オンエアブログ

2020年05月16日

2020年5月16日のオンエアレポート

★ ★ ★ 篠原ともえからのお知らせ ★ ★ ★
1年ほど前から、雑誌「フィガロジャポン」で石井ゆかりさんの星占いのイラストを担当している篠原さん。
5月18日からはフィガロジャポンの公式ウェブサイトでも篠原さんのコラムがスタート!
写真とともに篠原さんオススメのアートやファッション、カルチャーの情報をお届け。
旅先での星空の写真が見られるかも!?☆

さらに、Instagramもリニューアル!
篠原さんの新しい会社のデザインアイテムなどもアップしていくそう。
ぜひフォローして最新情報をチェックしてくださいね☆彡

★ ★ ★ ★ ★ ★

スター☆ゲストは、シンガーソングライターのAnlyさん。
今夜はリモートでお招きして、オンライン・スター☆パーティをお届けしました♪

Anlyさんは沖縄県・伊江島(いえじま)のご出身。
2015年にメジャーデビューし、星をモチーフにした素敵な楽曲もお作りになっています。

実はこの番組には2年前にもご出演いただき、スタジオライブで「北斗七星」を披露してくださったことが!
生で聴いた篠原さん、「泣きそうになっちゃって…」というほど心に響いたそう☆

最近ではAnlyさんは家で音楽を録音したり、毎週日曜日の夜10時半からはInstagramでライブ配信をしたり、ラジオに出演したりして声や音楽を届けているそう。

その他の時間は「日光浴をしたり、お笑い番組を見たり」…!?
篠原さんも「わかる!」と賛同、明るい癒やしを求めるのは多くの人に共通するのかもしれませんね☆

Instagramでのライブは以前から行っていたというAnlyさんですが、先日のゴールデンウィークには6日間連続で配信!
ファンのみなさんからは「GWが終わって配信がない夜が寂しい」という声もあったとか。
実際に映像を拝見すると、たくさんのアーティストの曲もカバーしていらして、とっても贅沢な聴きごたえのあるライブとなっていました♫

Anlyさんと篠原さんには、ルーツが「島」という共通点が。
篠原さんはお祖母様とお母様が青ヶ島のご出身、そしてAnlyさんの故郷は沖縄県の伊江島…

Anlyさんオススメの伊江島の星スポットは、昔に作られた滑走路!
周りは畑で光がないので、星がとても綺麗に見えるのだとか…

篠原さんも小笠原諸島に星を見にいった時、飛行場跡で寝転んで見た星がすごく綺麗だったといいます。

ちなみにAnlyさんは今年、与那国島でも美しい星空を寝転んで眺めたそう。
島で満天の星を見ると、自分のルーツを思い出し、優しい気持ちになると語ります。

海の中に孤立し、人工の光がないからこそ堪能できる離島の星空…
早く気兼ねなく訪れ、誰もが眺められる日が来るといいですね+*:.。.*:+☆

Anlyさんは4月8日に3rdアルバム「Sweet Cruisin’」をリリースしたばかり!
「Anlyのサウンドはこういうもの」という曲作りを100%できた、というAnlyさん。
収録された10曲それぞれに個性があり、洋楽好きの方にも楽しんでもらえるテイスト、そしてドライブにもぴったりだそう。

「家で聴いていても、色んなところにAnlyさんが連れて行ってくれるアルバム」と篠原さん。
色々な冒険が想像でできるアルバム…今の私たちに嬉しい1枚ですね♪

曲の順番にもこだわり、「朝に始まって夜になり、また朝に戻る」という流れ。
ということは…篠原さんがお気に入りの1曲目「Taking My Time」は朝の曲!

こちらの曲のミュージックビデオはAnlyさんがご自身のiPhoneで編集・制作したもの!
沖縄で撮ってもらった自身の映像や、パンケーキを焼いた映像をつないで、自らもお気に入りのビデオに仕上がったそう。
自分の頭の中にあるものをそのまま出すことができ、音楽とは違う意味でクリエイティブな刺激があったといいます。

Anlyさんが手掛けたスタイリッシュで可愛らしいミュージックビデオはコチラから見ることができますよ☆彡

2年ぶりにお会いしたAnlyさんはさらにPOPに、しなやかに進化したよう。
クリエイティブな挑戦を続ける姿に、ポジティブな “島パワー” を感じたスター☆パーティでした+゚:。*+

Anlyさんにはまた来週もお越しいただきます♪

Anlyさんの公式サイトは→コチラ

★ ★ ★ 本日のオンエア曲 ★ ★ ★
♪ Blue Moon/SPiCYSOL
♪ Taking My Time/Anly

★ ★ ★ スターレシピ ★ ★ ★
去年11月からずっと、日の入り後の西の空で明るく輝いていた金星ですが、そろそろ「宵の明星」としては、見納めの時期が近づいてきました。
6月上旬には「明けの明星」として、夜明け前の空へと移っていきます。

一方で、やはり夕方の西の空か、明け方の東の空でしか見られないレアな惑星・水星が夕暮れの空に姿を現しています。

夜7時頃、まだ明るさの残る西の空低くに、マイナス4等級の金星が輝いています。
その金星の下、さらに空低くにぽつりと光っているのが、マイナス1等級の水星です。

水星はこれから少しずつ金星に近づき、5月22日の宵の空では金星の隣にぴたりと寄り添うようすを見ることができます。

この機会にぜひ、水星さがしにチャレンジしてみてはいかがでしょうか☆
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 221 | 222 | 223 || Next»

メッセージ募集中

テーマは「思い出の星空」。メッセージを頂いた方の中から、抽選で毎月5名様に、「星座早見盤 for 宙ガール」をプレゼントします!

メッセージはこちらから

  • きょう、星空が見たくなったら。夜Cafe Style星空ミュージック

最近の記事

  • 2020年05月30日
    2020年5月30日のオンエアレポート
  • 2020年05月23日
    2020年5月23日のオンエアレポート
  • 2020年05月16日
    2020年5月16日のオンエアレポート
  • 2020年05月09日
    2020年5月9日のオンエアレポート
  • 2020年05月02日
    2020年5月2日のオンエアレポート

月別アーカーブ

  • Twitter @tokyofm_spaceをフォローする
  • Vixen presents 東京まちかど☆天文台
  • 東京ガーデンテラス紀尾井町
  • Vixen