yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第八十七話 自分を越える戦い -【富士山篇】 レーシング・ドライバー アイルトン・セナ-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第八十七話自分を越える戦い

富士山の裾野に、モータースポーツの聖地があります。
富士スピードウェイ。
全長4400メートル。創業は、去年50周年を迎えました。
標高およそ550メートルの場所にあること、すぐそばに富士山を抱くことで、天候に関しては決して安定したものではありません。
夕方から急に冷える。霧が深い。そして雨が多い。
0.1秒を争うドライバーにとって、過酷な条件での戦いになります。
富士山は、数々のレースを見守ってきました。
響き渡る爆音。歓声。あくなき挑戦への拍手。
そこには数々のドラマがありました。
5月1日は、日本を愛し、日本人が愛した、あるF1ドライバーの命日です。
音速の貴公子と呼ばれた男、アイルトン・セナ。
1994年5月1日、イタリア・イモラでのF1グランプリ決勝で、彼は開幕から3週連続のポール・ポジションでスタート。
ミハエル・シューマッハを後ろに従え、首位のまま、7週目を迎えていました。
超高速・左コーナー、タンブレロに時速312キロで突っ込む。
そこで悲劇は起こりました。
直進してコースアウト。コンクリート・ウォールに激突して、マシンは大破しました。
享年34歳。世界中が彼の死を悼みました。
彼のドライビングスタイルを危険、無謀というひとがいるかもしれません。
でも、彼は最後の最後まで、生きようとしていました。
コンマ数秒で5速にシフトダウン。わずか1.2秒で、100キロ近く減速していたのです。
この技術は神業としか言えません。
セナは、レースを始めた頃、雨が苦手でした。
でも、なんとか克服したい。
サーキットに水をまき、雨に強い自分を構築しました。
天才、と誰もが言う。でも、その影で、彼はもがき、苦しみ、自分の弱さと闘ってきたのです。
アイルトン・セナが強くなるためにつかんだ、明日へのyes!とは?

レーシング・ドライバー、アイルトン・セナは、1960年3月21日、ブラジルのサンパウロに生まれた。
父はやり手の実業家。
農場や牧場経営、自動車修理工場や商店を営む、地主であり、サンパウロでは有名な経営者だった。
長男として誕生したセナは、父親の寵愛(ちょうあい)を受けた。
車好きの父親が息子の4歳の誕生日のプレゼントに選んだのは、レーシングカートだった。
別にレーサーになってほしかったわけではない。
でも、セナはたちまち、のめりこんだ。
「学業をおろそかにするようだったら、カートはやらせない!」
父親の怒りを避けるように、セナは学業も頑張った。
好きなものを手放さないために。
10歳のときには、エンジンに興味を持ち、分解しては組み立て、最強のエンジンをつくるためにはどうしたらいいか、自分で学んだ。
13歳で初めてカートレースに、カーナンバー「42」で出場。
ぶっちぎりの優勝だった。そのドライビングテクニックには皆が驚嘆した。
「あのナンバー42は、すごいな!」
以来、彼は、ナンバー42と呼ばれた。
どんなに賞賛されても、セナは納得しなかった。
他人に勝っても、自分に負けたのでは、本当の勝利とは言えない。
ある雨のレース。コーナーリングを失敗して、コースアウトしてしまう。
許せない。弱い自分が、許せない。
翌日から同じコースに水をまき、練習に励む。
ダメだ、こんなんじゃダメだ。もっと、もっと速く。
オレは、まだまだ高みに行けるはずだ。
水しぶきをあげるレーシングカートは、唸り声をあげ、走り去った。

音速の貴公子と呼ばれたF1ドライバー、アイルトン・セナを、あるメカニックがこう評した。
「ああ、もちろん彼は天才だったよ。でもね、その才能っていうのはね、努力を惜しみなく続けることができる才能なんだよ。彼は速く走ることができるなら、なんでも捨てた。孤独もいとわない。みんなが酒場でよろしくやってるときにも、彼は、黙々とハンドルを握り続けていたんだ」。
セナは、忘れられなかった。
4歳の時、初めてカートに乗った時の高揚感。疾走感。
世界が変わった。
流れる風景の美しさに酔いしれた。
いつしか、生きることとレースで走ることが、ひとつになった。
彼はこんな言葉を残している。
「この世に生を受けたこと、それ自体が最大のチャンスなんだ。だから、生きるなら、完全で強烈な人生を送りたい。僕は、そういう人間なんだ。事故で死ぬのなら、一瞬で死にたい」。
不断の努力は、彼に、類まれな聴覚を与えた。
あるテスト走行で、彼はいきなりピットに戻り、マシンから降りた。
「これ以上走ったら、エンジンが壊れる」。
エンジニアたちは、首をひねった。
データには、全く問題がなかったから。
でも、後にエンジンテストをすると、白い煙を吐き出し、エンジンは壊れた。
セナは、聴いていた。
排気音、吸入音、回転音。
研ぎ澄まされた感性も、速く走るための集中が生んだ。
彼は言った。
「2位や3位じゃ意味がない。優勝するために走ったひとだけが、優勝できるんだ」。

1994年、第3戦サンマリノグランプリは、不穏な空気に包まれた。
予選初日に、セナと親しいルーベンス・バリチェロが大クラッシュ。
2日目にはローランド・ラッツェンバーガーが事故で亡くなる。
いつも自分を律し、自分を保っていたアイルトン・セナも、わけのわからない不安を待て余してしまう。
恋人のアドリアーナに電話する。
「どうしたの?様子が変よ」と聞かれ、「…走りたくないんだ」と答えた。
おそらく後にも先にも、セナがそんなことを言ったのは初めてだったに違いない。
でも、夜にはいつものセナに戻っていた。
もう一度、電話をする。
「アドリアーナ、大丈夫、心配しなくていい。君も知ってるだろう?僕はね、とっても強いんだ」。
セナの亡骸がイタリアからふるさとのブラジルに戻るとき、ブラジル空軍機が彼を迎えた。
地上で待っていた市民の数、およそ100万人。沿道に立つ誰もが泣いていた。
セナの墓には、こんな言葉が刻まれた。
「神の愛より我を分かつものなし」。
非業の死を遂げたアイルトン・セナ。
彼がなにゆえ、ここまでひとびとの心をとらえて離さないのか。
彼の敵は他人ではなかった。
弱い自分、怠ける自分、集中できない自分。
自分を越える戦いを続けたひとは、人生の勝利者である。

【ON AIR LIST】
Tristeza / Elis Regina
And It All Goes Round And Round / Mike Campbell
君が信じなくても / Lenine & Suzano
Travessia / Milton Nascimento

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけの甘酢炒め

F1ドライバー アイルトン・セナも走ったモータースポーツの聖地、富士スピードウェイ。今回は、その富士スピードウェイがある静岡・御殿場の特産、さつまいもを使った料理をご紹介します。

霜降りひらたけの甘酢炒め
カロリー
240kcal (1人分)
調理時間
20分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【2人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 1パック
  • さつまいも
  • 中1/2本
  • れんこん
  • 20g
  • 黒ごま
  • 適量
  • 片栗粉
  • 適量
  • 適量
  • 【合わせ調味料】
  • 大さじ2
  • 砂糖
  • 大さじ2
  • しょう油
  • 大さじ2
作り方
  • 1.
  • さつまいも、れんこんはいちょう切りにし、片栗粉をまぶす。
  • 2.
  • 中火のフライパンに1cm程の油を入れて(1)を揚げ焼きにする。
  • 3.
  • (2)の油を捨て、ほぐした霜降りひらたけを加えて炒め、【合わせ調味料】で味付けをする。
  • 4.
  • 強火にしてさっと炒め、最後にごまをふる。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる