オンエアブログ

2018年08月11日

2018年8月11日のオンエアレポート

今夜は7月31日に東京ガーデンテラス紀尾井町で行われた
トークショーの模様をお届けしました☆

この日は、お隣の惑星、火星が地球に最接近した日!
ということで、東京ガーデンテラス紀尾井町では、
「星空の集い」という星を楽しむ盛大なスター☆パーティが開催されたんです。

トークショーの会場は・・・

ご覧のとおり大盛況!!

火星大接近、ということで、
事前に “赤” のドレスコードが呼びかけられたのですが、
ちらほら赤いお召し物でいらしている方もいますね!

お子様も赤コーデ!かわいい♡

そして、篠原さんはというと・・・

真っ赤です!!!笑

ご自身でアレンジしたドレスに、
手作りの火星イヤリングがキラリ☆ 素敵です+゚:。*+

トークショーでは、この番組の星空アドバイザーも務めていらっしゃる
国立天文台の小野智子さんをお迎えしました。

小野さんも火星色のカーディガン姿。
髪の毛もほのかに赤にカラーリングされていたんですよ♫

そんな小野さんと、まずは今とっても明るく見えている
火星について宙トーク☆

篠原さんが「ポワンポワンとやわらかく輝いている」と印象を語ると、
小野さんが「梅干しみたい」と表現。笑
ギラギラとした印象ではなく、大きくてちょっとフワッとした輝きだそう。
会場のお客さんも、半数くらいの方が火星をすでに見たといいます。

小野さんに火星の見つけ方を伺うと・・・
火星は夜7時くらいに東の空に昇り、見やすくなるのは9時以降。
南東の方角を見て、一番明るい星が火星!とのこと。
(放送がある8/11にはもう少し早い時間に見やすくなります)

火星の輝きは “瞬かない” のが特徴。
普通の星は望遠鏡で見ても小さな点ですが、
火星や木星、土星などの惑星はある程度の大きさがあるので、
大気などの影響を受けづらく、
空にピタリと貼り付いているように見えるのだとか。

今回の大接近では、火星と地球の距離は約5,800万km。
火星は遠いときは2億kmにもなるといいます。

地球と火星の接近のタイミングは2年2か月に1度。
その中でも距離が6千万kmを切ると “大接近” と呼んだりするのだそう。
今回の “大接近” は2003年以来。実に15年ぶりなんです!

実はこの火星、見るべきは最接近のタイミングだけではありません。
8月にはさらに見やすくなるんです!

7月31日には最も見やすい真南にくるのは夜11時半くらいでしたが、
8月中旬くらいになると、10時前には真南に!
あまり夜更かしをしなくてもバッチリ見られるというのです。

今年いっぱいは見ることのできる火星ですが、
小野さんがオススメする火星観察の好機は8月と9月!

「輝きの変化を見るのも、地球と火星の距離を感じる素敵な機会」と篠原さん。
ぜひこの貴重な時期、明るく輝く火星を見上げたいですね+*:.。.*:+☆


さらに、この夏は楽しみな夜空のショーがあるんです!
小野さんのイチオシは「ペルセウス座流星群」☆彡

8月12日の夜から、13日の朝にかけてをピークに、
その前後の夜は流れ星が多く見られるといいます。

今年は月明かりもない絶好の条件なので、
寝転がって空を広く見渡して観察すると、
「1時間に40個くらいは見える」そう!
(ここで会場のお客さんからは「ほぉぉ〜」という驚きの声が!)

流れ星は暗いものほどよく流れるので、
空が暗いところほどたくさん見ることができます。
晴れたら12日を待たず(今夜でも!)流れ星を見てほしい、と小野さん。

そして、数えた流れ星はぜひ
国立天文台の「夏の夜、流れ星を数えよう 2018」キャンペーン
報告しましょう!

こちらに報告したデータは、
国立天文台の研究者さんの研究に役立てられるそう。
研究のお手伝いができるって、なんだか嬉しいですね♪

さらに小野さんオススメの夜空の楽しみがもうひとつ!

8月中旬になると、空が暗くなる8時くらいに
西の空に金星、南西の空に木星、南の空に土星、南東の空に火星、
と、4つの惑星が勢揃いするんだそう!

さらに、8月14日から22日くらいまでは、
毎日空を見上げていると、
惑星の並びを月が順に訪れる様子がわかるといいます。
国立天文台のサイトでも解説されていますが、これは素敵+*:.。.*:+☆

「月・火・木・金・土」までが揃う夜空のショー、
道具を使わなくても、肉眼で眺められるので、
ぜひ毎日でも夜空を見上げてみては☆

そして8月17日は「伝統的七夕」の日になります。
伝統的七夕とは、月の満ち欠けをもとにした
昔の暦(旧暦)の7月7日のこと。

今の暦では7月7日は梅雨時にあたることが多いのですが
(今年は梅雨明けが早かったですが…)
この伝統的七夕の日には、梅雨も明けて星が楽しめる可能性が高いんです。

そしてこの日の「七日の月」は天の川にかかり、
半分よりちょっとかけた船のような形!
この船に織姫と彦星が乗って出会う、とも言われているんです。
なんてロマンチックなお膳立て+゚:。*+

小野さんのお話を伺うと、
この夏は夜空のイベントが本当に盛り沢山なことがわかります。
ぜひこの素晴らしい星のめぐり合わせを楽しみたいですね☆彡

沸きに沸いたトークショーもあっという間にお別れのお時間に・・・
最後は会場の皆さんも一緒に「スター☆パーティ!」の掛け声で。

みなさん本当に熱心に頷きながら聞いてくださり
大盛り上がりのトークショーとなりました。
ありがとうございました+*:.。.*:+☆


そして、この日は、東京ガーデンテラス紀尾井町の
「空の広場」で観望会も開催されました☆

大接近中の火星をはじめ、木星や土星も望遠鏡で見られたんですが・・・

ご覧ください、望遠鏡でひと目火星を見たい、
という方の行列がこんなに・・・!


実際に輝いていた火星がこちら!
写真では伝わりづらいのですが本当に大きかったです!

トークショーも観望会も大盛況だった今回の「星空の集い」。
星を楽しもうというみなさんの思いが集まった素晴らしいスター☆パーティでした♪
また開催する際には番組でもお知らせしますね☆

★ ★ ★ 本日のオンエア曲 ★ ★ ★
♪ 浪漫の地球(ホシ)/ EXILE
♪ 君の知らない物語/supercell
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 125 | 126 | 127 || Next»

メッセージ募集中

テーマは「思い出の星空」。メッセージを頂いた方の中から、抽選で毎月5名様に、「星座早見盤 for 宙ガール」をプレゼントします!

メッセージはこちらから

  • きょう、星空が見たくなったら。夜Cafe Style星空ミュージック

最近の記事

  • 2018年08月11日
    2018年8月11日のオンエアレポート
  • 2018年08月04日
    2018年8月4日のオンエアレポート
  • 2018年07月28日
    2018年7月28日のオンエアレポート
  • 2018年07月21日
    2018年7月21日のオンエアレポート
  • 2018年07月14日
    2018年7月14日のオンエアレポート

月別アーカーブ

  • Twitter @tokyofm_spaceをフォローする
  • Vixen presents 東京まちかど☆天文台
  • 東京ガーデンテラス紀尾井町
  • Vixen