2016/5/1
GW真っ只中。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
「GWを過ぎると、5月病なんていう言葉もある。人間関係で悩んでいる方も多いのではないでしょうか」という江原さん。
今日は『様々な世代の人間関係のお悩み』をテーマに番組をお届けしました。

今夜お届けしたナンバー
◇素直になれなくて / シカゴ
◇スカボローフェア / 江原啓之



「とても悩んでいる事があります。子どもの頃から社交的で人見知りとは無縁の私ですが、年々人から好意を持たれる事が増えてきて、人と接するのが面倒に感じています。親身なれば好きになられ、一度食事に行けば好きになられ、仕事関係ではコッソリ自分の携帯番号を渡され、笑顔で接するとデートに誘われるなど、キリがありません。飲み会で一緒に飲んだ数名の男子全員に好きになられた事もあり、もう、うんざりです。見た目も普通の普通で、何がこうさせているのか分かりません。最近では好意を持たれる事に嫌悪感を抱く程になり、人と接する時は冷たくしてしまいます。その甲斐あって、今では踏み込んでくる人が減り、穏やかな日々を送っていたのですが、最近、職場でもう少し和やかにと言われてしまい、悩んでしまいました。もうどうしたらよいか分かりません」というメールをいただきました。

江原さん
「幸せだなぁ。好かれている方がいいのに。誘われても断ればいい。誘われないより、いい。ご本人にとっては悩みかもしれないが、良く思われる分にはいいのではないか。言い寄られたりすると、隙が多いのかと思われているのかと、腹が立つのかもしれませんね」


「江原さんは嫌いな人と、どうお付き合いされていますか?他人なら、ある程度スルーできる所もありますが、親戚など、ずっと付き合わねばならない人で合わないのはとても疲れます。縁を切る訳にもいかないですし…。私は関東から関西へ嫁ぎ、仕事をしているので度々姑に子どもを預けなければならないのですが、姑がいい加減で、事前に伝えていた預ける日も間違えていたり、孫が来る日と分かっているのに辛い料理を作って“子ども達には何食べさそう”と言っているのを聞くと、とても腹が立ちます。結局、卵かけごはんで晩御飯は終わりという事がしょっちゅうです。預かってもらえるだけでありがたいのでしょうが…。姑に意見したいですがやはり嫁の立場では言いにくく、子どもが世話になる事を考えると言い返せないまま悶々と過ごす日々です。こんな姑とはどう付き合っていけば良いでしょうか。江原さんは親戚付き合いをどうされているのかお聞きしたいです」というメールをいただきました。

江原さん
「あなたが間違っている。こういう時は金銭で換算してみる事。ベビールームや、ベビーシッターさんに願いするのは、すごく大変。ちょっと贅沢な悩みかな。卵かけごはんも毎日ではないし、いいのでは。お姑さんも、預かる日を間違えるのは困るので“それだけはちゃんとしてください”という事でいいのではないか。孫だから、責任は持ってくれるし、可愛いと思ってくれているのでしょう。気にし過ぎです」


「僕は人付き合いがあまり好きではありません。一人でいる方が、気が楽なのですが、学校ではグループ行動が多いので、友達を作る為に無理して明るい自分を演じています。友達からは話が面白いねと言われる事もあるのですが、もっと面白い事を言わなくちゃと、とてもプレッシャーに感じ、疲れてしまいます。ありのままの自分でいたいのですが、本当の僕は暗い性格なので、きっと一人ぼっちになると思います。どうしたらいいか分かりません」というメールをいただきました。

江原さん
「あなたは16歳。まだこの世に出てきて16年しか経っていないのだから、そこまで決めつけなくてもいいのではないか。あまり気にしない事。無理して演じる事もない。かといって、素のままというのもいけない。大人になっても素のままで生きている人なんていない。素のままで生きていたら大変。みんな演じている。ほどほどに演じる事の勉強なのだと思っていればいい。自分の家に帰ったらプライベートな時間もある。そこで自分らしく生きていけば良いのではないでしょうか」


「現在一戸建ての家に住んでいるのですが、近所の家主が出す騒音についてご相談があります。近所の家主が、毎日夜中遅く(23時~25時過ぎにかけて)になってから雨戸を力いっぱい閉めるのです。もうとっくに家にいるのになぜ?なぜこの時間に力いっぱい大きな音を立てて雨戸を閉めるの??その家主が雨戸を閉めるその度に、心臓が痛い思いをしています。とても家主の考えが理解出来ません。今日こそは文句を言ってやろうと思う時は何度もあるのですが、江原さんの本において“ご近所トラブルは相手にしない事。同じ土俵には上がってはいけない。感情的になってはいけない”という事があった為、直接文句を言う事はしていません。確かに一度もめ事を起こせば、その後はずっと険悪な関係となるのでしょうが、なぜこちらがビクビクしながら、息を潜める様にして過ごさなければならないのかと、理不尽な状況に怒りを抑えきれなくなりそうな時があります。スピリチュアルな観点から見ると、永遠に続く事ではない、相手にするだけ自分の時間と労力の無駄使いだという結論になるのかもしれませんが、アドバイスをいただけたら幸いです」というメールをいただきました。

江原さん
「自分自身で答えは分かっている。という事は、腹の虫が治まらないのでしょうね。代わりに言ってあげましょう。“バカヤロー!!!”。これでいいかな。“近所の者ですが”と、自分の名前を入れずに、丁寧に手紙でも書いてポストに入れておいたらどうか。それでもダメだったら、こういう人はダメなのです。あとは考えようによっては、ご近所からクレームがくるからと、逆に音にビクビクして生活している人もいる。それがなくて済むという事もある。そういう利点も考えてみたらいいのではないかなと思います」


「私は幼稚園の年長と0歳の二児の母です。上の子が年少の時、私は自分では信頼していたママ友に、秘密にしていた話を他のママ友に言っていた事が分かりました。人間不信になり、子どもが年長になった時は、そのママ友とは口もきかない状態に。でも今、少し後悔しています。今後、街中で会ったらどう対応したらいいですか」というメールをいただきました。

江原さん
「“こんにちは!”と言えばいいだけです。“元気〜?”と言って終わればいいのです」


●5月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
5月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

◇ Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

●江原啓之 今夜の格言

「人に抱く感情は、自分を映す鏡です。実は自分を見ているのです」
「依存はことごとく悲しみを生みます。
 依存しない生き方に平和があるのです」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 厄払いのお便り
◇ エンジェルさん目撃談
◇ 若者メールからのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ 5月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
2016/4/24
4月14日に熊本地震が起こりました。
「ラジオやテレビ等、様々な所で情報に触れては、心を落としたりしている方もいらっしゃると思います。また、故郷が熊本の方や、お友達がいる方もいらっしゃるでしょう。私も公演などで熊本に訪れると、いつも温かく迎え入れてくださる。何とか寄り添っていかなければいけないなと思うのです。また、世の中にはSNSでのデマや誹謗中傷が溢れている。今はそんな事をしている場合ではない。心をひとつにして、皆で明るく前を向いて行かなければならない時。番組を通してみなさんに元気や、生きる勇気を伝えていかなければいけない。東日本大震災の時も申し上げましたが、大変な時や困った時というのは、感情ではなく理性。それを絶対に忘れない事。理性で判断し、ブレない自分というのを、今こそ身に付けていただきたいなと思います。みんなで熊本の事を思いながらも、元気よくいった方がいいと思います」という江原さん。
番組には、『結婚・夫婦』に関する様々なお悩みメールが届いています。
今日は『結婚』をテーマに番組をお届けしました。

今夜お届けしたナンバー
◇The Way We Were / バーブラ・ストライサンド
◇やからみち / 江原啓之



「32歳と33歳って印象違いますか?35歳までには結婚したいです。今、頑張って婚活していますが、結婚は頑張ってするものでもないのかな。“縁”ですよね。結婚って何なんでしょう。うまくいきそうでうまくいかないので、分からなくなりました。結婚って何だろうっていう闇の中にいる時もあれば、出会いを探しに行く事が楽しみな気持ちになる時もあります」というメールをいただきました。

江原さん
「女性は結婚を年齢で考えるのかな。32歳と33歳では印象は全然変わらない気がしますが、女性たちは変わると感じるのでしょうか。誰が相手というよりも“35歳”という事が中心になってしまっている。結婚は学び。絆も学び。良い時もあれば、悪い時もある。その中で積み重ねてきて、お互いの成長のメモリを見合うという事なのではないか。あなたが素晴らしいのは“出会いを探しに行く事が楽しみな気持ちになる時もある”という事。その中で、メモリを見合う相手を見つけようという事が大事。年齢ではありません」


