2018/3/4
3月になりましたね。来月から新社会人という方も多いのではないでしょうか。
「働くことは、私たちが生きていく上で必要なこと。誰もが分かっていながら、職場で悩み、愚痴や不平不満は絶えることはありませんね。働くは難儀。けれど、基本的に“働く”ということは“食べる為”。あとは、自分で自分をどのように御守(おもり)ができるか。楽しみは自分で作るもの。“今日の仕事は、本当に憂鬱だ”と思っても“これを楽しもうかな”などという自分の持ち上げ方が大切。特に女の人は持ち上げ方がたくさんあると思う。例えば着る物。“今日、これおろして着ちゃおうかな”などというだけでも気分が違う。今は、御守をしてもらいたいばかりで、自分で自分を御守しようという人が少なくなってきている。楽しむのは自己責任のような気がするのです」という江原さん。
今日は「働く上でのお悩み」をご紹介しました。

今夜お届けしたナンバー
◇Dirty Work / オースティン・マホーン
◇幸せのみつけかた / 江原啓之



「転職をして今の会社に入って一年。同じ課の同じ年齢の女性の方の態度に苦しんでいます。確かに私は彼女から見たら仕事ができず、イライラするのも分かります。ただ、皆の前で吊し上げのような指導や指摘、周りとあからさまに違う態度。ガンガン物にもあたるし、文句を言い出したら止まらない。きっと、彼女も私を辞めさせる方向でやっているのも分かります。最後の転職と思っていたけれど、やはり辞めた方がいいのか。どうしたら彼女との関係を軌道修正できるのか悩んでいます」というメールをいただきました。

江原さん
「ひとつだけ気になるのは、軌道修正できるかどうかも大事だけれど、それは何の為なんだろうということ。仕事を円滑にする為の軌道修正なのか、自分の居心地を良くさせたいが為の軌道修正なのか。仕事は、働いて糧を得る為。生業。そうすると軌道修正はあまり必要ない。自分の仕事をちゃんとやればいいだけ。チームワークで仕事をする場合には、軌道修正は必要だと思う。けれど、私があなたであれば“これは、自分の点数上がっちゃうな!”と思う。みんなの前で吊し上げにしたり、物にガンガンあたって文句を言い出したら止まらない人なら“可哀想に…”と、あなたがみんなから逆に良くされる。それを見て、相手はまた腹が立ってやられるかもしれない。また、あなたがもう一段上にあがって“申し訳ありません!”と、演技をすればいい。職場は舞台。ありのままでいようというのがいけない。職場では演じなければ。職場で制服を着ているのであれば、心にも制服を着てください。演じて、今、どういう役柄にもっていけばいいのか。素で傷ついてはいけない。もう少し強かになっていただきたいなと思います。あなたはアクトレスなのです!」


「昨年4月から社会人となり、先輩や上司に面倒をかけつつも、なんとか仕事をしている社会人一年目です。社会人になって、お金や生活に余裕ができて満たされたからか“今のままでいいや。幸せだ”と思ってしまい“何かを乗り越える為に頑張ろう!”というヤル気が出なくなってしまいました。大学の頃は家庭が裕福でなかったので、親のサポートを得ずに大学に通っており“学生生活が楽しい!”と思えたことがほとんどありませんでした。辛く苦しい日々で、バイトばかりしていたので相談できるような友達もおらず“周りの子は遊んでいるのに何で私は…”という気持ちばかりで過ごしていたのですが、今の生活を抜ける為に“もっと良い生活がしたい”と、勉強や努力をしていた気がします。でも社会人になり、金銭的に余裕ができると、今までのようなお金や生活の心配がなくなったのは良いのですが、勉強や努力へのヤル気もなくなりました。“仕事で必要な知識や技術を勉強していかないと”と、感じる一方“幸せだから良いや”という甘えや、数年間の疲れがどっと出て、ヤル気が出ません。どうしたらヤル気は出てくるのでしょう。このままだとダメな人間になりそうで不安です。ヤル気がある人は輝いて見えると言いますが、私はくすんだ人間になってしまっているのでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「あなたには本当に悪いけれど“貧乏性”かな。“気苦労性”だと思うんです。今までこれだけ努力をしてきている。最近に始まったことではないけれど、雑誌などの影響もあるのかな。“ブラッシュアップしよう!”“一歩上の自分へ”などという、そうでなければいけないという風潮。最近ちょっと薄くなったけれど資格!資格!資格!と、資格をひとつでも多く持っていた方がいいという風潮があった。“常にプラスプラスとしないとダメなんじゃないか”という感じがあるのではないか。あなたは今まで苦労をしてきた。バイトをして学費を稼いで勉強をして、少しでも良い生活ができるようにとしてきて、偉いんです。何事もインターバルトレーニングと一緒で、それだけ頑張ったのだから、今、自由を楽しんでいいんです。この楽しみを、中途半端に罪悪感を持ちながら楽しむと、全然楽しめない。休暇に旅行をしてもいいんです。万が一、先々結婚したら全然旅行に行けなくなる。そして子どもを持った場合、尚、行けない。“今”を楽しまなくちゃ。そうやって楽しんでいくと、また次に“これやりたい”というものが出てくる。必ず“陰・陽・陰・陽”がある。その為に一生懸命に働くのです。あなたが気苦労性で、下手だなぁとちょっと思ってしまう。うまくやればいいのに。あなたは十分立派。人間は“喜怒哀楽”すべてが感動なのです。喜ぶこと・楽しむことをしないと、人を喜ばせたり、楽しませたりができなくなる。両方頑張りましょうね」


