2018.10.27

女子プロゴルフ・上田桃子「今も新しい発見ばかり」、さらなる飛躍誓う

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE」。10月21日(日)の放送は、プロゴルファーの上田桃子さんが登場。ジュニア時代、そして現在の競技との向き合い方など、いろいろと話を伺いました。

プロゴルファーの上田桃子さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆ゴルフよりも学生生活を楽しんだジュニア時代

丸山:桃ちゃん(上田桃子さん)は、ジュニア時代から名を馳せていたの?

上田:私、ジュニア時代は全然強くなくて。ナショナルチームでもなかったですし、その当時は宮里藍、横峯さくら、諸見里しのぶがいましたから。

丸山:自分に火が点いた感じがしたのは何がきっかけだったの?

上田:ゴルフ自体はちゃんとやっていたんですけど、学生の間は学校のほうが楽しくてゴルフは二の次ぐらいの感覚で(笑)。

丸山:そうなんだ。

上田:とはいえ、親にずっとゴルフをさせてもらっていたので、プロテストはさすがに高校3年生で一発で通らないと迷惑かけちゃうなと思って、2年生ぐらいから真面目にやらなきゃと。

丸山:じゃあ、9歳でゴルフを始めてモチベーション的にはそこからガツガツにプロになってやろうとは思っていなかったの?

上田:プロになりたいとは思っていましたけど、そのときがきたらなれるだろう、という感じだったんです。むしろ、“何でみんなジュニアのときから真面目にやっているの?”って(笑)。

丸山:古閑美保ちゃんとかスゴかったじゃない。

上田:そうですね。日本も世界も、ジュニアのときから優勝していましたから。

丸山:夜も練習して走って……みたいな。

上田:私も一応はやっていましたけど、うまく遊びのほうに(苦笑)。

丸山:桃ちゃんが長持ちする理由がわかった。若い頃にあんまり根詰めていなかったのが逆に良かったのかもしれないね。

上田:そうですね(笑)。なので、いまのジュニアの子たちにも「学生の間は、学生でできることをやってほしい」と声を大にして言いたいです。

丸山:10歳のときに坂田信弘さんの坂田ジュニアゴルフ塾に入塾して、いろいろと教わったみたいだけど、厳しかったんでしょ?

上田:スパルタでしたね。心技体、ここですべてを教わりました。ゴルフって個人スポーツじゃないですか。でも塾だったので、個人ではあるけれどある種団体生活のような部分もあって、先輩後輩とかもここで学びましたし。

◆飛躍の裏にあった諸見里しのぶ選手の存在

丸山:21歳で賞金女王になったけど、なぜそんなにすんなりといけたの?

上田:ジュニア時代は、自分のなかでは本気でやっていないというのがあったんです。だから、本気でやったら勝てるんじゃないかという気持ちでした。コーチとして江連忠さんに指導していただいたことも大きかったと思います。

丸山:江連くんにいろいろと教わって、真剣に取り組んでスキルがアップしたと。でも、なぜジュニアのときにそうしようと思わなかったの? (宮里)藍ちゃんとか超真面目だったじゃない?

上田:敵わないと思っていた部分があったのかもしれないですね。学生の間に本気でやって負けたら悔しいので、“私、本気でやらな~い”みたいな感じで。

丸山:そういうことか(笑)。じゃあ、高校卒業してプロになってからは結構ストイックに練習したの?

上田:やっぱり(諸見里)しのぶちゃんの存在が大きかったですね。

丸山:しのぶちゃんも当時はスゴかったもんね。

上田:アマチュアのときからプロの試合で10アンダーとか出したり、活躍していたので。しのぶちゃんより練習して強くなりたい、という気持ちが芽生えて、そこからですね。

丸山:そこからがんばって賞金女王になれたときは、どんな気分だった?

上田:そのときはトップ10を外れたら終わりだくらいに思っていたんですよ。最低でも常に優勝争いはしていないとダメだというマインドでしたし、自分の買いたいものが自分の力で買えるというモチベーションがすごく大きかったです。

丸山:社会人になって物欲も出てくるしね。賞金女王をとったときといまと比べて、ゴルフの違いってどうなの?

上田:私たちぐらいの年代までは、林に入ってもただボールを出すだけじゃなくてボールを操って曲げてグリーンに乗せるとか、アプローチもいろんな種類を持ってという戦い方だったので、いまの時代の戦い方とはちょっと違うなと思うんですけど。

丸山:確かに林とかで“狙えるのに”という場面でも“そこに出すだけなんだ?”と意外に思ったことがある。

上田:そうなんです。後輩たちと回っていても“もったいないな”って思うことがよくあるんです。

◆今なお思い出に残っている地元・熊本でのプロ初優勝

丸山:そういう気持ちがあるときはまだまだ負けないときだよ。だから自信を持ってまだまだやっていていいと思う。これまでで思い出に残る優勝はある?

上田:初優勝ですね。地元(熊本県)だったので。

丸山:地元で初優勝ってカッコイイね。

上田:自分が育ったホームコースの熊本空港カントリークラブだったんです。

丸山:あそこは難しいよね。いまでもゴルフに新しい発見とかある?

上田:発見しかないですね。

丸山:え~っ!? じゃあまだ楽しめるよ。

上田:だから辞めていないんだと思います。技術的な発見は少ないですけど、“あ、まだこれができる!”という発見はありますね。

丸山:そういう発見って素晴らしいと思う。今シーズンまだまだ試合が残っていますけど、今年の成績は自分のなかでどう見ているの?

上田:今年は苦戦していますね。あと6試合です。

丸山:残り6試合、1回は勝ちたいね。優勝を期待して見守りたいと思います。

次回、10月28日(日)の放送も、引き続き上田桃子さんをゲストに迎え、お届けします。お楽しみに!


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年10月29日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


【番組概要】
番組名:五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE
放送日時:毎週日曜 7:30~7:55
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/backnine/
番組Instagram:@sundaybacknine_tfm/

Message & Present

プレゼント

番組の感想、メッセージをお待ちしています。送っていただいた方には、月替わりでプレゼントをご用意しています。

今月は、トリガーポイントの「グリッド フォームローラー®」です。
マッサージセラピストの手技のような感覚を再現した特殊構造により、簡単にセルフマッサージを行うことができます。ストレッチに、ゴルフ後のケアに、オフィスでのリフレッシュにお使いください。
こちらを2名の方にプレゼントします。
※応募締切:2018年11月30日

Recent Entries