「私は去年、一方的に婚約破棄されました。理由は、私と彼の価値観の違いという事で、2人の話し合いもないまま突然、私の実家に彼と彼の母が訪ねてきて、破談にしたいと言われたのです。海外挙式の一ヶ月前でした。しかも、私の両親の前で、彼のお母さんが私の事を罵倒したのです。彼は黙ったままでした。とんでもないマザコンだったのです。どうして彼の母親にそこまで罵倒されないといけないのか。挙式一ヶ月前の突然の出来事にとても辛い日々でしたが、法的処置もとらせていただき、今は前を向いて生活し、新しい彼氏もできました。でも、時々去年の悪夢が蘇ってきます。両親や親友にはそんな男と結婚しなくて良かったと言われたのですが、私にいけない所があったから婚約破棄になったのだろうかと、なかなか前向きになれない時もあります。今の彼もマザコンではないか?私は一生独身ではないかなど、不安な気持ちが拭いきれません。私にも悪い所があったのでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「あなたも悪い。引きずる性格が悪い。友達がせっかく言ってくれているのに、素直じゃない。友達の言っている事は正論。こんな男と結婚してしまったら大変。“お母さんと結婚すれば?”と、言ってやればいい。法的処置をとったのだから、良かった。おめでとう!」


「私は6年ほど前に、仕事や先行きの不安から、結婚を決めてしまいました。自分の弱さと軽率さをひしひしと感じ、反省しています。好きではない相手とケンカばかりの新婚生活を経て、それでも可愛い2人の娘に恵まれました。宝物です。夫とのケンカも大分減り、穏やかに過ごせる事が増えてきました。でも、夫の人間性(人の事を悪く言う、細かすぎる、人を責めるなど)が、どうしても好きになれません。夫と話す時は、ケンカではないですが、どうしてもお互いの批判が多い、情けない会話が多くなります、信頼し合えていない夫婦の関係を子どもに見せるのは良くない関係を学ばせているのだろうなと、心苦しく思う毎日です。私も夫といると、心から笑う事が少ないです。経済的に苦しくても、夫とは別に暮らした方がいいのか。それは私の身勝手なのか。そんな状況でも穏やかに過ごせるのであれば、今のままでもいいのか。子どもにとってはどうした方がいいのか。江原さんはどう思われるか聞かせてほしいです」というメールをいただきました。

江原さん
「本当は夫とうまくいくのに、それに気が付いていないのではないか。“好きでもないのに結婚してしまった”という事に、何かを引きずってしまっている。ケンカをするのは、仲がいいからできる事。自分の“好きでもないのに結婚してしまった”フィルターを通して見ると、アバタもエクボの反対で、エクボもアバタになってしまい、悪く悪く思ってしまっているのではないか。夫をすごく憎んでいたら、子どももそんなに愛せない。結婚は、別の人と結婚しても、こんなもの。理想の結婚というのは、ドラマの見すぎではないか。多分、リスナーさんで結婚している方に訊けば“ウチもみんな同じよ”と、言うと思う。もう一度新たに気持ちを仕切り直して、結婚に向かったらいいのではないかな。それを一度やってみて、それで違かったら、考えればいい。結婚は、こんなもの。“結婚してしまった”という想いをまず一回捨ててみる。嫌な人とは同じ空間で息を吸うのも嫌なものなのです」


●4月生まれの方 誕生日おめでとう!! ―――
4月生まれのみなさんは、やさしさの寄り添い人。
あなたの優しさが人の心を癒すでしょう。
※たくさんのメールいただきました!すべての方の名前をご紹介できずに申し訳ありません。

●5月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
5月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

◇ Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

●江原啓之 今夜の格言

「出会いと別れは紙一重。感情ではなく理性で見つめていますか?」
「絆とは紡ぐ糸のようなもの。地道な努力が必要です」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 厄払いのお便り
◇ エンジェルさん目撃談
◇ 若者メールからのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ 5月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
2016/4/17
4月は出会いの季節。
新しい職場や新しいクラスなどで、様々な出会いがあったのではないでしょうか。
「私は、高校生から大学生になる時に、大人の世界に入って行くような感覚があった。自由に学食でゴハンを食べたり、タバコを吸っている人もいるし、コンパもある。みなさんにも、様々な心の動きがあるのかなと思います。私の初恋は4歳でした。もう少し青春時代だと中学生の時。私がTVなどに出るようになってから、初恋の人から手紙が来た。今は米軍で働いている外国人と結婚し、アメリカで暮らしているが、たまに日本の基地にも来ていたりすると、それまでの苦労の人生が綴られていた。会う事はないですが、手紙を読んで清らかな自分が戻ってきた気がした。今日の放送で大人の方たちも清らかな気持ちになったのではないでしょうか」という江原さん。
今日は『若者恋愛特集』をお送りしました。

