yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第五十話 ポジティブであること -【山口篇】 写真家 林忠彦-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第五十話ポジティブであること

山口県の東南部に位置する、周南市。
その街中にある周南市美術博物館には、ある写真家の記念室が設けられています。
林忠彦。
戦後の焼け跡にたくましく生きる子供たちをとらえた写真や、太宰治や坂口安吾など文豪の写真でもその名をとどろかせた、名写真家です。
彼は我が国の写真文化発展のためにも、尽くしました。
日本写真家協会設立に加わり、昭和28年には二科会に写真部を創設。
全国のアマチュア写真家の資質向上に、尽力しました。
その功績をたたえ、遺志を継ぎ、周南市は未来を切り開く写真家の発掘のために、林忠彦賞をつくりました。
この賞により、数多くの新人写真家が見出されています。
ここに一枚のモノクロ写真があります。
タイトル『犬を背負う子供たち』。
1946年、戦後の焼け跡がまだ生々しく残る町。
三宅坂の参謀本部跡。坊主頭の子供が二人写っています。
一人は座ってこちらを見ていて、もう一人は、立ってどこかに歩き出そうとしています。
立っている少年の背中には、野良犬がいます。
子供をすっかり信用している様子。
手をちゃんと肩にかけています。
子供たちの表情は、決して暗くない。
それどころか、瞳の輝きがわかる。
自分たちの食べるものもままならない時に、犬に餌をあげ、共に生きる子供たち。
写真家、林忠彦は、この写真にこんなコメントを寄せました。
「こんなに優しい少年たちがいるのであれば、戦後の日本の将来は、明るいに違いない」
どんな状況でも生きようとする心、前に進もうとする意志、ポジティブな思いを写真におさめた、林忠彦にとっての明日へのyesとは?

写真家・林忠彦は、1918年、大正7年に、山口県の徳山、今の周南市に生まれた。
実家は、写真館。幼い頃から、カメラに囲まれた。
徳山は、瀬戸内海に面した港町。早くから工業の起点として栄えた。
風光明媚な自然と、工場群。その一見相反するような風景が、幼い林の眼に刻まれた。
人間の暮らしを支える二つのもの。現実と夢。挫折と希望。
風土が培った種は、やがて彼を大海原へと追い立てる。
高校を出ると、大阪の写真館に修行に出される。
肺結核を病み、すぐに地元に戻る。
写真学校に入り、いつもカメラを携えていた。
彼は被写体を探していた。ここではないどこかを、求めていた。
東京に出て東京光芸社に就職。1942年には中国に渡った。
「華北弘報写真協会」をつくり、日本の宣伝写真を撮影した。
北京で敗戦を迎え、引揚者となる。
なんとか帰国して故郷に帰っても、落ち着かない。
心の飢えをどうすることもできない。彼は再び、上京。
焼け跡をさまよい、帰還兵、孤児、食べ物や仕事を求める人たちにカメラを向けた。
レンズを通して、彼はある熱量に気づく。
「このエネルギーは、いったいなんだ?どんなに空腹でも、ボロボロでも、生きようとするひとの力は凄い」
彼は思った。
「ポジティブであること、それが生きる基本ではないか」

写真家・林忠彦が、戦後の焼け跡を撮り続けた、その写真集の名前は、「カストリ時代」。
カストリとは、メチルアルコールを加えたような密造の焼酎。
もともとは酒粕をしぼりとってつくるので、カス、トリと名付けられた。
質が悪く、飲み過ぎると、失明したり、命を失うひともいた。
それでも新宿や新橋のガード下では、カストリを飲ませる店が軒を連ねていた。
この横丁で、林は作家たちと飲み仲間になった。
文士たちの眼の奥の光が彼を魅了した。
貪欲で、何かに媚びない目。
銀座のルパンというBARにもよく顔を出した。
1946年。そのBARに三人の作家がいた。
坂口安吾、織田作之助、そして太宰治。
酔った太宰が、大きな声で林に言った。
「おい、そこの写真家、織田作ばっかり撮ってんじゃないよ。オレを撮れよ、オレを!」
背の高い椅子に足を持ち上げる太宰を撮った。
全身を収めたかったので、BARのトイレの便器をまたいでシャッターを切った。
太宰はいい顔をしていた。綺麗な瞳をしていた。
林は、気持ちよさそうな太宰を撮った。
この撮影からおよそ一年半後、太宰はこの世を去る。
のちに、この写真が林忠彦の代表作になった。
それは、もうすぐ亡くなる太宰を撮ったからではない。
生きることを楽しんでいる太宰を撮ったからだ。

写真家・林忠彦の飲み友達に、作家、坂口安吾がいた。
安吾の自宅の床の間には、カストリが入った大きなドラム缶が置いてあったという。
友人たちは、それを薄めて飲んだ。
安吾は、友人たちと酒を酌み交わすことを何より好んだ。
ただ、自分の執筆部屋には、誰も入れなかった。
妻さえも、見たことがない。
ある日、林は、安吾に言った。
「なあ、見せてくれないか、どんな部屋であなたが書いているか、見たいんだ」
あまりに何度も頼まれて、仕方なく、安吾は同意した。
「こりゃまたひどい部屋だ。はははは」
掃き溜めだった。
ゴミくず、丸められた原稿、壮絶な戦いの場所だった。
テーブルに広げられた原稿用紙、丸メガネに白いシャツ姿の安吾。
こちらをキッと睨むように見る。いい顔だった。
サンクチュアリ。誰にも侵すことのできない聖域だった。
林は思った。
これが生きるってことだ。これが戦うっていうことだ。
安吾の眼は、ポジティブに、貪欲に生きようとする、エネルギーにあふれていた。
生きることは、汚い。
生きることは、格好悪い。
でも、どんなに泥に足を突っ込んでも前に進む心、生きようとする姿は、清らかで美しい。
写真家・林忠彦は、ただそれを、フィルムに焼き付けた。
ひとは、どんなときにも、前に進む心を持っている。

【ON AIR LIST】
Photograph / Ringo Starr
Piece Of My Heart / Janis Joplin
What A Wonderful World / Halie Loren

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけと厚揚げの蒸し物香港醤油ソース

今回は、写真家・林忠彦が生まれ育った街、山口県周南市の特産品である、里芋を使った料理をご紹介します。

霜降りひらたけと厚揚げの蒸し物香港醤油ソース
カロリー
325kcal (1人分)
調理時間
15分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【2人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 1パック
  • 厚揚げ
  • 1/2枚
  • 里芋
  • 1個
  • 万能ねぎ
  • 1/5束
  • サラダ油
  • 大さじ4
  • 【ソース】
  • 大さじ2
  • ナンプラー
  • 大さじ1/2
  • オイスターソース
  • 小さじ1/2
  • しょうゆ
  • 大さじ1/2
  • 砂糖
  • 小さじ1/2
  • 鶏がらスープの素
  • 小さじ1
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけは食べやすい大きさにほぐす。厚揚げは8等分に切り、さっと湯掻く。
  • 2.
  • 里芋は皮をむき輪切りにする。
  • 3.
  • 蒸し器で(1)は5分間、(2)は10分間蒸す。
  • 4.
  • 蒸しあがった(3)を皿に盛り付け、中央に小口切りにした万能ねぎを乗せ、熱したサラダ油をかける。仕上げに、混ぜ合わせた【ソース】を回しかける。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる