オンエアブログ

2021年04月03日

2021年4月3日 ゲスト☆吉澤嘉代子さん

本日のOAの模様はradikoのこちら

★ ★ ★プラカフェ☆ニュース ★ ★ ★

「東京プラネタリー☆カフェ」では、
こちらの番組公式HPの他、公式ツイッター
ご用意しています!



放送の模様や、星・宇宙の話題などをお届けしていますので、
ぜひフォローをお願いします!

皆さんもぜひ、星空にまつわること、
また番組のご感想などを 
#プラカフェ
でつぶやいてみてくださいね!

★ ★ ★ ★ ★ ★

さて今夜のスターゲストは、この方!
シンガーソングライターの吉澤嘉代子さんです☆



実は篠原さんの周りには、吉澤さんのファンの方が多く
今日お会いできるのをとても楽しみにされていたそう!

そんな吉澤さんは、
16歳から音楽作りを始められて、
2014年にメジャーデビューされたんですが、
もともとシンガーソングライターを目指された
きっかけはというと・・・?

子どもの頃からおしゃべりで思っていることを
伝えるのが苦手で、逆にその分、言葉に執着もあり、
詩とか物語を作るのが好きだったこと。

さらにお父さまが井上陽水さんファンということもあり、
詩や歌がミックスされて今に至るんだとか!

ちなみにお父さま、ギターも習い
カツラとサングラスも常備されるほど
本格的な井上陽水さんモノマネをされているそうです(笑)
いつか親子コラボも見たいですね・・・?!

さて、吉澤さんはこれまで20曲近く、
星や天体にまつわる言葉が
出てくる楽曲を作られているんですが、
中でも「星回り、三日月、星屑、流星」など
1曲にたくさんの星ワードが詰まったのが「ぶらんこ乗り」。
篠原さんも大好きな1曲です♪
「ワルツと星空って相性がいいな、と思ってる!」と
篠原さん。この曲を作られた背景をお聞きすると・・・

この曲はインディーズ時代、19歳くらいの時に書かれたのもで、
「ぶらんこ乗り」という、いしいしんじさんの小説が大好きで、
その中のブランコ乗りの夫婦のお話から
イメージを膨らませたんだとか。

吉澤さんの曲作りは、まずタイトルから始め、
そこから物語や主人公が浮かび、
歌詞、そしてメロディと肉付けされていくといいます。

タイトルをつけると、自分のものになったような心地がして、
それが曲作りのモチベーションにもなるそう。
吉澤さんのあの世界観は、
そういった制作過程から始まっているんですね。



そんな吉澤さんですが、先月5枚目のフルアルバム
「赤星青星」をリリースされました!

このタイトルにされた理由は?

今まではご自身の少女時代や
物語性の強いものをテーマにされてきましたが、
それが終わり、ここからは人との関係性、
広がりを書いていきたいということで、
“二人”の関係をテーマにされたかったことが1つ。

そして近づいても分かり合えない部分もあるけど、
それでも手を伸ばし合うのってロマンチックだな…
という思いから、遠い場所に生まれ落ちた二人という設定で
対極となる“赤と青”をイメージ。
赤星青星と名付けられたということです!

オリオン座の「ベテルギウス」「リゲル」も
まさに対極で赤と青に輝く星ですよね、と篠原さん。
星に例えられているのが、また一層ロマンを感じさせますよね!

中でも篠原さんは「ルシファー」が
掴めそうで掴めない“感触”を感じさせられる曲で
好きなんだそう♪

これはアルバムの1曲めを作ろうとなった際、
吉澤さんが「言葉のときめきを教えてくれた人で、
子どもの頃から憧れの人。」という
歌人の穂村弘さんとの共作詞という形での制作が実現!

赤と青だと性別がイメージに浮かんでしまいそうですが、
そういう枠ではないところで書きたくて、
異世界・異種の恋人ということで、堕天使・ルシファーと
されたんだそうです。

そんなたくさんの思いとイマジネーションから生まれた、
この「ルシファー」ですが、自粛期間中に明けの明星を見て、
そのインスピレーションも受けたそうですよ!

ルシファーを含めた、「赤星青星」の
全曲ティザー映像はこちら↓



吉澤さんには来週もお越しいただきます♪
どうぞお楽しみに!

★ ★ ★ 本日のオンエア曲 ★ ★ ★

♪ Love in the Stars -星が巡り逢う夜に / 森崎ウィン
♪ ぶらんこ乗り / 吉澤嘉代子
♪ ルシファー / 吉澤嘉代子

★ ★ ★ プレゼント情報 ★ ★ ★



KIOI SPRING 〜春のグルメフェア〜を開催中で
お得なキャンペーンも実施している
東京ガーデンテラス紀尾井町内の店舗で使える
商品お引換券3000円分を毎週5名様に
プレゼントいたします。



ご希望の方はこのサイトの右側にある
「メッセージはこちら」から、必要事項と、
メッセージ欄に「商品お引換券希望」
と書いてご応募ください。

当選者の発表はプレゼントの発送を持って
返させていただきます。
たくさんのご応募お待ちしております!

★ ★ ★ スターレシピ ★ ★ ★

夜9時頃、北の空には「北斗七星」が高くのぼっています。
この大きな「ひしゃく」の形は、
春の夜空を代表する星の並びです。

このまっさかさまの「ひしゃく」の下の方に目を移すと、
7つの星がつくる小さな「ひしゃく」が、
向かい合わせになるように見えています。

この小さなひしゃくは「こぐま座」で、
おおぐま座とは親子の星座です。
明るい星が少ないので、東京の明るい空では
ちょっと見つけにくいかもしれません。

ちなみに、こぐま座の尻尾にある2等星は、
いつもそこを動かずに北の方角を教えてくれる
大切な星「北極星」です。

日本では北の方角を十二支の「子(ね)」としていたことから、
この星を「子の星」と呼んでいました。
また、北の空から動くことがない不動の星であることから、
信仰の対象にもなっているんですよ。

この4月から新天地で頑張ろうというみなさん、
夜空の北極星に願いを込めてみてはいかがでしょうか?

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 267 | 268 | 269 || Next»

メッセージ募集中

テーマは「思い出の星空」。メッセージを頂いた方の中から、抽選で毎月5名様に、「星座早見盤 for 宙ガール」をプレゼントします!

メッセージはこちらから

  • きょう、星空が見たくなったら。夜Cafe Style星空ミュージック

最近の記事

  • 2021年04月17日
    2021年4月17日 ゲスト☆遊助さん
  • 2021年04月10日
    2021年4月10日 ゲスト☆吉澤嘉代子さん
  • 2021年04月03日
    2021年4月3日 ゲスト☆吉澤嘉代子さん
  • 2021年03月27日
    2021年3月27日 ゲスト☆山崎直子さん
  • 2021年03月20日
    2021年3月20日 ゲスト☆山崎直子さん

月別アーカーブ

  • Twitter @tokyofm_spaceをフォローする
  • Vixen presents 東京まちかど☆天文台
  • 東京ガーデンテラス紀尾井町
  • Vixen