yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第五十二話 日常に咲く花たち -【山口篇】 童謡詩人 金子みすゞ-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第五十二話日常に咲く花たち

「遊ぼう」っていうと、「遊ぼう」っていう。
「馬鹿」っていうと、「馬鹿」っていう。
「もう遊ばない」っていうと、「もう遊ばない」っていう。
そして、あとで さみしくなって、
「ごめんね」っていうと、「ごめんね」っていう。
こだまでしょうか。いいえ、誰でも。

2011年3月の東日本大震災。
そのとき、テレビから流れてくるこの詩に、心うたれたひとは数多くいるでしょう。

『こだまでしょうか』。
書いたのは、大正末期から昭和初期に活躍した童謡詩人、金子みすゞです。
金子みすゞのふるさとは、山口県長門市仙崎町。
日本海屈指の漁港を有するこの町は、かまぼこの産地としても知られています。
またここは、終戦後の引き上げ港として、40万人以上のひとたちを受け入れました。
金子みすゞが幼少期を過ごした場所には、みすゞ通りができて、生家跡地には、金子みすゞ記念館があります。
建物は、彼女が20歳ころまで過ごした書店「金子文英堂」を再現しています。
館内には、遺稿集や彼女が着ていた着物などが展示されていて、当時をしのぶことができます。
彼女は、ふるさと仙崎を愛し、山や海、港など、日常的な風景を詩に読みました。
わずか26年の生涯を駆け抜けた詩人が、今もなお、私たちの心に触れる言葉を紡ぐことができたのはなぜでしょうか。
金子みすゞが、人生で譲らなかった明日へのyesとは?

童謡詩人、金子みすゞは、1903年、山口県長門市仙崎町に生まれた。
本名は金子テル。カタカナで、テルと書いた。
彼女が生まれた仙崎は、萩と下関に挟まれた、日本海に面する漁師町だった。
子供から大人まで、一緒になって網を引く、みなが助け合うあたたかい町。
父は、大陸にも支店を持つ大きな書店、上山文英堂に勤めていた。
しかし、みすゞが3歳のとき、その父が突然亡くなる。
金子家は、上山文英堂の後押しもあり、地元に金子文英堂を始めた。
みすゞの弟は、上山文英堂の跡取りとして養子に出された。
彼は後に、劇団若草の創始者となる。
みすゞは、小学校でも中学校でも、成績は優秀。
でもそれを鼻にかけるようなことはなく、クラスの誰からも好かれる優しい人柄だったという。
色白でふっくらとした愛嬌のある顔。澄んだ瞳。
決して派手で目立つ存在ではなかったけれど、誰にでも寄り添う心を持っていた。
自分のさびしさを封じ込めて。
彼女はこんな詩を書いている。

『さびしいとき』
私がさびしいときに、よその人は知らないの。
私がさびしいときに、お友だちは笑うの。
私がさびしいときに、お母さんはやさしいの。
私がさびしいときに、佛(ほとけ)さまはさびしいの。

童謡詩人、金子みすゞは、母が上山文英堂の後妻に入ったことで、下関に移り住んだ。
成績優秀なみすゞに、女学校の先生は進学をすすめたが、断った。
みすゞは、上山文英堂商品館で働くことになる。
もともと本に囲まれて育った。
本を読み、お話を空想する時間が好きだった。
毎日、本とともに生きるうちに、創作の楽しさを知る。
童謡を書いた。
本名の金子テルではなく、ペンネーム、金子みすゞで、初めて書いた童謡を雑誌に投稿した。
みすゞという名は、信濃の国の枕詞、「みすずかる」からつけた。
スズタケという下草の竹を刈るという意味があるが、なにより言葉の響きが好きだった。
雑誌『童話』の西条八十は、彼女の作品に強く惹かれ、掲載。
「私は、金子さんの、ふっくりとした温かい情味が好きだ」。
西条の評を読み、みすゞは雑誌の通信欄にこう書いた。
「嬉しいのを通りこして、泣きたくなりました。ほんとうにありがとうございました」。
自分の頭の中にだけあったものが、羽を広げ、世界に飛び立つ瞬間を味わった。
わずか3年で、北原白秋や野口雨情と肩を並べる女流詩人となった。
彼女は壮大な哲学も高邁な思想も謳わない。
ただ日常を見つめ、日常を優しくすくい上げた。
そこに宇宙を見出し、そこに愛と哀しさを見つけた。
大切なものは、全部、自分の近くにある。

金子みすゞが生きた時代は、まだ女性には息苦しいことが多かった。
まわりの勧めに従い、結婚。上山文英堂の番頭格の人だった。
一人娘を授かるが、夫の素行に苦しめられる。
女性問題を起こし、離職。
さらに放蕩は続き、やがて、みすゞにいっさいの創作活動、詩人との交友を禁じた。
それでも当時、簡単に離縁はできず、みすゞはいったん、筆を折る。
娘との時間だけが生きがいだった。
娘の幼い言葉を聞くだけで心が癒された。
夫は遊郭を遊び歩き、みすゞに病気をうつすこともあった。
ついに離婚を決意する。
娘と二人で生きていこう。
でも、そう簡単にはいかなかった。
夫は離婚には承諾したものの、娘をよこせという。
ついに、夫が娘を奪いにくるというその日に、みすゞは、遺書を残し、自害した。
26歳だった。
遺書には、こうあった。
「娘は心豊かな子に育てたいので、母に育ててほしいのです。先立つ不幸をお許しください。今夜の月のように私の心も静かです」。

金子みすゞは、父を知らなかったが、母の愛に育まれた。
全国各地を旅することはできなかったが、ふるさとの海を、山を、そこで暮らす人たちを愛し、心の旅を繰り返した。
彼女の言葉は教えてくれる。
人生で必要なものは、全て、自分の中にそろっている。
あとはそれを、どれだけ見つけることができるかだけだ。

【ON AIR LIST】
み空 / 金延幸子
寂しくて眠れない夜は / Aimer
Free As A Bird / The Beatles
瞳を閉じて / 荒井由実

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけと蓮根のきんぴら

金子みすゞのふるさとは、かまぼこやちくわなどの産地としても知られる、山口県長門市仙崎町。そこで今回は、ちくわを使ったこちらの料理をご紹介します。

霜降りひらたけと蓮根のきんぴら
カロリー
204kcal (1人分)
調理時間
10分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【2人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 1パック
  • れんこん
  • 200g
  • ちくわ
  • 1/2本
  • 赤唐辛子
  • 適宜
  • サラダ油
  • 大さじ1
  • 【A】
  • みりん
  • 大さじ1
  • しょうゆ
  • 大さじ1
  • 砂糖
  • 大さじ1
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけは食べやすい大きさにほぐす。
  • 2.
  • れんこんは皮をむき、薄切りにし、水にさらしアクを抜く。
  • 3.
  • ちくわは5mm幅の斜め切りにする。
  • 4.
  • 赤唐辛子は種を抜き、小口切りにする。
  • 5.
  • フライパンにサラダ油を熱し、水気を切ったれんこんを中火で炒める。
  • 6.
  • 霜降りひらたけ、ちくわ、赤唐辛子を加え炒める。【A】を加え、汁気がなくなるまで炒り煮する。
  • ※赤唐辛子はお好みで辛すぎないよう調整してください。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる