「身近にある困りごと」、「人生相談」、「正解のない不思議な問いかけ」でも、「グチ」でもオッケー。
お悩みは一人一人違っていてユニークなものです。
「こんなこと聞いたらヘンかな?」なんて躊躇せず、どーんと頼ってください。
必ず真面目に答えるとは、限らないですが…皆さんのメッセージ待ってます!

今週の聞いてみた

04月30日

わたしの幼少期からの夢は「バイクのレーサー」でした。

大学卒業後、上場企業に就職しましたが、自分の夢をどうしても諦めきれず、去年会社を退職、レーサーへの道を進みはじめました。

すぐに結果が出る世界ではない事は承知の上ですが、徐々に徐々に、今後の人生に対して不安が大きくなってきました。
本当に出場したいレースに出られるか、夢は見るだけのものだったのか、などなど。

大島さんは、芸人駆け出しの頃、芸人を辞めようと考えた事はありますか?

大島さんの答え

2回ある

『 ほけんの窓口 森三中大島の「それ、聞いてみたら?」』
パーソナリティは、森三中 大島美幸 がお届け。

今回のお悩みは…ラジオネーム「mk.ll」さんからのお悩み。

わたしの幼少期からの夢は「バイクのレーサー」でした。

大学卒業後、上場企業に就職しましたが、自分の夢をどうしても諦めきれず、去年会社を退職、レーサーへの道を進みはじめました。

すぐに結果が出る世界ではない事は承知の上ですが、徐々に徐々に、今後の人生に対して不安が大きくなってきました。
本当に出場したいレースに出られるか、夢は見るだけのものだったのか、などなど。

大島さんは、芸人駆け出しの頃、芸人を辞めようと考えた事はありますか?


宮城県 26歳 男性からのメッセージに、大島さんが出した答えは…

「2回ある」

上場企業に就職後、会社を退職し、夢を追うことにしたmk.llさんに、
「とんでもない勇気と、とんでもない行動力だと思います。」と、その大きな行動に感銘する大島さん。

「勝ち負けの世界でしょ。はっきりしてますよね。悩むよなそら。」と、ご自身の”芸人駆け出しの頃”を思い返しながら、お話してくださりました。

辞めたいと思った事が、【2回ある】と話す大島さん。
1回目は、森三中の冠番組で大スベりをしたとき、3人で辞めようと。
2回目は、ライブ中に前に出ないことを、森三中の2人に怒られて、辞めようと。

結果、今でも”芸人”を続けている経験から、
「やめることって、継続よりも勇気がいることだと思うんですよね。」、
「やっぱり、やりたいか、やりたくないか、なんですよね。」と、mk.llさんはレーサーになりたいが勝っていたと見解。

それでも不安は尽きないもの。
『まだ起こってもいないことを、不安に考える時間がもったいない』という言葉をよく耳にしますが、
「その通りですよね。でも不安ですよ。」と、不安に対し深く共感する大島さん。

不安との付き合い方について、年齢を重ね40歳ぐらいになると、
「寝たら大概忘れる。」と、何に悩んでいたのか忘れてしまうくらい、上手く付き合えるようになるんだとか。
「文字に書くのもいいですね。」と、字を書いて、自分の心を整理することをお勧め。

レーサーの世界を、ドキュメント映像で見たことがあると話し、
「怪我とか、そういうのも大変じゃないですか。」と、もっと悩みの尽きない要素も。

怪我のお話では、バラエティ番組ですることの多い ”バンジージャンプ” を思い出す場面も。
「これ紐切れたりしたらどうしよう。」と、そのことばかり考え、不安になるというお話もお聞きしました。

レーサーの道を歩み始めたことに、
「本当に夢があるってすごいことですよ。みんながあるわけじゃないですから。」、
「夢に向かって、全力で立ち向かっていってほしいなと思います。」と、想いを伝えました。

最後に、SKY-HIさんのような言葉をかけたいと、
「あなたを本当に信じる人の声だけ耳を傾けて、まっすぐに突き進んでいただきたい。」、
「ぶちかますの楽しみにしてます!応援してます!」とメッセージを送りました。

mk.llさん、選んだ道を信じて進んでいってください!
引き続きメッセージお待ちしております。

こんな、大島さんに相談したい!という方は、番組へ是非メッセージを送ってください!

身近にある困りごと・人生相談・正解のない不思議な問いかけ・グチでもOK!
大島美幸には、ハードルが高めのお悩み…も一度送ってください!耳から煙が出るくらい考えます(笑)!

「こんなこと聞いたら、変かな…」なんて躊躇せず、ドーンと頼って下さい!

ハッピーな明日のヒントを一緒に探っていきましょう!

null

【 リスナープレゼント 】

番組から、プレゼントをご用意しました!!
なんと、「米俵!」

なぜ米俵かというと・・・
森三中は、打ち上げ・新年会・忘年会は、お米・お肉を出すことが多く、
皆さんにいただいてもらおうということで、今回はお米!米俵にしました!

お米は、最上級ブランド米・肥沃な土地・最適な気候風土・清流から生まれる新潟県旧 魚沼産のコシヒカリです。

お送りするのは、本物のワラを使っている、1キロの米俵ですので、縁起物として少し飾っていても良いのでは?!
メッセージを戴いた方の中から毎月5名さまにプレゼントします!

番組スタッフより

null

これまでの聞いてみた

01月08日
大島さんこんにちは。姉は、ホントのケチなんです。

二人でお買い物したときは、絶対に財布の紐をほどかないので、シブシブ私が払います。
嫌味を言っても「まとめてお返ししますがな〜」とかなんとか言っちゃって、返してもらったことがないし・・・。

姉は「将来勝ち組になってやるんだ!」と言っています、目標達成できるのか見物です。
こんな姉に一言言ってやりたい。モヤモヤしてます。
10月23日
息子2歳が『イヤイヤ期』に入りました。
大島家では、どのようにしてやり過ごしましたか?

娘が夫の足の臭いをかぐのにハマりました。
12月25日
来年、私は結婚する予定です。
昨今、大人数で集まることが難しい事もあり、結婚式はやらないで、
写真だけで十分だと、私と彼は話ていますが、
彼のお母さんが「食事会くらいはやってほしい」と強く言ってきます。

しかし、兄弟も多いため食事会だけでも20名くらいになります。
私の両親も彼の両親も高齢なため、また、来年のコロナの状況も予想できない不安もあるので
私たちは非常に悩んでいます。

彼のお母さんの思いを無視するのも悪し、とは言っても、命が一番大切だと思う気持ちも強い。

どのようにしたらお母さんを説得できるか、アドバイスもらえたら嬉しいです。

Podcast配信中!

ほけんの窓口