オンエアブログ

2021年07月24日

2021年7月24日 ゲスト☆堀込泰行さん

本日のOAの模様はradikoのこちら

公式ツイッターはこちら

#プラカフェ でご感想お待ちしております!

★ ★ ★最近の星ニュース ★ ★ ★

今月ついにアメリカの宇宙関連企業、
ヴァージン・ギャランティックが17年間かけて開発した宇宙船
「ユニティ」の有人試験飛行が成功しました!

創業者・リチャード・ブランソンさんは
自ら宇宙船に乗って、宇宙旅行を満喫!
その感想は…「すべてが、ただただ魔法のようだった」とのこと。

いよいよ、宇宙旅行時代の幕開けですね。
もしかしたら、私たちが気軽に宇宙に行けるようになる日も
すぐそこまで来ているのかもしれません!

★ ★ ★ ★ ★ ★

さて今夜のスターゲストは、
シンガーソングライターの堀込泰行さんです!



兄弟バンド「キリンジ」としてや
脱退後はソロとしても活躍されている堀込さん。
これまでに宇宙や星にまつわる曲を
とっても多く作られているんですね。
なんと番組でお調べしたところ、約70曲もあったんですよ〜!

「自分ではそんなに書いたつもりないんですが…
たしかに昼間の曲があまりないねと言われることはあります!」
とのこと。

その訳を伺うと…?

「自分が夜型で、夕暮れ時から外に出ることが多いからかな?」

特に、夕暮れと朝焼けは日の位置が違うだけで似ていて、
朝でもない夜でもない、そのどこでもない中間の時間帯として
錯覚する感じが好き…なんだとか☆

それを聞いて篠原さん、
「たしかに、堀込さんの書かれる曲は
淡いペールトーンのような曲が多いですね!」と納得です♪

中でも、篠原さんも大好きな
キリンジ時代に書かれた大ヒット曲の「エイリアンズ」。
まさに“宇宙っぽい”曲とも言えますが、
こちらが生まれたきっかけをお聞きすると…?

実は、高校時代におつきあいされていた
女の子への思いがもとになったそう!
「相手のことがよくわからない」という意味で
チョイスされたのが“エイリアン”という言葉だったんだとか。

曲調とは違う、どこかSF的な響きをもつこの言葉。
思いついた時には「やった!」と感じられたそうですよ(笑)
とはいえ、完成するまで、かなり苦戦しながら作られた思い出も。
その甲斐あってか、多くのアーティストの方々に
カバーもされている名曲中の名曲ですよね…♪

さて、そんな堀込さんですが、今年4月に3枚目のアルバム
「FRUITFUL」をリリースされました!



2年半ぶりのオリジナルアルバムで、
4人でプロデューサーチームを組んで作られたこちらのアルバム。
星や空が歌詞に登場する曲もいくつかあります!

中でも「Stars」(「Stars(reprise)」)は
どんな想いが込められた曲なのでしょうか??

実は、「アルバムのラストを飾る“Stars(reprise)”の
方が先にできたんです」と堀込さん。

それももちろん気に入っていたそうですが、
ロックっぽい曲はよく書いてきたので、
さらにアレンジして作られたのが1曲目の
“Stars”だったといいます。

そして、どちらのバージョンも良かったため、
アルバムのオープニングとエンディングとして、
2つの曲を両方入れることになりました…♪

「“星ってそうだよね”と思える歌詞でありつつ、
メロディは気軽な雰囲気なのがいい!」と篠原さん、
この曲が特にお気に入りの様子でした☆

そんな言葉を聞いて、堀込さんも
「素直に出てきたメロディは、シンプルだけど
飽きないものが多いですよね!」とおっしゃってましたよ♪
皆さんのお気に入りの曲は、どちらでしょうか??

ということで堀込さんとのスターパーティー、まだまだ続きます☆
来週もお楽しみに!

★ ★ ★ 本日のオンエア曲 ★ ★ ★

♪ ブラックスター / 石崎ひゅーい
♪ エイリアンズ / キリンジ
♪ Stars / 堀込泰行

★ ★ ★ プレゼント情報 ★ ★ ★

東京ガーデンテラス紀尾井町内の店舗で使える
商品お引換券3000円分と星座早見盤を
毎月20名様にプレゼントいたします!



ご希望の方はこのサイトの右側にある
「メッセージはこちら」から、必要事項と、
メッセージ欄に「商品お引換券希望」
と書いてご応募ください。

当選者の発表はプレゼントの発送を持って
返させていただきます。
たくさんのご応募お待ちしております!

★ ★ ★ スターレシピ ★ ★ ★

夜10時頃、今夜は南東の空に満月前の月が明るく輝いています。
そしてそのすぐ近く、左上には、土星の姿がありますよ。
その土星を追いかけるようにのぼってきているのが、明るい木星です。

去年の夏は、木星が先に姿をあらわし、
そのすぐ後を追うように土星がのぼってきていたんですが
いつのまにかその順番が入れ替わっていたんですね。

土星の明るさは0.4等級。
環を持つ惑星としておなじみですよね。
望遠鏡をつかって見るその姿は、
やはり太陽系の惑星のなかでも人気ナンバーワンです!

そんな土星の東側で輝く木星は
マイナス2.8等級の明るさで、夜空でも断トツの輝き。
望遠鏡を向けると、その縞模様がよく見え、
4つのガリレオ衛星をしたがえた姿は、
まさに惑星の王者といった風格です。

梅雨が明けたあとの夏の夜空は、
大気の状態も落ち着いていて、
望遠鏡をつかっての惑星ウォッチングには
とてもいいコンディション。
今年の夏も、一晩中夜空に輝く土星・木星が、
スター・パーティーを盛り上げてくれますよ。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 282 | 283 | 284 || Next»

メッセージ募集中

テーマは「思い出の星空」。メッセージを頂いた方の中から、抽選で毎月5名様に、「星座早見盤 for 宙ガール」をプレゼントします!

メッセージはこちらから

  • きょう、星空が見たくなったら。夜Cafe Style星空ミュージック

最近の記事

  • 2021年07月31日
    2021年7月31日 ゲスト☆堀込泰行さん
  • 2021年07月24日
    2021年7月24日 ゲスト☆堀込泰行さん
  • 2021年07月17日
    2021年7月17日 ゲスト☆遊佐未森さん
  • 2021年07月10日
    2021年7月10日 ゲスト☆遊佐未森さん
  • 2021年07月03日
    2021年7月3日 ゲスト☆光浦靖子さん

月別アーカーブ

  • Twitter @tokyofm_spaceをフォローする
  • Vixen presents 東京まちかど☆天文台
  • 東京ガーデンテラス紀尾井町
  • Vixen