語り手:乳酸菌

トンネルを抜けるとそこはおなかの中だった…。 乳酸菌は今日も人と生きている。 ボクらは乳酸菌。古くからこの星に住み、 人間や動物の体に宿り、日々活動しています。 そんな乳酸菌たちが宿主と一緒に喜んだり、悲しんだり。 時には励ましたり…おなかの中から 語りかけるストーリィをお楽しみください。

メッセージ

プレゼントイメージ現在リスナーの皆さんから、『皆さんの小さな小さなエピソード』を募集中です。応募の中から抽選で100名様に、ヤクルト400LT/ミルミル 各7本のセットをプレゼント。 また、エピソードは番組で放送されるシナリオの題材として採用されるかもしれません。採用された方には、ヤクルトオリジナルQUOカード1000円をプレゼントします!
乳酸菌くんより

2017年02月19日(日)

親切のリレー

ボクの宿ぬしは、10歳。
山の近くに住んでいる、カスミちゃんです。

今朝、カーテンを開けると…。
宿主:「うわぁ〜、まっ白!」
窓の外が一面の銀世界で、ちょっとウキウキ。
でも…これも、ほんの束の間。
だって、カスミちゃんの住む町では、雪が積もったら、雪かきが必要だもんね。
宿主:「あ〜あ、寒いし雪は重いし、めんどくさいな〜」
ブツブツ言いながら、表にでるカスミちゃん。
すると…。

お兄さん:「おはよう!」
声をかけてきたのは、去年、お向かいに越してきた大学生のお兄さん。
お兄さん:「どこまで雪かきすればいいのかわからないから、勝手にやっちゃったよ」
宿主:「えっ?!」
なんと、彼!カスミちゃんのおウチの前も、雪かきしてくれたみたい。
宿主:「あ、ありがとうございます」
お兄さん:「ついでだよ、ついで」
あは! 思いがけない親切、うれしいね〜。

宿主:「じゃあ、わたしはお隣の雪かきをしよっかなぁ〜」
お兄さん:「おっ、いいじゃん!オレも手伝うよ」
うふ。こんな風に親切がリレーされるのって、素敵なことだね。
お兄さんとも、お近づきになれそうじゃない?

ボクら乳酸菌も、みんなとお近づきになりたいな。
雪かきで風邪をひかないように、おなかの中から見守っているからね。

じゃあ、また、日曜のお昼に!
| Next»