今夜お届けしたナンバー
◇Best of My Love / イーグルス
◇LOVE LOVE LOVE / ドリームズ・カム・トゥルー



「私は4月から浪人生なのですが、先日おそらく付き合う事になりそうな同い年の女性とデートをしてきました。私にとってはこれが人生初めての経験で、気になった事が多くありました。中でも一番気になったのは、どこまで奢るかです。食事をして、その後ショッピングをしたのですが、自分が奢ったのは食事代くらいです。できれば見栄を張って、他のも奢りたかったのですが、お金に余裕がなかったのと、全部奢るのが当たり前になるのは嫌だったからです。こういうのって何を基準にして判断すればいいのでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「初々しいですね!すごく真面目な人なんだなと思う。奢る基準も、世代もあると思う。あなたは18歳で浪人生。それで奢るのは違うと思う。社会人になっていなければ“まだ、社会人になっていないから、割り勘ね”と言えばいい。普段は割り勘で、お誕生日など特別な時だけにしてみたらいいのではないでしょうか」


「私は今、好きな人がいます。それは、高校の先生です。今までも好きな人がいた時はありますが、今ほど心が動かされた事はありません。これが本当の恋なのかなと気付かせてくれた人です。卒業式の日に挨拶に行ったのですが、その時“同年代は幼すぎてついていけない。今まで年上としか付き合ってこなかった”と、その先生が言っていて、とういう事は、年下は眼中にないという事なのかなと、すごくショックを受けてしまいました。かと思えば“年上や大人が間違っている事をしていると許せないから、年上や大人には優しくできない”と言ったりしていて、何を考えているのかよく分かりません。その先生は私と同じくらい仲良くしている子の事はあだ名で呼ぶのに、私はいつまでも苗字すら呼ばれず。最近やっと苗字で“さん”付けで呼んでくれるようになりましたが、距離を置かれているのかなと悲しくなります。卒業後に、ある学校のお手伝いをその先生に頼まれたので、その時、連絡先を聞いてアタックしてみようかと思っているのですが、相手が何を考えているのか分からず、マイナスな要素ばかりに目が向いてしまっていて、不安になっています。私はこのまま突き進んでしまって良いのでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「気持ちはとってもよく分かるけれど、難しいですね。高校の先生が若かったりすると、恋心を抱いたり、大人だなと包容力を感じたりするのでしょうね。先生に“まずは楽しめ、これからを”等と言われるかもしれないが、卒業したのならば、そっと好きという気持ちを伝えてみてもいいのではないか。筋・道・義理さえ通していれば、恋愛はフリーダム。青春を謳歌してくださいね」


「私は3年前から急に恋愛対象が外国の人に変わりました。それまではまったく恋愛対象ではなかったのですが、外国人の話す英語の音色、そして楽天的な性格に魅了されています。今は、異国の文化を共用する事がとても楽しく、英会話にも通っています」というメールをいただきました。

江原さん
「“楽天的な性格”とは、どこの国なのかな。キューバとかかな(笑)。でも、そういう事がきっかけで語学は伸びる。だから素晴らしいと思います。それにしても、耳心地のいい言葉というのはある。私もこの歳になると覚えようとも思わないが、フランス語が好き。フランス映画などを観ていると、柔らかい言葉に心地良くなるのです」


「私は今まで自身のなさと傷つきなくない気持ちから、好きな人の事を避けていたのですが、このままではいけないと思い、当たって砕けろの気持ちで、先日、告白をしました。結果は見事フラれてしまいましたが、気持ちはスッキリしています。まだ悲しくなる時もあるのですが、彼の幸せを祈る気持ちにもなれ、江原さんのおっしゃっていた『恋愛は人間関係』というのもよく分かりました。自分でもこの恋で、とても成長したと思います。これからは怯えずに好きな人に気持ちを表現していって、中も外もどんどん磨いて自信をつけて、素敵な女性になりたいと思います」というメールをいただきました。

江原さん
「素敵な女性になれる!頑張ってくださいね」


●5月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
5月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

◇ Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

●江原啓之 今夜の格言

「恋愛は、愛を量る学びです」
「愛は傷つくことを知りません」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 厄払いのお便り
◇ エンジェルさん目撃談
◇ 若者メールからのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ 5月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 89 | 90 | 91 || Next»