yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第八十六話 自分に向き合う時間 -【富士山篇】 作家 太宰治-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第八十六話自分に向き合う時間

3か月間、富士山を間近に眺めて、人生を見直した作家がいます。太宰治。
教科書にも掲載されることが多い、太宰治の『富嶽百景』の一文は有名です。
「富士には月見草がよく似合う」。
山梨県河口湖に通じる御坂峠には、この言葉が刻まれた文学碑があります。
文字は太宰の直筆が使われました。
『富嶽百景』の原稿は残っていなかったので他の作品から一字ずつ抜き取り、太宰の署名は、絶筆『グッド・バイ』からとったと言われています。
この石碑を立てるために奔走したのは、太宰の恩師、井伏鱒二でした。
井伏は、不健康で自堕落な暮らしをしている太宰を、この峠に連れてきて、3か月間、天下茶屋に住まわせました。
さらに、甲府に住む女性、石原美知子を紹介し、夫婦の契りを結ばせたのです。
太宰にとって、富士山とは、最も自分と対極にあるものだったに違いありません。
どっしり構えて、ゆるぎない。圧倒的な存在感。
華やかな人気を持ち、万人に愛される。
霊峰と崇められたかと思うと、銭湯の壁面に描かれる。
神と通俗をいとも簡単に行き来する唯一無二の象徴。
太宰は思いました。
「かなわない。富士には、かなわない」。
それでも彼は、3か月間、かすかな風にも揺れる月見草のように、富士山と向き合いました。
この時期を境に、彼は旺盛な執筆活動に入り、『走れメロス』『斜陽』や『人間失格』など、後世に読み継がれる傑作を世に出しました。
ひとには、自分と向き合う時間が必要です。
たとえそのときは無駄に思えても、立ち止まって対峙する。
その勇気と覚悟こそ、成長の礎なのかもしれません。
作家・太宰治が、富士山に教えられた、明日へのyes!とは?

作家・太宰治は、1909年6月19日、青森県北津軽郡金木村に生まれた。
本名・津島修治。
津島家は村の名士で、大地主。父は政治家でもあった。
忙しい父と病弱な母。
太宰は、乳母に預けられ、やがてその乳母の代わりに叔母に育てられた。
肉親の愛を知らない。
自分が生まれてきてよかったのか、確信が持てないまま大きくなった。
学業は優秀。
どんな学科も常に一番だったが、素行は悪かった。
喧嘩にいたずら。ふざけては友達を笑わせた。
誰かが笑ってくれるときだけ、「そこにいてもいいよ」と言ってもらえた気がした。
作文は得意だった。
漠然とした作家への想いが明確になったのは、中学3年の時。
学校に向かう赤い橋の上で、ふと、言葉が降りてきた。
「作家になろう、作家になって、えらくなろう」。
思い立つと、行動は早かった。
仲間と同人誌をつくり、小説を書いた。
友達は驚嘆する。
「おまえ、すごいな、すぐにでも作家になれるよ」。
芥川龍之介に傾倒。
井伏鱒二の「山椒魚」を読んで体が震えた。
「すごい、この世には、とんでもない小説を書くひとがいる。オレも、彼らと肩を並べたい」。
しかし、青雲の志も、長くは続かなかった。
彼の心にある、寄る辺ない思い。
自分の存在意義が見いだせない根無し草は、人生という大海でさまようことになる。

