• facebook
  • Twitter

SPITZ 草野マサムネのロック大陸漫遊記

SPITZ 草野マサムネがパーソナリティをつとめるレギュラーラジオ番組。(TOKYO FM ・全国37局ネット)草野マサムネがおすすめの選曲と音楽への想いをのせてリスナーにお届け!

全国JFN37局 放送時間

パーソナリティ:SPITZ 草野マサムネ
放送後記
2018/4/8
「70年代・日本のロックで漫遊記」

日本のロックシーンが始まりかけた60年代後半。
その勃興期の生々しい音の延長ではなく、
ロックが市民権を得ようと開いた時期の音を紐解いた。

RCの暗黒時代の名曲「わかってもらえるさ」から、
沖縄ハードロックバンドの草分け「紫」まで。
一貫しているのは、詩の世界観があるロックミュージック。

草野流「ロックの細道」の初歩を標した名曲たちが輝いた。

「まだまだ聴いてもらいたい曲がある」
そう断言する裏には、日本のロックを聴き込んだ自負と感慨。

2回目、3回目、と特集回を重ねる必然があるし、
そうすることで、草野本人のある種の「確認」にもなるはずだ。

RC、エンケン、ファニカンのデカダンスに比べ、
外道、紫、葡萄畑の意外な現役続行感。
カタカナと漢字の違いも面白いが、
それぞれが現在もライブでパフォーマンスを継続し、
唯一無二の音楽性を追究し続けている事。
実は、この「対比」こそ、
草野がオンエアしたかった「日本のロック」なのではあるまいか。
  • mixiでシェアする