photo
20.02.20
ツイッター
LINEでシェアするボタン

日本一の酒どころ 福島の酒まつりほろよいレポート!

『日本一の酒どころ 福島の酒まつりほろよいレポート!』

null
福島県郡山市のビッグパレットふくしまで行われた「ふくしまの酒まつり」。県内58の酒蔵が自慢の日本酒を振る舞うイベントですが、実は福島は、全国新酒鑑評会・7年連続日本一という文字通り日本一の酒どころ。そのお祝いとして2月に郡山で行われました。そこで今回のHand in Handは日本一の酒どころ、福島の蔵元が一堂に会するイベントで、日本一のおいしさの秘密に探ってきました。

null
まずお話を伺ったのは、福島ハイテクプラザ会津若松 技術支援センター副所長 鈴木賢二さん。福島の酒造りを技術面でサポート。福島が全国新酒鑑評会で、7年連続・金賞受賞数・日本一を成し遂げた立役者です。何を隠そう鈴木さん、大学の農学部時代から他のお酒には目もくれず、日本酒ひとすじ!晩酌しない日はない!という筋金入りの日本酒好きだとか。

「全国新酒鑑評会で7年連続、1番上の金賞が多いのが福島なんですが、昨年は22のお酒が受賞しました。実はこれにはプロジェクトがありまして、平成4年から清酒アカデミーという学校を開講して、昔から酒づくりは人づくりが1番重要だと言われていたんですが、酒蔵の人材育成をやって技術的な底上げをしてきたというのがあります。
以前は自分の蔵の技術というのは門外不出という、作る杜氏が非常に職人気質で、背中を見て覚えなさいみたいな感じだったんですが、それでは時代についていけない。また、だんだん杜氏さんが、その頃は福島県は岩手県から来る南部杜氏の方と新潟県から来る越後杜氏の方に酒造りをゆだねていたんですが、その方々が高齢で将来的に来られなくなるだろうということで、地元の杜氏を育成しなければいけないということで始まったんです。」

こういう努力が実を結び福島を日本一の酒どころにしたわけですね。
しかし去年は、災害という大きな試練にも見舞われました。

「台風の被害をまともに受けたお蔵というのが大体3社だったんですが、それに加えて福島県でお米を精米してもらう工場が被災しまして、精米工場にあった米は全部ダメ。大きな蔵では7トンの米がダメになりました。ですので福島のお米を他の県に持っていって精米してもらい、酒造りを進めました。今では新酒も出そろい始めています。」

また鈴木さん、福島の酒が美味しい理由をこのように語っています。

「人間の気質というか、意外と福島県は素直です。いろんな県で講演をするんですが、素直に聞くところと、とりあえず参考にする程度のところに地域別に分かれるような感じがするんですね。その中で福島県は結構素直で、お互いのお酒を利き酒しあって評価しあい、悪いお酒を作ってしまったら何が原因だろうとか、そういったことをお互いに勉強しあうんです。東北人なんで頑固なのかと思ったらそんなこともないんですよ。」

「お互いに協力し合う」という福島の気質。これが日本酒の美味しさの秘密。東日本大震災を乗り越え、昨年の台風にも負けず、評価を受け続けるのも納得です。

null
「今年は東京にオリンピックがやってきますけど、たくさんの海外の方もいらっしゃるかと思うんですが、福島に来ておいしい食べ物と美味しいお酒を飲んでいただけるとありがたいですね。福島の日本酒にオススメなアテは、
1、あぶくまの紅葉漬け・鮭の麹漬け。これが酒のアテには一番です!
2、会津の方でニシンの山椒漬。みがきニシンを山椒の葉っぱと一緒にして、酸味があって漬けるものがあります。これが結構日本酒に合いますね。
3、馬刺しが会津は有名で、会津の馬刺しは赤みの所だけが使われるのが多くて、何が一番違うかと言うとニンニク辛子味噌で食べるんですね。」

null
いよいよ出陣です。ずらりと並んだ福島の蔵元ブースの中から、女子にお勧めという一杯をいただきました!大木代吉本店の純米酒「自然郷BIO微炭酸」。シュワっとした日本酒です。

null
福島の美味しいものもズラリと並びます!ここは天国です!

null
東京からお酒を飲みに来た女性と、知り合ったばかりの地元の方が仲良く飲んでいました。そこにお邪魔して一枚!郡山市内から来た方は「これだけ揃うと県内でも本当にないので、今日はあえて飲んだことのないお酒にチャレンジしようと。一期一会で良いので、出会っておいしいなと思ってもらいたいなと。食べ物もこれだけ福島の事ものが集まる事はないし、メヒカリの干物が本当においしいのでおススメです!」

null
高橋万里恵さんおススメの鈴木酒造さんもブースに。

null
こちらも万里恵さんおススメ、前田美豚です!

null
★今週のお土産プレゼント★
今週は会津、曙酒造の酒、「一生青春 別選大吟醸」を3名様にプレゼント!
ご希望の方は、メッセージフォームからご応募ください。番組の感想やメッセージもお待ちしています!

プレゼントの応募 感想・応援はコチラから

オンエアレポート

もっと見る
Top