作家・太宰治は、高校に入ると、芸者遊びにはまってしまう。
実家が裕福なのをいいことに、放蕩三昧。
当時、勤め人の給金が月に40円だったのに、100円も200円も使う。
あげくの果ての自殺未遂。
それはまるで、親への復讐のようにも思えた。
ただ、小説を書くことだけは、なんとか続けていた。
自分のステージをあげるもの、自分の存在意義を示すものは、小説よりほかにない。そう思っていた。
東京帝国大学に入り、上京。
井伏鱒二に師事。弟子になった。
しかし心はすぐ折れる。
自分には根っこがない。ひとの評価が気になる。
認めてもらわないと、ひどく落ち込む。
この世に必要がないのではないかと思う。
度重なる自殺未遂と睡眠薬の多量摂取。
評価を他人にゆだねたがゆえの、不安定な毎日に耐えきれない。
さらに追い打ちをかける出来事が起こる。
絶対的な自信を持って書いた小説が、芥川賞、落選。
選考委員の川端康成が、太宰の自堕落な私生活に触れると、太宰は激昂して、こう言い放った。
「小鳥を飼い、舞踏を見るのが、そんなに立派な生活なのか!」
同時に、自分がブルジョアジーであることを恥じた。
相変わらず親の影におびえている自分を、恥じた。

ますます堕ちていく太宰治を案じた井伏鱒二は、彼を富士山のふもと、御坂峠の天下茶屋に呼んだ。
「ここで、静養しなさい」。
太宰は、29歳になっていた。
書くこと、作家として生きていくことには、自信と確信があった。
でも、肝がすわらない。
幼い頃、両親に愛された記憶がないということが、亡霊のように彼につきまとう。
「オレは果たして、この世に生まれてきて、よかったんだろうか」。
かつて東京の住まいから、富士山を見て泣いた。
便所の窓から見えたその山は、とてつもなく立派だった。
「とうてい、かなうはずもない」。
その一方で、富士山を馬鹿にもしていた。
「どうせ、銭湯の壁のペンキ絵だ」。
実際、目の前に富士山を仰ぎ見て、太宰は思った。
「なんだろう、このゆるぎない存在感は…」。
富士山の表情はさまざまだった。
でも、ただ、そこに在る。
自分に欠けているものが、わかった。
そこに在るだけでいいと、自分で自分に言ってあげるということ。
評価を誰かにゆだねないということ。
太宰治は、3か月間、ただただ、富士を眺めて過ごした。
彼が見ていたのは、自分だった。
親の愛を受けていないことを甘えの隠れ蓑にしていた。
自分は富士山にはなれないだろう。
でも、その富士山に真っすぐ対峙する、ささやかな月見草になら、なれるかもしれない。
揺れることでかすかな風の存在を示す、小さな花になりたい。
富士山と過ごした時間を経て、太宰は傑作を生む10年間を得た。
彼は書いた。書いて書いて、書き続けた。
しっかりと自分に向き合った3か月間が、彼の背中を押した。
自分から逃げてはいけない時がある。
向き合って初めてわかる、大切な根っこがある。
太宰治は、弱さという根っこに気づいた。
そしてそれを生涯の友にした。

【ON AIR LIST】
四月になれば彼女は / サイモン & ガーファンクル
By This River / Brian Eno
Blue / Joni Mitchell
花 / 中孝介

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけとキャベツの酒蒸し

3か月間、御坂峠の天下茶屋に住み、富士山と向き合ったという、太宰治。今回は、その天下茶屋がある山梨・富士河口湖の特産、キャベツを使った料理をご紹介します。

霜降りひらたけとキャベツの酒蒸し
カロリー
107kcal (1人分)
調理時間
10分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【2人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 100g
  • キャベツ
  • 120g
  • 酒、水
  • 各少々
  • 【塩だれ】
  • 鶏がらスープの素
    (粉末)
  • 小さじ1
  • おろしにんにく、
    しょうが
  • お好み
  • 50cc
  • ごま油
  • 小さじ1強
  • 塩・こしょう
  • 少々
  • 長ねぎ(みじん切り)
  • 30g
  • 白ごま
  • 10g
  • ※市販の塩だれでも
    可能
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけは小房にほぐし、キャベツは一口大に切る。
  • 2.
  • フライパンに(1)と酒、水を入れ、蓋をして強火で4~5分蒸し焼きにする。
  • 3.
  • 【塩だれ】を合わせておき、(2)を加えて和える。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる