Dream Heart(ドリームハート)

土曜22:00-22:30 TOKYO FM/全国38局でON AIR 各局放送時間

REPORT 最新のオンエアレポート

Dream HEART vol.466 女優 三倉佳奈さん ミュージカル「犬との約束」

2022年03月05日

三倉佳奈さんは、 1986年、大阪府のお生まれ。

1996年、NHK朝の連続テレビ小説『ふたりっ子』で、
双子のヒロインの少女時代を演じ、脚光を浴びました。

以後、双子のお姉さん、三倉茉奈さんと共に“マナカナ”の愛称で親しまれ、
テレビ、ラジオ、映画、CM、舞台、イベントなどで国民的な人気を誇り、
また、ManaKana名義で、歌手デビューもされていらっしゃいます。

そして、2008年に放送された、NHK朝の連続テレビ小説『だんだん』では、
お姉さんの茉奈さんと共に、朝ドラ史上初となる二度目のヒロインを演じ、
舞妓の役に挑戦するなど、女優としての活動の幅を広げ、
現在も、数々のドラマや舞台で、ご活躍中でいらっしゃいます。


null


──活動と学業両立の原点は『ふたりっ子』

茂木:NHKの連続テレビ小説『ふたりっ子』は1996年ということなんですけど、凄い人気でしたよね! 当時は大ブレークでしたが、どうでした?

三倉:自分達が一番びっくりという感じでした。収録の時もランドセルを背負って学校に行ったり、運動会に行って、体操服のままNHKに向かって撮影したり…そんな感じでした。

茂木:チーフプロデューサーが凄くいい方で、運動会とかの時は撮影スケジュールを空けてくれたりしたとか。

三倉:そうなんです。共演者の皆さんをお待たせした状態だったりしたんですけど、皆さん、「あー! おかえりー。運動会楽しかった?」という感じで暖かく迎えてくださって。

茂木:そして「学校の勉強もちゃんとやった方がいいよ」と言ってくださったんですよね?

三倉:はい。チーフプロデューサーが「これから『ふたりっ子』が放送されて人気が出るかもしれないけど、学校だけはちゃんと行きなさい」と何度も言ってくださって。実際、小・中・高、学校のテストもですし、文化祭とか、運動会とか、イベントごとに全部出席しました。

茂木:そして、関西学院大学の社会学部に二人で行ったんでしょう?

三倉:仲がいいんです(笑)。

茂木:だから、学業もちゃんとそういう活動と両立させようというのは、この『ふたりっ子』が原点だったということですね。

三倉:そうですね。私も茉奈も負けず嫌いなところもあるので、「仕事してるからと言って勉強ができないのは嫌だからこそ、もっと頑張ろう」みたいな形で、二人で競い合って勉強も頑張っていましたね。

茂木:マナカナさんは今でも本当に仲がいいですね。

三倉:ずっと仲いいですね。今の方がもっと仲いいぐらいです。

茂木:“今の方が仲がいい”とはどういうことですか(笑)?

三倉:昔も仲がよかったんですけど、学生時代とか同じ学校に通っていたのもあって、ライバル意識の方が強くて、今思ったらギスギスしてた時もあったな、って(笑)。

茂木:今は二人とも、それぞれご家庭もあって、お子さんもいて。距離感がちょうどいいんですかね?

三倉:相談し合えるし、助け合えるし、仲がいいですね。

null


──描かれていない部分を描く役作り

茂木:本当にありとあらゆるものに出てらっしゃるんですけど…。今回、ミュージカル『犬との約束』が、東京公演が4月15日〜24日・よみうり大手町ホール、そして大阪公演が4月29日〜5月4日・松下IMPホールで行なわれるということなんですが。
この『犬との約束』の元になった“オールドドラム裁判”というのを私も調べてみたんですけど…。犬が人間の一番いい友達“Man's Best Friend”とか確かに英語で聞くんですけど、その元になった出来事だったみたいですね。

三倉:まさにその元になった出来事を、ミュージカルでお届けするという形です。

茂木:弁護士の方が、「いかに犬が人間を裏切らない素晴らしい友達か」ということを絶賛すると言う、感動的なお話ですよね。

三倉:その弁護士の役を、“歌のお兄さん”の横山だいすけさんが演じられるので、ぴったりだな、と。

茂木:ジャニーズJr.の織山尚大さんが初主演ということで…。織山尚大さんは青年役。

三倉:主人公の、犬を飼っている、貧しい農家の青年・ダニエル役です。

茂木:佳奈さんはどういう役なんですか?

三倉:ダニエルの母親です。

茂木:ミュージカルの舞台をやる側としては、どういうところが一番大変なんですか?

三倉:コンディションを維持することが大変ですね。声が出なくなったり、季節柄あるんですけど、鼻水が止まらなくなったりすると、やっぱり支障が出るじゃないですか。なので、決まった時から、稽古が始まって、千秋楽を迎えるまで、体調を崩さず声を枯らさない、ということが大変です。

茂木:これから色々稽古とか始まっていくと思うんですけど、どんな作品になりそうですか?

三倉:感動して頂けるのは間違いないと思いますね。主人公が若い青年ということもあって、若い方もそうですし、幅広い年齢の方に観て頂ける作品になるんじゃないかと思います。

茂木:佳奈さんは、もの凄く役作りを徹底されると伺っているんですが。

三倉:真面目、かつ、心配性なんでしょうね。いっぱい調べたりします。

茂木:それは、舞台で全て生きてくる感じなんですか?

三倉:舞台にしても、ドラマにしても、全部役作りの仕方は同じだと思うので、全部生きてくると思います。描かれていないところをいかに描くか。このシーンに入るまでの描かれていない部分で、どういうやり取りをしていたのかな、というのを勝手に考えて、とかですね。

茂木:それから色んなことが積み重なっていって、今回の『犬との約束』があると思うんですけど。この舞台に向けての意気込みはどうでしょう。

三倉:今回、私は主人公の青年の母親役なんですけど、こんなに大きな子供を持つ母親役は初めてなので、その辺りを頑張りたいなと思います(笑)。お話もとても素敵ですし、このご時世ですけれども、生でしか伝えられないメッセージがあると思うので、ぜひ劇場に足を運んで頂けたら嬉しいなと思います。

null



ミュージカル「犬との約束」

↑現在、公式サイト先行でチケット販売中!
 詳しくは公式サイトをご覧下さい!


三倉茉奈 三倉佳奈(マナカナ)OfficialWebsite


三倉佳奈 Blog


三倉佳奈Instagram


マナカナんち / 三倉茉奈、三倉佳奈 - YouTube
  • mixiでシェアする