今週のレシピ

フードコーディネーターご紹介 料理研究家「荻原和歌」

山形県鶴岡市出身、料理研究家。
フリーペーパー『R25』では和歌ネエとして「おつメシ道場」「Bar25」などの連載を持ち、人気を集めている。

また、雑誌『ダ・ヴィンチ』でのコラム連載をはじめ、TVの料理番組や雑誌・WEBにも多数出演。
自身のフリーランスの編集ライターという多忙な仕事と家庭の両立という経験から生まれた忙しい人向けの料理が支持される。

料理初心者でも簡単にできる料理・キレイになりたい女性のための野菜料理を提案し多くのファンを持つ。自身のブログで紹介する簡単レシピは大きな反響を呼んでいる!

著書に「野菜で100品 簡単!おいしい!ヘルシー!」(三笠書房)や「ドかんたんレシピめんどくさがり屋で忙しい女子のため」(主婦の友社)など多数。

◎材料
卵 2個

A
みりん 小さじ1弱
うす口醤油 小さじ1弱
塩 小さじ1/2
出汁 360cc

まいたけ 1P
鶏肉コマ切れ 60g
かぼちゃ 60g
銀杏(加熱済みのものが便利) 6個


◎作り方
1. かぼちゃの皮をむき、蒸し器で柔らかくなるまで蒸して(電子レンジで加熱してもよい)裏ごしする。
2. 鶏肉は軽く塩して沸騰したお湯にくぐらせざるにあげる。
3. 卵をしっかりときほぐし、Aとよくまぜる。
4. 耐熱容器に1、2と銀杏を入れ、3を流し入れて上にまいたけをひとひらのせる。
5. 湯気の上がった蒸し器に入れてふたをし強火で3分、ふたを切って中火にして12〜13分蒸す。
◎材料
蒸しほたて 15粒
カブ 2個
チコリ 1株
菊花 1/2パック

A
粒マスタード 大さじ1と1/2
砂糖 大さじ1
塩 小さじ1/4
かぼす果汁 1個分
お好みのオイル 大さじ2


◎作り方
1. 蒸しほたては半分に切る。カブは縦に半分に切ってからスライスする。
2. チコリは根元を切ってバラバラにする。
3. 菊はお湯に酢を入れたものでゆがいて水に取り、絞っておく。
4. Aを合わせてよく混ぜる。1とまぜ、カブがしんなりした頃合いに2、3を入れて混ぜる。
◎材料
栗の渋皮煮 4粒
鶏もも肉 1枚
柚子胡椒 小さじ1
塩 少々

◎作り方
1. 鶏もも肉は皮目を下にして4等分し、厚い部分を観音開きにしながら薄くひらく。柚子胡椒を塗り、栗の渋皮煮を包む。塩を振る。
2. 包み終わりが下になるようにフライパンに並べ、蓋をして8分ほど弱火にかける。焼けたら返して色よく焼き上げる。(200度のオーブンで25分ほど焼いてもよい)