました。35日法要の数日前の朝。母が“昨日、お父さんが来た”と、嬉しそうに話していました。夜中、母は肩をトントンと叩く感触を感じ、それが父の叩く感触と同じだったようで、“お父さん…”と話しかけたら、部屋の扉がカタカタと鳴ったそうです。お盆の帰省中で別室にいた私は全く気付きませんでした。父はきっと母を護ってくれているでしょう。私も今は朝と眠る前、父に手を合わせています」

江原さん
「これは、リアルエンジェルさんですね。これは、味わった者でないと分からない。声や、ポンポンと叩かれる等。私が経験したのは、辛い出来事があって、その時にベッドで横になった時の事。ロンドンで勉強をしていた時にとても可愛がってくれたドリスという優秀な霊媒の事を想い“ドリスはこういった時、どうやって乗り越えたんだろう”と想った際、まるで添い寝をするように後ろから“大丈夫”と言わんばかりに、グワンと凄い勢いで圧力がかかり、抱擁された。“ドリス!”と、すぐに分かった。そういう事があるんです」



エンジェルさん目撃情報
「私はスーツケースに縁結びの御守りをつけていますが、毎回良い出会いを導いてくれます。今年もLAでホテルに独りバスで向かっている際、爆睡。慌てて降りたらとんでもない所。タクシーを呼んでもらいにお店に入ると、一人の男性が親切にもタクシー会社に電話をしてくれました。しかし、ピックアップまで時間がかかるとの事で、泣き出しそうな私。哀れに思ったのか、ホテルまで送ってくれる事になりました。一瞬不安がよぎりましたが、車中その方がアパッチインディアンの血筋で俳優をしている話等をしてくれ、ちゃんとホテルまで送ってくれました。帰国した私は、その方に手紙を書きました。アパッチインディアンの歴史を調べ、また、日本の事を伝えようと改めて調べていくうち、日本の魅力も再認識しました。きっとあの方は“生きエンジェル様”。改めて日本の素晴らしさに気付きなさいと、教えてくれたのかもしれません」

江原さん
「本当にそうですね。これは、感謝エンジェルですね。それは心・魂。真心というエンジェル。ただ、あなたは本当に救われたかもしれませんが、アメリカだしね。みなさん、それが当たり前だと思わず一応用心して、気を付けてくださいね」



エンジェルさん目撃情報
「先日、家に掃除機をかけていた時、掃除機の横をエンジェルさん?小人のような人が通り、足早に去っていくのを目撃!目で追っていく私はつい、掃除機の吸い込み口も一緒にエンジェルさんを追ってしまい…。スポッ!!吸い込んだような、逃げて行ったような…。こめんなさいね。エンジェルさん」

江原さん
「こういう事あります。私の友達も小学生の頃、真剣に私に“引き出しからおじさんが出てきた”“手が出てきた”と話していた。私は、あまり小さいおじさん系は見かけないけれど、ロンドンで小さい悪魔を見た事がある。デビルの格好をしている。色んな悪口を言ったりしているが、小さくて可笑しくて、恐くもなんともなかった。これは、吸い込んだのではなく、消えたんです。妖怪エンジェルさんです(笑)」



エンジェルさん目撃情報
「エンジェルさんというよりは“父エンジェル”だと思うのですが、10年くらい前の暑い日の事。その日は風もなく、網戸だけにしてありました。その部屋で、父の好きだった鉄道雑誌を“好きだったっけな〜”と、父を想いながら読んでいたら、かけてあった息子の帽子がポトリ…。風もないのに落ちたのです。父だ、と思いました。そうだったら嬉しいです」

江原さん
「リアルエンジェルさん。こうやってさりげなく伝えるものなのです。想う気持ちがないとダメ。あとはそこに絆。優しい想いがあってこそ気付く。そうでない人にしてみたら、ただ偶然に落ちただけだとなる。人間は、そういった優しさが大事ですね」



「私は以前、イギリスでスピリチュアルヒーリングを勉強していた事があります。ヒーリングはリラクゼーションに効果があるだけではなく、自分の健康状態、トラウマそして課題がチャクラを通して具体的に知る事が出来ます。そして何より素晴らしいと思うのは、医学的な方法に頼るだけではなく、自分の問題点や課題と本当の意味で向き合う事が出来るからです。イギリスでは専門的なヒーリングクリニックや無料でヒーリングを受けられる所が沢山ありますし、病院によっては一つの治療方法としている所もあります。日本は今スピリチュアルブームですが、スピリチュアルヒーリングの事はあまり知られていないような気がします」というメールをいただきました。

江原さん
「何でもそうですが、正があれば負がある。負があれば正がある。なぜイギリスがそうなのかというと、実はイギリスは医療機関の制度がよろしくない。日本は、お医者さんが選べる。イギリスは選べない。お金がないと、ホームドクターやプライベートドクターを雇えないし、決められている。だから、身体に関わる事は、イギリス発祥が多い。アロマテラピー、リフレクソロジー、ヒーリング。要するに、自分で自分の身体の事は責任を持っていこうと考えるから。それくらい逆を言えばよろしくないのです。日本は恵まれている。そういう意味ではヒーリングも良いが、日本の場合はどうしても軽くなったりおまじないのようになったりしてしまう。イギリスの場合は、心理療法と同じようになっているが、その裏にはそういった苦しさがある。せっかくですから、ラジオの前のみなさんも、自分でできるヒーリングがある。有名なヒーラーのヒーリングを見てきましたが、みんな必ず言う事がある。“さぁ、ウィンドウショッピングをしている事をイメージして”“友達ととっても楽しいイメージを”等。やはりポジティブな希望は大切だという事です。思考というのが自分の未来を創るのです」


◇Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

◇リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。

◇9月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
9月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。


●江原啓之 今夜の格言

「人生は気付きの連続です」
「見守りがあると感じられる人生は豊かです」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 突然の電話コーナー
◇ しょく語り
◇ 厄払いのコーナー
◇ エンジェルさんのコーナー
◇ 9月お誕生日の方
◇ De.Recella城嶋さんへの質問コーナー


メッセージの応募はこちらから





«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 60 | 61 | 62 || Next»