「私は仕事で自発的に何かをする時“これをしなければ、相手からうるさく言われるから”などと思って、半分仕方なくやっているか“私、やっていますよ!”と、心の中で猛アピールしてしまいます。私の周りには、人より何倍も頑張って働き、気付かれないようなことでも優しくしたり、働いたりする人がいます。その人たちから“相手の笑顔で報われる”と聞いて、私もそう思いたかった…けど、思えませんでした。どういう気持ちを持てば、誰も見もせず、知りもしないのに、心から人の為に動けるのか知りたいです」というメールをいただきました。

江原さん
「なかなか深刻ですね。でも、面白いな。自分で答えが分かっているのかな。あなたのラジオネームは“チョコLOVEさん”。愛(LOVE)がないのでしょうね。人に対して優しくするにはどうしたらいいのか。淋しいことを経験しないとダメなんです。ある意味であなたは本当に淋しい思いをしたことがないのかもしれない。究極に淋しい思いをして、人間不信になってみるかしかない。けれど、あなたはそういう自分を少し責めている。これからも時間を費やして積み重ねて“淋しいな”と思ったり“楽しいな”と思ったり。人生の経験と感動というけれど“喜怒哀楽”がないとダメ。嘘でもいいから真似でやってみればいい。そうすると“これって、してあげているようで、自分がもらっていることが多いな”と気付いたりすると、快感になると思う。そう考えながら生きているあなたが素敵です」


「『おと語り』を聴き始めてから変わったことがあります。それは上司との関係です。上司とは十数年の付き合い。上司の奥さんとも仲良くさせてもらっていて、家族とバーベキューや旅行をしたり、家に遊びに行ったり、表面的にはかなり仲良くやっています。表面的に仲良くやっているのに、上司がとにかく嫌いでした。過去形なのは『おと語り』を聴き始めたからです。嫌いで嫌いで上司との付き合いが苦痛で、性格的にも合うとは思っていません。いなくなって欲しいと本気で願ったり、報告の電話を切った後に、顔を歪めながら悪態をついたりもしていました。『おと語り』を聴き始め“愛の反対は無関心。嫌いなのは、関心があるということ”と知り、上司への気持ちを少し考え直しました。嫌いと思い続けることの苦痛から解放されたことで、雰囲気が和らいだからか、いつも緊張していた上司との関係が穏やかになり、尊敬したり、感謝できたりする日がくるかもしれないと、光が見えました。上司のことを“嫌い嫌い”とやり続けて十数年経っていたことにもちょっと驚きましたが、これからまだもう少し、必要とされる間は、今の職場で頑張りたいと思います」というメールをいただきました。

江原さん
「素晴らしい!逆に十数年悩んだから解決が早いんです。だから『おと語り』を聴き始めて“なるほど!”となったのでしょう(笑)。得心が早い!お役に立てて良かったです」


●江原啓之 今夜の格言
「人の表現は、その人生を顕します」
「相手の言葉の裏を見ましょう。相手の心が見えます」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ 江原さんに聞きたい事
◇ ネガティブなお便り
◇ HAPPYメール
◇ 厄払いのお便り
◇ 不思議な体験・エンジェルさん目撃談
◇ あなたが感動した言葉
◇ 若者からのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ あなたの“違うだろぉ〜!!”と思ったエピソードのお便り
◇ リクエスト
◇ 3月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
2018/2/25
2月ももうすぐ終わりですね。
「人生は、出会いと別れの連続。“出会い”というのは楽しく苦労なしだが、“別れ”は、ものすごく苦労がある。出会うのはウキウキしているから、苦労に思わないのかもしれませんね。ネガティブなものというのは、ちょっとのことでも疲れてしまう。別れる夫婦を見ていても、最後に罵ったりするけれど、最初はあんなにラブラブだったのに…と思うと切ないですね」という江原さん。
今日は『別れ』をテーマにお届けしました。

今夜お届けしたナンバー
◇Without You / ニルソン
◇愛はそこに / 江原啓之



「数ヶ月前、離婚しました。相手は“外面のいい奴”です。みんなからは“いい子”で通っていますが、私の前では、約束も守らない、自分のことしか考えられない、人の気持ちの分からない人でした。離婚後に分かったことですが、職場、友人、地域の人たちに“束縛が酷くて、外出を制限されている”“頻繁に連絡するよう強制されている”などといった嘘を並べ、私を“おかしい子”にしていたのです。私はそう言われて、見られていることを知らずに、みんなに接していました。今考えると恐ろしくて…。離婚も“おかしい私が彼を追い詰めたから”で通っているそうです。本当は違うのに…。“嘘で自分を正当化する”“嘘で人を陥れる”そんな人をどう考えますか?どう考えれば心を掻き乱されずにいられるのでしょうか。今、すごく悔しくて、悲しくて、苦しいです」というメールをいただきました。

江原さん
「離婚したばかりですから、その気持ちは分かります。けれど、同じ土俵に乗ってはダメ。そういう人は、いつか絶対にバレる。いつか別の人から“本当はこういう人だったんじゃないの?”と言われ“そうだよ”と、あなたが言う時が来ると思う。だからいちいち“コイツ、こういうヤツでした”と、言わない方がいい。言うと、そういう人が厭らしく見える。お天道様は見ているのです。そういう人は、そのまままかり通って生きることはない。絶対に嘘はバレるのです」


「私は昨年末に離婚が成立しました。原因は私の性格のだらしなさが一番。お互い協議の末、決まったことですので、今は元妻と子どもの幸せを祈っています。私は、元妻と築き上げた店をこれからも大切に守っていき、自分自身を変えていくことが、今、私ができることかなと思います。正直、元妻にまだまだ未練があって、いつかまた一緒に生活できないかなという気持ちを取り除くことができない私もいます。この気持ちは、持ち続けても良いのでしょうか。この気持ちが妻を遠ざけてしまうのでしょうか。教えてください。元妻とは、子どもと毎週会うことができるので、まったく会わなくなることはないです」というメールをいただきました。

江原さん
「簡単です。二つに一つ。“また認めてくれるのではないか”という見返りを求めての努力は、いやらしいエナジーを発して、相手も嫌になる。北風と太陽。向こうが寄ってきたり、子ども達も“お父さん!”と言ってくれるくらい、頑張ろう!と思う気持ちが大切。見返りを求めず頑張ること。“戻ってきてもらう為に頑張ろう”というのは、それだけでウザい男になる。戻ってきてくれようがくれまいが、自分は頑張る。そして“そんな自分を誇らしく思ってくれるようになってくれたら嬉しいな”と、期待せずにいること。そうすると良い結果になると思いますよ。頑張ってくださいね」


「25年、連れ添った夫と離婚をするか迷っています。私には持病があり、普段も体調を崩しやすく、さらに3ヶ月に一度くらいの割合で10日程寝込んでしまいます。これでは働けないだろうし、そうすると離婚は無理だと思います。経済的理由で離婚しないのは、物質的価値観で良くないことでしょうか。ちなみに子どもは大学進学の為、春に家を出る予定です。アドバイスお願いします」というメールをいただきました。

江原さん
「私は、この離婚は賛成できないな。ご病気もあるし、経済の為にとどまっても良いと思う。ある意味で“人はみな、持ちつ持たれつ”。あなたが完璧で、旦那さんがダメということはないと思うんです。“どちらも補い合う”ということだと思うので、結婚をそのまま続けてもいい。その代り、旦那さんを悪く思わないこと。持病があっても、通院もさせてもらえるし、色んなことで応援してくれるのであれば“それで十分に良い人だ”と思うべき。それにお子さんも巣立つくらいなので、ある程度の年齢なのでしょう。お互い様。相手も物足りなく思うこともあるだろうし、けれど、良いところもあるから、夫婦でいようと思っているのでしょう。お互いに“感謝”が足りないかな。そうすれば物質的価値観ではない。感謝し合いましょう」


「私には付き合って2年経つ7つ上の彼氏がいました。ですが、クリスマスの日に会って以来、彼から“もう連絡してこないで”との連絡があったきり、音信不通になってしまいました。その日は、ケンカもなく楽しく過ごしていたのに、私からしたら何が原因なのかも分からないし、2年も付き合った最後がその一言なんて悲し過ぎて、まだ前に進めません。アドバイスをお願いします」というメールをいただきました。

江原さん
「酷いね。卑怯だし、音信不通は一番やってはいけない。あなたにとって良かった。2年も付き合っていたし、辛いだろうけれど良かった。これは天が“こういう男はやめておけ”と言っていたのだと思う。あなたがもしも私の娘だったら“そんなの忘れろ!”と言って終わります。お祓いしておきましょう(鈴)!早めに分かって良かったですね」


●2月生まれの方 誕生日おめでとう!! ―――
2月生まれのみなさんは、迷いなく生きるために生まれてきた人。
妥協なく、今のフィールドを楽しんください。

※たくさんのメールいただきました!すべての方の名前をご紹介できずに申し訳ありません。

●3月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
3月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

◇ Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

●江原啓之 今夜の格言
「人生は出会いと別れの連続です」
「別れを意識するからこそ、ときを大切に刻めるのです」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ 江原さんに聞きたい事
◇ ネガティブなお便り
◇ HAPPYメール
◇ 厄払いのお便り
◇ 不思議な体験・エンジェルさん目撃談
◇ あなたが感動した言葉
◇ 若者からのお便り
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ リクエスト
◇ 3月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
2018/2/18
世の中には、科学では証明できない不思議な現象がたくさんありますね。
「信じる人もいれば、信じないという人もいる。信じないという人も、不思議な現象を解明できるのかといえばどうでしょうか。世の中が、科学依存し過ぎている気がするのです。エンジェルさんの話は、みんな心温まる話。“幽霊が怖い”と思う人は、人間に対する愛のない人だなと思う。幽霊も誰かが生んでくれた人で、誰かの子どもで、一生懸命に生きた人。そう思ったら“怖い”なんてない。一人の人間なのです。怖いのは、そういったものも差別してしまう、冷たい自分の心じゃないかなと思うのです」という江原さん。
今日は「エンジェルさん特集」をお送りしました。

今夜お届けしたナンバー
◇Angel of Mine / エターナル
◇想い出という名の妖精 / 江原啓之



「入院中の出来事です。数年前、持病から内臓疾患を起こし、入院しました。痛みと闘いで辛く、予定していた旅行もキャンセル料金がかかり、誕生日も入院生活となってしまいそう。病院の先生も一生懸命治療してくださっているのに、病状は一向に良くならず、入院は長引くばかり。いよいよ明日、誕生日だという日の夜、不思議な夢を見ました。滅多に夢に出て来ない幼い頃に亡くなった父が出てきたのです。数年前に亡くなった祖父もいました。なぜか、父と祖父は遠くから“ガンバレー!ガンバレー!”と、松岡修造さん並みの熱いエールを送っていて、その後、父が近づいてきて“やぁ!久しぶり!”と、ぎゅっと抱きしめられました。その時の感覚は、今でも覚えています。今までに体験したことのない幸福感で満たされた感じでした。父は“私達家族の日常生活のことは、すべて知っているよ”と。しかし、横断歩道まで来ると、何となく私も父もここでお別れだと感じ“じゃあねー!”と、父は去って行きました。父に抱きしめられた感覚、温かさも残っており、涙が止まらず、とてもほっこりして幸せな気持ちでした。その後、看護師さんが笑顔でやってきて検査。病状がみるみるよくなっていたそうで、次の日、退院となりました!あんなに病状が良くならなかったのに、とても不思議に思いました。今では父と祖父に感謝です」というメールをいただきました。

江原さん
「まさにエンジェルさん。お父さん、おじいさまが心配して来てくださったのですね。応援してくれたことで助かるというよりも、応援してくださったことが、自分の中の自己免疫力を高めて、回復力をアップさせたのだと思う。治るだけの力があなたにはあることをちゃんと、お父さんやおじいさんが分かっていて来てくれたんですね。素敵なエピソードですね」


「2年前の夏、久しぶりに妹の家に遊びに行ったときの話です。母、妹、私の3人で、10年前に亡くなった父の楽しい話で盛り上がっていました。ところが、いつの間にか妹が座ったままウトウト眠ってしまいました。疲れているんだなぁと思い、そのまま起こさずに母と話を続けていると、突然、妹が目を覚まし“誰かに肩を叩かれて起こされた”と言いました。すぐ隣に座っていた私は何もしていません。これは父が出てきて“オレの話題のときに寝るなよぉ”と起こしたんじゃないかと、嬉しい気持ちになりました」というメールをいただきました。

江原さん
「エンジェルさんでしょうね。私の身近でも、携帯に亡くなった方からの着信があるという話をよく聞くんです。分かって欲しいのでしょうね。人って、忘れないで欲しいのです。思い出して楽しい話をするのが、一番良い供養。私は一人暮らしの時、ダイエット中に、どうしても我慢できなくて台所で鍋から食べようとしたときに、肩を叩かれたことがあります(笑)」


「私はたびたび体験することがあるのですが、ふっとした瞬間に、その場にない匂いを感じることがあります。その場所には絶対にないお線香の香りが突然したりします。その場所には、民家やお寺、お墓は近くにありません。またある時は、誰もいない会社内に、突然、嗅いだことのある匂いを感じることがあります。何の匂いかは分かりませんが…。このように突然、何かの匂いがするということはあるのでしょうか。それとも気のせいでしょうか」というメールをたいだきました。

江原さん
「専門的な用語がある。“芳香現象”。亡くなった人の匂いや、亡くなった人がよく身に付けていたものの匂いなどが、フッと匂ったりする。おばあちゃんの懐かしい匂い袋の匂いや、何もないのに白檀のような香りがしたり。逆もあって、誰もいないのに、突然、悪臭がすることもある。こういう時は、注意した方がいい。何か悪いことが起きやすい。悪い臭いがしたときには、自分の心もシャキッと、キチッとさせて、引き締める。匂いが明確に“あの人の!”というときは、その人が来ている。良い匂いというのは、悪いことはないのです」


「今から5年前に父を食道癌で亡くしたのですが、1歳半になる娘を連れて、先日、初めて娘と一緒にお墓参りに行きました。娘は初めてお墓に行ったのですが“じーじどこにいるか分かる?”と言うと、初めて訪れたにも関わらず、父の眠るお墓をすぐ指さしました。私は父に会えたような気がして嬉しくなって“じーじにタッチしてごらん”と言うと、誰もいない空中に向かってタッチしました。父は、孫である私の娘に会うことなく逝ってしまったので、父が孫と会って喜んでいる姿が目に浮かんでいて、とても心が温かくなりました。やはり小さな娘には、父の姿が見えていたということでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「見えていましたね。赤ちゃんや子どもは、先入観が何もないから見えるのです。赤ちゃんは、なぜ仏壇を見て笑うのか。どこの赤ちゃんでもそう。私の甥っ子の時も、赤ちゃんの頃、仏壇を見てケラケラ笑っていたので、甥っ子の位置をひっくり返したら、のけぞって見ていた。そういう純粋な心でありたいものですね」


●江原啓之 今夜の格言

「天は見て御座る」
「天の目は、防犯カメラより正確です」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ 江原さんに聞きたい事
◇ ネガティブなお便り
◇ HAPPYメール
◇ 厄払いのお便り
◇ 不思議な体験・エンジェルさん目撃談
◇ あなたが感動した言葉
◇ 若者からのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ あなたの“違うだろぉ〜!!”と思ったエピソードのお便り
◇ リクエスト
◇ 2月・3月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 123 | 124 | 125 || Next»